研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去60日間)です。
 小林征洋(2021-10-12)
 松本 隆志(2021-10-11)
 市田健介(2021-10-06)
 遠藤英明(2021-10-06)
 麻生敏正(2021-10-05)
 小祝敬一郎(2021-10-04)
 竹山優子(2021-09-29)
 逸見真(2021-09-29)
 中井拳吾(2021-09-23)
 東海正(2021-09-07)
 谷和夫(2021-09-07)
 秋山清二(2021-09-01)

氏名

坂井孝典 

読み

SAKAI,Takanori

役職

准教授

TEL・FAX

E−mail

tsakai2@kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~tsakai2/research_jp.html

所属部門

流通情報工学部門

担当科目

キーワード

都市貨物、貨物交通、交通と土地利用、エージェント・ベース・モデル、交通行動分析

研究テーマ・活動内容

都市貨物、貨物交通、交通と土地利用、エージェント・ベース・モデル、交通行動分析

SDGsと関係する研究テーマ

研究と関係するSDGs項目

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

坂井孝典 

読み

SAKAI,Takanori

役職

准教授

所属部門

流通情報工学部門

学歴

2002年4月 東京工業大学 第6類 入学
2006年3月 東京工業大学 土木工学科 卒業
2006年4月 東京工業大学 人間環境システム工学科 修士課程入学
2006年9月 カリフォルニア大学アーバイン校 土木環境工学部 大学院入学
(交換留学プログラム)
2007年6月 カリフォルニア大学アーバイン校 土木環境工学部 交換留学プログラム修了(学位未取得)
2008年3月 東京工業大学 人間環境システム工学科 修士課程修了
2013年8月 イリノイ大学シカゴ校 都市計画・政策科 博士課程入学
2017年8月 イリノイ大学シカゴ校 都市計画・政策科 博士課程修了

経歴

2008年4月-2012年11月 株式会社アルメック 海外室 研究員
2013年8月-2017年5月 イリノイ大学シカゴ校 College of Urban Planning and Public Affairs リサーチアシスタント
2017年6月-2021年3月 Singapore-MIT Alliance for Research and Technology リサーチアソシエイト/博士研究員/シニア博士研究員
2021年4月-現在 国立大学法人東京海洋大学 准教授

学位

PhD(Urban Planning and Policy)

学位論文

イリノイ大学シカゴ校:博士論文 (Dissertation)
“The Impacts of the Spatial Distribution of Urban Logistics Facilities and Associated Logistics Chains: Land Use and Traffic Simulations for Policy Insights”

所属学会と役職など

2018年6月-現在 アメリカ合衆国 World Society for Transport and Land Use Research 会員
2019年2月-現在 アメリカ合衆国 Transportation Research Board - Freight Transportation Planning and Logistics Committee 委員

社会活動

受賞歴等

2013年 イリノイ大学シカゴ校 Urban Planning and Policy Department Doctoral Award(2013- 2017)
2013年 日本学生支援機構 (JASSO) 留学生交流支援制度(長期派遣)採用(2013- 2016)
2013年 ボルボ研究教育基金 2013 Study Visit Grant
2015年 ボルボ研究教育基金 2015 Study Visit Grant
2017年 Transportation Research Board 都市貨物交通委員会 2017 Best Paper Award (論文タイトル:Logistics Chain Modeling for Urban Freight: Pairing Truck Trip Ends with Logistics Facilities)
2018年 Transportation Research Board 都市貨物交通委員会 2018 Best Paper Award (論文タイトル:Testing the ‘Freight Landscape’ Concept for Paris)


氏名

坂井孝典 

読み

SAKAI,Takanori

役職

准教授

所属部門

流通情報工学部門

主要論文

Takanori Sakai, André Alho, Bhavathrathan B. K., Giacomo Dalla Chiara, Raja Gopalakrishnan, Peiyu Jing, Tetsuro Hyodo, Lynette Cheah, Moshe Ben-Akiva. (2020). SimMobility Freight: An Agent-Based Urban Freight Simulator for Evaluating Logistics Solutions. Transportation Research Part E: Logistics and Transportation Review. Volume 141. https://doi.org/10.1016/j.tre.2020.102017

Takanori Sakai, Adrien Beziat, Adeline Heitz. (2020). Location Factors for Logistics Facilities: Location Choice Modeling Considering Activity Categories. Journal of Transport Geography. Volume 85.https://doi.org/10.1016/j.jtrangeo.2020.102710

Takanori Sakai, Kazuya Kawamura, Tetsuro Hyodo. (2019). Evaluation of the Spatial Pattern of Logistics Facilities using Urban Logistics Land-use and Traffic Simulator. Journal of Transport Geography, Volume 74, pp. 145-160. https://doi.org/10.1016/j.jtrangeo.2018.10.011


著書

André Romano Alho, Takanori Sakai, Fang Zhao, Linlin You, Peiyu Jing, Lynette Cheah, Chris Zegras, Moshe Ben-Akiva. (2021) ‘Laboratories for Freight Research’, in Shi, W., Goodchild, M., Batty, M. and Kwan, M.P. (ed.) Urban Informatics. Springer. https://doi.org/10.1007/978-981-15-8983-6


氏名

坂井孝典 

読み

SAKAI,Takanori

役職

准教授

所属部門

流通情報工学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。