研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 松本 隆志(2019-12-09)
 波津久達也(2019-12-02)
 井原智則(2019-11-29)
 遠藤英明(2019-11-28)
 バスティレイラ(2019-11-21)
 呉海云(2019-11-21)
 小池雅和(2019-11-15)
 逸見真(2019-11-13)
 竹山優子(2019-11-13)
 和泉充(2019-11-05)
 寺原猛(2019-11-05)
 加藤豪司(2019-11-01)
 黒川久幸(2019-10-20)
 溝端浩平(2019-10-18)
 竹本孝弘(2019-10-17)
 李潤珠(2019-10-15)
 小暮修三(2019-10-15)
 尾張聡子(2019-10-15)
 鈴木徹(2019-10-11)
 内田洋子(2019-10-10)
 石田真巳(2019-10-09)
 谷和夫(2019-10-09)
 久田孝(2019-10-07)
 福田厳(2019-10-07)
 小山尚之(2019-10-04)
 牧田寛子(2019-10-03)
 森下丈二(2019-10-02)
 木船弘康(2019-10-01)
 三島 由夏(2019-10-01)
 地下大輔(2019-10-01)
 鶴哲郎(2019-09-30)
 橋濱史典(2019-09-30)
 村井康二(2019-09-30)
 田中祐志(2019-09-28)
 池谷毅(2019-09-27)
 舞田正志(2019-09-27)
 奥村保規(2019-09-27)
 廣野育生(2019-09-27)
 宮崎奈穂(2019-09-27)
 内田圭一(2019-09-27)
 下野孝一(2019-09-27)
 片野俊也(2019-09-27)
 壁谷尚樹(2019-09-27)
 高橋(田中)美穂(2019-09-27)
 小林征洋(2019-09-18)
 池田吉用(2019-09-17)
 鈴木秀和(2019-09-04)
 盛田元彰(2019-08-20)
 米田昇平(2019-07-18)
 鈴木直樹(2019-07-17)
 髙橋希元(2019-07-16)
 金岡京子(2019-07-03)
 中島主恵(2019-06-27)

氏名

盛田元彰 

読み

MORITA,Motoaki

役職

准教授

TEL・FAX

03-5245-7401

E−mail

morita(@)kaiyodai.ac.jp (()を外して下さい)
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋電子機械工学部門

担当科目

*学部担当
金属材料学
海洋電子機械工学実験
短艇実習

*大学院担当
材料強度学

キーワード

スケーリングと腐食
金属の変形と疲労
熱利用に設備における腐食やスケーリングに関する境界領域

研究テーマ・活動内容

カルシウムスケール・シリカスケールの発生と成長に関する研究
高酸素固溶チタンの組織制御とその変形モードに関する研究
腐食疲労・SCC破壊現象における定量的評価方法の検討
ステンレス鋼基板を用いた酸化銅電極の開発

研究と関係するSDGs項目

自己アピール

主要論文です。論文の詳細や特許は上タブにて論文・著書をご覧下さい。

【スケール形成機構とその材料開発に関する主な論文】
(1)盛田元彰 温泉バイナリー発電所におけるスケール問題とその抑制材料の開発,まてりあ,57,493-497(2018).
(2)盛田元彰,梅澤修: 地熱熱水輸送用炭素鋼管に付着するスケール形成過程のモデル化, 日本金属学会誌, 80, 309-316, (2016).
(3)橋本凌平,盛田元彰,梅澤修,元田慎一:炭酸カルシウム結晶多形の転移と結晶成長に及ぼす材料表面溶出イオンの影響, 日本金属学会誌, 81, (2017).

【変形、疲労、腐食に関する主な論文】
(1)盛田元彰、梅澤修:完全拘束モデルに基づくα-Ti合金の低温すべり変形の解析、軽金属、社団法人軽金属学会、60、61-67、2010.
(2)Motoaki Morita, Kengo Kishihara, Shinichi Motoda, Norimitsu Koga, Tadashi Shinohara, “Effect of oxidation temperature on photo-catalytic properties of stainless steel coated by copper oxide”, ISIJ International, 57 (2017).
(3)長谷川嘉代,盛田 元彰,元田慎一:溶融亜鉛めっき鋼材の疲労強度に及ぼすめっき組織の影響、鉄と鋼、105(2019)、633-741.
(4)Ryo Wakinaga, Norimitsu Koga, Osamu Umezawa, Motoaki Morita, Shinichi Motoda, Tadashi Shinohara: Crystal Orientation Analysis on Stress Corrosion Cracking Facets in Austenitic Stainless Steels Key Engineering Materials, 810, 64-69, 2019年7月

技術相談対応分野

材料表面へのスケーリングに関する研究
チタンの変形と疲労

試験装置:
・材料のスケーリング性評価装置
・XRD、TG/DTA、FT-IR、分光光度計、SE-EDX
・引張試験機、疲労試験機(湿度、溶液環境での試験可)

共同研究の希望課題

カルシウム・シリカ・マグネシウム系スケールに関する研究
熱利用に設備における腐食やスケーリングに関する境界領域
チタンの変形と疲労

科研費等研究テーマ

2019-2021 日本学術振興会 科学研究費 基盤B
研究題目「地熱水中で形成したスケールの構造解析とそれに基づく材料のスケール性評価手法の確立」
2018-2019 日本鉄鋼協会 第27回 鉄鋼研究振興助成
研究題目「鉄鋼上に成膜した酸化皮膜の電気化学的性質と光腐食」
2015-2017 日本学術振興会 科学研究費 若手B
研究題目「亜鉛めっき鋼材の腐食疲労に関する基礎研究」
2013-2015 NEDO 新エネルギー・産業技術開発機構 地熱発電技術研究開発事業 研究代表者 
研究題目「炭酸カルシウム付着を抑制する鋼の表面改質技術の開発」
2013-2014 科学技術研究費 若手B
研究題目「高酸素固溶チタンの組織制御とその変形モードに関する研究」 
2013-2014 日本鉄鋼協会 鉄鋼研究振興助成と石原・浅田研究助成
研究題目「ステンレス鋼基板を用いた微生物燃料電池用光触媒電極の開発」
2011-2012 日本学術振興会 特別研究員奨励費
研究題目「高強度合金の低温疲労において形成する転位下部組織と応力集中のモデル化」

講演テーマ

・チタンの変形挙動
・温泉バイナリー発電で問題となるスケール

特記事項


氏名

盛田元彰 

読み

MORITA,Motoaki

役職

准教授

所属部門

海洋電子機械工学部門

学歴

2007 横浜国立大学工学部 卒業
2009 同大学大学院博士課程前期 修了
2012 同大学大学院博士課程後期 修了

経歴

2008-2009 独立行政法人物質・材料研究機構 材料信頼性センター 極限環境グループ 任期制職員(研究業務員)
2009-2010 国立大学法人 横浜国立大学大学院工学府 工学府特別研究員
2011-2012 独立行政法人 日本学術振興会特別研究員 (DC2)
2012-2017 国立大学法人 東京海洋大学大学院 助教
2018-現在 国立大学法人 東京海洋大学学術研究院 准教授

学位

2012 博士(工学)横浜国立大学

学位論文

多結晶体中の局所的転位列形成にともなう内部応力場とすべり挙動に関する研究

所属学会と役職など

公益社団法人 日本金属学会 正会員,第0分科幹事,まてりあ編集委員,講演大会企画委員
一般社団法人 日本鉄鋼協会 正会員,講演大会プログラム編成委員
       日本地熱学会 正会員
公益社団法人 腐食防食学会 正会員
公益社団法人 日本マリンエンジニアリング学会 正会員

社会活動

受賞歴等

2019年 日本マリンエンジニアリング学会 ロイドレジスターマンソン賞
2018年 日本地熱学会賞 研究奨励賞 
2012年 横浜国立大学大学院 2011年度工学府優秀学生賞
2009年 社団法人 軽金属学会 平成21年度軽金属希望の星賞


氏名

盛田元彰 

読み

MORITA,Motoaki

役職

准教授

所属部門

海洋電子機械工学部門

主要論文

(2019)
25. 長谷川嘉代,盛田 元彰,元田慎一:溶融亜鉛めっき鋼材の疲労強度に及ぼすめっき組織の影響、鉄と鋼 105(7) 733-741 2019年7月
24. Crystal Orientation Analysis on Stress Corrosion Cracking Facets in Austenitic Stainless Steels Ryo Wakinaga, Norimitsu Koga, Osamu Umezawa, Motoaki Morita, Shinichi Motoda, Tadashi Shinohara, Key Engineering Materials, 810, 64-69, 2019年7月

(2018)
23. 盛田元彰:温泉バイナリー発電所におけるスケール問題とその抑制材料の開発,まてりあ,57,493-497, 2018.
22. Motoaki Morita, Ayumu Yamaguchi, Shinichi Motoda: Effect of Phosphate Ion Eluted from Ni-P Coated Steel on CaCO3 Scale, Journal of the Japan Institute of Marine Engineering, 53, 368-373, 2018.

(2017)
21. Motoaki Morita, Yusuke Goto, Shinichi Motoda, and Toshio Fujino: Thermodynamic analysis of silica-based scale precipitation induced by magnesium ion, Journal of the Geothermal Research Society of Japan, 39, 191-201, 2017.
20. Wunn Nay Htoo, Motoda Shinichi, Morita Motoaki: Photopotential and Polarization Characteristics of Ruthenizer Complex Sensitized TiO2 Electrode for Marine Microbial Fuel Cell, ECS transactions, 80, 65-73, 2017.
19. Hasegawa Kayo, Morita Motoaki, Motoda Shinichi: Effect of Relative Humidity on Crack Growth Mechanism of Hot Dip Galvanized Steel in Atmospheric Environment, ECS transactions, 80, 609-618 2017.
18. 橋本凌平,盛田元彰,梅澤修,元田慎一:炭酸カルシウム結晶多形の転移と結晶成長に及ぼす材料表面溶出イオンの影響, 日本金属学会誌, 81,

(2017).
17. Motoaki Morita, Kengo Kishihara, Shinichi Motoda, Norimitsu Koga, Tadashi Shinohara, “Effect of oxidation temperature on photo-catalytic properties of stainless steel coated by copper oxide”, ISIJ International, 57 (2017).
16. Fumi Watanabe, Shinichi Motoda, and Motoaki Morita: Photo-Potential Property of TiO2 Electrode Prepared by the Screen Printing Method, ECS transactions, 75, pp. 93-100, (2017)
15. Sinichi Motoda, Morita Morita, and Shinichi Tamura: Characteristics of Double Layered TiO2 Anode Assembling to Marine Microbial Fuel Cell, ECS transactions, 75, pp. 133-143, (2017).
14. Motoaki Morita, Wataru Shinohara, Ryohei Hashimoto, and Sinichi Motoda: Microstructural Analysis of Initial Scale Formed on Stainless Steel Sheet Immersed in Hot Spring Water, ECS transactions, 75, pp. 9-17, (2017).

(2016)
13. Motoaki Morita and Osamu Umezawa : A Model of Scale Formation on Inner Carbon Steel Pipe Walls for Transporting Hot Spring Water, Materials transactions, 57, pp. 1652-1659, (2016).
12. 盛田元彰,梅澤修: 地熱熱水輸送用炭素鋼管に付着するスケール形成過程のモデル化, 日本金属学会誌, 80, 309-316, (2016).  

(2015)
11. Osamu Umezawa, Motoaki Morita, Takayuki Yuasa, Satoshi Morooka, Yoshinori Ono, Tetsumi Yuri, and Toshio Ogata :Analyses of Heterogeneous Deformation and Subsurface Fatigue Crack Generation in Alpha Titanium Alloy at Low Temperature, AIP conference proceedings, 1574, pp. 34-41, (2015).

(2014)
10. Sho Tamura, Motoaki Morita, Shinichi Motoda, Susumu Uematsu, Tadashi Shinohara:”Improvement in Photo-potential Characteristics of TiO2 Electrode Assembling to Marine Microbial Fuel Cell”, ECS Transactions, vol. 58, pp. 39-46, 2014.
9. Hidechito Hayashi, Toru Takase, Kodo Umakoshi, Toshio Fujino, Seigo Kaji, Hiroshi Sasaki and Motoaki Morita : ”Influence of Scale to Heat Exchanger of Binary Cycle Power Generation at Obama Hot Springs”, Proc. of 5th Asian Joint Workshop on Thermophysiscs and Fluid Science, 2014.

(2013)
8. O. Umezawa, M. Morita, T. Yuasa, S. Morooka, Y. Ono, T. Yuri, T. Ogata:"Analyses of Heterogeneous Deformation and Subsurface Fatigue Crack Generation in Alpha Titanium Alloy at Low Temperature", Advances in Cryogenic Engineering- Materials 60, pp34~41, 2013

(2012)
7. M. Morita, O. Umezawa: "A modeling approach to evaluate grain interaction induced by {111} <011-> planar slips in face-centered cubic polycrystalline materials", ISIJ International, Vol. 52, No. 6, pp. 1153–1161, 2012
6. M. Morita, O. Umezawa:“Analysis of heterogeneous deformation behavior by full constraints model in alpha-titanium alloy”, Proceedings of the 12th World Conference on Titanium (Ti2011), eds. Lian Zhou, Hui Chang, Yafeng Yu, Dongsheng Xu, Science Press Beijing, Vol. 2, pp. 1100-1103, (2012), (2011. 6.20, China National Convention Center)

(2011)
5. Motoaki Morita, Osamu Umezawa: Analysis of Crystal Rotation by Taylor Theory, Optical measurements, modeling, and metrology, vol. 5, Conference Proceedings of the Society for Experimental Mechanics Series, pp. 91-96, 2011.
4. Motoaki Morita, Osamu Umezawa: Evaluation of Heterogeneous Slip Deformation by Taylor Analysis, Proceeding of the grant workshop on new methods of damage and failure analysis of structural parts, pp. 71-75, 2011.
3. Motoaki Morita, Osamu Umezawa: Slip deformation analysis based on full constraints model for α-titanium alloy at low temperature, Materials Transactions, vol. 52, pp. 1595-1602, 2011.
2. Motoaki Morita, Satoshi Moroka, Osamu Umezawa: Influence of heterogeneous deformation on microstructural cracking in alpha-titanium alloys, Supplemental Proceedings, General Paper Selections TMS(The Minerals & Metals Society), vol. 3, pp. 427-431, 2011.

(2010)
1. 盛田元彰、梅澤修:完全拘束モデルに基づくα-Ti合金の低温すべり変形の解析、軽金属、社団法人軽金属学会、60、61-67、2010.

著書

【特許】
(特許第6324699号)元田慎一、盛田元彰、田村翔,”光電極及びその製造方法,並びに該光電極を備えた海洋微生物燃料電池”,東京海洋大学
(特願2015-046294)(特開2015-046294)盛田元彰、波津久達也, “配管内スケール監視システム、および配管内スケール監視方法”, 東京海洋大学
(特願2015-176398)(特開2015-176398)盛田元彰、橋本遼平、佐藤和昭、白井正治, “Ni-Pめっき皮膜及びスケール又は固着動物の付着を抑制する方法”, 東京海洋大学、黒坂鍍金工業所
(特願2016-126858)(特開2018-003275)盛田元彰, “地熱利用システム”, 東京海洋大学
(特願2018-038099)盛田元彰,鈴木彰悟,”高酸素固溶チタン板材の製造方法”,東京海洋大学
(特願2018-079246)波津久達也、盛田元彰, “スケール厚さ推定システム、スケール厚さ推定方法、およびスケール厚さ推定プログラム”, 東京海洋大学
(特願2018-089885)盛田元彰,波津久達也,”スケール対策が施された熱交換器装置”, 東京海洋大学


氏名

盛田元彰 

読み

MORITA,Motoaki

役職

准教授

所属部門

海洋電子機械工学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。