研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 岡崎 忠胤(2018-02-20)
 小暮 修三(2018-02-14)
 金岡 京子(2018-02-05)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 坂本 崇(2018-01-25)
 大河内 美香(2018-01-17)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)
 遠藤 英明(2017-12-20)
 川合 美千代(2017-12-06)
 石田 真巳(2017-11-17)
 吉崎 悟朗(2017-11-10)
 萩原 優騎(2017-11-03)
 任 恵峰(2017-10-18)
 鈴木 秀和(2017-10-18)
 橋濱 史典(2017-10-17)
 森下 稔(2017-10-13)
 下野 孝一(2017-10-05)
 逸見 真(2017-09-21)
 麻生 敏正(2017-09-15)
 小林 征洋(2017-09-07)

氏名

長島 裕二 

読み

NAGASHIMA, Yuji

役職

教授

TEL・FAX

TEL 03-5463-0604 FAX 03-5463-0604

E−mail

yujicd◎kaiyodai.ac.jp(◎を@に書き換えてご利用ください)
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www.kaiyodai.ac.jp/

所属部門

食品生産科学部門

担当科目

(学部)生物化学,科学英語,食品化学実験,食品化学基礎実験,化学実験,食品生産科学入門実験,食品生産学実習、フレッシュマンセミナー、食品生産システム調査
(大学院)生物資源化学,生体物質化学

キーワード

海洋生物毒,麻痺性毒,フグ,フグ毒,毒化メカニズム
水産廃棄物、有効利用、魚類体表粘液,生理活性物質,抗菌タンパク質,生体防御メカニズム

研究テーマ・活動内容

1 フグの毒化機構の解明
2 水産生物における毒の存在形態とその意義
3 水産廃棄物の有効利用
4 魚類体表粘液中の生理活性物質の探索と利用
 

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

科研費
・フグ毒テトロドトキシンの体内動態とテトロドトキシントランスポーターの解明(基盤研究B,2008-2010)
・魚類体表粘液に見出されたグラム陰性菌特異性抗菌タンパク質の構造と作用機序の解明(基盤研究C2, 2004-2005)
・フグ毒化に関する膜タンパク質の解析(基盤研究C2, 2002-2003)
・カニ体液中に存在するフグ毒結合タンパク質に関する研究(基盤研究C2, 1999-2000)
・フグ体表粘液中のプロテアーゼに関する研究(基盤研究C2, 1997-1998)
・フグ肝細胞中のフグ毒に関する研究(一般研究C, 1995-1996)
・無毒フグ肝臓中のフグ毒成分に関する研究(奨励研究A,1994)
・フグ血液中のテトロドトキシン輸送物質の検索(奨励研究A, 1993)
・フグの毒蓄積機構に関する研究(奨励研究A, 1992)
・フグ肝臓中におけるフグ毒の存在形態に関する研究(奨励研究A, 1991)
民間等研究助成
・食用可能な無毒フグ作出のための基礎的研究ーフグ肝臓におけるテトロドトキシン輸送担体ー(財団法人すかいらーくフードサイエンス平成17年度研究助成)
・産業廃棄される魚類皮膚の新規機能性素材への応用(平成20年度 財団法人旗影会研究助成)

講演テーマ

1水産食品の安全性
2フグとフグ毒の話
3魚貝毒の分析
4魚類体表粘液の働きと生理活性

特記事項


氏名

長島 裕二 

読み

NAGASHIMA, Yuji

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

食品生産科学部門

生年月日

1957年5月8日

学歴

東京水産大学水産学部食品生産化学科
1980年3月卒業
東京大学大学院農学系研究科
博士課程水産学専攻
1984年11月中途退学

経歴

学位

農学博士(東京大学 1989年)

学位論文

麻ひ性貝毒の定量法に関する研究(東京大学)

所属学会と役職など

日本水産学会正会員(編集幹事1993年4月〜1995年3月,庶務幹事1996年4月〜1998年3月,総務幹事2004年4月〜2006年3月,関東支部評議員1996年4月〜2004年3月,2006年4月〜、選挙管理委員会委員2007年4月~2009年3月、国際交流委員会委員2010年4月~),日本食品衛生学会正会員(学会賞選考委員会委員2007年4月~2010年3月、編集委員2007年1月~),日本生化学会正会員,International society of toxinology正会員,マリントキシン研究会正会員(幹事1994年4月〜1996年3月,2003年4月〜)

社会活動

国際協力事業団 非常勤講師(1999〜2001年度)
文部科学省高等学校職業教育教科書 編集協力者 (2002〜2003年度)
日本大学生物資源科学部非常勤講師(2002年4月〜2008年3月)
財団法人農学会技術者教育推進委員会幹事(2005年4月〜)
高等学校食品技能検定担当者全国会議講師(2003~2004年度)
神奈川県ふぐ包丁師衛生講習会講師(2004年、2006年、2009年)
内閣府食品安全委員会専門委員(2009年10月~)
東京都食品安全審議会臨時委員(2010年11月~)

受賞歴等


氏名

長島 裕二 

読み

NAGASHIMA, Yuji

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

食品生産科学部門

主要論文

フグ毒に関する研究(2001年以降)
・「Differential gene expression profile in the liver of the marine puffer fish Takifugu rubripes induced by intramuscular administration of tetrodotoxin」Toxicon, 57, 304-310 (2011).
・「Plasma protein binding of tetrodotoxin in the marine puffer fish Takifugu rubripes」Toxicon, 55, 415-420 (2010).
・「Change in tetrodotoxin content of the puffer fish Takifugu rubripes during seed production from fertilized eggs to juveniles」Food Hyg. Saf. Sci., 51, 48-51 (2010).
・「腐肉食性巻貝キンシバイNassarius (alectrion) glansに認められたフグ毒の毒性と毒成分」食品衛生学雑誌, 50, 22-28 (2009).
・「Evaluation of hepatic uptake clearance of tetrodotoxin in the puffer fish Takifugu rubripes」 Toxicin, 52, 369-374 (2008).
・「Pharmacokinetics of tetrodotoxin in puffer fish Takifugu rubripes by a single administration technique」Toxicon, 51, 1051-1059(2008).
・「Involvement of carrier-mediated transport system in uptake of tetrodotoxin into liver rtissue slices of puffer fish Takifugu rubripes」Toxicon, 50, 173-179 (2007).
・「フグ鰭の毒性」食品衛生学雑誌, 48, 159-162 (2007).
・「Difference between tetrodotoxin and saxitoxinsin accumulation in puffer fish Takifugu rubripes liver tissue slices」Fish Physiol. Biochem., 31, 95-100 (2005).
・「Purification and properties of proteinaceous trypsin inhibitors in the skin mucus of pufferfish Takifugu paridalis」Comp. Biochem. Physiol. B, 138, 103-110 (2004).
6「Purification and characterization of an antibacterial protein in the skin secretion of rockfish Sebastes schlegeli」Comp. Biochem. Physiol. C, 136, 63-71 (2003).
・「In vitro accumulation of tetrodotoxin in pufferfish liver tissue slices」Toxicon, 41, 569-574 (2003).
・「A tetrodotoxin-binding protein in the hemolymph of shore crab Hemigrapsus sanguineus: purification and properties」Toxicon, 40, 753-760 (2002).
・「Occurence of tetrodotoxin-related substances in the nontoxic puffer Takifugu xanthopterus」Toxicon, 39, 415-418 (2001).

魚類体表粘液の生理活性に関する研究(2001年以降)
・「Discoveery of serum L-amino acid oxidase in the rockfish Sebastes schlegeli: Isolation and biochemical characterization」 Comp. Biochem. hysiol. B, 157, 351-356 (2010).
・「isolation and cDNA cloning of an antibacterial L-amino acid oxidase from the skin mucus of the great sculpin Myoxocephalus polyacanthocephalus」Comp. Biochem. Physiol. B, 154, 55-61 (2009).
・「Antibacterial action of L-amino acid oxidse from the skin mucus of rockfish Sebastes schlegelii」Comp. Biochem. Physiol. B, 149, 394-400 (2008).
・「Optical enzyme sensor for determinig L-lysine content using L-lysine oxidase from the rockfish Sebastes schlegeli」Anal. Bioanal. Chem., 391,1255-1261(2008).
・Gene expression and distribution of antibacterial L-amino acid oxidase in the rockfish Sebastes schlegeli」Fish Shellfish Immunol., 23, 1178-1186 (2007).
・「Identification of an antibacterial protein as L-amino acid oxidase in the skin mucus of rockfish Sebastes schlegeli」FEBS J., 274, 125-134 (2007).
・「Purification and prperties of proteinaceous trypsin inhibitors in the skin mucus of pufferfish Takifugu pardalis」Comp. Biochem. Physiol. B, 138, 103-110 (2004).
・「Purification and characterization of an antibacterial protein in the skin mucus of rockfish Sebastes schlegeli」Comp. Biochem. Physiol. C, 136, 63-71 (2003).
・「Antibacterial factors in skin mucus of rabbitfishes」J. Fish Biol., 58, 1761-1765 (2001).

著書

1「フグ毒研究の最近の進歩(共著)」(橋本周久編)恒星社厚生閣 1988年
2「魚介類の鮮度と加工・貯蔵(共著)」(渡辺悦生編著)成山堂 1995年
3「海洋動物の毒(共著)」成山堂1997年
4「新訂版 海洋動物の毒(共著)」成山堂2006年
5「食中毒予防必携 第2版(共著)」日本食品衛生協会 2007年
6「ふぐの調理技術すっぽんの調理技術(共著)」旭屋出版 2007年 
7「水産利用化学の基礎(共著)」(渡部終五編)恒星社厚生閣 2010年
8「Pharmacokinetic stuies on hepatic uptake mechanism of tetrodotoxin in the puffer fish Takifugu rubripes」In Comprehensive Bioactive natural Products,Volume 3, Efficacy, Safety & Clinical Evaluation II. V. K. Gupta (Ed.) Studium Press LLC, U.S.A. 2010年


氏名

長島 裕二 

読み

NAGASHIMA, Yuji

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

食品生産科学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。