研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 岡崎恵美子(2018-11-15)
 下島公紀(2018-11-14)
 中東和夫(2018-11-13)
 鈴木秀和(2018-11-05)
 神谷充伸(2018-11-05)
 小暮修三(2018-10-29)
 石田真巳(2018-10-26)
 和泉充(2018-10-24)
 牧田寛子(2018-10-22)
 松本 隆志(2018-10-11)
 盛田元彰(2018-10-09)
 遠藤英明(2018-09-21)
 逸見真(2018-09-19)
 金岡京子(2018-09-18)
 バスティレイラ(2018-08-10)
 田中祐志(2018-08-01)
 佐々木剛(2018-07-17)
 山崎秀勝(2018-07-11)
 長阪玲子(2018-07-10)
 中村玄(2018-07-05)
 谷和夫(2018-06-28)
 任恵峰(2018-06-26)
 鶴哲郎(2018-06-26)
 宮本佳則(2018-06-26)
 下野孝一(2018-06-25)
 川合美千代(2018-06-25)
 上村豊(2018-06-25)
 岡井公彦(2018-06-25)
 岡崎忠胤(2018-06-18)
 小林征洋(2018-06-14)
 坂本崇(2018-05-31)
 呉海云(2018-05-22)

氏名

稲田博史 

読み

INADA, Hiroshi

役職

准教授

TEL・FAX

03-5463-0476

E−mail

inadah@kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋生物資源学部門

担当科目

海洋科学部:「漁具学」,「漁業科学実習」,「漁業科学実験」,「漁業科学演習」,「調査実習」,「海洋科学通論」,「フレッシュマン セミナー」,「日本語表現法」,「セミナー」,「卒業論文」

海洋生命科学専攻:「漁業生産学」,「生物資源学特別演習」,「生物資源学特別研究」
応用生命科学専攻:「魚群制御学特論」,「応用生物科学特別研究」

キーワード

漁業生産技術の一般化・適正化・アーカイブ, 漁業現場, エルゴノミクス, 漁具設計, 技術開発, 技術移転(TT;Technologinal Transfer),  伝統漁具・漁業技術, 漁船漁業, 旋曳網, いか釣り漁業, 旋網(まき網)漁業, 駆け廻し網漁業, 曳網漁業(離着底兼用曳網・中層曳網・表層曳網), 棒受け網漁業, 定置網漁業, 集魚灯, 水中集魚灯, ハロゲン集魚灯, メタルハライド集魚灯, LED集魚灯, 集魚灯応用技術, 水中分光測光, 

研究テーマ・活動内容

1.各種漁業の適正操業技術の開発:漁業労働の安全性・生産性の向上と 資源管理・環境保全を両立する漁業生産技術 
2.省人・軽労働化を図る漁具・装置・システムの開発
 
3.各種漁業の操業・蓄養過程における漁獲物選別技術の開発・評価
  (旋網,定置網,サンマ棒受網,いか釣り漁業等)

4.定置網の構造・維持管理技術の適正化:漁具の防汚・浄化・交換技術の簡便化

5.集魚灯の有効利用:対象生物,労働・漁場環境に対する灯具・操法の適正化・選別漁獲への応用
  放電集魚灯システムと操業技術の改良・評価,LED集魚灯システム操業技術の開発・評価
  (いか釣り,棒受網,旋網漁業等)

6.ルアーの挙動解析と設計理論の構築:曳行式漁具・観測具の運動制御,海洋観測への応用,
  対象生物の釣獲機構の解明

7.漁業生産技術の一般化への知識工学の応用:フィールドサイエンス,知識の獲得と表現,漁具設計CAD,
  漁業生産技術情報のアーカイブ

8.旋曳網漁業技術の開発・評価

9.駆け廻し網の漁具構造と水中挙動

10.離着底兼用曳網,中層曳網,表層曳網とその操業技術の開発・評価

11.擬似餌とその使用方法に関する開発・評価

自己アピール

【研究】 漁業生産技術の一般化および適正化に関する研究を進め,その成果を生産・流通・消費のサイクルに還元することを目的に漁業生産現場をベースにしたフィールド・サイエンスを展開している。 その成果は「いか釣り漁業」,「旋網漁業」,「定置網漁業」等における生産の合理化,労働安全の確保および資源・漁業管理に広く応用され,国内外への技術移転にも貢献している。 水中集魚灯,水中曳行体,漁網に関する研究はPAT化され,漁業,海洋観測,リクレーション関連の要素技術として活用されている。

【教育】 漁業生産現場の実状に対応した技術動向とR&D手法を伝え,問題の発見と解決方法の工夫に関する指針を提示する教育を実践している。 これまで,または現在進行中の漁業生産技術に関する研究成果により,国際協力事業団,海外漁業協力財団等が開講する海外技術者研修講師,国内の漁業・水産関連団体開講の漁業実務者研修講師,中国,韓国等の水産関連大学・研究機関における招聘講師歴任。 また,ボランティア活動においても,水産・海洋関連技術情報の普及・啓蒙活動の実施。

【卒業生・修了生】 通称「漁志鰤塾」出身者として,男女を問わず,漁業生産・水産関連の産官学諸方面はもとより,水産以外の分野でも「漁業・水産業」の理解者・支援者として「漁(Eco-oriented Fishing)の志」をもって活躍中。

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

稲田博史 

読み

INADA, Hiroshi

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

生年月日

学歴

経歴

学位

水産学博士

学位論文

水産学士(東京水産大学,1977)「南極オキアミを対象とした中層トロール網の漁獲による網成り変化」
水産学修士(東京水産大学,1980)「潮流による箱網の容積変化と漁獲に関する研究」
水産学博士(北海道大学,1988)「いか釣り漁業に使われる灯光の効果に関する研究」

所属学会と役職など

 日本水産学会総務幹事(1999-2000),同庶務幹事(1998-1999),同漁業懇話会委員・幹事,同関東支部幹事等歴任。

社会活動

 水産庁漁業新技術開発委員会委員:「まき網漁業の合理化システムの開発」「いか釣り船上加工機の開発」,「いか釣り新技術・新漁場開発」,「先進的漁業技術調査」等検討委員会委員。水産庁漁業後継者育成事業検討会委員。海洋水産資源開発センター「まき網漁業専門委員会」,「いか釣り漁業専門委員会」委員。

受賞歴等


氏名

稲田博史 

読み

INADA, Hiroshi

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

主要論文

著書

「釣りから学ぶ」,成山堂,p.(1995)

「スルメイカの世界」,成山堂書店,p.(2003)

「水産海洋ハンドブック」4. 漁業生産()(2004)


氏名

稲田博史 

読み

INADA, Hiroshi

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。