研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去60日間)です。
 松本 隆志(2021-12-06)
 牧田寛子(2021-11-16)
 逸見真(2021-11-15)
 小林征洋(2021-10-12)

氏名

市田健介 

読み

ICHIDA,Kensuke

役職

助教

TEL・FAX

0354630512

E−mail

kichid1@kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

水圏生殖工学研究所

担当科目

キーワード

研究テーマ・活動内容

SDGsと関係する研究テーマ

研究と関係するSDGs項目

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

科研費等研究テーマ

2021年度-2024年度
挑戦的研究(萌芽)
研究代表者: 市田 健介
トランスフェリン受容体を利用した新たな魚類精原細胞可視化技術の開発

2020年度-2021年度
研究活動スタート支援
研究代表者: 市田 健介
魚類生殖幹細胞の“見える化” ~代理親魚技術の普及を目指して~

講演テーマ

特記事項


氏名

市田健介 

読み

ICHIDA,Kensuke

役職

助教

所属部門

水圏生殖工学研究所

学歴

2013年3月 東京海洋大学 海洋科学部 海洋生物資源学科 卒業
2015年3月 東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科 海洋生命科学専攻 修了
2018年3月 東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科 応用生命科学専攻 修了

経歴

2018年4月-2018年7月 東京海洋大学 博士研究員
2018年8月-2020年3月 Suranaree University of Technology, Institute of Agricultural Technology, School of Animal Production Technology, 博士研究員
2020年4月-現在に至る 東京海洋大学 学術研究院 海洋生物資源学部門 助教(2020年10月から兼務)
2020年10月-現在に至る 東京海洋大学 水圏生殖工学研究所 助教

学位

博士(海洋科学)

学位論文

東京海洋大学、博士(海洋科学)課程博士 甲第463号、
「細胞表面抗原を用いた魚類生殖細胞操作法の開発」

所属学会と役職など

日本水産学会、マリンバイオテクノロジー学会

社会活動

受賞歴等


氏名

市田健介 

読み

ICHIDA,Kensuke

役職

助教

所属部門

水圏生殖工学研究所

主要論文

K Ichida K, A Jangprai, P Khaosa-art, G Yoshizaki, S Boonanuntanasarn. Characterization of a vasa homolog in Mekong giant catfish (Pangasianodon gigas): Potential use as a germ cell marker. Animal Reproduction Science, 106869, 2021.

R Yazawa,T Kubokawa, K Ichida, W Kawamura, R Tani, S Kamio, T Morita, G Yoshizaki. Establishment of a tracing technique for transplanted bluefin tuna germ cells in recipient’s gonads using monoclonal antibodies specifically recognizing bluefin tuna spermatogenic cells. Fisheries Science, 87, 105-112, 2021.

K Ichida, Y Matsushita, Y Amano, M Miwa, K Nagasawa, M Hayashi, H Mizutani, M Takahashi, S Boonanuntanasarn, G Yoshizaki. Visualization and tracking of live type a spermatogonia using a fluorescence-conjugated antibody in Salmo species. Aquaculture, 533, 736096, 2021.

R Duangkaew, F Kezuka, K Ichida, S Boonanuntanasarn, G Yoshizaki. Aging-and temperature-related activity of spermatogonial stem cells for germ cell transplantation in medaka. Theriogenology, 155, 213-221, 2020.

K Ichida, M Hayashi, M Miwa, R Kitada, M Takahashi, R Fujihara, S Boonanuntanasarn, G Yoshizaki. Enrichment of transplantable germ cells in salmonids using a novel monoclonal antibody by magnetic-activated cell sorting. Molecular Reproduction and Development, 86:1810-1821, 2019.

M Hayashi*, K Ichida*, S Sadaie, M Miwa, R Fujihara, Y Nagasaka, G Yoshizaki. Establishment of novel monoclonal antibodies for identification of type A spermatogonia in teleosts. Biology of Reproduction, 101: 478-491, 2019. *Contributory equal

R Duangkaew, A Jangprai, K Ichida, G Yoshizaki, S Boonarnuntanasarn. Characterization and expression of a vasa homolog in the gonads and primordial germ cells of the striped catfish (Pangasianodon hypophthalmus). Theriogenology, 131: 61-71, 2019.

K Ichida, W Kawamura, M Miwa, Y Iwasaki, T Kubokawa, M Hayashi, R Yazawa, G Yoshizaki. Specific visualization of live type A spermatogonia of Pacific bluefin tuna using fluorescent dye-conjugated antibodies. Biology of Reproduction, 100: 1637-1647, 2019.

K Ichida, K Kise, T Morita, R Yazawa, Y Takeuchi, G Yoshizaki. Flow-cytometric enrichment of Pacific bluefin tuna type A spermatogonia based on light- scattering properties. Theriogenology, 101: 91-98, 2017.

S Boonanuntanasarn, P Bunlipatanon, K Ichida, K Yoohut, O Mengyu, S Detsathit, R Yazawa, G Yoshizaki. Characterization of a vasa homolog in the brown-marbled grouper (Epinephelus fuscoguttatus) and its expression in gonad and germ cells during larval development. Fish Physiology and Biochemistry, 42: 1621-1636, 2016.

T Morita, K Morishima, M Miwa, N Kumakura, S Kudo, K Ichida, T Mitsuboshi, Y Takeuchi, G Yoshizaki, Functional sperm of the Yellowtail (Seriola quinqueradiata) were produced in the small-bodied surrogate, Jack Mackerel (Trachurus japonicus). Marin Biotechnology, 17:644–654, 2015.

S Kume, N Katayama, K Ichida, S Hattori-Ihara, K Nagasawa, G Yoshizaki, Transgene manipulation in rainbow trout using Cre recombinase. Fisheries Science, 80: 767-773, 2014.

J Shinji, S Teruya, K Ichida, T Tomizawa, A Tominaga, R Ito, Distribution of the invasive hard clam, Melcenaria Mercenaries, in the intertidal zone of Sanbanse in the inner part of Tokyo Bay. La mer, 51: 85-90, 2013.

著書

林 誠, 市田健介, 吉崎悟朗 (2017), 第8章 非リンパ球、非モデル生物への適用に関するQ&A, Q95 魚類(サケ・マス類, マグロ類, ゼブラフィッシュやメダカなど)から調製した細胞のフローサイトメトリー解析やソーティングは可能でしょうか?, 戸村道夫(編) ラボ必携 フローサイトメトリーQ&A 正しいデータを出すための100箇条, 羊土社, pp288-290.


氏名

市田健介 

読み

ICHIDA,Kensuke

役職

助教

所属部門

水圏生殖工学研究所

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。