研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 池田吉用(2018-12-14)
 遠藤英明(2018-12-12)
 松本 隆志(2018-12-12)
 小池雅和(2018-11-28)
 下野孝一(2018-11-20)
 岡崎恵美子(2018-11-15)
 下島公紀(2018-11-14)
 中東和夫(2018-11-13)
 鈴木秀和(2018-11-05)
 神谷充伸(2018-11-05)
 小暮修三(2018-10-29)
 石田真巳(2018-10-26)
 和泉充(2018-10-24)
 牧田寛子(2018-10-22)
 盛田元彰(2018-10-09)
 逸見真(2018-09-19)
 金岡京子(2018-09-18)
 バスティレイラ(2018-08-10)
 田中祐志(2018-08-01)
 佐々木剛(2018-07-17)
 山崎秀勝(2018-07-11)
 長阪玲子(2018-07-10)
 中村玄(2018-07-05)
 谷和夫(2018-06-28)
 任恵峰(2018-06-26)
 鶴哲郎(2018-06-26)
 宮本佳則(2018-06-26)
 川合美千代(2018-06-25)
 上村豊(2018-06-25)
 岡井公彦(2018-06-25)

氏名

小池雅和 

読み

KOIKE,Masakazu

役職

助教

TEL・FAX

03-5245-7422

E−mail

mkoike0_at_kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://masakazukoike.site44.com/indexjp.html

所属部門

海洋電子機械工学部門

担当科目

情報制御工学(後期:大学院)
電子機械工学入門(前期1/15:学部1年生)
電子機械工学実習(前期・後期:学部2年生)
電子機械工学実験(前期・後期:学部3年生)

キーワード

振動抑制制御、非線形量子化器、on-off制御、空圧式除振台、区間解析、最適化問題、発電計画問題

研究テーマ・活動内容

【最近の研究テーマ】
1.深海探査機の運動モデルと制御
2.三角翼型風力発電機における最適翼角パターンの解析
3.パラレルリンクを用いた水圧シリンダの位置決め制御
4.空圧式除振台の振動抑制制御
5.流体振動を用いた水面搬送手法の開発
6.区間解析を利用した火力発電機の最適な発電計画

自己アピール

2015年4月より海洋電子機械工学部門の助教として着任いたしました.私の専門分野は制御理論です.ただし,理論バリバリの数学中心の研究だけをしているのではなく,あくまで,実社会に即した問題を扱っております.今までに大きく二つのテーマを柱として研究してきました.一つ目は「離散値入力を用いた振動抑制問題」です.離散値入力というのは,限られた値しか出力することのできない陳腐なアクチュエータを用いたときに発生する入力です.このような限定された入力を用いて高速かつ高精密な振動抑制を実現する手法を提案してきました.この技術は船舶に常に付きまとう波に起因する振動の抑制にも利用できると考えております.この技術をベースとして,振動を意のままに操る制御技術の確立を目指しております.二つ目は「電力発電計画問題」です.将来,日本では太陽光発電設備と蓄電池が大量導入されることが期待されております.しかし,太陽光発電の不確かさが効率的なエネルギー資源の利用の障害になっています.そこで,この不確かさを区間値として表現し,区間解析を利用することで,不確かさを考慮しつつ従来の火力発電機が賄わなければならない,最適な発電量を計画しています.これらの二つの研究を土台とし社会に貢献できるように努力していく所存です.どうぞよろしくお願いいたします.

技術相談対応分野

空圧式除振台
振動抑制
on-off駆動による制御系設計
区間予測を利用した最適化問題

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

2016年04月~2017年03月 公益財団法人JKA,競輪&オートレスの補助事業平成28年度研究補助,アクティブ振動技術向上に向けた研究

2016年04月~2019年03月 日本学術振興会,科学研究費補助金(若手B),流体振動制御を用いた水面搬送手法の開発

2018年02月~2020年02月 公益財団法人油空圧機器技術振興財団,空圧式除振台における単一サーボ弁の擬似複数サーボ弁化への基礎研究

講演テーマ

特記事項


氏名

小池雅和 

読み

KOIKE,Masakazu

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋電子機械工学部門

生年月日

1981年6月12日

学歴

2000年 4月 信州大学 工学部 機械システム工学科 入学
2004年 3月 信州大学 工学部 機械システム工学科 卒業
2004年 4月 東京工業大学 大学院 情報理工学研究科 情報環境学専攻 博士前期課程 入学
2006年 3月 東京工業大学 大学院 情報理工学研究科 情報環境学専攻 博士前期課程 修了
2010年 4月 信州大学 大学院 総合工学系研究科 システム開発工学専攻 博士後期課程 入学
2013年 3月 信州大学 大学院 総合工学系研究科 システム開発工学専攻 博士後期課程 修了

経歴

2006年 4月 エンジニアリングシステム株式会社(一般社員)(2009年8月まで)
2009年 9月 めぶき特許事務所(一般所員,出願アドバイザー)(2010年5月まで)
2013年 4月 東京工業大学 大学院 情報理工学研究科 産学官研究員(CREST研究員)(2015年3月まで)
2015年 4月 東京海洋大学 海洋工学系 海洋電子機械工学部門 助教 現在に至る.

学位

博士(工学)

学位論文

非線形量子化器を含むシステムに対する制御手法の構築と空圧式除振台への応用に関する研究

所属学会と役職など

【所属学会】
2010年10月 公益社団法人 計測自動制御学会 正会員(~現在)
2010年11月 一般社団法人 日本機械学会 正会員(~現在)
2013年06月 システム制御情報学会 正会員(~現在)
2013年10月 IEEE Control System Society 正会員(~現在)
2016年09月 マリンエンジニアリング学会 正会員(~現在)

【役職】
2017年01月 計測自動制御学会2017年度制御部門運営委員会副幹事(2017年12月まで)
2017年04月 ISME 2017 TOKYO 実行委員(2017年10月まで)
2018年01月 計測自動制御学会2018年度制御部門運営委員会幹事(~現在)

社会活動

受賞歴等

2011年11月 第54回自動制御連合講演会,奨励賞
2012年02月 計測自動制御学会中部支部,第四十二期支部賞奨励賞
2012年04月 財団法人油空圧機器技術振興財団,論文賞
2013年02月 計測自動制御学会,学術奨励賞(技術奨励賞)
2015年04月 システム制御情報学会,論文賞
2016年06月 財団法人油空圧機器技術振興財団,論文賞


氏名

小池雅和 

読み

KOIKE,Masakazu

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋電子機械工学部門

主要論文

--- (2018) ---
39.Takahiro Sasaki, Jindan Cui, Yuzuru Ueda, Masakazu Koike, Takayuki Ishizaki, Jun-ichi Imura:Linear combination of day-ahead charge/discharge scheduling toward multi objective analysis of energy management system, Japanese Journal of Applied Physics 57, 08RH02, 2018年7月

38.Jindan Cui, Takahiro Sasaki, Yuzuru Ueda, Masakazu Koike, Takayuki Ishizaki, Jun-ichi Imura:
Day-ahead allocation of planned power flow and real-time operation method for residential houses with photovoltaic and battery for maximum use of distributed batteries, Japanese Journal of Applied Physics 57, 08RH03, 2018年7月

37.小池雅和, 中田 拓海, 章 菲菲, 田原 淳一郎: フィードフォワード入力列を用いたon-off弁駆動型空圧式除振台の振動抑制制御, 電気学会論文誌C, Vol.138, No.9, pp.1067-1074, 2018年9月

36.Masakazu Koike, Takayuki Ishizaki, Nacim Ramdani, Jun-ichi Imura: Optimal Scheduling of Storage Batteries and Thermal Power Plants for Supply-Demand Balance, Control Engineering Practice, Vol.77, pp.213-224, (DOI: 10.1016/j.conengprac.2018.05.008), 2018年8月

35.Youngchae Cho, Takayuki Ishizaki, Masakazu Koike, Nacim Ramdani, Jun-ichi Imura: Min-max-min Robust Optimization for Adaptivity-Constrained Economic Dispatch, Proc. of 2018 European Control Conference, to appear, 2018年6月

34.Youngchae Cho, Takayuki Ishizaki, Masakazu Koike, Jun-ichi Imura: A Bounding Method for Day-ahead Economic Dispatch with a Dynamic Uncertainty Set of PV Power Output, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.11, No.3, pp.256-262, 2018年3月

--- (2017) ---
33.Takayuki Ishizaki, Masakazu Koike, Jun-ichi Imura: Transient Response Improvement for Interconnected Linear Systems: A Low-Dimensional Controller Retrofit Approach, IEEE Transactions on Control of Network Systems, (DOI: 10.1109/TCNS.2017.2763745), 2017年12月

32.Takayuki Ishizaki, Masakazu Koike, Jun-ichi Imura: Bidding System Design for Multiperiod Electricity Markets: Pricing of Energy Shiftability: Proc. of 56th IEEE Conference on Decision and Control, pp. 807-812,(DOI: 10.1109/CDC.2017.8263759), 2017年12月

31.Taichi Ito, Junichiro Tahara, Masakazu Koike, Feifei Zhang: Development of the Visible Light Communication Device for Swarm Using Nonlinear Synchronizing, Artif Life Robotics, pp.1-7,(DOI 10.1007/s10015-017-0396-8), 2017年9月

30.Youngchae Cho, Takayuki Ishizaki, Masakazu Koike, Jun-ichi Imura: A Bounding Method for Solution of Economic Dispatch Problem with Uncertain PV Power Generation, Proc. of SICE Annual Conference 2017, pp.1220-1223, 2017年9月

29.Bo Tu, Takayuki Ishizaki, Masakazu Koike, Nobuyuki Yamaguchi, Jun-ichi Imura: Optimal Bidding Strategy for Multiperiod Electricity Market with Consideration of PV Prediction Uncertainty, Proc. of SICE Annual Conference 2017, pp.293-298, 2017年9月

28.Masakazu Koike, Takayuki Ishizaki, Nacim Ramdani, Jun-ichi Imura: Day-ahead Scheduling of Multiple Thermal Power Plants with Output Constraints Based on PV Interval Prediction, Proc. of 20th IFAC World Congress, Toulouse city center, Toulouse, France, July 9-14, 2017,
pp247-252, 2017年7月

27.Takayuki Ishizaki, Masakazu Koike, Nobuyuki Yamaguchi, Asami Ueda, Tu Bo, Jun-ichi Imura: A Distributed Scheme for Power Profile Market Clearing under High Battery Penetration, Proc. of 20th IFAC World Congress, Toulouse city center, Toulouse, France, July 9-14, 2017, pp167-172, 2017年7月

26.Masakazu Koike, Feifei Zhang, Junichirou Tahara: Multi-axis positioning control for pneumatic isolation table by using on-off valves, Proc. of The 36th IASTED International Conference on Modelling, Identification and Control, pp186-193, 2017年2月

--- (2016) ---
25.Taisuke Masuta, Yoshihiro Tagawa, Masakazu Koike, Takayuki Ishizaki, Jun-ichi Imura, Joao Gari da Silva Fonseca Junior, Takashi Oozeki, Akinobu Murata: Power System Operation with Battery Charge/Discharge Scheduling Based on Interval Analysis, Journal of International Council on Electrical Engineering, Vol.6, Issue 1, pp57-64, 2016年4月

24.加藤拓朗, 石崎孝幸, 小池雅和, 井村順一: マルコフパラメータマッチングに基づく離散時間線形システムの多時間分解能制御, 計測自動制御学会論文集, vol.52, no.7, pp.359-367, 2016年7月

23.Masakazu Koike, Feifei Zhang, Junichirou Tahara: Vibration suppression control for pneumatic isolation table considering control input satisfied common multiple constraint, Proc. of The 35th IASTED International Conference on Modelling, Identification and Control,pp130-136, 2016年2月

22.Takayuki Ishizaki, Masakazu Koike, Nacim Ramdanid, Yuzuru Ueda, Taisuke Masuta, Takashi Oozeki, Tomonori Sadamoto, Jun-ichi Imura: Interval quadratic programming for day-ahead dispatch of uncertain predicted demand, Automatica, Vol.64, pp.163-173, 2016年2月

--- (2015) ---
21.Takayuki Ishizaki, Masakazu Koike, Takuro Kato, Jun-ichi Imura: Multiresolved Control of Discrete-Time Linear Systems Based on Redundant Realization Via Wedderburn Rank Reduction, Proc. of 54th IEEE Conference on Decision and Control, pp.4866-4871, 2015年12月

20.丸山直人, 小池雅和, 千田有一: 離散値入力を伴う空圧式除振台のモデル予測制御, 計測自動制御学会論文集, Vol.51, No.11, pp755-762, 2015年11月

19.Masakazu Koike, Takayuki Ishizaki, Tomonori Sadamoto, Jun-ichi Imura: Time-Shifted Request Scheduling for Supply-Demand-Storage Balancing Under Prediction Uncertainty of Photovoltaics, Proc. of 2015 IEEE Multi-Conference on Systems and Control, pp.1534-1539, 2015年9月

18.Masakazu Koike, Yoshihiro Tagawa, Takayuki Ishizaki, Tomonori Sadamoto, Jun-ichi Imura: Day-Ahead Scheduling for Model Predictive Power Generation Based on Interval Prediction of Photovoltaics -Generalization to Multiple Generators-, Proc. of SICE Annual Conference 2015, pp.1073-1076, 2015年7月

17.Kosuke Uchida, Eiki Arai, Masakazu Koike, Ikuma Muto, Tomonori Sadamoto, Takayuki Ishizaki, Yuzuru Ueda, Jun-ichi Imura: Study on Fair Battery Control in Residential Sector Considering with Grid Operator's Request, Proc. of SICE Annual Conference 2015, pp.450-453, 2015年7月

16.Yoshihiro Tagawa, Masakazu Koike, Takayuki Ishizaki, Nacim Ramdani, Takashi Oozeki, Joao Gari da Silva Fonseca Junior, Taisuke Masuta, Jun-ichi Imura: Day-Ahead Scheduling for Supply-Demand-Storage Balancing -Model Predictive Generation with Interval Prediction of Photovoltaics-, Proc. of 2015 European Control Conference, pp.247-252, 2015年7月

15.Tomonori Sadamoto, Takayuki Ishizaki, Masakazu Koike, Yuzuru Ueda, Jun-ichi Imura: Spatiotemporally Multiresolutional Optimization Towards Supply-Demand-Storage Balancing Under PV Prediction Uncertainty, IEEE Transactions on Smart Grid, vol.6, issue 2, pp.853-865, 2015年2月

--- (2014) ---
14.小池雅和, 石崎孝幸, 定本知徳, 井村順一: 階層分散オブザーバの設計と電力ネットワークへの適用, システム制御情報学会論文誌, Vol.27, No.9, pp.353-363, 2014年9月

13.Masakazu Koike, Takayuki Ishizaki, Yuzuru Ueda, Taisuke Masuta, Takashi Oozeki, Nacim Ramdani, Tomonori Sadamoto, Jun-ichi Imura: Planning of Optimal Daily Power Generation Tolerating Prediction Uncertainty of Demand and Photovoltaics, Proc. 19th IFAC World Congress, pp.3657-3662, 2014年 8月

12.Tomonori Sadamoto, Ikuma Muto, Takayuki Ishizaki, Masakazu Koike, Jun-ichi Imura: Power Supply Scheduling Optimization from a Viewpoint of Spatio-Temporal Aggregation, Proc. 19th IFAC World Congress, pp.4571-4577, 2014年 8月

11.Takayuki Ishizaki, Masakazu Koike, Nacim Ramdani, Jun-ichi Imura: Monotonicity Characterization of Interval Quadratic Programming, Proc. 21st International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems, pp.792-799, 2014年 7月

10.小池雅和, 石崎孝幸, 定本知徳, 植田譲, 益田泰輔, 大関崇, 井村順一: 調整用火力コスト最小化に向けた不確かな太陽光発電予測に基づく蓄電池の充放電計画, 電気学会論文誌B, Vol.134, No.6, pp.545-557, 2014年 6月

9.Takayuki Ishizaki, Masakazu Koike, Tomonori Sadamoto, Jun-ichi Imura: Hierarchical Decentralized Observers for Networked Linear Systems, Proc. of 2014 American Control Conference, pp.5718-5723, 2014年 6月

--- (2013) ---
8.Tomoharu Iida, Yuichi Chida, Masakazu Koike, Yuichi Ikeda: Switching Control Method of Servo System Using Disturbance Observer, Proc. of SICE Annual Conference 2013, pp.691-696, 2013年 9月

7.Naoto Maruyama, Masakazu Koike, Yuichi Chida, Yuichi Ikeda: Model Predictive Control of Pneumatic Isolation Table with Quantized Input, Proc. of SICE Annual Conference 2013, pp.727-732, 2013年 9月

6.小池雅和, 飯田智晴, 丸山直人, 千田有一, 池田裕一: On-Off弁を用いた3自由度系空圧式除振台の振動抑制制御, 日本機械学会論文集C編, Vol.79, No.803, pp.2438-2450, 2013年 7月

5.小池雅和, 千田有一, 池田裕一: 非線形量子化器を伴う空圧式除振台の制御, 計測自動制御学会論文集, Vol.49, No.4, pp.488-496, 2013年4月

--- (2012) ---
4.Masakazu Koike, Yuich Chida: Multivariate Control Design Considering Quantization Error and Input Time-Delay for Pneumatic Isolation Table, Proc. of ASME 2012 5th Annual Dynamic Systems and Control Conference joint with the JSME 2012 11th Motion and Vibration Conference (DSCC/MOVIC2012), CD-ROM,No.8625, pp.1-10, 2012年10月

3.Masakazu Koike, Yuich Chida: Rapid Vibration Attenuation and Height Level Compensation Control for a Pneumatic Isolation Table with Quantized Input, Proc. of the 2012 International Conference on Advanced Mechatronic Systems, CD-ROM, pp.707-712, 2012年 9月

--- (2011) ---
2.Masakazu Koike, Yuich Chida: Vibration Control Design Considering Quantization Error for an On-Off Control System Including Input Time-Delay, Proc. of SICE Annual Conference 2011, CD-ROM, pp.760-765, 2011年9月

1.小池雅和, 中澤裕司, 千田有一, 池田裕一, 安田悦郎: On-Off操作と入力むだ時間の補償による空圧式除振台の高速振動抑制制御, 日本機械学会論文集C編, Vol.77, No.779, pp.2613-2626, 2011年 7月



著書

【特許】
(特許第5762069号)千田有一, 小池雅和, 中澤裕司, 茶圓秀一郎,”空圧式除振台システムの振動抑制制御方法”


氏名

小池雅和 

読み

KOIKE,Masakazu

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋電子機械工学部門

研究室紹介

【オートマティクス研究室】
物事の本質を見極め,意のままに操る!!!

船舶や飛行機,電車などの我々の身の回りの物は固有のダイナミクスを有しており,様々な動きをします.これらの対象を意のままに動かすためには,その動きを支配する本質的な要素(運動方程式や伝達関数)を見極め,適切な制御入力を用いる必要があります.この技術を探求しているのが「制御工学」です.我々とともに,より良い制御手法を研究しませんか?

【最近の研究テーマ】
1.深海探査機の運動モデルと制御
2.三角翼型風力発電機における最適翼角パターンの解析
3.パラレルリンクを用いた水圧シリンダの位置決め制御
4.空圧式除振台の振動抑制制御
5.流体振動を用いた水面搬送手法の開発

【運営方針】
● 一人一つのテーマを研究してもらいます.
● 一人一台のデスクトップPCを準備しております.
● 週一回,研究の進捗を報告してもらうゼミ(一人5分~30分?)を開催しています.
● 研究室全体の飲会を年2回開催しております.

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。