海洋科学系

部門別インデックス

海洋工学系

部門別インデックス

センター等

インデックス

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 吉崎 悟朗(2017-08-09)
 大河内 美香(2017-07-26)
 坂本 崇(2017-07-26)
 盛田 元彰(2017-07-26)
 中東 和夫(2017-07-14)
 小林 征洋(2017-07-12)
 鈴木 秀和(2017-06-28)
 芳賀 穣(2017-06-11)
 神尾 道也(2017-05-30)
 谷 和夫(2017-05-29)
 黒瀬 光一(2017-05-24)
 茂木康平(2017-05-18)
 東海  正(2017-05-17)
 遠藤 英明(2017-05-12)
 岡崎 忠胤(2017-04-21)
 大迫一史(2017-04-19)
 下野 孝一(2017-04-11)
 黒川 久幸(2017-04-07)
 岡井 公彦(2017-04-05)
 藤野 俊和(2017-04-04)
 逸見 真(2017-03-16)
 上村 豊(2017-03-13)
 石田 真巳(2017-03-09)

氏名

盛田 元彰 

読み

MORITA,Motoaki

役職

助教

TEL・FAX

03-5245-7401

E−mail

morita(@)m.kaiyodai.ac.jp (()を外して下さい)
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋電子機械工学部門

担当科目

*学部担当
金属材料学
海洋電子機械工学実験
短艇実習

*大学院担当
材料強度学

キーワード

金属の変形と疲労(高疲労強度化、元素H,O,N等の有効活用)
表面科学、表面処理(応力腐食割れ、スケール抑制材料)
集合組織(材料の特性向上)

研究テーマ・活動内容

カルシウムスケール・シリカスケールの発生と成長に関する研究
ステンレス鋼基板を用いた微生物燃料電池用光触媒電極の開発
高酸素固溶チタンの組織制御とその変形モードに関する研究
腐食疲労現象における定量的評価方法の検討
結晶体の塑性変形挙動をシミュレーションするソフトの開発

自己アピール

技術相談対応分野

変形と疲労
結晶構造を持つ材料の異方性を利用した機能特性向上
表面改質技術を利用した機能特性向上
応力腐食割れ

共同研究の希望課題

カルシウム・シリカ・マグネシウム系スケール付着に関する研究
腐食疲労を要因とする破壊
結晶粒界近傍の塑性変形挙動の解析
配向性を有する材料の変形機構(集合組織)

共同利用可能な設備

*試験機
極低ひずみ速度可引張試験機 1台
疲労試験機         1台
腐食疲労試験機       1台
スケール付着加速試験装置  1式

*顕微鏡
走査型電子顕微鏡 (二次電子像、反射電子像、EDX)
光学顕微鏡 (option:簡易偏光、微分干渉)
実体顕微鏡

*分光光度計

*マッフル炉

*組織観察(回転研磨機、電解研磨機、板材用ファインカッター、分析調整用ファインカッター)

*臨海実験場
海洋工学部附属清水臨海実験実習所
(http://www.e.kaiyodai.ac.jp/MT/Shimizu/indexf.htm)

科研費等研究テーマ

2013-2015 NEDO 新エネルギー・産業技術開発機構 地熱発電技術研究開発事業 研究代表者 
研究題目「炭酸カルシウム付着を抑制する鋼の表面改質技術の開発」
2013-2014 科学技術研究費 若手B
研究題目「高酸素固溶チタンの組織制御とその変形モードに関する研究」 
2013-2014 鉄鋼研究振興助成と石原・浅田研究助成
研究題目「ステンレス鋼基板を用いた微生物燃料電池用光触媒電極の開発」
2011-2012 特別研究員奨励費
研究題目「高強度合金の低温疲労において形成する転位下部組織と応力集中のモデル化」

講演テーマ

・チタンの変形挙動
・温泉バイナリー発電で問題となるスケール付着

特記事項


氏名

盛田 元彰 

読み

MORITA,Motoaki

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋電子機械工学部門

生年月日

学歴

2007 横浜国立大学工学部 卒業
2009 同大学大学院博士課程前期 修了
2012 同大学大学院博士課程後期 修了

経歴

2008-2009 独立行政法人物質・材料研究機構 材料信頼性センター 極限環境グループ 任期制職員(研究業務員)
2009-2010 国立大学法人 横浜国立大学大学院工学府 工学府特別研究員
2011-2012 独立行政法人 日本学術振興会特別研究員 (DC2)
2012-現在 国立大学法人 東京海洋大学大学院 助教

学位

2012 博士(工学)横浜国立大学

学位論文

多結晶体中の局所的転位列形成にともなう内部応力場とすべり挙動に関する研究

所属学会と役職など

一般社団法人 日本鉄鋼協会 正会員,講演大会プログラム編成委員
公益社団法人 日本金属学会 正会員,第0分科会幹事,まてりあ編集委員,分科会委員
       日本地熱学会 正会員
公益社団法人 腐食防食学会 正会員
公益社団法人 日本マリンエンジニアリング学会 正会員

社会活動

受賞歴等

2012年 横浜国立大学大学院 2011年度工学府優秀学生賞
2009年 社団法人 軽金属学会 平成21年度軽金属希望の星賞



氏名

盛田 元彰 

読み

MORITA,Motoaki

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋電子機械工学部門

主要論文

Motoaki Morita and Osamu Umezawa : A Model of Scale Formation on Inner Carbon Steel Pipe Walls for Transporting Hot Spring Water, Materials transactions, 57, pp. 1652-1659, (2016).

橋本凌平,盛田元彰,梅澤修,元田慎一:炭酸カルシウム結晶多形の転移と結晶成長に及ぼす材料表面溶出イオンの影響, 日本金属学会誌, 81, (2017).

Motoaki Morita, Kengo Kishihara, Shinichi Motoda, Norimitsu Koga, Tadashi Shinohara, “Effect of oxidation temperature on photo-catalytic properties of stainless steel coated by copper oxide”, ISIJ Int., 57 (2017)

Fumi Watanabe, Shinichi Motoda, and Motoaki Morita: Photo-Potential Property of TiO2 Electrode Prepared by the Screen Printing Method, ECS transactions, 75, pp. 93-100, (2017)

Sinichi Motoda, Morita Morita, and Shinichi Tamura: Characteristics of Double Layered TiO2 Anode Assembling to Marine Microbial Fuel Cell, ECS transactions, 75, pp. 133-143, (2017).

Motoaki Morita, Wataru Shinohara, Ryohei Hashimoto, and Sinichi Motoda: Microstructural Analysis of Initial Scale Formed on Stainless Steel Sheet Immersed in Hot Spring Water, ECS transactions, 75, pp. 9-17, (2017).

盛田元彰,梅澤修: 地熱熱水輸送用炭素鋼管に付着するスケール形成過程のモデル化, 日本金属学会誌, 80, 309-316, (2016).  

Osamu Umezawa, Motoaki Morita, Takayuki Yuasa, Satoshi Morooka, Yoshinori Ono, Tetsumi Yuri, and Toshio Ogata :Analyses of Heterogeneous Deformation and Subsurface Fatigue Crack Generation in Alpha Titanium Alloy at Low Temperature, AIP conference proceedings, 1574, pp. 34-41, (2015).

Sho Tamura, Motoaki Morita, Shinichi Motoda, Susumu Uematsu, Tadashi Shinohara:”Improvement in Photo-potential Characteristics of TiO2 Electrode Assembling to Marine Microbial Fuel Cell”, ECS Transactions, vol. 58, pp. 39-46, 2014.

Hidechito Hayashi, Toru Takase, Kodo Umakoshi, Toshio Fujino, Seigo Kaji, Hiroshi Sasaki and Motoaki Morita : ”Influence of Scale to Heat Exchanger of Binary Cycle Power Generation at Obama Hot Springs”, Proc. of 5th Asian Joint Workshop on Thermophysiscs and Fluid Science, 2014.

O. Umezawa, M. Morita, T. Yuasa, S. Morooka, Y. Ono, T. Yuri, T. Ogata:"Analyses of Heterogeneous Deformation and Subsurface Fatigue Crack Generation in Alpha Titanium Alloy at Low Temperature", Advances in Cryogenic Engineering- Materials 60, pp34~41, 2013

M. Morita, O. Umezawa: "A modeling approach to evaluate grain interaction induced by {111} <011-> planar slips in face-centered cubic polycrystalline materials", ISIJ International, Vol. 52, No. 6, pp. 1153–1161, 2012

M. Morita, O. Umezawa:“Analysis of heterogeneous deformation behavior by full constraints model in alpha-titanium alloy”, Proceedings of the 12th World Conference on Titanium (Ti2011), eds. Lian Zhou, Hui Chang, Yafeng Yu, Dongsheng Xu, Science Press Beijing, Vol. 2, pp. 1100-1103, (2012), (2011. 6.20, China National Convention Center)

Motoaki Morita, Osamu Umezawa: Analysis of Crystal Rotation by Taylor Theory, Optical measurements, modeling, and metrology, vol. 5, Conference Proceedings of the Society for Experimental Mechanics Series, pp. 91-96, 2011.

Motoaki Morita, Osamu Umezawa: Evaluation of Heterogeneous Slip Deformation by Taylor Analysis, Proceeding of the grant workshop on new methods of damage and failure analysis of structural parts, pp. 71-75, 2011.

Motoaki Morita, Osamu Umezawa: Slip deformation analysis based on full constraints model for α-titanium alloy at low temperature, Materials Transactions, vol. 52, pp. 1595-1602, 2011.

Motoaki Morita, Satoshi Moroka, Osamu Umezawa: Influence of heterogeneous deformation on microstructural cracking in alpha-titanium alloys, Supplemental Proceedings, General Paper Selections TMS(The Minerals & Metals Society), vol. 3, pp. 427-431, 2011.

盛田元彰、梅澤修:完全拘束モデルに基づくα-Ti合金の低温すべり変形の解析、軽金属、社団法人軽金属学会、60、61-67、2010.

著書


氏名

盛田 元彰 

読み

MORITA,Motoaki

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋電子機械工学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。