研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 岡崎恵美子(2018-11-15)
 下島公紀(2018-11-14)
 中東和夫(2018-11-13)
 鈴木秀和(2018-11-05)
 神谷充伸(2018-11-05)
 小暮修三(2018-10-29)
 石田真巳(2018-10-26)
 和泉充(2018-10-24)
 牧田寛子(2018-10-22)
 松本 隆志(2018-10-11)
 盛田元彰(2018-10-09)
 遠藤英明(2018-09-21)
 逸見真(2018-09-19)
 金岡京子(2018-09-18)
 バスティレイラ(2018-08-10)
 田中祐志(2018-08-01)
 佐々木剛(2018-07-17)
 山崎秀勝(2018-07-11)
 長阪玲子(2018-07-10)
 中村玄(2018-07-05)
 谷和夫(2018-06-28)
 任恵峰(2018-06-26)
 鶴哲郎(2018-06-26)
 宮本佳則(2018-06-26)
 下野孝一(2018-06-25)
 川合美千代(2018-06-25)
 上村豊(2018-06-25)
 岡井公彦(2018-06-25)
 岡崎忠胤(2018-06-18)
 小林征洋(2018-06-14)
 坂本崇(2018-05-31)
 呉海云(2018-05-22)

氏名

羽曽部正豪 

読み

HASOBE, Masahide

役職

准教授

TEL・FAX

TEL 03-5463-0550 FAX

E−mail

hasobe@kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~hasobe/

所属部門

海洋生物資源学部門

担当科目

(学部)生物学,動物組織学,動物組織学実験,水族病理学実習,生物生産学入門,セミナー,卒業論文
(大学院)水族病理学,水族病理学特別演習,水族病理学特別実験

キーワード

魚類培養細胞,細胞工学,魚類ウイルス,魚類飼育実験系,魚類ウイルスワクチン
科学教育、生物教育、細胞実験キット、

研究テーマ・活動内容

<現在の主要なテーマ>
魚類培養細胞による細胞実験キットの開発
個体生物学における学習システムの構築
<主要なテーマ>
水生動物細胞 特に魚類細胞の培養条件の変化に伴う細胞生理,細胞病理の解析
小型魚類(主にニジマス稚魚)に対する実験評価系としての飼育実験システムの開発と魚類病態生理の解析。
魚類飼育環境の制御によるウイルス感染症の防除

自己アピール

魚類培養細胞を用いた「細胞実験キット」というものを開発中である。学習の場における個体生物学の「見方/考え方/進め方」について、大学教師の立場から再考したいと考えている。その経緯の一部は上記のURLにおいても可能である。

技術相談対応分野

生物実験学習システム:個体生物学、細胞生物学

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

生物教育

特記事項

開発中の「細胞実験キット」は生物教育における実践評価の観点から提供が可能である。
http://www2.kaiyodai.ac.jp/~hasobe/
(「~」は入力記号のチルダー)
インターネットを利用した「生細胞の顕微鏡観察」や「魚類マクロ組織染色標本」の遠隔操作による顕微鏡観察にも対応可能と考える。


氏名

羽曽部正豪 

読み

HASOBE, Masahide

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

生年月日

1956年2月15日

学歴

東京水産大学水産増殖学科1980年3月卒業
北海道大学大学院薬学研究科 博士後期課程製薬化学専攻 1986年3月修了

経歴

学位

薬学博士 (北海道大学 2216号 1986年)

学位論文

RNAウイルスに対する化学療法の基礎研究:魚病ウイルスIHNVを用いたアプローチ

所属学会と役職など

日本水産学会,日本魚病学会,日本細胞工学会,日本抗ウイルス化学療法研究会,日本生物教育学会

社会活動

魚類防疫士養成研修会講師(ウイルス学実習)主催:日本水産資源保護協会

受賞歴等


氏名

羽曽部正豪 

読み

HASOBE, Masahide

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

主要論文

水生動物細胞,特に魚類細胞の培養条件の変化に伴う細胞生理,細胞病理の解析

1「Effects of Fish and calf collagens as culture substrate in the adhesion and spreading process of established fish cells.」(1995) In Vitro Cell. Dev. Biol., 31A:178-182.

2「A fish cell line CHSE-sp exposed to long-term cold temperature retains viability and ability to support viral replication.」(1994) In Vitro Cell.Dev. Biol., 30A:148-150.

3「Chinook salmon embryo (CHSE-sp) cells for fish virus research.」(1993) In Vitro Cell. Dev. Biol., 29A:265-267.

4「Effects of calcium ions on the growth of a piscine cell line, CHSE-sp, adapted to suspension culture.」(1993) In Vitro Cell. Dev. Biol., 29A:7-8.

著書

1動物細胞工学ハンドブック「浮遊培養系の魚類細胞とその大量・高密度培養」朝倉書店

2動物細胞工学ハンドブック「誰でも使える動物細胞:魚類細胞の静置浮遊/低温培養」朝倉書店


氏名

羽曽部正豪 

読み

HASOBE, Masahide

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。