研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 大河内 美香(2018-04-20)
 萩原 優騎(2018-04-12)
 下野 孝一(2018-04-09)
 石田 真巳(2018-04-06)
 鈴木 秀和(2018-04-05)
 遠藤 英明(2018-04-02)
 逸見 真(2018-04-02)
 東海  正(2018-03-21)
 藤野 俊和(2018-03-18)
 横田 賢史(2018-03-13)
 下島 公紀(2018-03-07)
 小暮 修三(2018-03-05)
 金岡 京子(2018-02-27)
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 岡崎 忠胤(2018-02-20)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 坂本 崇(2018-01-25)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)
 川合 美千代(2017-12-06)
 吉崎 悟朗(2017-11-10)

氏名

小橋 史明 

読み

KOBASHI,Fumiaki

役職

准教授

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~kobashi/

所属部門

海事システム工学部門

担当科目

キーワード

大気海洋相互作用,大規模海洋循環

研究テーマ・活動内容

【専門分野】
Key Words:海洋物理学、衛星海洋学、大気海洋相互作用

専門は海洋物理学と衛星海洋学です.研究は,主に船舶で観測された水温や塩分のデータと人工衛星で観測された海面高度や海面水温,海上風速などのデータを解析して進めています.

【研究概要・テーマ】
1)大気海洋相互作用
 広域を高頻度で観測できる人工衛星の資料を用いて,大気海洋間の運動量,熱,淡水フラックスの構造やその変動の実態を調べています.海洋には水温や塩分が空間的に大きく変化する前線が存在し,このような前線は日本東方沖の黒潮続流域や亜熱帯循環の中央部に顕著に見られます.海洋の前線は,海上風や海面熱フラックスの大規模な分布に応じて形成されますが,一方で海洋の前線も大気へ影響を与えています.このような大気と海洋の相互作用の全体像を解明することを目的として研究を行っています.

2)海洋大循環
 人工衛星の観測資料と船舶等の現場観測資料を相補的に解析し,海洋表層付近の循環構造とその変動機構を調べています.

3)黒潮の変動が日本沿岸域へ及ぼす影響

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項

研究室URL http://www2.kaiyodai.ac.jp/~iwasaka


氏名

小橋 史明 

読み

KOBASHI,Fumiaki

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海事システム工学部門

生年月日

学歴

1997年3月 東北大学理学部宇宙地球物理学科卒業
2002年3月 東北大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士課程修了

経歴

2002年4月 地球フロンティア研究システム(ハワイ大学へ異動)
2002年4月 ハワイ大学国際太平洋研究センター 研究員
2004年4月 東京海洋大学海洋工学部海事システム工学科 講師
2005年4月 東京海洋大学海洋工学部海事システム工学科 助教授

学位

学位論文

所属学会と役職など

社会活動

受賞歴等


氏名

小橋 史明 

読み

KOBASHI,Fumiaki

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海事システム工学部門

主要論文

Kobashi, F., H. Mitsudera, and S.-P. Xie, 2006: Three subtropical fronts in the North Pacific: Observational evidence for mode water-induced subsurface frontogenesis, J. Geophys. Res., 111(C9), C09033, doi:10.1029/2006JC003479.
Kobashi, F., and K. Hanawa: Hydrographic features off the southeast coast of Kyushu during the Kuroshio small meanders: A case study for small meanders that occurred in 1994 and 1995 spring. J. Oceanogr., 60, 645-662, 2004.
Kobashi, F., and H. Kawamura: Seasonal variation and instability nature of the North Pacific Subtropical Countercurrent and the Hawaiian Lee Countercurrent. J. Geophys. Res., doi:10.1029/2001JC001225, 2002.
Kobashi, F., and H. Kawamura: Variation of sea surface height at periods of 65-220 days in the subtropical gyre of the North Pacific. J. Geophys. Res., 106, 26817-26831, 2001.

著書


氏名

小橋 史明 

読み

KOBASHI,Fumiaki

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海事システム工学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。