冷凍庫で1年間冷凍した魚から次世代が産まれました!

研究者氏名吉崎 吾郎
所属東京海洋大学 学術研究院 海洋生物資源学部門
出展属性第8回 水産海洋プラットフォーム・フォーラム(2016年2月19日)、第18回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー東京(2016年8月17-19日)
問い合わせ先産学・地域連携推進機構の技術相談受付システムをご利用ください

吉崎悟朗教授(海洋生物資源学部門)の研究グループは、1年間冷凍庫内で凍結していたニジマスから機能的な卵と精子を生産し、これらを受精することで正常な次世代個体を生産することに成功しました。本法を用いることで、絶滅危惧種を冷凍庫内で冷凍しておきさえすれば、たとえ当該種が絶滅した場合でも、現存する近縁種に冷凍魚由来の精原細胞を移植し、絶滅種の卵や精子を、ひいては受精を介して“生きた魚類個体”をいつでも再生することが可能になりました。

冷凍庫で1年間冷凍した魚から次世代が産まれました

Loading
月別