研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 大河内 美香(2018-04-20)
 萩原 優騎(2018-04-12)
 下野 孝一(2018-04-09)
 石田 真巳(2018-04-06)
 鈴木 秀和(2018-04-05)
 遠藤 英明(2018-04-02)
 逸見 真(2018-04-02)
 東海  正(2018-03-21)
 藤野 俊和(2018-03-18)
 横田 賢史(2018-03-13)
 下島 公紀(2018-03-07)
 小暮 修三(2018-03-05)
 金岡 京子(2018-02-27)
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 岡崎 忠胤(2018-02-20)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 坂本 崇(2018-01-25)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)
 川合 美千代(2017-12-06)
 吉崎 悟朗(2017-11-10)

氏名

北出 裕二郎 

読み

KITADE, Yujiro

役職

教授

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋環境科学部門

担当科目

学 部)海洋物理学、環境システム科学実験、(分担)基礎海洋学、海洋観測論、海の科学
大学院)博士前期:海洋力学、沿岸海洋物理学
    博士後期:海洋物理学特論

キーワード

沿岸捕捉波、南極海、南極底層水、鉛直混合、内部波、海底境界層、潮汐、急潮、ビンセネス湾、相模湾、東京湾、伊豆海嶺、宗谷暖流、オホーツク海、黒潮、若狭湾

研究テーマ・活動内容

1.南極海における深層水・底層水の形成における謎の解明に向けた取り組み
全海洋で最も重い南極底層水が、近年の温暖化に伴い昇温し低塩分化しているといわれている。南極底層水の形成においては、冬季の海面冷却のような直接的要因以外にも多くのプロセスがあり、各海域での底層水の生成過程では主たる機構が異なっていることまでは観測やモデルの結果で指摘されている。しかし、多くの場合、海面冷却に始まり底層へ至るまでの各プロセスにおいて、どのプロセスの寄与がどの程度であるかということについての定量的な評価は十分になされていない。一つ一つのプロセスの定量的な解明が、南極底層水の変質機構を明らかにすることにつながるとともに、今後の温暖化に対する海洋循環の変動予測において重要になると考え、南極海での水温塩分の基本観測に加え、係留観測や乱流直接観測を実施し、研究を進めている。

2.境界領域における海水混合と水塊形成に関する研究
海底などの境界領域には、内部波や沿岸捕捉波の散乱・減衰、沿岸流による境界層流の収束発散など様々な現象とそれに伴う混合過程があると考えられる。各地での観測を行い、各物理現象がどの程度の鉛直混合を引き起こすのか定量的に評価し、水塊形成や物質循環のメカニズムを明らかにするための研究を進めている。

3.相模湾の急潮および中深層における循環流の形成機構に関する研究
相模湾における物質輸送解明のためには、循環流の構造を把握することが不可欠である。これまでに明らかとなっている表層循環流に加え、中・下層の循環流の構造を明らかにする。さらに、相模灘沿岸域では甚大な漁業被害をもたらす「急潮」と呼ばれる現象が発生する。このような急潮の発生機構の解明やモデルによる予報に加え、東京湾湾口から相模湾全域において海況の準リアルタイム・モニタリングを実施し、日常の海況予報の精度向上を目指した研究を進めている。

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

*南極底層水の昇温・低塩化に伴う深層大循環の変貌予測に関する基礎研究(基盤研究(A)代表:2015-現在)
*南大洋における乱流ホットスポットの定量化とその深層海洋大循環モデルヘの組み込み(基盤研究(A)分担:2015-現在)
*海氷生成とリンクする南極底層水・深層循環の再描像(基盤研究(A)分担:2023-現在)
*南極海表層水の低塩分化が深層大循環に及ぼす影響評価に関する基礎研究(基盤研究(B)代表:2011-2014)
*海氷生産量のグローバルマッピングとモニタリング構築(基盤研究(S)分担:2009-現在)
*沿岸捕捉波による急潮の予報精度向上のための基礎研究(基盤研究C代表:2005-2007年)
*内湾養殖場における貧酸素水の湧昇予報システムの開発(基盤研究B(2)分担:2001-2003年)
*急潮の発生機構の解明に関する研究(基盤研究C(2)分担:2000-2001年)
*近慣性周期内部重力波による物質の鉛直輸送散逸に関する研究(奨励研究A:1999-2000年)

講演テーマ

特記事項


氏名

北出 裕二郎 

読み

KITADE, Yujiro

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

生年月日

学歴

東京水産大学水産学部 海洋環境工学科 1989年3月卒業
東京水産大学大学院水産学研究科博士課程海洋生産学専攻 1995年3月修了

経歴

1995年11月 東京水産大学 水産学部 助手
1998年 5月〜1999年4月 カナダビクトリア大学訪問研究
2005年 4月 東京海洋大学 海洋科学部 助教授
2016年 1月 東京海洋大学 海洋科学部 教授

学位

博士(水産学)(東京水産大学 1995年)

学位論文

相模湾周辺海域における内部潮汐の発生と伝播に関する研究

所属学会と役職など

日本海洋学会,日仏海洋学会,American Geophysical Union

社会活動

日仏海洋学会評議委員(2002年〜現在),沿岸海洋研究編集委員(2003年〜現在),海の研究編集委員(2005年〜現在)

受賞歴等

1999年3月 日本水路協会技術奨励賞 急潮予報技術に関する研究
2000年4月 日本海洋学会日高論文賞 "Y. Kitade and M. Matsuyama (1997): Characteristics of Internal Tides in the Upper Layer of Sagami Bay. Journal of Oceanography, Vol. 53, 143-159.”
2007年4月 日本海洋学会奨励論文賞(指導学生) "M. Ishizu, Y. Kitade and M. Matsuyama (2006): Formation mechanism of the cold-water belt formed off the Soya Warm Current. Journal of Oceanography, Vol. 62, 457-471."
2012年4月 日本海洋学会奨励論文賞(指導学生) "D. Hirano, Y. Kitade, H. Nagashima and M. Matsuyama (2010): Characteristics of observed turbulent mixing across the Antarctic Slope Front at 140 E, East Antarctica, Journal of Oceanography, 66, 95-104."


氏名

北出 裕二郎 

読み

KITADE, Yujiro

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

主要論文

*Masunaga, E., H. Homma, H. Yamazaki, O. Fringer, T. Nagai, Y. Kitade and A. Okayasu (2015) : Mixing and sediment resuspension associated with internal bores in a shallow bay, Continental Shelf Research, 110, 85-99.

*Hirano, D., Y. Kitade, Y. Fukamachi and K. I. Ohshima (2015): The role of turbulent mixing in the modified Shelf Water overflows that produce Cape Darnley Bottom Water, Journal of Geophysical Research, Vol.120, doi:10.1002/2014JC010059.

*Y. Kitade, K. Shimada, T. Tamura, G. D. Williams, S. Aoki, Y. Fukamachi, F. Roquet, M. Hindell, S. Ushio, K. I. Ohshima(2014): Antarctic Bottom Water production from the Vincennes Bay Polynya, East Antarctica, Geophysical Research Letter, doi:10.1002/2014GL059971.

*L. Cheng and Y. Kitade (2014): Quantitative evaluation of turbulent mixing in the central equatorial Pacific, Journal of Oceanography, doi:10.1007/s10872-013-0213-5.

*S. Aoki, Y. Kitade, K. Shimada, K.I. Ohshima, T. Tamura, C.C. Bajish, M. Moteki, and S.R. Rintoul (2013): Widespread freshening in the seasonal ice zone near 140◦E off the Ad´elie Land Coast, Antarctica, from 1994 to 2012, Journal of Geophysical Research Vol. 118, 11, 6046-6063, doi:10.1002/ 2013 JC0090009.

*K.I. Ohshima, Y. Fukamachi, G. Williams, S. Nihashi, F. Roquet, Y. Kitade, T. Tamura, D. Hirano, L. H-Borreguero, I. Field, M. Hindell, S. Aoki and M. Wakatsuchi(2013): Antarctic Bottom Water production by intense sea-ice formation in the Cape Darnley polynya, nature geoscience, DOI: 10.1038/NGEO1738

*M. Ishizu, Y. Kitade and Y. Michida (2012): Mixing process on the northeast coast of Hokkaido in summer, Journal of Oceanography, doi:10.1007/s10872-012-0152-6.

*Y. Naulita and Y. Kitade (2011): Observed Turbulence Properties over the Continental Shelf and Slope off Jogashima, Sagami Bay. La mer, 49, 1-15.

*Y. Kitade, Y. Igeta, R. Fujii and M. Ishii (2011): Amplification of Semidiurnal Internal Tide Observed in Outer Part of Tokyo Bay. Journal of Oceanography, Vol. 67, 613-625, DOI: 10.1007/s10872-011-0061-0.

*D. Hirano, Y. Kitade, H. Nagashima and M. Matsuyama (2010): Characteristics of observed turbulent mixing across the Antarctic Slope Front at 140 E, East Antarctica. Journal of Oceanography, Vol. 66, 95-104.

*Y. Igeta, Y. Kumaki, Y. Kitade, T. Senjyu, H. Yamada, T. Watanabe, O. Katoh and M. Matsuyama (2009): Scattering of Near-inertial Internal Waves along the Japanese Coast of the Japan Sea. Journal of Geophysical Research, Vol.114, C10002,doi:10.1029.

*M. Ishizu and Y. Kitade (2009): Observation of bottom boundary layer off Soya Warm current. Journal of Oceanography, Vol. 65, 639-645.

*M. Ishizu, Y. Kitade and M. Matsuyama (2008): Characteristics of the cold-water belt formed off Soya Warm Current. Journal of Geophysical Research, Vol. 113,C12010, doi:101029.

*Y. Kawamura and Y. Kitade (2007): Effects of scattering and resonance on energy dissipation of internal tide in narrow shelf. Journal of Oceanography, Vol. 63, 15-25.

*Y. Igeta, Y. Kitade and M. Matsuyama(2007): Characteristics of Coastal-Trapped Waves Induced by Typhoon along the Southeast Coast of Honshu, Japan. Journal of Oceanography, Vol. 63,745-760.

*Y. Igeta, Y. Kitade and M. Matsuyama (2007): Numerical experiment on Kyucho around the Tango Peninsula induced by Typhoon 0406. Journal of Oceanography, Vol. 63, 835-847.

*M. Ishizu, Y. Kitade and M. Matsuyama (2006): Formation mechanism of the cold-water belt formed off the Soya Warm Current. Journal of Oceanography, Vol. 62, 457-471.

*Y. Narumi, Y. Kawamura, T. Kusaka, Y. Kitade and H. Nagashima (2005): The Deep Western Boundary Current along the eastern slope of the Kerguelen Plateau in the Southern Ocean: observed by the Lowered Acoustic Doppler Current Profiler (LADCP). La mer, Vol. 43, 49-59.

*Y. Kawamura, Y. Kitade and M. Matsuyama(2005): Scattering of Semidiurnal Internal Kelvin Wave at Step Bottom Topography. Journal of Oceanography, Vol. 61, 59-68.

*P. A. Angmalisang, M. Matsuyama, H. Ishidoya, Y. Kitade and S. Iwata(2004): Characteristics of Tidal Currents Observed at Five Mooring Stations in Sagami Bay. La mer, Vol. 42, 43-58.

*Y. Kitade, M. Matsuyama and J. Yoshida(2003): Distribution of Overturn Induced by Internal Tides and Thorpe Scale in Uchiura Bay. Journal of Oceanography, Vol. 59, 845-850.

*Y. Kitade and M. Matsuyama(2002): Semidiuranl internal tide observed over Ohmuro-Dashi, the northern part of the Izu Ridge. Deep-Sea Research I, Vol. 49, 1309-1320.

*Nyoman M.N. Natih, M. Matsuyama, Y. Kitade and J. Yoshida (2002): Seasonal variations of sea level along the Japanese coast. La mer, Vol. 40, 123-135.

*Y. Kitade and M. Matsuyama (2000): Coastal-Trapped Waves with Several-Day Period Caused by Wind along the Southeast Coast of Honshu, Japan, Journal of Oceanography, Vol. 56, 727-744.


著書


氏名

北出 裕二郎 

読み

KITADE, Yujiro

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。