研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 呉海云(2018-05-22)
 金岡 京子(2018-05-16)
 遠藤 英明(2018-05-11)
 髙橋希元(2018-05-09)
 下野 孝一(2018-05-02)
 中東 和夫(2018-04-27)
 茂木康平(2018-04-23)
 大河内 美香(2018-04-20)
 萩原 優騎(2018-04-12)
 石田 真巳(2018-04-06)
 鈴木 秀和(2018-04-05)
 逸見 真(2018-04-02)
 東海  正(2018-03-21)
 藤野 俊和(2018-03-18)
 横田 賢史(2018-03-13)
 下島 公紀(2018-03-07)
 小暮 修三(2018-03-05)
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 岡崎 忠胤(2018-02-20)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 坂本 崇(2018-01-25)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)
 川合 美千代(2017-12-06)

氏名

松川 真吾 

読み

MATSUKAWA, Shingo

役職

教授

TEL・FAX

TEL 03-5463-0581 FAX 03-5463-0581

E−mail

#@kaiyodai.ac.jp, #はmatsukawです
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www2.s.kaiyodai.ac.jp/syokuhin/matsukawa/top.htm

所属部門

食品生産科学部門

担当科目

(学部)物理化学,食品生産学入門実験, 化学実験, 食品生産化学実験, 食品製造実習
(大学院)高分子溶液論、食品物性学、食品生産化学特別実験

キーワード

NMR,ESR,生体高分子,ゲル,拡散、粘弾性

研究テーマ・活動内容

1食品における多糖類の巨視的物性の理解のために、NMR及びESRにより微視的物性を測定し、生体高分子の特異的高分子間相互作用や溶媒との相互作用を研究する。

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

核磁気共鳴装置400MHz、600MHz(共同利用機器センター所属)

科研費等研究テーマ

基盤研究費(B)、(H26-29)(研究代表)
食品ハイドロゲルのミクロ相分離構造がテクスチャーに与える影響
特別研究員奨励費(H25-26)(研究代表)
食品ゲルにおける官能評価と網目の構造及び運動性との関係
基盤研究費(A)、(H23-25)(研究分担)
食品ゲルの咀嚼過程におけるフレーバーリリースと食品ゲルの構造・物性との関係の解明
特別研究員奨励費(H23-24)(研究分担)
バルト海および日本産紅藻多糖類の化学組成ならびに化学構造とゲル化特性の関係
基盤研究費(C)、(H21-23)(研究代表)
磁場勾配NMR法による生体高分子ゲル中の網目構造と物質拡散に関する研究
基盤研究費(B)、(H17-19)(研究分担)
ナノメートル粒径領域分散油脂の呈味への寄与ならびにナノ粒子先端機能油脂食品の開拓
基盤研究費(C)、(H11-12)(研究分担)
糖鎖による超分子中の水の運動性及び水素結合特性の磁気共鳴による検出を応用研究
基盤研究費(C)、(H10)(研究分担)
磁場勾配NMRおよびESRによる超分子中の物質の移動とその応用に関する研究

講演テーマ

1生体高分子溶液系におけるNMR緩和時間と拡散係数測定

特記事項


氏名

松川 真吾 

読み

MATSUKAWA, Shingo

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

食品生産科学部門

生年月日

1960年10月12日

学歴

北海道大学工学部合成化学工学科
1984年3月卒業
筑波大学大学院環境科学研究科
修士課程環境科学専攻
1994年3月修了
東京工業大学大学院理工学研究科
博士課程高分子工学専攻
1997年3月修了

経歴

昭和59年4月 関西ペイント株式会社入社
平成4年3月 関西ペイント株式会社退社
平成9年4月 東京水産大学食品生産学科助手採用
平成14年2月 同学科助教授
平成28年3月 同学科教授

学位

博士(工学)(東京工業大学 1997年)

学位論文

NMR法を用いた高分子ゲルの構造とダイナミックスの研究

所属学会と役職など

高分子学会(高分子と水研究会運営委員、NMR研究会運営委員),日本化学会,核磁気共鳴学会,日本レロジー学会、日本食品科学工学会、日本食品工学会、日本数式処理学会

社会活動

受賞歴等


氏名

松川 真吾 

読み

MATSUKAWA, Shingo

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

食品生産科学部門

主要論文

過去3年程度
Gelation of Iota/Kappa carrageenan mixtures, L. Du, T. Brenner, J. Xie, Z. Liu, S. Wang and S. Matsukawa, Gam & Stabilizer for the Food Industry, 18, 47-55(2016).
A study on phase separation behavior in kappa/iota carrageenan mixtures by micro DSC, rheological measurements and simulating water and cations migration between phases, Lei Du, Tom Brenner, Jingli Xie and Shingo Matsukawa, Food Hydrocolloids, 55, 81-88(2016).
Rheological properties and interactions between polysaccharides in mixed carrageenan solutions, Lei Du, Yang Lu, Lester Geonzon, Jingli Xie, Shingo Matsukawa, Journal of Biorheology, In Press, 0-0(2016).
Evaluation of Electrostatic Interaction between Lecithin and Chitosan in Two-Layer Tuna Oil Emulsions by Nuclear Magnetic Resonance (NMR) Spectroscopy, Yaowapa Kwamman, Busakorn Mahisanunt, Shingo Matsukawa and Utai Klinkesorn, Food Biophysics, In Press, 0-0(2016).
NMR study on the network structure of a mixed gel of kappa and iota carrageenans, Bingji Hu, Lei Du, Shingo Matsukawa, Carbohydrate polymers, In Press, 0-0(2016).
Rheology of highly elastic iota-carrageenan/kappa-carrageenan/xanthan/konjac glucomannan gels, T. Brenner, R. Tuvikene, Y. Fang , S. Matsukawa, K. Nishinari, Food Hydrocolloids, 44, 136-144(2015).
"Funorans from Gloiopeltis species. Part I. Extraction and structural
characteristics, Rando Tuvikene, Marju Robal, Daisuke Fujita, Kadri Saluri, Kalle Truus, Yuri Tashiro, Hiroo Ogawa, Shingo Matsukawa, Food Hydrocolloids, 43, 481-492(2015)."
Funorans from Gloiopeltis species. Part II. Rheology and thermal properties, Rando Tuvikene, Marju Roba, Hugo Mandar, Daisuke Fujita, Kadri Saluri, Kalle Truus, Tom Brenner, Yuri Tashiro, Hiroo Ogawa, Shingo Matsukawa, Food Hydrocolloids, 43, 649-659(2015).
A note on empirical use of time-dependent rules of mixtures, T. Brenner & S. Matsukawa, Composites Science and Technology, in press, 205-209(2015).
A novel alpha-L-arabinofuranosidase from Cellulomonas fimi ATCC 484 and its substrate specificity analysis with the aid of computer, Ying Yang, Lujia Zhang, Mingrong Guo, Jiaqi Sun, Shingo Matsukawa, Jingli Xie, and Dongzhi Wei, J. Agric. Food Chem, in press, 3725-3733(2015).
Characterization of abnZ2 (yxiA1) and abnZ3 (yxiA3) in Paenibacillus polymyxa, encoding two novel endo-1,5-α-L-arabinanases, Wang S, Yang Y, Zhang J, Sun J, Matsukawa S, Xie J*, Wei D, Bioresources and Bioprocessing, 1: 14, 0-0(2014).
Cloning, characterization of a cold-adapted endo-1,5-#-L-arabinanase from Paenibacillus polymyxa and rational design for acidic applicability, Shaohua Wang, Ying Yang, Rujian Yang, Jian Zhang, Min Chen, Shingo Matsukawa, Jingli Xie, and Dong-Zhi Wei, Journal of Agricultural and Food Chemistry, 62(33), 8460-8469(2014).
Effect of setting temperature on the mechanical properties of surimi gels, I. Kaneda, K. Aonuma, Y. Funatsu, S. Matsukawa, J. Biorheol, 28, 11-15(2014).
Rheology and structure of mixed kappa-carrageenan /iota-carrageenan gels, T. Brenner, R. Tuvikene, A. Parker, S. Matsukawa, K. Nishinari, Food Hydrocollids, 39, 272-279(2014).
Thermally induced gelation of mixed phosphatidylcholine aqueous solution containing wormlike micelle structure, Natdanai Fafaungwithayakul, Utai Klinkesorn, Tom Brenner, Nutsuda Vichakacharu and Shingo Matsukawa, Japan Journal of Food Engineering, 15(4), 233-242(2014).
Effect of solvent transfer in agar gels on stress relaxation under large deformation, S. Matsukawa, Y. Ding, Q. Zhao, A. Mogi, Y. Tashiro, H. Ogawa, Carbohydrate Polymesrs, 109, 166-170(2014).
Side-by-side aggregation number of network-forming gellan aggregates as inferred from gradient NMR measurements, T. Brenner, M. Shimizu, P. Nantarajit ,S. Matsukawa, Food Hydrocolloids, 38, 138-146(2014).

著書

Nano/Micro Biorheology, Chapter 6, Shingo Matsukawa and Tom Brenner, 3-156(2014).
食品ハイドロコロイドの開発と応用II, 第5章「NMRによるコロイドの構造と物性」, 松川真吾, 3-50(2014).
ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発, NMR法によるゲル化機構の解明, 松川真吾、山本彩起子, 3-261(2013).
Applications of nucleear shielding, in Nuclear Magnetic Resonance, Applications of nucleear shielding, S. Kuroki, S. Matsukawa and H. Yasunaga, 40,3-133(2011).
Applications of nucleear shielding, in SPR Nuclear Magnetic Resonance(eds. G.A.Webb K. Kamieńska-Trela), 化学遮蔽の章を担当, S. Kuroki, S. Matsukawa and H. Yasunaga, 39,3-150(2010).
Food Hydrocolloids: Characteristics, Properties and Structures(ed.C. S. Hollingworth), Molecular Dynamics in Food Hydrocolloids Observed by NMR, Shingo Matsukawa, Makoto Shimizu, Bona Dai, Ayaka Shinsho, 3-177(2009).
Nuclear Magnetic Resonance(ed. G.A.Webb), Applications of nucleear shielding, S. Kuroki, S. Matsukawa and H. Yasunaga, 38,3-165(2009).
Handbook of Modern Magnetic Resonance, , S. Matsukawa, 13-130(2006).
『かまぼこの足形成II、水の挙動とゲル物性の変化』(伊藤慶明、石崎松一郎編), 第3章, 松川真吾, 3-54(2005).
高分子辞典, 磁場勾配NMRの項, 松川真吾, 3-0(2005).
『分析化学実験』, 磁気共鳴に関わる項, 松川真吾、渡部徳子, 3-0(2002).
Polymer Gels (eds. Y. Osada and A. R. Khokhlov), (Structural and Dynamic Behavior of Polymer Gels as Elucidated by NMR Spectroscopyの項を分担執筆:, I. Ando, M. Kobayashi, C. Zhao, S. Matsukawa and S. Kuroki, 3-308(2001).
Experimental Methods in Polymer Science (ed. T. Tanaka), (NMR Spectroscopy in Polymer Scienceの項を分担執筆:, I. Ando, M. Kobayashi, M. Kanekiyo, S. Kuroki, S. Ando, S. Matsukawa, H. Kurosu, H. Yasunaga and S. Amiya, 3-493(2000).
『水の利用』, 5章1節「ハイドロゲルの物性, 安藤勲、松川真吾、小林将俊, 3-0(1999).
Solid State NMR of Polymers (eds. I. Ando and T. Asakura), Chap.20, H. Yasunaga, M. Kobayashi and S. Matsukawa, 3-769(1998).
The Wiley Polymer Networks Group Review Series.,Structure and dynamics of polymer gels observed by 1H NMR imaging and 1H PGSE NMR method, Chap.25, I. Ando, H. Kurosu, S. Matsukawa, A. Yamazaki, Y. Hotta and N. Tanaka, 1,3-346(1998).
Ann. Rept. NMR Spectroscopy,Structure and Dynamics of Polymer Gel systems Viewed Using NMR spectroscopy (eds. G. A. Webb and I. Ando), , H. Yasunaga, M. Kobayashi, S. Matsukawa, H. Kurosu and I. Ando, 34,3-104(1997).
『ゲルハンドブック』(長田義仁・梶原莞爾編)(英語版“Gels Handbook” eds.Y. Osada, K. Kajiwara and T. Tanaka(2000.1)), 第二章中物質拡散関連, 松川真吾, 2,3-303(1997).


氏名

松川 真吾 

読み

MATSUKAWA, Shingo

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

食品生産科学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。