ICタグと通信衛星を用いたマグロ漁獲情報管理の実証実験

研究者氏名宮本 佳則
所属東京海洋大学 海洋科学部 海洋環境学科
出展属性第2回 東京海洋大学 水産海洋プラットフォーム・フォーラム 2010年2月15日(月)
問い合わせ先産学・地域連携推進機構の技術相談受付システムをご利用ください

近年発達したICタグは、書き換えのできない固有のIDを持ちながら多くの情報を記録できるため、ブランド品や検査用商品を扱う業界では、これを証明書代わりに商品に内蔵する事で不正を排除できると期待されている。本研究では、特にマグロ延縄漁業を対象として、電子荷札と言われる“ICタグ”とGPSを組み合わせ、さらに、ICタグに書き込んだデータを低軌道通信衛星(ORBCOMM)を利用してほぼリアルタイムに情報管理基地(日本)に送信することによって、マグロ1尾ずつの漁獲情報を管理するシステムを構築する。獲れた場所(緯度経度)と漁獲日時を漁船名など管理に必要な情報とともに自動的に取得して、記録したICタグをマグロ魚体に固着する。さらに、消費者への生産履歴を開示できるよう、解体・分化されたマグロに対しても、バーコードや2次元バーコード(QRコード)を発行することによりことにより、漁獲現場からのマグロの商品履歴、操業管理のIT化を図った。

ICタグと通信衛星を用いたマグロ漁獲情報管理の実証実験

ICタグと通信衛星を用いたマグロ漁獲情報管理の実証実験

Loading
月別