研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 大迫一史(2017-12-12)
 川合 美千代(2017-12-06)
 大河内 美香(2017-12-06)
 坂本 崇(2017-11-24)
 石田 真巳(2017-11-17)
 吉崎 悟朗(2017-11-10)
 遠藤 英明(2017-11-10)
 小暮 修三(2017-11-07)
 萩原 優騎(2017-11-03)
 芳賀 穣(2017-10-28)
 任 恵峰(2017-10-18)
 鈴木 秀和(2017-10-18)
 橋濱 史典(2017-10-17)
 森下 稔(2017-10-13)
 下野 孝一(2017-10-05)
 逸見 真(2017-09-21)
 麻生 敏正(2017-09-15)
 金岡 京子(2017-09-13)
 岡崎 忠胤(2017-09-08)
 黒瀬 光一(2017-09-08)
 小林 征洋(2017-09-07)
 盛田 元彰(2017-07-26)
 中東 和夫(2017-07-14)

氏名

逸見 真 

読み

HENMI,Shin

役職

教授

TEL・FAX

E−mail

shenmi0Xkaiyodai.ac.jp(xを@にかえる)
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

学術研究院海洋工学系海事システム工学部門

担当科目

国際法、海商法、船員法、損害賠償法、海上輸送システム法学・同演習・同特論(大学院)、その他海事関係法、海技実習

キーワード

研究テーマ・活動内容

国際法における海洋法を中心とした法的問題(国家責任、国家管轄権、海上違法行為、国際船員の人権保護、海洋環境の保護等)
船員、船舶に関する海法、諸法研究

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

過去実績
「船長の職責 -法的責任から社会的責任へ-」海上交通システム研究会 2017年2月
「便宜置籍船の形成経緯」日本海事史学会 2016年12月
「海洋の管理と排他的経済水域の法的位置付け-私権の行使の可能性-」海洋私法研究会 2016年11月
「船長と法」東京海洋大学公開講座 2016年7月
「自動化・自律化と法」日本交通科学学会 2016年6月
「海上労働に関する条約成立の意義」航海訓練所 第13 回 研究発表会 2013年9月
「船長と水先人との責任関係」日本海事補佐人会総会 2012年7月
「水先人の民事上の注意義務」日本海事補佐人会神戸支部 2012年3月
「調査捕鯨妨害に関する一考察-国際法における違法性と正当性」日本航海学会海上交通法規研究会 2011年5月
「外航船員に対する処罰の現状とその問題」日本船長協会 第88回船長教養講座2010年3月
「便宜置籍船の法構造とその問題点」日本海事代理士会神戸大阪支部 2010年
「便宜置籍船の現状とその法構造」海技大学校特別講演会 2007年

特記事項


氏名

逸見 真 

読み

HENMI,Shin

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

学術研究院海洋工学系海事システム工学部門

生年月日

学歴

1985年3月 東京商船大学商船学部航海学科卒業
1985年9月 東京商船大学乗船実習科修了
2001年3月 筑波大学大学院経営政策科学研究科企業法学専攻課程修了
2006年3月 筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業科学専攻課程企業法コース(後期博士課程)修了

経歴

2005年4月 新和海運株式会社 船長
2009年4月 (独)海技教育機構海技大学校講師
2009年10月 (独)海技教育機構海技大学校准教授
2013年4月 (独)海技教育機構海技大学校練習船船長(併任)
2014年4月 東京海洋大学海洋科学技術研究科海洋工学系教授
2016年4月 同大学学術研究院海事システム工学部門教授
2016年4月より水先教育外部(非常勤)講師

学位

博士(法学)

学位論文

「船舶の国籍における実質性について -便宜置籍船の問題を中心として-」

所属学会と役職など

日本航海学会 国際法学会 総合人間学会 日本コンラッド協会 日本海事史学会

社会活動

一般財団法人 山縣記念財団 評議員

受賞歴等

日本海運集会所創立80周年記念懸賞論文賞
山縣勝見論文賞


氏名

逸見 真 

読み

HENMI,Shin

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

学術研究院海洋工学系海事システム工学部門

主要論文

・「海上輸送の安全管理から見た大陸棚資源開発の現状と課題」(大河内 美香, 逸見 真, 黒川 久幸, 竹本 孝弘) 2016年12月 日本航海学会論文集 第135巻
・「大陸棚石油開発事例の分析に基づく紛争原因の考察」(大河内 美香, 逸見 真, 黒川 久幸, 竹本 孝弘) 2016年7月 日本航海学会論文集 第134巻
・「わが国外航海運における女性船員の雇用 -何故、女性船員の雇用は伸びないのか-」2015年12月 山縣記念財団編『海事交通研究』第64集
・「操船者の可罰性-刑事過失と人間科学-」2015年6月 日本航海学会論文集 第132巻
・「国際海運における船員の保護 -国連海洋法条約による対応とその問題点-」2014年12月 日本航海学会論文集 第131巻
・「国際法による船員の保護 -外交的保護と旗国主義-」2013年11月 山縣記念財団編『海事交通研究』第62集
・「航海者としての自律性: 航海術の発達がもたらす規範意識喪失への対応」2013年3月 日本航海学会論文集 第128号
・「水先人の民事免責: 水先約款免責条項の現代的意義と妥当性」2012年3月 日本航海学会論文集 第126号
・「ISMコード(International Safety Code、国際安全管理規則)の求める会社の責任への対応: わが国における法人(会社)処罰の問題点」2011年3月 日本航海学会論文集 第124号
・「海技の実践における法的思考の活用: 暗黙知的海技克服のための一手法」2010年12月 山縣記念財団編『海事交通研究』第59集
・「国際法における海賊行為の定義」2009年12月 山縣記念財団編『海事交通研究』第58集
・「PSC(Port State Control、寄港国管轄権)の法的根拠とその課題」2009年9月 日本航海学会論文集 第121号
・「便宜置籍船の影響による船舶の国籍概念の変質」2002年10月 企業法学会編『企業法学』第9巻
・「船舶の国籍の観点より見た国際船舶制度への提言」2001年10月 日本海運集会所編『海運』第889号

<紀要等>
・「三級水先人教育に関する一考察: 水先人としての責任感と社会性の涵養」(独)海技教育機構海技大学校編『海技大学校研究報告』第55号所収 2012年3月
・「ISMコードの利用による船員処罰の回避(下): 乗組員の個人処罰から法人(会社)処罰へのアプローチ」(独)海技教育機構海技大学校編『海技大学校研究報告』第54号所収 2011年3月
・「ISMコードの利用による船員処罰の回避(上): 乗組員の個人処罰から法人(会社)処罰へのアプローチ」(独)海技教育機構海技大学校編『海技大学校研究報告』第53号所収 2010年3月
・「護衛艦『あたご』漁船『清徳丸』衝突事件」(岩瀬潔氏共著)(独)海技教育機構海技大学校編『海技大学校研究報告』第53号所収 2010年3月
・「科学技術の受容における条約法の機能と限界: IMO(International Maritime Organization、国際海事機関)による対処を中心として」(独)海技教育機構海技大学校編『海技大学校研究報告』第52号所収 2009年3月

<論説等>
・「船長の職責 -法的責任から社会的責任へ」海上交通システム研究会ニューズレター『MATRIX』第96号 2017年4月
・「法の存在する意義 -自動化船、自律化船と法」日本航海学会誌『NAVIGATION』第200号 2017年4月
・「BRM実践の本質 -船橋チーム員相互の信頼、意思の疎通と法的責任-」日本船長協会編『船長』第134号 2017年3月
・「わが国外航海運における船員(海技者)の確保・育成」運輸調査局編『運輸と経済』76巻第10号 2016年10月
・「過失の処罰は必要か -人間科学の知見より見た過失犯処罰の妥当性-」日本船長協会編『船長』第133号 2016年3月
・「船員と社会的な制裁-法・道徳・市民感情-」日本船長協会編 協会誌『Captain』428号所収 2015年8・9月
・「法と科学との関係-法における自由意思を手掛かりとして-」日本航海学会誌『NAVIGATION』第193号 2015年7月
・「平時と戦時との相克 –堪航能力の視点から-」日本航海学会誌『Navigation』第190号 2014年10月
・「船員のための国際法入門 序章: 外航船員に必要な国際秩序の理解」(独)海技教育機構海技大学校編『海技大学校研究報告』第57号所収 2014年3月
・「船員と社会的責任」日本航海学会誌『Navigation』第186号51頁~57頁 2013年10月
・「公海上の船舶衝突における法の適用」日本船長協会編 協会誌『Captain』第413号所収 2013年2・3月
・「船員のための法学入門: 法の基礎理解のために」(独)海技教育機構海技大学校編『海技大学校研究報告』第56号所収 2013年3月
・「海洋・海運における科学技術と国際法」日本航海学会編 学会誌『Navigation』第181号所収 2012年7月
・「コンラッドの生きた時代の船と船員」日本コンラッド協会論文集『コンラッド研究1』所収 2009年6月
・「便宜置籍船の法構造とその問題点」日本海事代理士会編『国際船舶の日本籍船化とその手続に関する研究報告書』所収 2012年3月
・「外航海運と法制度: 外国からの継受の現在とその方向性」日本船長協会編 協会誌『Captain』第390号所収 2009年4・5月

著書

『便宜置籍船論』2006年12月 信山社


氏名

逸見 真 

読み

HENMI,Shin

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

学術研究院海洋工学系海事システム工学部門

研究室紹介

越中島キャンパス1号館3階東北端

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。