研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 大河内 美香(2018-04-20)
 萩原 優騎(2018-04-12)
 下野 孝一(2018-04-09)
 石田 真巳(2018-04-06)
 鈴木 秀和(2018-04-05)
 遠藤 英明(2018-04-02)
 逸見 真(2018-04-02)
 東海  正(2018-03-21)
 藤野 俊和(2018-03-18)
 横田 賢史(2018-03-13)
 下島 公紀(2018-03-07)
 小暮 修三(2018-03-05)
 金岡 京子(2018-02-27)
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 岡崎 忠胤(2018-02-20)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 坂本 崇(2018-01-25)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)
 川合 美千代(2017-12-06)
 吉崎 悟朗(2017-11-10)

氏名

甘糟 和男 

読み

AMAKASU,Kazuo

役職

准教授

TEL・FAX

E−mail

amakasu○kaiyodai.ac.jp ○を@に書き換えてご利用ください。
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www.kaiyodai.ac.jp/sentanken/amakasu/amakasu.html

所属部門

海洋資源エネルギー学部門

担当科目

海洋音響計測学(大学院前期)

キーワード

水産音響,プランクトン音響,計量魚群探知機,ターゲットストレングス(音波反射強度),遊泳行動

研究テーマ・活動内容

水中音響計測技術による海洋生物の行動生態モニタリング手法に関する研究

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

有限要素法(FEM)による広帯域送受波器の最適設計

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

科学研究費補助金 若手研究(A)(平成23~26年度)
積層圧電素子を応用した海洋生物調査のための広帯域音響探査システムの開発

講演テーマ

特記事項


氏名

甘糟 和男 

読み

AMAKASU,Kazuo

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋資源エネルギー学部門

生年月日

1977年10月6日

学歴

平成12年3月 東京水産大学 水産学部 海洋生産学科 卒業
平成12年4月 東京水産大学大学院 水産学研究科 海洋生産学専攻 博士前期課程 入学
平成14年3月 東京水産大学大学院 水産学研究科 海洋生産学専攻 博士前期課程 修了
平成14年4月 東京水産大学大学院 水産学研究科 海洋生産学専攻 博士後期課程 進学
平成17年3月 東京水産大学大学院 水産学研究科 海洋生産学専攻 博士後期課程 修了

経歴

平成17年4月 東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科 特別研究員(PDRA)
平成18年3月 雇用期間満了により退職
平成18年4月 水産総合研究センター 水産工学研究所 研究支援職員 水産情報工学部に勤務
平成18年11月 退職
平成18年12月 東京海洋大学 助手 先端科学技術研究センターに勤務
平成19年4月 東京海洋大学 助教 (東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科 兼任) 
       現在に至る。

学位

博士(水産学) 東京海洋大学 課博第357号

学位論文

音響によるナンキョクオキアミの計量方法に関する研究

所属学会と役職など

海洋音響学会,日本水産学会の各正会員
 海洋音響学会 編集委員会委員(平成19年7月~)
 日本水産学会 漁業懇話会委員会幹事(平成20,21年度)

社会活動

受賞歴等

平成18年5月 海洋音響学会2006年度研究発表会 優秀論文発表賞受賞
平成19年5月 海洋音響学会2006年度論文賞受賞
平成20年5月 海洋音響学会2007年度論文賞受賞
平成21年5月 海洋音響学会2009年度研究発表会 優秀論文発表賞受賞
平成21年5月 日本海洋工学会JAMSTEC中西賞受賞
平成22年5月 日本海洋工学会JAMSTEC中西賞受賞


氏名

甘糟 和男 

読み

AMAKASU,Kazuo

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋資源エネルギー学部門

主要論文

H. Murase, A. Kawabata, H. Kubota, M. Nakagami, K. Amakasu, K. Abe, K. Miyashita, Y. Oozeki. 2012. Basin-scale distribution and biomass estimation of Japanese anchovy Engraulis japonicas in the western North Pacific. Fisheries Science, 78: 761-773.

宮城亜紀, 甘糟和男, 安部幸樹, 今泉智人, 宮本佳則, 柿原利治. 2011. 魚類の腹腔内に挿入したピンガの送波音圧の変化. 日本水産学会誌, 77: 791-798.

K. Amakasu, A. Ono, D. Hirano, M. Moteki, and T. Ishimaru. 2011. Distribution and density of Antarctic krill (Euphausia superba) and ice krill (E. crystallorophias) off Adélie Land in austral summer 2008 estimated by acoustical methods. Polar Science, 5: 187-194.

K. Amakasu, A. Ono, M. Moteki, and T. Ishimaru. 2011. Sexual dimorphism in body shape of Antarctic krill (Euphausia superba) and its influence on target strength. Polar Science, 5: 179-186.

A. Ono, M. Moteki, K. Amakasu, R. Toda, N. Horimoto, D. Hirano, T. Ishimaru, and G. W. Hosie. 2011. Euphausiid community structure and population structure of Euphausia superba off Adélie Land in the Southern Ocean during austral summer 2003, 2005 and 2008. Polar Science, 5: 146-165.

K. Sawada, K. Uchikawa, T. Matsuura, H. Sugisaki, K. Amakasu, and K. Abe. 2011. In situ and ex situ target strength measurement of mesopelagic lanternfish, Diaphus theta (Family Myctophidae). Journal of Marine Science and Technology, 19: 302-311.

H. Murase, A. Kawabata, H. Kubota, M. Nakagami, K. Amakasu, K. Abe, K. Miyashita, and Y. Oozeki. 2011. Effect of depth-dependent target strength on biomass estimation of Japanese anchovy. Journal of Marine Science and Technology, 19: 267-272.

H. Yamazaki, H. Honma, T. Nagai, M. J. Doubell, K. Amakasu, and M. Kumagai. 2010. Multilayer biological structure and mixing in the upper water column of Lake Biwa during summer 2008. Limnology, 11: 63-70.

M. Furusawa and K. Amakasu. 2010. The analysis of echotrace obtained by a split-beam echosounder to observe the tilt-angle dependence of fish target strength in situ. ICES Journal of Marine Science, 67: 215-230.

甘糟和男, 貞安一廣, 安部幸樹, 高尾芳三, 澤田浩一, 石井 憲. 2010. カタクチイワシ(Engraulis japonicus)の鰾形状およびターゲットストレングスと体長の関係. 海洋音響学会誌, 37: 46-59.

M. Moteki, N. Horimoto, R. Nagaiwa, K. Amakasu, T. Ishimaru, and Y. Yamaguchi. 2009. Pelagic fish distribution and ontogenetic vertical migration in common mesopelagic species of Lützow-Holm Bay (Indian Ocean Sector, Southern Ocean). Polar Biology, 32: 1461-1472.

安部幸樹, 澤田浩一, 甘糟和男, 高尾芳三, 徳山浩三. 2007. ターゲットストレングス推定に必要なミナミマグロ(Thunnus maccoyii)幼魚の魚肉内音速測定. 海洋音響学会誌, 34: 25-33.

H. M. Manik, M. Furusawa, and K. Amakasu. 2006. Measurement of sea bottom surface backscattering strength by quantitative echo sounder. Fisheries Science, 72: 503-512.

H. M. Manik, M. Furusawa, and K. Amakasu. 2006. Quantifying sea bottom surface backscattering strength and identifying bottom fish habitat by quantitative echo sounder. Japanese Journal of Applied Physics, 45: 4865-4867.

K. Amakasu and M. Furusawa. 2006. The target strength of Antarctic krill (Euphausia superba) measured by the split-beam method in a small tank at 70 kHz. ICES Journal of Marine Science, 63: 36-45.

甘糟和男, 古澤昌彦, 樊 春明. 2003. スプリットビーム方式と小型水槽を用いる小型生物のターゲットストレングスの測定方法. 日本水産学会誌, 69:575-583.

著書


氏名

甘糟 和男 

読み

AMAKASU,Kazuo

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋資源エネルギー学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。