研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 大河内 美香(2018-04-20)
 萩原 優騎(2018-04-12)
 下野 孝一(2018-04-09)
 石田 真巳(2018-04-06)
 鈴木 秀和(2018-04-05)
 遠藤 英明(2018-04-02)
 逸見 真(2018-04-02)
 東海  正(2018-03-21)
 藤野 俊和(2018-03-18)
 横田 賢史(2018-03-13)
 下島 公紀(2018-03-07)
 小暮 修三(2018-03-05)
 金岡 京子(2018-02-27)
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 岡崎 忠胤(2018-02-20)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 坂本 崇(2018-01-25)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)
 川合 美千代(2017-12-06)
 吉崎 悟朗(2017-11-10)

氏名

佐野 元彦 

読み

SANO,Motohiko

役職

教授

TEL・FAX

E−mail

msano00 に続けて(at)kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋生物資源学部門

担当科目

学部:水族病理学・水族病理学実習 大学院:感染症学・水族病理学特論

キーワード

水族感染症・微生物・ウイルス・病原性機構・疫学・診断法・防除技術・培養細胞・免疫・ワクチン

研究テーマ・活動内容

・魚介類病原体の病原性発現機構の解明
・魚介類感染症の診断・防除技術の開発
・ウイルス病ワクチン開発

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

佐野 元彦 

読み

SANO,Motohiko

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

生年月日

1963年3月7日

学歴

1985年3月 東京水産大学 水産養殖学科卒業
1987年3月 東京水産大学大学院 水産学研究科 修士課程修了
1990年3月 同大学院 水産学研究科 博士後期課程修了

経歴

1990年4月~1995年3月 明治製菓株式会社 薬品総合研究所入社 研究員
1995年4月~1997年3月 農林水産省入省 水産庁西海区水産研究所 研究員
1997年4月~2002年7月 同研究所 石垣支所 主任研究官
2002年8月~2003年3月 独立行政法人水産総合研究センター養殖研究所 病理部 ウイルス研究室長
2003年4月~2005年3月 同養殖研究所 病害防除部 魚病診断・研修センター長
2005年4月~2007年3月 同本部 研究開発官 
2007年4月~2008年3月 同養殖研究所 魚病診断・研修センター長
2008年4月~2010年3月 同養殖研究所 病害防除部長
2010年4月~2013年3月 同中央水産研究所 水産遺伝子解析センター長
2013年4月~      現職

学位

1990年3月 水産学博士(東京水産大学)

学位論文

「伝染性膵臓壊死症ウイルス(IPNV)の変異性と病原性に関する研究」

所属学会と役職など

・日本魚病学会員(2003年~2005年・2009年~2011年編集幹事, 2009年~評議員・編集委員, 2011年~企画幹事, 2013年~常任編集委員)
・日本水産学会員(2006年~2008年水産増殖懇話会委員会委員)
・日本水産増殖学会員
・ヨーロッパ魚病学会 会員

社会活動

2007年6月~2010年5月 国際獣疫事務局(OIE) Koi herpesvirus disease Reference Laboratory
2008年6月~2010年7月 農林水産大臣任命 獣医事審議会専門委員
2009年1月~2010年5月 厚生労働大臣任命 薬事・食品衛生審議会専門委員
2009年4月~2011年4月 農林水産大臣任命 農業資材審議会専門委員

受賞歴等


氏名

佐野 元彦 

読み

SANO,Motohiko

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

主要論文

最近5カ年の論文

1. Y. Nakamura, K. Mori, K. Saitoha, K. Oshima, M. Mekuchi, T. Sugaya, Y. Shigenobu, N. Ojima, S. Muta, A. Fujiwara, M. Yasuike, I. Oohara, H. Hirakawa, V. Sur Chowdhury, T. Kobayashi, K. Nakajima, M. Sano, T. Wada, K. Tashiro, K. Ikeo, M. Hattori, S. Kuhara, T. Gojobori and K. Inouye (2013) Evolutionary changes of multiple visual pigment genes in the complete genome of Pacific bluefin tuna, Proceedings of the National Academy of Sciences of the USA, in press (doi: 10.1073/pnas.1302051110).

2. M. Yasuike, Y. Nakamura, W. Kai, A. Fujiwara, Y. Fukui, M. Satomi, and M. Sano (2013) Draft Genome Sequence of Agarivorans albus Strain MKT 106T, an Agarolytic Marine Bacterium. Genome Announcements, in press.

3. T. Ito1, J. Kurita, A. Ozaki, M. Sano, H. Fukuda and M. Ototake (2013) Growth of Cyprinid herpesvirus 2 (CyHV-2) in cell culture and experimental infection of goldfish Carassius auratus. Diseases of Aquatic Organisms, in press.


4. K. Yuasa・ M. Sano・N. Oseko (2013) Goldfish Carassius auratus is not a host of koi herpesvirus (KHV) disease. Fish Pathology, in press.

5. M. Yasuike・E. Sugaya・Y. Nakamura・Y. Shigenobu・Y. Kawato・W. Kai・A. Fujiwara・M. Sano・T. Kobayashi・T. Nakai (2013) Complete genome sequence of a novel myovirus which infects atypical strains of Edwardsiella tarda. Genome Announcements, 1, e00248-12. (doi:10.1128/genomeA.00248-12.)

6. Y. Nakamura・ N. Sasaki・M. Kobayashi・N. Ojima・M. Yasuike・Y. Shigenobu・M. Satomi・Y. Fukuma・K. Shiwaku・A. Tsujimoto・T. Kobayashi・I. Nakayama・F. Itoh・K. Nakajima・M. Sano・T. Wada・S. Kuhara・K. Inouye・T. Gojobori・K. Ikeo (2013) The first symbiont-free genome sequence of marine red alga, susabi-nori (Pyropia yezoensis). PLoS ONE, 8, e57122. (doi:10.1371/journal.pone.0057122)

7. M. Yasuike, E. Sugaya, Y. Nakamura, Y. Shigenobu, Y. Kawato, W. Kai, A. Fujiwara, M. Sano, T. Kobayashi, T. Nakai (2013) 37. Complete genome sequences of Edwardsiella tarda-lytic bacteriophages KF-1 and IW-1. Genome Announcements 1, (doi:10.1128/genomeA.e00089-12)

8. T. Ito・J. Kurita・M. Sano・H.F. Skall・N. Lorenzen・K. Einer-Jensen・N.J. Olesen (2012) Typing of viral haemorrhagic septicaemia virus (VHSV) by monoclonal antibodies. Journal of General Virology, 93 (p.2546-2557)

9. K. Yuasa・M. Sano・N. Oseko (2012) Effective procedures for culture isolation of koi herpesvirus (KHV) and sample treatment. Fish Pathology, 47 (p.97-99)

10. T. Takano・T. Matsuyama・N. Oseko・T. sakai・T. Kamaishi・C. Nakayasu・M. Sano・T. Iida (2012) The efficacy of five avirulent Edwardsiella tarda strains in a live vaccine against edwardsiellosis in Japanese flounder, Paralichthys olivaceus. Fish and Shellfish Immunology, 29 (p.687-693)

11. T. Matsuyama・C. Nakayasu・A. Fujiwara・J. Kurita・T. Takano・T. Ito・M. Sano (2012) Ontogeny of anti-viral hemorrhagic septicemia virus (VHSV) immunity in developing Japanese flounder. Developmental & Comparative Immunology, 37 (p.313-322)

12. K. Yuasa・J. Kurita・M. Kawana・I. Kiryu・N. Oseko・M. Sano (2012) Development of mRNA-specific RT-PCR for the detection of koi herpesvirus (KHV) replication stage. Diseases of Aquatic Organisms, 100 (p.11-18)

13. T. Matsuyama・C. Nakayasu・M. Sano (2010) Immunocytochemical studies of the ontogeny of peripheral blood leucocyte subpopulations in Japanese flounder (Paralichthys olivaceus). Fish and Shellfish Immunology, 29 (p.362-365)

14. T. Sakai・A. Kumagai・H. Ohta・N. Oseko・M. Sano・T. Iida (2010) Improvement of PCR targeting 16S ribosomal DNA of Piscirichettsia salmonis. Fish Pathology, 45 (p.140-142)

15. T. Takano・H-S. Don・H. Kondo・I. Hirono・T. Aoki・M. Sano (2010) Evidence of molecular toll-like receptor mechanisms in teleosts. Fish Pathology, 45 (p.1-16)

16. T. Ito・N. J. Olesen・H. F. Skall・M. Sano・J. Kurita・K. Nakajima・T. Iida (2010) Development of a monoclonal antibody against viral haemorrhagic septicaemia virus (VHSV) genotype IVa. Disease of Aquatic Organisms, 89 (p.17-27)

17. T. Matsuyama・T. Sakai・I. Kiryu・K. Yuasa・H. Yasunobu・Y. Kawamura・M. Sano (2010) First isolation of Vibrio tapetis, the etiological agent of brown ring disease (BRD), in Manila clam Ruditapes philippinarum in Japan. Fish Pathology, 45 (p.77-79)

18. J. Kurita・K. Yuasa・T. Ito・M. Sano・R. P. Hedrick・M. Y. Engelsma・O. L. M. Haenen・A. Sunarto・E. B. Kholidin・H-Y. Chou・M-C. Tung・L. de la Peña・G. Lio-Po・C. Tu・K. Way・T. Iida (2009) Molecular epidemiology of koi herpesvirus. Fish Pathology, 44 (p.59-66)

19. 西岡豊弘・渡邉研一・佐野元彦 (2009) 浸漬法によるヒラメ稚魚へのTenacibaculum maritimum 実験感染法の検討. 魚病研究, 44 (p.178- 181)

20. T. Sakai・K. Yuasa・M. Sano・T. Iida (2009) Identification of Edwardsiella ictaluri and E. tarda by species-specific PCR targeted to upstream region of fimbrial gene. Journal of Aquatic Animal Health, 21, (p124-132)

21. T. Sakai・K. Yuasa・T. Ozaki・M. Sano・R. Okuda・T. Nakai・T. Iida (2009) Genotyping of Edwardsiella ictaluri isolates in Japan by amplified-fragment length polymorphism analysis. Letters in Applied Microbiology, 49 (p.443- 449)

22. M. Sano・T. Ito・C. Nakayasu・T. Matsuyama・J. Kurita (2009) Effect of water temperature shifting on mortality of Japanese flounder Paralichthys olivaceus experimentally infected with viral hemorrhagic septicemia virus. Aquaculture, 286 (p.254-258)

23. T. Sakai・T. Matsuyama・M. Sano・T. Iida (2009) 21. Identification of novel putative virulence factors, adhesin AIDA and type VI secretion system, in atypical strains of fish pathogenic Edwardsiella tarda by genomic subtractive hybridization. Microbiology and Immunology, 53 (p.131-139)

著書

・3.7.1 ウイルス疾病 (pp.310-317). 最新水産ハンドブック, 講談社 (2012)
・Viral diseases and agents of warmwater fish(pp.166-244). In “Fish Diseases and Disorders Vol 3: Viral Bacterial and Fungal Infections, 2nd Edition”, CABI (2011) (共著)
・4-4-2. 疾病対策 a. 化学療法剤(pp.341-343). 水産大百科辞典, 朝倉書店 (2006)
その他


氏名

佐野 元彦 

読み

SANO,Motohiko

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。