研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 牧田寛子(2018-10-16)
 松本 隆志(2018-10-11)
 盛田元彰(2018-10-09)
 遠藤英明(2018-09-21)
 逸見真(2018-09-19)
 金岡京子(2018-09-18)
 バスティレイラ(2018-08-10)
 鈴木秀和(2018-08-07)
 田中祐志(2018-08-01)
 石田真巳(2018-07-20)
 佐々木剛(2018-07-17)
 山崎秀勝(2018-07-11)
 長阪玲子(2018-07-10)
 中村玄(2018-07-05)
 谷和夫(2018-06-28)
 任恵峰(2018-06-26)
 鶴哲郎(2018-06-26)
 宮本佳則(2018-06-26)
 下野孝一(2018-06-25)
 川合美千代(2018-06-25)
 神谷充伸(2018-06-25)
 上村豊(2018-06-25)
 岡井公彦(2018-06-25)
 岡崎忠胤(2018-06-18)
 小暮修三(2018-06-17)
 小林征洋(2018-06-14)
 坂本崇(2018-05-31)
 呉海云(2018-05-22)
 髙橋希元(2018-05-09)
 中東和夫(2018-04-27)

氏名

稲石正明 

読み

INAISHI,Masaaki

役職

教授

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www.kis.e.kaiyodai.ac.jp/

所属部門

海洋工学部 海事システム工学部門

担当科目

計算機科学 アルゴリズム

キーワード

知能処理、シミュレーション、衝突回避、複雑系、エージェント指向、自律分散、船舶運航、海上交通流

研究テーマ・活動内容

【専門分野】
情報工学、海上交通工学、複雑系

【研究概要・テーマ】
・自律分散型シミュレーションモデルの開発
・複雑系の考え方に基づいた船舶の群行動の再現:
  船の運航環境を巨視的にとらえ、運航環境=複雑系として船舶の行動を表現できるシミュレータの研究開発
・船舶エージェントの設計と開発:
  船長などの運航者も含めた船舶を知的なエージェントとして表現できるようなモデルの構築
・大規模海上交通シミュレーション
・海上交通シミュレータの開発
・次世代型運航システムの提案と設計

自己アピール

技術相談対応分野

知能工学、海上交通シミュレーション、知的運航システム

共同研究の希望課題

海上交通流の再現

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項

海上交通シミュレータ、運航環境アセスメントツール


氏名

稲石正明 

読み

INAISHI,Masaaki

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋工学部 海事システム工学部門

生年月日

学歴

1978年9月 東京商船大学商船学部機関学科卒業
1981年3月 東京商船大学大学院商船学研究科機関学専攻(修士課程)修了
1984年3月 九州大学大学院工学研究科機械工学専攻(博士課程)単位取得満期退学

経歴

1984年4月 東京商船大学商船学部講師
1985年1月 工学博士
1986年4月 東京商船大学商船学部助教授
1999年10月 東京商船大学商船学部教授
2001年7月 文部科学省在外研究員
(ニューヨーク市立大学客員教授)としてアメリカ合衆国ニューヨーク市立大学に出張
2004年4月 東京海洋大学海洋工学部教授
2004年12月 中国 大連海事大学客員教授

学位

工学博士

学位論文

所属学会と役職など

日本航海学会
日本機械学会
情報処理学会
人工知能学会

社会活動

受賞歴等


氏名

稲石正明 

読み

INAISHI,Masaaki

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋工学部 海事システム工学部門

主要論文

・Expert System for Coping with Collision Avoidance and the Ex Post at Sea
・Basic Research on an Expert System for Navigation at Sea
・Research on the Development of an Expert System for Navigation at Sea
・Basic Research on a Collision Avoidance System Using Neural Networks
・Building Method and Application of Neural Network System for Navigation
・Research on the Development of a Lookout Support Picture Recognition Neural Network System for Navigation at Sea
・衝突回避における知識構造の推定 -状況判断教師データを用いたデータマイニング-
・船影探索に関する研究
・船舶群行動シミュレーション
・Ship Group Navigation Assessment
・A Ship Behavior Cluster Model for Maneuverability and Marine Traffic
・船舶群と船舶群の遭遇シミュレーション
・A Computerized Navigation Support for Maneuvering Clustered Ship Groups in Close Proximity
・予測型エージェントを用いた船舶の群行動に関する研究
・船舶群行動モデルにおける情報探索空間の影響
・船舶群行動モデルによる障害物回避と航路航行
・船舶群行動モデルによる群れの合流と離脱
・船舶エージェントによる東京湾海上交通流シミュレーション

著書


氏名

稲石正明 

読み

INAISHI,Masaaki

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋工学部 海事システム工学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。