研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 大迫一史(2017-12-12)
 川合 美千代(2017-12-06)
 大河内 美香(2017-12-06)
 坂本 崇(2017-11-24)
 石田 真巳(2017-11-17)
 吉崎 悟朗(2017-11-10)
 遠藤 英明(2017-11-10)
 小暮 修三(2017-11-07)
 萩原 優騎(2017-11-03)
 芳賀 穣(2017-10-28)
 任 恵峰(2017-10-18)
 鈴木 秀和(2017-10-18)
 橋濱 史典(2017-10-17)
 森下 稔(2017-10-13)
 下野 孝一(2017-10-05)
 逸見 真(2017-09-21)
 麻生 敏正(2017-09-15)
 金岡 京子(2017-09-13)
 岡崎 忠胤(2017-09-08)
 黒瀬 光一(2017-09-08)
 小林 征洋(2017-09-07)
 盛田 元彰(2017-07-26)
 中東 和夫(2017-07-14)

氏名

任 恵峰 

読み

Huifeng, Ren

役職

教授

TEL・FAX

TEL 03-5463-0534 FAX 03-5463-0534

E−mail

hf-ren@kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~hf-ren/

所属部門

海洋環境科学部門

担当科目

(学部)分析化学、分析化学実験、水圏環境化学実験、フレッシュマンセミナー
(大学院)生物機能科学、生体機能利用学特論(分担)

キーワード

生物機能、食品素材、産業廃棄物、資源の循環型利用、安全性、変異原性、抗変異原性、環境汚染、環境修復

研究テーマ・活動内容

1)植物に含まれる機能性成分の探索とその有効利用
2)水産加工残滓の有効利用と環境保全
3)環境有害汚染物質の生体内制御
4)健全な水産食素材の開発
5) 水環境中における未規制化学物質の挙動と生態影響の解明

自己アピール

大学の教員は個人の研究業績を上げるよりも、学生に対する教育が最も重要なことだと思うので、授業・実験・卒論生の指導に当たってはそれを常に意識しています。
教育職に就いてから既に20年余りが過ぎましたが、最初の10年間は中国の大学で主に分析化学などを教えてきました。日本に来てからも本学での教育に携わるときには、いつでも教えた内容をなるべくその場で理解し,身につけてもらうよう様々な工夫を心掛けてきました。
それと同時に、教育にも学問にも国境はなく,言葉や生活習慣の違いさえも同じ地球で生活している人間にとっては,決して越えられない障害ではないと思っています。一番大事なのは互いの理解と多様性の尊重、そして心からの信頼関係を築くことであることも学生達に教えてきています。これからも引き続き本学の学生の教育研究だけでなく、留学生に対しての支援と、本学から中国への留学に行こうとする学生のサポートをしたいと思います。
 

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

1)有害物質を含む水産加工残滓の資源化と公害防止に関する研究
2)産業廃棄物からの機能性素材の開発に関する研究
3)生体内の有害物質排出を促進する機能性成分の探索に関する研究

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

■科研費研究

★ 循環型生物資源利用の立場から見たカツオ節加工残滓の利用に
  関する研究
  平成24~26年度
  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)
  研究代表者

★ 有害重金属を含む水産加工残滓の低コスト再資源化と環境汚染
  防除実証プラントの設計
  平成20~22年度
  科学研究費補助金 基盤研究(C)
  研究代表者

★ 有害物質を含む水産加工残滓の低コスト再資源化と環境汚染
  防除法の検討
  平成17年度~18年度
  科学研究費補助金 基盤研究(C)
  研究代表者

★ 水産環境汚染源としての下水処理場からの総変異原性の実体
  把握とその改善に関する研究 
  平成13~14年度  
  科学研究費補助金 基盤研究(C)
  研究分担者

★ 水産物を中心として天然調味料の品質向上と安全性確保に
  関する研究
  平成9~11年度
  科学研究費補助金 外国人特別研究員奨励費
  研究代表者

■その他の委託研究・共同研究

★ 東京湾から南極海に至る広範な海域の多環芳香族化合物汚染の
  実態に関する研究
  平成18-19年度 
  住友財団研究奨励費
  研究分担者

★ ウナギ体内に蓄積する重金属の取込みを抑制し,排出を
  促進する機能性配合飼料の開発
  平成17-18年度 
  東和食品興財団研究奨励費
  研究代表者

★ ホタテガイ加工廃棄物有効利用に関する研究
  平成22~27年度
  大成農材㈱研究助成金
  研究代表者

★ カツオ煮汁中の生理活性成分の利用に関する研究
  平成18~20年度
  ㈱ボニト食品研究助成金
  研究代表者

★ 循環型生物資源利用の立場から見た都市残滓ミールの製造に
  関する研究
  平成16~18年度
  三幾飼料工業㈱研究助成金
  研究代表者

★ ホタテウロの有害性防除に関する研究
  平成15~21年度
  大成農材㈱研究助成金
  研究代表者

講演テーマ

特記事項


氏名

任 恵峰 

読み

Huifeng, Ren

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

生年月日

1957年7月

学歴

1982年 2月 ハルピン師範大学化学部卒業

経歴

 1982年 2月 ハルピン師範大学化学部卒業
 1982年 3月 中国黒龍江省綏化市・綏化師範専科学校助手
 1983年10月 中国黒龍江省ハルビン市・黒龍江商学院助手
 1989年10月 中国黒龍江省ハルビン市・黒龍江商学院講師
 1991年11月 中国政府派遣 訪問研究員(東京水産大学食品生産学科)
 1994年 3月 東京水産大学より博士号(水産学)を授与
 1994年10月 黒龍江商学院 副教授
 1995年 9月 東京水産大学 訪問教授
 1997年 2月 日本学術振興会 外国人特別研究員Post Doctoral Fellow
 1999年 2月 東京水産大学 招聘教授
 2000年 1月 マインドエース製薬㈱研究職員
 2002年 8月 東京水産大学食品生産学科助手(生体機能利用学研究室) 助手
 2003年 10 月 東京海洋大学 海洋科学部 海洋環境学科 助手
 2007年 4月 同学科 助教 (大学院・博士前期課程担当)
 2008年12月 同学科 准教授
2017年4月 東京海洋大学 海洋資源環境学部 海洋環境科学科 准教授
 2017年10月 同学科 教授            
                -現在に至る-


 

学位

博士(水産学)(東京水産大学 1994年)

学位論文

中国・韓国・日本産数種天然調味料化学的特性に関する研究

所属学会と役職など

日本水産学会,日本環境変異原学会,日本食品科学工学会,日本環境化学会,環境技術学会,水産ゼロエミッション研究会,日本水環境学会、日本分析化学会、日本環境毒性学会、日本膜学会、廃棄物資源循環学会の各会員

社会活動

独立行政法人国際協力機構・青年海外協力隊技術専門委員

受賞歴等


氏名

任 恵峰 

読み

Huifeng, Ren

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

主要論文

★ Development of a label-free immunosensor system for detecting plasma cortisol levels in fish
  Fish Physiol. Biochem.42 19-27(2016)

★ Carbon-Nanotube-Enhanced Label-Free Immunosensor for Highly Sensitive Detection of Plasma
 Cortisol Level in Fish
 (H. Wu, H. Ohnuki, H. Ren, H. Endo)
  Sens.Materials., 27 793-805(2015)

★ Carbon nanotube-enhanced enzyme sensor for real-time monitoring of cholester levels in free-
  swimming fish
 (Taogesi, H. Wu, M. Murata, H. Ren, H. Endo)
  Sens.Materials., 27 805-815(2015)

★ ホタテガイ加工残滓の有効利用方法の検討
  (任 恵峰, 毛偉傑, 榎 牧子, 福田量二, 杉浦 宏, 川野 寛, 趙 珊珊, 遠藤英明)
  環境技術, 6, 38-45 (2015)

★ 活性炭によるかつお節加工残滓熱水抽出液中のPAHsの除去
  (笠根 岳, 岡田美緒, 遠藤英明, 任 恵峰)
  日本水産学会誌, 84 826-835 (2015)

★ Fish stress become visible: a new attempt to use biosensor for real-time monitoring fish stress
  (H. Wu, A. Aoki, T. Arimoto, T. Nakano, H. Ohnuki, M. Murata, H. Ren, H. Endo)
  Biosens. Bioelecton., 67, 503-510 (2015)

★ Development of mediator-type biosensor to wirelessly monitor whole cholesterol concentration
  in fish
  (M. Takase, M. Murata, K. Hibi, H.Ren, H. Endo)
  Fish Physiol. Biochem., 40, 385-394 (2014)

★ Effects of Petroselinum crispum and Coriandrum sativum on Oral cadmium-induced Micronucleus
 Formation in Mice
  (H. Ren, H. Jia, H. Suziki, Y. Nagae , H. Endo)
  Food Sci. Technol. Res., 19, 263-268 (2013)

★ Carbon nanotube enhanced label-free immunosensor for amperometric determination of oocyte
  maturation-inducing hormone in fish
  (M. Hirai, T. Muramatsu, H. Ohnuki, K. Hibi, H. Ren, H. Endo)
  Fish Physiol. Biochem. 39, 299-308 (2013)

★ Development of a biocompatible glucose biosensor for wireless and real time blood glucose
 monitoring of fish
  (M. Takase, E. Takahashi, M. Murata, H. Ohnuki, K. Hibi, H. Ren, H. Endo)
  Int. J. Environ. Anal. Chem., 93, 125-139 (2013)

★ Effects of Chinese Parsley (Coriandrum Sativum) on Oxidative Stabilities of Diet During
  Storage as Compared with a Synthetic Antioxidant
  (H. Jia, H. Ren, C. Deng, H. Kato, H. Endo)
  International Jounal of Food Properties, 15, 1394-1407 (2012)

★ Antioxidant potential of Western parsley (Petroselinum crispum) extract and its effects on
  oxidative stabilities of food during storage
  (H. Jia, H. Ren, C. Deng, H. Kato, H. Endo)
  J. Food Biochem., 36, 739-747 (2012)

★ Wireless Biosensor System for Real-Time L-Lactic Acid Monitoring in Fish
  (K. Hibi, K. Hatanaka, M. Takase, H. Ren, H. Endo)
  Sensors, 12, 6269-6281 (2012)

★ Ultra highly sensitive method for detecting Flavobacterium psychrophilum using high-gradient
 immunomagnetic separation with a polymerase chain reaction
  (U. Ryumae, K. Hibi, Y. Yoshiura, H. Ren, H. Endo)
  Aquaculture Res., 43, 929-939 (2012)

★ 松花江を水源とするハルビン市水環境の汚染状況―水道水に含まれる多環芳香族炭化水素類―
  (任 恵峰, 浪岡安行, 遠藤英明)
  環境技術, 6, 373-379 (2012)

★ Mediator-type biosensor for real-time wireless monitoring of blood glucose concentrations
  in fish
  (M. Takase, Y. Yoneyama, M. Murata, K. Hibi, H. Ren, H. Endo)
  Fish Sci., 78, 691-698 (2012)

★ Carbon nanotube enhanced mediator-type biosensor for real-time monitoring of glucose
  concentrations in fish
  (M. Takase, Y. Yoneyama, M. Murata, K. Hibi, H. Ren, H. Endo)
  Anal. Bioanal. Chem., 403, 1187-1190 (2012)

★ Development of a label-free immunosensor system for detecting oocyte maturation- inducing
  hormone in fish
  (H. Endo, T. Muramatsu, G. Yoshizaki, H. Ren, H. Ohnuki)
  Fish. Sci., 78, 391-398 (2012)

★ Electrode-based immunologic assay system to monitor oocyte maturation-inducing hormone in fish
  (H. Endo, M. Igarashi, A. Banba, H. Ohnuki, H. Ushio, T. Hayashi, H. Ren, G. Yoshizaki)
  Int. J. Environ. Anal. Chem., 91, 174-184 (2011)

★ Electrochemical flow injection immunoassay for cortisol using magnetic microbeads
  (T. Muramatsu, H. Ohnuki, H. Ushio, K. Hibi, M. Igarashi, T. Hayashi, H. Ren, H. Endo)
  Int. J. Environ. Anal. Chem., 91, 161-173 (2011)

★ Continuous surface seawater surveillance on poly aromatic hydrocarbons (PAHs) and mutagenicity
 of East and South China Seas
  (H. Ren, T. Kawagoe, H. Jia, H. Endo, K. Akira, S. Goto, T. Hayashi)
  Estuar, Coastal and Shelf Science, 86, 395-400 (2010)

★ Effect of cadmium binding form on rabbit aminolevulinate dehydratase in high molecular weight    fraction of rainbow trout liver
  (H. Jia, H. Ren, H. Endo, T. Hayashi)
  Fish Sci., 76, 495-501 (2010)

★ Wireless monitoring of blood glucose levels in flatfish with a needle biosensor
  (H. Endo, E. Takahashi, M. Murata, H. Ohnuki, H. Ren, W. Tsugawa, K. Sode)
  Fish Sci., 76, 687-694 (2010)

★ Rapid and highly sensitive detection of Flavobacterium psychrophilum using high gradient
 immunomagnetic separation with flow cytometry
  (U. Ryumae, K. Hibi, Y. Yoshiura, H. Ren, H. Endo)
  Aquaculture, 309, 125-130 (2010)

★ Effect of Chinese parsley Coriandrum sativum on cadmium binding to proteins from the liver and
  kidney of rainbow trout Oncorhynchus mykiss
  (H. Jia, H. Ren, H. Endo, T. Hayashi)
  Mar. Freshwater Behav. Physiol. 42, 187-199 (2009)

★ Cadmium detoxification effect of Chinese parsley, Coriandrum sativum, in liver and kidney of
  rainbow trout, Onchorhynchus mykiss
  (H. Ren, H. Jia, H. Endo, T. Hayashi)
  Fish. Sci., 75, 731-741 (2009)

★ ウロが混在するホタテガイ加工残滓の弱酸洗浄によるカドミウム除去と低コスト再資源化
  (任 恵峰, 福田量二, 小林 順, 遠藤英明, 林 哲仁)
  環境技術, 38, 40-45 (2009)

★ 水圏環境に流入する多環芳香族化合物の下水処理過程における消長
  (任 恵峰, 菊地純哉, 遠藤英明, 林 哲仁)
  日本環境化学会誌, 19, 325-342 (2009)

★ Wireless enzyme sensor system for real-time monitoring of blood glucose levels in fish
 (H. Endo, Y. Yonemori, K. Hibi, H. Ren, T. Hayashi, W. Tsugawa, K. Sode)
  Biosens. Bioelecton., 24, 1417-1423 (2009)

★ Biosensor system for continuous glucose monitoring in fish
 (Y. Yonemori, E. Takahashi, H. Ren, T. Hayashi, H. Endo)
  Anal. Chim. Acta., 633, 90-96 (2009)

★ Use of an optical biosensor with a silicone-immobilized enzyme to determine plasma total
  cholesterol concentrations in fish
  (H. Endo, J. Hao, M. Maita, T. Hayashi, H. Ren, K. Hibi)
  Fish. Sci., 75, 1329-1336 (2009)

★ Wireless biosensor system for real-time cholesterol monitoring in fish "Nile Tilapia"
 (Y. Yoneyama, Y. Yonemori, M. Murata, H. Ohnuki, K. Hibi, T. Hayashia, H. Ren, H. Endo)
  Talanta., 80, 909-915 (2009)

★ Removal of cadmium from scallop processing waste by washing with weak acid solution and
  utilization of useful constituents for organic fertilizer manufacturing
 (H. Ren, Y. Okamoto, H. Jia, R. Fukuda, A. Kobayashi, S. Goto, H. Endo, T. Hayashi)
  Fish. Sci., 74, 187-192 (2008)

★ Immunomagnetic separation using carbonyl iron powder and flow cytometry for rapid detection of
  Flavobacterium psychrophilum
  (K. Hibi, H. Ushio, H. Fukuda, K. Mitsubayashi, T. Hayashi, H. Ren, H. Endo)
  Anal. Bioanal. Chem., 391, 1147-1152 (2008)

★ Optical enzyme sensor for determining L-lysine content using L-lysine oxidase from the rockfish
  Sebastes schlegeli
  (H. Endo, Y. Hayashi, Y. Kitani, H. Ren, T. Hayashi, Y. Nagashima)
  Anal. Bioanal. Chem., 391, 1255-1261 (2008)

★ Isolation and characterization of a cold-induced nonculturable suppression mutant of Vibrio
  vulnificus
  (A.Abe, E. Ohashi, H. Ren, T. Hayashi, H. Endo)
  Microbiol. Res., 162, 130-138 (2007)

★ Rapid direct determination using combined separation by prepared immunomagnetic and flow
  cytometory of Flavobacterium psychrophilum
  (K. Hibi, K. Mitsubayashi, H. Ushio, T. Hayashi, H. Ren, H. Endo)
  Biosens. Bioelecton., 22, 1916-1919 (2007)

★ Development of functional fish feed with natural ingredients to control heavy metals
  (H. Jia, H. Ren, M. Maita, S. Satoh, H. Endo, T. Hayashi)
  Toxicology Mechanisms and Methods, 16, 411-417 (2006)

★ Effects of Chinese parsley Coriandrum sativum and chitosan on inhibiting the accumulation of
  cadmium in cultured rainbow trout Oncorhynchus mykiss
  (H. Ren, H. Jia, S. Kim, M. Maita, S. Sato, M. Yasui, H. Endo, T. Hayashi)
  Fish. Sci., 72, 263-269 (2006)

★ Anti-mutagenic and anti-oxidative activities found in Chinese traditional soybean fermented
 products furu
  (H. Ren, H. Liu, H. Endo, Y. Takagi, T. Hayashi)
  Food Chem., 95, 71-76 (2006)

★ A needle-type optical enzyme sensor system for determining glucose levels in fish blood
  (H. Endo, Y. Yonemori, K. Musiya, M. Maita, T. Shibuya, H. Ren, T. Hayashi, K. Mitsubayashi)
  Anal. Chim. Acta, 573-574, 117-124 (2006)

★ Isolation of a viable but non-culturable suppression mutant of Vibrio vulnificus : role of
  antioxidant enzymes in surviving stationary phase and low temperatures
  (A.Abe, E. Ohashi, H. Ren, T. Hayashi, H. Endo)
  Fish. Sci., 72, 656-664 (2006)

★ Combination of immunomagnetic separation with flow cytometry for detection of Listeria
   monocytogenes
  (K. Hibi, A. Abe, E. Ohashi, K. Mitsubayashi, H. Ushio, T. Hayashi, H. Ren, H. Endo)
  Anal. Chim. Acta, 573-574, 158-163 (2006)

★ Quartz crystal assay for rapid determination of nitrifying bacteria cells
  (H. Endo, T. Hayashi, H. Ren, H. Muramatsu)
  Int. J. Environ. Anal. Chem., 85, 807-815 (2005)

★ 東京湾海水より単離したピレン分解酵母
  (任 恵峰, 残間 聡, 浦野直人, 遠藤英明, 峯木 茂, 林 哲仁)
  日本水産学会誌, 70, 687-692 (2004)

★ Effects of heating and the addition of seasonings on the anti-mutagenic and anti-oxidative
  activities of polyphenols
  (H. Bao, H. Ren, H. Endo, Y. Takagi, T.Hayashi)
  Food Chem., 86, 517-524 (2004)

★ Application of photon correlation spectroscope technique to rapid detection of nitrifying
  bacteria
  (H. Endo, H. Ushio, N. Takano, N. Urano, H. Ren, T. Hayashi)
  Electrochemistry, 72, 32-34 (2004)

2003年以前の論文については,下記HPをご覧下さい.
http://www2.kaiyodai.ac.jp/~hf-ren/

著書

1) 「水産食品デザイン学」 任恵峰・林 哲仁(渡辺悦生編) [水産加工の副産物からエキスを作る]・[乾燥・濃縮・粉砕],成山堂 pp. 60〜83、139〜147 (2004)

2) 「HACCP対応食品危害分析・モニタリングシステム」任 恵峰・林 哲仁(渡辺悦生編) 2章3節「鮮度関連成分」,pp. 302〜311, 5章5節「変異原性物質」 pp. 468〜476 (1998)


氏名

任 恵峰 

読み

Huifeng, Ren

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

研究室紹介

 生体機能利用学研究室では、機器分析およびバイオアッセイによる水圏環境汚染の実態解明とその修復の試み、生物機能を利用したバイオセンシングやバイオレメデレーションの開発研究、有害物質を含む水産加工残渣の再資源化並びに環境汚染防止、有害物質の体外排出促進機能の解明等を中心に行っています。

卒研希望者等へのメッセージ

研究生活に関して、専門科目を担当している一教官としてぜひ皆さんに以下のことを伝えたいと思います。
 卒業論文を作成するための一年間の生活は、これまで身に着けた基本的な知識や基礎技術を生かして,社会人になる前の最後のリハーサルだとも言えます。
 これから追究すべき内容を見極める能力は、単なる思いつきや、一夜ですぐ身につけられるものではありません。何歳になっても常にたくさんの本を読み、幅広い情報源に出会う努力を重ねることが大切です。
また小さい研究でも大きい研究でも、粘り強くあきらめることなく取り組む情熱がないと、実際にはなかなか目標に到達できないものです。二度とない貴重な大学生活を有効に利用して、自分が関心を持っている問題に真剣に取り組み、最後まで追究したという経験は、きっとあなたの将来の仕事に役立つだけでなく、人生における大きな想い出にもなるに違いありません。
 なお大学生活は単なる科学的な研究だけではなく、社会人として守らなければならない最低限のルールや常識なども、この集団生活を通して,身につけることを忘れてはいけません。将来どんな厳しい環境でも豊かな心を持って,自分の立てた目標に向かって走り続けることのできる意志の強い人間になるのも,この卒業研究を通して修得すべき一つの大切な課題でしょう。このような私の研究室にもし関心がありましたら、いつでも遠慮なく連絡して下さい。

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。