研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 黒瀬 光一(2018-01-22)
 大河内 美香(2018-01-17)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)
 遠藤 英明(2017-12-20)
 川合 美千代(2017-12-06)
 坂本 崇(2017-11-24)
 石田 真巳(2017-11-17)
 吉崎 悟朗(2017-11-10)
 小暮 修三(2017-11-07)
 萩原 優騎(2017-11-03)
 任 恵峰(2017-10-18)
 鈴木 秀和(2017-10-18)
 橋濱 史典(2017-10-17)
 森下 稔(2017-10-13)
 下野 孝一(2017-10-05)
 逸見 真(2017-09-21)
 麻生 敏正(2017-09-15)
 金岡 京子(2017-09-13)
 岡崎 忠胤(2017-09-08)
 小林 征洋(2017-09-07)

氏名

田中 栄次 

読み

TANAKA, Eiji

役職

教授

TEL・FAX

TEL 03-5463-0567 FAX 03-5463-0567

E−mail

hermit@kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋生物資源学部門

担当科目

(学部)統計学Ⅱ,意思決定論,資源解析学,水産学通論Ⅲ,資源管理セミナー,セミナー,卒業論文,資源解析学実習,資源解析学演習,資源管理数学Ⅰ
(大学院)資源動態管理論,資源解析論,資源解析論特別演習,資源解析論特別実験

キーワード

水産資源学、資源管理学、資源解析学、統計学、生物資源、鯨類、鮪類、国際漁業、沿岸漁業

研究テーマ・活動内容

水産資源のパラメータ推定と資源管理のためのシステムに関する研究。

自己アピール

高校卒業レベルから研究者や行政官まで、相手のレベルに合わせた対話を心がけていること。国際協力の視点からJICA等の研修における講師も行っている。

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

田中 栄次 

読み

TANAKA, Eiji

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

生年月日

1959年3月1日

学歴

東京水産大学産学部漁業生産学科1982年3月卒業
東京大学大学院農学系研究科博士課程水産学専門課程1987年3月修了

経歴

平成元年 2月 東京水産大学水産学部助手
平成 6年10月 東京水産大学水産学部助教授
平成15年10月 東京海洋大学海洋科学部助教授

学位

農学博士(東京大学 1987年)

学位論文

沿岸漁業における資源管理のためのシミュレーション・システムに関する研究

所属学会と役職など

日本水産学会和文誌企画小委員会委員(平成4年〜平成13年)、同学会シンポジウム企画委員会委員(平成12年〜現在)、,漁業経済学会

社会活動

下関市立大学非常勤講師(H14),JICA資源管理研修コース講師(H11〜14),UAE・日本合同資源評価及び管理セミナーコース講師(H11〜13),国家公務員採用Ⅰ種試験(農学Ⅳ)試験専門委員(H14〜現在),農林水産省政策評価会水産庁専門部会委員(H15〜現在),遠洋水産研究所外部評価委員会委員(H13〜現在),国際捕鯨委員会科学委員会委員(H2〜現在),千葉県資源管理型漁業推進協議会委員(H7〜9)

受賞歴等


氏名

田中 栄次 

読み

TANAKA, Eiji

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

主要論文

1「A method for calculating numerical estimates of gear selectivity」Fisheries Science., Vol.68, pp.1081-1087, (2002).

2「京都府沖合海域における標識採捕データによる成体雌ズワイガニの死亡係数の推定」日本水産学会誌, 67巻, pp.244-251, 2001年

3「Estimation of relative biomass of recruits using catch and effort series」Fisheries Science., Vol.66, pp.249-256, (2000).

4「Age and growth of alfonsino,Beryx splendens, in the waters around the Izu Island.」Fisheries Science., Vol.66, pp.232-240, (2000).

5「A model of catchability of developing fishery」 Fisheries Science., Vol.63, pp.496-502, (1997).

著書

1「マグロ漁業資源とその漁具・漁法」マグロの科学,成山堂書店,123〜158頁,2004年4月

2「国際水域における漁業資源の管理」水産資源管理入門, 水産資源管理入門出版研究会,46〜63頁,2003年3月

3「資源評価と管理のあり方」地域特産資源としてのエビ・カニ類の多様性と重要性,109〜117頁,2003年10月

4「IWC改定管理方式」鯨類資源の持続的利用は可能か,生物研究社,45〜49頁,2002年4月

5「英和和英水産学用語辞典(日本水産学会編)」(資源部門担当)1〜463頁,恒星社厚生閣 2001年10月,木村茂・有元貴文・糸洌長敬他54名

6「資源管理への応用」漁具の選択特性の評価と資源管理(東海正・北原武編),81〜89頁,恒星社厚生閣,2001年4月

7「水産資源解析学」1〜151頁,山田作太郎・田中栄次,成山堂書店,1999年4月


氏名

田中 栄次 

読み

TANAKA, Eiji

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。