海洋微生物を用いた生鮮素材の褐変防止効果

研究者氏名櫻庭清香(ティーエスアイ)/今田千秋(海洋大)
所属株式会社ティーエスアイ、東京海洋大学 大学院
出展属性第3回 東京海洋大学 水産海洋プラットフォーム・フォーラム 2011年2月10日(木)
問い合わせ先産学・地域連携推進機構の技術相談受付システムをご利用ください

海洋環境から分離した糸状菌Trichoderma sp. H1-7 株が、その培養上清中にチロシナーゼインヒビターを生産することが、これまでの研究から分かっている。今回の報告においては、本培養上清を用いて、様々な生鮮素材を浸漬処理することで、酵素的褐変を防止し、色調を保つ効果を確認した。そのため、本培養上清は、生鮮素材が有する付加価値の維持に有効と思われた。

海洋微生物を用いた生鮮素材の褐変防止効果

海洋微生物を用いた生鮮素材の褐変防止効果

Loading
月別