研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 黒瀬 光一(2018-01-22)
 大河内 美香(2018-01-17)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)
 遠藤 英明(2017-12-20)
 川合 美千代(2017-12-06)
 坂本 崇(2017-11-24)
 石田 真巳(2017-11-17)
 吉崎 悟朗(2017-11-10)
 小暮 修三(2017-11-07)
 萩原 優騎(2017-11-03)
 任 恵峰(2017-10-18)
 鈴木 秀和(2017-10-18)
 橋濱 史典(2017-10-17)
 森下 稔(2017-10-13)
 下野 孝一(2017-10-05)
 逸見 真(2017-09-21)
 麻生 敏正(2017-09-15)
 金岡 京子(2017-09-13)
 岡崎 忠胤(2017-09-08)
 小林 征洋(2017-09-07)
 盛田 元彰(2017-07-26)

氏名

荒川 久幸 

読み

ARAKAWA, Hisayuki

役職

教授

TEL・FAX

03-5463-0467

E−mail

arakawa@kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~arakawa/

所属部門

海洋環境科学部門

担当科目

(学部)環境測定学実験
(大学院)生物環境論特別実験

キーワード

海中懸濁粒子,海底堆積粒子,海中光, 照度, 輝度,透明度,濁度,藻場,磯焼け,大型褐藻類,海中林,アラメ,カジメ,基質,集魚灯,スルメイカ,アサリ,コントラスト,閾値

研究テーマ・活動内容

1海中の濁りの生物への影響
 沿岸海域の濁度調査、海中の濁りの海藻およびアサリの反応行動・生残への影響調査
2日照の長期的な変動が海藻群落へ及ぼす影響
 藻場を再生するための物理環境の解明
3沿岸生態系における放射性物質の拡散に関する研究
 砂浜生態系と岩礁生態系の比較
4濁度成因物資の定量的解析システムの開発
 東京湾における濁度と物質量との関係
5海洋ライダーに関する基礎的研究
 海底油蛍光の検出

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

日照の長期的な変動が海藻群落へ及ぼす影響

講演テーマ

特記事項


氏名

荒川 久幸 

読み

ARAKAWA, Hisayuki

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

生年月日

学歴

経歴

学位

水産学博士(東京水産大学 1992年)

学位論文

海中の濁りの藻場への影響に関する研究:海中懸濁粒子および堆積粒子の褐藻類の遊走子と配偶体への影響

所属学会と役職など

日本海洋学会,日本水産学会(出版幹事,庶務幹事),日仏海洋学会(庶務幹事), 水産海洋学会

社会活動

東京都水産海洋研究プロジェクト委員,静岡県榛南海域の磯焼け原因調査委員

受賞歴等


氏名

荒川 久幸 

読み

ARAKAWA, Hisayuki

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

主要論文

ARAKAWA H., OHI Yohei, MATSUMOTO Akira, TAKIO Kenji, KIMOTO Takumi, KAWABE Katsutoshi:Impact of volcanic ash sediment particles on red alga Gelidium elegans community in coastal area of Miyake-shima Island, Japan.  
Fisheries science DOI: 10.1007/s12562-012-0521-5

Takahide YAGO,*1 Hisayuki ARAKAWA,*1 Kou FUKUI,*1 Beni OKUBO,*1 Kazuhiro AKIMA,*2 Shingo TAKEICHI,*2 Yutaka OKUMURA,*3 and Tsutomu MORINAGA*1, Optimum Growth Conditions of Intermittent Light Irradiation for the Production of Microalga Isochrysis galbana
African journal of Microbiology Research, Vol. 6, 5896-5899
DOI: 10.5897/AJMR12.568

Agatsuma Y, H. Hazama and H. Arakawa, Limited recovery of the kelp Eisenia bicyclis after population reduction of the sea urchin Hemicentrotus pulcherrimus and Anthocidaris crassispina on Kii Peninsula, southwestern Japan. J. Shellfish Res. 28, 939-946, 2009.

柴田玲奈、片山知史、渡部諭史、荒川久幸:アイゴ成魚に対する動物性餌料の重要性、La mer, 48, 103-111, 2010

T. YAGO, H. ARAKAWA, T. MORINAGA, Y. YOSHIE-STARK, M. YOSHIOKA
Effect of wavelength of intermittent light on growth and fatty acid profile of Isochrysis galbana. In global change: Mankind-marine environment interaction, Springer, 2011, 43-45.

Hisayuki ARAKAWA, Shizuka MIZUNO, Miho NARITA, Hiromitsu ISHII:
Distribution and long term variation of turbidity in Tokyo Bay. In global change: Mankind-marine environment interaction, Springer, 2011, 309-313.

Mathias GIRAULT, Hisayuki ARAKAWA, Jota KANDA: Limiting factors of phytoplankton communities along the Ogasawara transect in North Western Pacific Ocean. 50th Anniversary volume of La mer, 49, 93-101, 2011.

滝尾健二、木本巧、高瀬智洋、荒川久幸:三宅島の荒廃したテングサ群落における混紡化学繊維生地装着礁の効果検証、日本水産学会誌, 78, 54-61, 2012

Miho YOSHIOKA, Takahide YAGO, Yumiko YOSHIE-Stark, Hisayuki ARAKAWA, Tsutomu MORINAGA: Effect of high frequency of intermittent light on the growth and fatty acid profile of Isochrysis galbana. Aqua culture, 338-341, 111-117, 2012 

王 歓、荒川久幸、林 敏史、藤森康澄:計測法の違いによる海中粒子の粒径分布の比較、海洋調査技術学会 2012.

Hisayuki Arakawa, Mari Inada, Sokjin Choi, Miho Narita:
Shift in apparent Contrast of Disc at Secchi disc depth in coastal sea areas.
     Environmental management and assessment, 2012
    (DOI) 10.1007/s10661-012-2710-1

久松和恵、荒川久幸、關哲夫、森永勤:気仙沼湾における透明度の長期変動
La mer 46, 1-11, 2008

滝尾健二,安藤和人,杉野隆,駒澤一朗,中村千穂,荒川久幸: 三宅島の火山灰を利用したテングサ海藻礁の開発とその効果の検証、日本水産学会誌、75, 45-53, 2009.       

Sokjin Choi, Hisayuki Arakawa: Assessment of sea water color by digital photographic image, 韓国水産学会, 42(2), 171-178, 2009.

土屋美穂、滝尾健二、安藤和人、川辺勝俊, 駒澤一朗,荒川久幸 マクサの栄養体の付着に適した基質、日本水産学会誌、75(6), 1051-1060, 2009.

Akihisa Tabata, Hisayuki Arakawa, and Tsutomu Morinaga: Influences of concentration, particle-size, and kind of suspended inorganic matters on feed caught by manila clam.
La mer, 37(4), 163-171, 2000.

Tsutomu Morinaga and Hisayuki Arakawa: Distribution of underwater irradiances and estimated light attenuation by oil slick in ROPME Sea Area. La mer, 37(4), 173-181, 2000.

Hisayuki Arakawa, Ryo Okada, Kyu Okabe, Tsutomu Morinaga and Kazuya Taniguchi: Uniaxial Compression Strength and Erosive potential rate of Rocks in Strata on the Coast of Miura Peninsula with Specific Relation to the Algal Communities of Eisenia bicyclis and Ecklonia cava. Fisheries Sciences, 66(3), 473-480, 2000 .

森川由隆、荒川久幸、小池 隆: イセエビの日周摂餌行動に与える水温の影響、日本水産学会誌、66(5), 791-798, 2000.

Yong Chen, Hisayuki Arakawa, Junko Ota, and Tsutomu Morinaga: Extent of nutrient salt eluted from Hedoro blocks and its effects on growth and survival rates of brown algal sprouts. Fisheries Sciences, 66(6), 1001-1005, 2000.

谷口和也、山根英人、佐々木國隆、吾妻行雄、荒川久幸:磯焼け域におけるポーラスコンクリート製海藻礁によるアラメ海中林の造成、日本水産学会誌, 67(5), 858-865, 2001.

Sokjin Choi and Hisayuki Arakawa:Relationship between the catch of squid according to the jigging depth of hooks and underwater illumination in squid jigging fisheries. Journal of Korean Fisheries Society, 34(6), 624-631, 2001. (In Korean with English abstract) 

Hisayuki Arakawa, Yoko Arai, Masabumi Seto, Tsutomu Morinaga: Influences on survival of brown algal zoospore exerted by drifting particles. Proceedings of international commemorative symposium, 70th anniversary of Jap. Soc. Fish. Sci. Fisheries Sciences, 68, 1893-1894, 2002.

崔 淅珍、荒川久幸、有元貴文、中村善彦: 線光源理論による集魚灯光の水中照度分布解析, 日本水産学会誌, 69(1), 44-51, 2003

Hisayuki Arakawa, Toru Shimoda, Tsutomu Morinaga:Outflow and Inflow of Suspended Substances at the Mouth of Tokyo Bay. Journal Tokyo Univ. Fish., 89, 25-35, 2003 

Hisayuki Arakawa, Akiko Konishi, Saeko Yamasaki, and Tsutomu Morinaga: Turbidity distribution in the surrounding ocean area of Miyake-shima Island after the eruption of Mt. Oyama. La mer, 40(1), 15-27, 2003.

Tsutomu Morinaga, Hisayuki Arakawa, Masami Shouji, and Tomonori Kiyomiya: Estimate of the slick thickness for leaked heavy oil from the sunken Nakhodka in the sea of Japan., La mer, 41(3), 114-121, 2003

Hisayuki Arakawa: Lethal effects caused by suspended particles and sediment load on zoospore and gametophyte of the brown alga Eisenia bicyclis.
Fisheries Sciences, 71, 133-140, 2005

著書

有元貴文、崔 淅珍、荒川久幸(2003)
 集魚灯技術、スルメイカの世界、有元貴文・稲田博共編、成山堂、東京、p. 203-221.

磯焼けの科学と修復技術 (2008)
 (谷口和也、吾妻行雄、嵯峨直恒編)
  3章 海中林の形成に及ぼす環境の影響 共著(分担執筆)
  7章 濁水の流入による磯焼けの発生と持続  共著(分担執筆)、恒星社厚生閣



氏名

荒川 久幸 

読み

ARAKAWA, Hisayuki

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

研究室紹介

ホームページをご覧ください。

卒研希望者等へのメッセージ

ホームページをご覧ください。

受験生へのメッセージ

ホームページをご覧ください。


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。