【水産海洋IOF育成研修プログラム】 受講生募集中 「競争的資金獲得および生物多様性条約に基づく遺伝的資源へのアクセスに関する研修」

 

水産海洋イノベーションコンソーシアムでは、下記の通り研究プログラムを開催します。若干名ではありますが受講生を募集しますので、募集書類をご覧の上、興味のある方はお問い合わせ、お申込みください。

  • 日時:平成29年12月16日(土) 10:00-17:00
  • 会場:東京海洋大学 三陸サテライト(IOF育成プログラム気仙沼推進室)
    宮城県気仙沼市魚市場前7-13 気仙沼市産業センター海の市3F
    電話・ファクス: 0226-29-6719
  • 内容:競争的資金獲得および生物多様性条約に基づく遺伝的資源へのアクセスに関する研修
  • 講師:和泉充氏(東京海洋大学・教授、産学・地域連携推進機構 IOF育成プログラム推進室)
    森岡一氏(東京海洋大学 産学・地域連携推進機構・客員教授)
  • スケジュール 12月16日
    • 10時   開始
    • 10時半~ 生物多様性条約に基づく遺伝的資源へのアクセスに関する研修(基礎編)
    • 昼食
    • 13時半~ 生物多様性条約に基づく遺伝的資源へのアクセスに関する研修(応用編)
    • 15時~  競争的資金獲得
  • 研修プログラム資料:受講生募集!!IOF育成研修プログラム(PDF)本研修チラシ(PDF)

 

本研修について

  1. イノベーションオフィサ(IOF)育成研修プログラムについて
    本プログラムは、文部科学省の平成26 年度科学技術人材育成費補助事業「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」研究支援人材育成プログラムの採択を受け、東京海洋大学、岩手大学および北里大学の3大学が連携し、水産海洋イノベーションコンソーシアムを設置し、新たな高度研究支援人材、水産海洋イノベーションオフィサ(IOF)の育成を目的として、実施している研修プログラムです。平成29 年度から、3大学以外の機関からも広く受講者を募集することになりました。
  2. IOF 育成研修プログラムにおける人材育成
    水産海洋分野に特化した専門性(知的財産権に関する知識と技術移転等にかかる諸契約、研究成果の還元手法等を含む)の向上を目指し、プロジェクトの研究成果を水産都市に普及・定着することで、他業種がかかわる水産加工製品の創出から消費までの研究課題解決を先導できる人材を育成します。
  3. 受講対象者
    研究支援等の業務に携わっているURA や産学官連携コーディネータ等、ご所属先において本研修成果を活かせる方(平成29 年度は10 名程度の受入れを予定しています)
    研修は、内容に応じて、講義、演習、グループに分かれてのワークショップ形式により行います。
  4. 参加費
    無料です。