研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 黒瀬 光一(2018-01-22)
 大河内 美香(2018-01-17)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)
 遠藤 英明(2017-12-20)
 川合 美千代(2017-12-06)
 坂本 崇(2017-11-24)
 石田 真巳(2017-11-17)
 吉崎 悟朗(2017-11-10)
 小暮 修三(2017-11-07)
 萩原 優騎(2017-11-03)
 任 恵峰(2017-10-18)
 鈴木 秀和(2017-10-18)
 橋濱 史典(2017-10-17)
 森下 稔(2017-10-13)
 下野 孝一(2017-10-05)
 逸見 真(2017-09-21)
 麻生 敏正(2017-09-15)
 金岡 京子(2017-09-13)
 岡崎 忠胤(2017-09-08)
 小林 征洋(2017-09-07)
 盛田 元彰(2017-07-26)

氏名

橋濱 史典 

読み

HASHIHAMA,Fuminori

役職

助教

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋環境科学部門

担当科目

(学部) 化学,海洋循環化学,海洋学実習,分析化学実験,水圏環境化学実験
(大学院) 生元素循環論,化学海洋学特論

キーワード

栄養塩,溶存有機物,高感度分析,植物プランクトン群集

研究テーマ・活動内容

海洋表層における栄養塩環境と植物プランクトン群集動態に関する研究

亜熱帯海域,南極海,東京湾,相模湾などをフィールドに,表層における栄養塩類の分布や循環,また,それらと植物プランクトンの現存量や群集組成との関係について,船上での観測と実験を中心に研究を展開している.

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

特定領域研究 平成22年度 (分担)
海洋表層における生元素の形態別微細変動と微生物プロセスの相互作用

若手研究 (B) 平成22–23年度 (代表)
リン酸塩枯渇海域における易分解性溶存有機態リンの動態に関する研究

若手研究 (B) 平成24–26年度 (代表)
リン酸塩枯渇海域におけるヒ酸塩の動態に関する研究

新学術領域研究 平成24-28年度 (分担)
海洋生元素地理の高精度観測からの新海洋区系

基盤研究B 平成27-31年度 (分担)
天然放射性リン同位体による亜熱帯海域のリン供給過程の解明

基盤研究B 平成29-33年度 (代表)
海水中の尿素の高感度分析法の開発と貧栄養海域の物質循環における尿素の役割の解明

講演テーマ

特記事項


氏名

橋濱 史典 

読み

HASHIHAMA,Fuminori

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

生年月日

学歴

経歴

学位

博士 (農学) / 東京大学 (2007年取得)

学位論文

貧栄養海域における栄養塩環境と植物プランクトン群集動態に関する研究

所属学会と役職など

日本海洋学会
日仏海洋学会
Association for the Sciences of Limnology and Oceanography (ASLO)
American Geophysical Union (AGU)

社会活動

受賞歴等

日仏海洋学会 論文賞 (2011)
日本海洋学会 岡田賞 (2013)
日本海洋学会 日高論文賞 (2015)


氏名

橋濱 史典 

読み

HASHIHAMA,Fuminori

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

主要論文

Fuminori Hashihama, Naho Horimoto, Jota Kanda, Ken Furuya, Takashi Ishimaru, Toshiro Saino (2008) Temporal variation in phytoplankton composition related to water mass properties in the central part of Sagami Bay, Journal of Oceanography 64, 23–37.

Fuminori Hashihama, Toru Hirawake, Sakae Kudoh, Jota Kanda, Ken Furuya, Yukuya Yamaguchi, Takashi Ishimaru (2008) Size fraction and class composition of phytoplankton in the Antarctic marginal ice zone along the 140°E meridian during February–March 2003, Polar Science 2, 109–120.

Fuminori Hashihama, Ken Furuya, Satoshi Kitajima, Shigenobu Takeda, Toshihiko Takemura, Jota Kanda (2009) Macro-scale exhaustion of surface phosphate by dinitrogen fixation in the western subtropical North Pacific, Geophysical Research Letters 36, L03610, doi:10.1029/2008GL036866.

Fuminori Hashihama, Mitsuhide Sato, Shigenobu Takeda, Jota Kanda, Ken Furuya (2010) Mesoscale decrease of surface phosphate and associated phytoplankton dynamics in the vicinity of the subtropical South Pacific islands, Deep-Sea Research Part I 57, 338–350.

Fuminori Hashihama, Jota Kanda (2010) Automated colorimetric determination of trace silicic acid in seawater by gas-segmented continuous flow analysis with a liquid waveguide capillary cell, La mer 47, 119–127.

Fuminori Hashihama, Shinko Kinouchi, Shuhei Suwa, Masahiro Suzumura, Jota Kanda (2013) Sensitive determination of enzymatically labile dissolved organic phosphorus and its vertical profile in the oligotrophic western North Pacific and East China Sea, Journal of Oceanography 69, 357–367.

橋濱史典 (2013) 高感度栄養塩類分析法を用いた亜熱帯海域表層の生物地球化学的研究, 海の研究 22, 169–185.

Fuminori Hashihama, Jota Kanda, Yousaku Maeda, Hiroshi Ogawa, Ken Furuya (2014) Selective depressions of surface silicic acid within cyclonic mesoscale eddies in the oligotrophic western North Pacific, Deep-Sea Research Part I 90, 115–124.

Fuminori Hashihama, Jota Kanda, Ami Tauchi, Taketoshi Kodama, Hiroaki Saito, Ken Furuya (2015) Liquid waveguide spectrophotometric measurement of nanomolar ammonium in seawater based on the indophenol reaction with o-phenylphenol (OPP), Talanta 143, 374–380.

Makoto Ehama, Fuminori Hashihama, Shinko Kinouchi, Jota Kanda, Hiroaki Saito (2016) Sensitive determination of total particulate phosphorus and particulate inorganic phosphorus in seawater using liquid waveguide spectrophotometry, Talanta 153, 66–70.

Takuhei Shiozaki, Minoru Ijichi, Kazuo Isobe, Fuminori Hashihama, Ken-ichi Nakamura, Makoto Ehama, Ken-ichi Hayashizaki, Kazutaka Takahashi, Koji Hamasaki, Ken Furuya (2016) Nitrification and its influence on biogeochemical cycles from the equatorial Pacific to the Arctic Ocean, The ISME Journal 10, 2184-2197.

Fuminori Hashihama, Shuhei Suwa, Jota Kanda (2017) Liquid waveguide spectrophotometric measurements of arsenate and particulate arsenic, as well as phosphate and particulate phosphorus, in seawater,
Journal of Oceanography 73, 439–447.







著書

Hiroshi Ogawa, Kazuhiro Kogure, Jota Kanda, Fuminori Hashihama, Masahiro Suzumura (2014) Detailed variations in bioactive elements in the surface ocean and their interaction with microbiological processes, p177–197, In Western Pacific Air-Sea Interaction Study, Eds. Mitsuo Uematsu, Yoko Yokouchi, Yutaka W. Watanabe, Shigenobu Takeda, Yasuhiro Yamanaka, Terrapub, P269.

橋濱史典 (2015) Vol. 4 採水分析II (粒子態)、Chap. 2 生物ケイ酸 (G402JP:001-004)、海洋観測ガイドライン、日本海洋学会


氏名

橋濱 史典 

読み

HASHIHAMA,Fuminori

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。