Influence of Impurities in TiO2 Coatings on Electrode Potential of Photocatalytic Anode Assembling to Marine Microbial Fuel Cell

研究者氏名元田 慎一
所属東京海洋大学 海洋工学部 海洋電子機械工学科
出展属性アグリビジネス創出フェア2011 2011年11月30日(水)~12月2日(金)
問い合わせ先産学・地域連携推進機構の技術相談受付システムをご利用ください

海洋微生物燃料電池組込用アノード電極に使用するTiO2半導体電極について、皮膜要素であるTiO2粉体の純度が電極特性に及ぼす影響を調べた。TiO2純度95.2%では、光照射後に電極表面に斑点状のしみが発生し、かつ光電位の低下効果について抑制作用が現れた。この「しみ」の部分を走査型電子顕微鏡ならびに、エネルギー分散型X線分析装置を使って調べたところ、不純物元素であるSiやZrの酸化物が検出された。また、表面電位プローブにより表面電位分布を測定したところ、この部分で局所的に電位が高い(電位低下の抑制作用が大きい)ことがわかった。以上の結果から、繰り返し光照射を行うTiO2電極においては、TiO2純度を高める必要があり、TiO2純度99.9%の場合は、上記の発生が起こらないことが確認された。これにより、安定的な発電素子として、本TiO2電極が使用可能となった。

Influence of Impurities in TiO2 Coatings on Electrode Potential of Photocatalytic Anode Assembling to Marine Microbial Fuel Cell

Influence of Impurities in TiO2 Coatings on Electrode Potential of Photocatalytic Anode Assembling to Marine Microbial Fuel Cell

Loading
月別