研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 松本 隆志(2020-10-27)
 逸見真(2020-10-25)
 壁谷尚樹(2020-10-01)
 廣野育生(2020-10-01)
 黒瀬光一(2020-09-17)
 鶴哲郎(2020-09-11)
 竹山優子(2020-09-03)
 橋濱史典(2020-09-02)
 東海正(2020-08-24)
 麻生敏正(2020-08-20)
 盛田元彰(2020-08-19)
 坂本崇(2020-08-12)
 溝端浩平(2020-08-07)
 中東和夫(2020-07-16)
 小林征洋(2020-06-30)
 釜田和利(2020-06-23)
 中井拳吾(2020-06-19)
 若松美保子(2020-06-04)
 石田真巳(2020-05-29)
 谷和夫(2020-05-27)
 遠藤英明(2020-05-21)

氏名

壁谷尚樹 

読み

KABEYA,Naoki

役職

助教

TEL・FAX

03-5463-0673

E−mail

naoki.kabeya@kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋生物資源学部門

担当科目

学部
水族栄養学、栄養生物化学実験、フレッシュマンセミナー
大学院前期課程
魚類栄養学

キーワード

魚介類脂質生化学、生合成、代謝、脂肪酸、ドコサヘキサエン酸(DHA)、進化

研究テーマ・活動内容

様々な魚介類の脂肪酸生合成能に関する研究を行っています。

研究と関係するSDGs項目

自己アピール

技術相談対応分野

脂質・脂肪酸分析や、EPAやDHAなどの長鎖多価不飽和脂肪酸(LC-PUFA)生合成に関すること。
ガスクロマトグラフィーや、質量分析法による未知脂肪酸の分析、構造解析など対応可能です。
LC-PUFA生合成系に関わる酵素の機能解析も対応可能です。

共同研究の希望課題

魚介類の必須脂肪酸に関する研究
生態系における必須脂肪酸の役割
有用酵素を用いたLC-PUFA大量生産法 など

科研費等研究テーマ

*研究代表者、「カイアシ類は多価不飽和脂肪酸の一次生産者として機能するか?」、独立行政法人日本学術振興会・若手研究、2019年4月1日〜2022年3月31日
*研究分担者、「代理親魚を使っておいしい魚を育種する」、独立行政法人日本学術振興会・基盤研究(A)、2020年4月1日〜2023年3月31日
*研究分担者、「将来の動物性たんぱく質供給を支える次世代養魚飼料の開発」、国立研究開発法人科学技術振興機構・未来社会創造事業、2019年11月1日〜2022年3月31日
*研究分担者、「分子情報に基づくキンメダイ飼育技術の構築」、静岡県・マリンバイオテクノロジーを核としたシーズ創出研究業務、2019年10月9日〜2023年3月11日
*研究分担者、「持続可能な養殖業の為の無魚粉無魚油飼料開発に関する基礎的研究」、独立行政法人日本学術振興会・基盤研究(B)、2019年4月1日〜2023年3月31日
*研究代表者、「オメガ3脂肪酸代謝酵素は海産魚にとって本当に必要か?」、独立行政法人日本学術振興会・特別研究員奨励費、2016年4月22日〜2019年3月31日
*研究代表者、「高度不飽和脂肪酸代謝酵素のアミノ酸配列置換による海産魚EPA・DHA合成能の改変」、 独立行政法人日本学術振興会・研究活動スタート支援、2015年8月28日〜2017年3月31日(海外勤務が決まったため辞退)
*研究分担者、「Biosynthesis of polyunsaturated fatty acids in polychaetes」、Marine Alliance for Science and Technology for Scotland・Visiting Fellowship scheme、2015年8月9日〜2016年2月8日

講演テーマ

*壁谷尚樹「水産生物の脂肪酸代謝酵素の機能解析とその利用」、平成30年度日本水産学会学会賞受賞者公園、公益社団法人日本水産学会、2019年3月
*Kabeya, N., Fonseca, M.F., Ferrier, D.E.K., Navarro, J.C., Bay, L.K., Francis, D., Tocher, D.R., Castro, L.F.C., Monroig, Ó. Desaturase genes enabling de novo biosynthesis of omega-3 polyunsaturated fatty acids are widespread in animals. Aoshan Forum – The 4th Workshop on Lipid Nutrition and Metabolism in Aquatic Animals, China, November 2018. (*Invited talk)
*Kabeya, N. Diversification of Fads2 in finfish species: Implications for aquaculture. XIV International Symposium on Aquaculture Nutrition, Mexico, October 2017. (*Invited talk)

特記事項


氏名

壁谷尚樹 

読み

KABEYA,Naoki

役職

助教

所属部門

海洋生物資源学部門

学歴

経歴

2011年4月 日本学術振興会特別研究員DC1(東京海洋大学)(2014年3月まで)
2014年4月 東京海洋大学博士研究員 戦略的研究推進若手研究者(2015年7月まで)
2015年8月 スターリング大学(イギリス)The Marine Alliance for Science and Technology for Scotland客員研究員
(2016年2月まで)
2016年4月 日本学術振興会特別研究員PD(東京大学)(2019年3月まで)
2016年10月 スターリング大学(イギリス)訪問研究員(2018年3月まで)
2019年4月 東京海洋大学テニュアトラック助教(現在に至る)

学位

学位論文

所属学会と役職など

公益社団法人 日本水産学会
マリンバイオテクノロジー学会
International Society for the Study of Fatty Acids and Lipids

社会活動

受賞歴等

2018年3月28日 日本水産学会 水産学奨励賞「水産生物の脂肪酸代謝酵素の機能解析とその利用」


氏名

壁谷尚樹 

読み

KABEYA,Naoki

役職

助教

所属部門

海洋生物資源学部門

主要論文

全ての論文リストは以下よりご覧いただけます。
Researchmap https://researchmap.jp/naoki_kabeya
ResarchGate https://www.researchgate.net/profile/Naoki_Kabeya2

主要論文
1. Kabeya N, Gür İ, Oboh A, Evjemo JO, Malzahn A, Hontoria F, Navarro JC, Monroig Ó. 2020 Unique fatty acid desaturase capacities uncovered in Hediste diversicolor illustrate the roles of aquatic invertebrates in trophic upgrading. Philosophical Transactions of the Royal Society B - Biological Sciences 375: 20190654.

2. Garrido D, Kabeya N, Hontoria F, Navarro JC, Reis DB, Martín MV, Rodríguez C, Almansa E, Monroig Ó. 2019 Methyl-end desaturases with ∆12 and ω3 regioselectivities enable the de novo PUFA biosynthesis in the cephalopod Octopus vulgaris. Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Molecular and Cell Biology of Lipids 1864: 1134–1144.

3. Ishikawa A, Kabeya N, Ikeya K, Kakioka R, Cech JN, Osada N, Leal MC, Inoue J, Kume M, Toyoda A, Tezuka A, Nagano AJ, Yamasaki YY, Suzuki Y, Kokita T, Takahashi H, Lucek K, Marques D, Takehana Y, Naruse K, Mori S, Monroig Ó, Ladd N, Schubert CJ, Matthews B, Peichel CL, Seehausen O, Yoshizaki G, Kitano J. 2019 A key metabolic gene for recurrent freshwater colonization and radiation in fishes. Science 364: 886–889.

4. Kabeya N, Fonseca MF, Ferrier DEK, Navarro JC, Bay LK, Francis D, Tocher DR, Castro LFC, Monroig Ó. 2018 Genes for de novo biosynthesis of omega-3 polyunsaturated fatty acids are widespread in animals. Science Advances 4: eaar6849.

5. Machado, AM*, Tørresen OK*, Kabeya N*, Couto A, Petersen B, Felício M, Campos P, Fonseca E, Fonseca M, Bandarra N, Lopes-Marques M, Ferraz R, Ruivo R, Jentoft S, Monroig Ó, da Fonseca R, Castro LFC. 2018 “Out of the can”: A draft genome assembly, liver transcriptome and nutrigenomics of the European sardine, Sardina pilchardus. Genes 9: 485. (*同等筆頭著者)

6. Kabeya N, Yevzelman S, Oboh A, Tocher DR, Monroig Ó. 2018 Essential fatty acid metabolism and requirements of the cleaner fish, ballan wrasse Labrus bergylta: Defining pathways of long-chain polyunsaturated fatty acid biosynthesis. Aquaculture 488: 199–206.

7. Kabeya N, Sanz-Jorquera A, Carboni S, Davie A, Oboh A, Monroig Ó. 2017 Biosynthesis of polyunsaturated fatty acids in sea urchins: molecular and functional characterisation of three fatty acyl desaturases from Paracentrotus lividus (Lamark 1816). PLOS ONE 12: e0169374.

8. Oboh A, Kabeya N, Carmona-Antoñanzas G, Castro LFC, Dick JR, Tocher DR, Monroig Ó. 2017 Two alternative pathways for docosahexaenoic acid (DHA, 22:6n–3) biosynthesis are widespread among teleost fish. Scientific Reports 7: 3889.

9. Kabeya N, Chiba M, Haga Y, Satoh S, Yoshizaki G. 2017 Cloning and functional characterization of fads2 desaturase and elovl5 elongase from Japanese flounder Paralichthys olivaceus. Comparative Biochemistry and Physiology - Part B: Biochemistry & Molecular Biology 214: 36–46.

10. Kabeya N, Yamamoto Y, Cummins SF, Elizur A, Yazawa R, Takeuchi Y, Haga Y, Satoh S, Yoshizaki G. 2015 Polyunsaturated fatty acid metabolism in a marine teleost, nibe croaker Nibea mitsukurii: functional characterization of Fads2 desaturase and Elovl5 and Elovl4 elongases. Comparative Biochemistry and Physiology - Part B: Biochemistry & Molecular Biology 188: 37–45.

著書


氏名

壁谷尚樹 

読み

KABEYA,Naoki

役職

助教

所属部門

海洋生物資源学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。