研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 廣野育生(2020-10-01)
 松本 隆志(2020-09-19)
 黒瀬光一(2020-09-17)
 鶴哲郎(2020-09-11)
 竹山優子(2020-09-03)
 橋濱史典(2020-09-02)
 東海正(2020-08-24)
 麻生敏正(2020-08-20)
 盛田元彰(2020-08-19)
 坂本崇(2020-08-12)
 溝端浩平(2020-08-07)
 中東和夫(2020-07-16)
 小林征洋(2020-06-30)
 釜田和利(2020-06-23)
 中井拳吾(2020-06-19)
 若松美保子(2020-06-04)
 石田真巳(2020-05-29)
 谷和夫(2020-05-27)
 遠藤英明(2020-05-21)
 下野孝一(2020-04-15)
 神尾道也(2020-04-08)
 逸見真(2020-04-07)

氏名

釜田和利 

読み

KAMATA,Kazutoshi

役職

教授

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋電子機械工学部門

担当科目

機関システム管理工学、海洋電子機械工学入門

キーワード

管理工学、船舶管理、機関システム管理、安全・最適管理、機関士教育、ERM

研究テーマ・活動内容

研究と関係するSDGs項目

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

釜田和利 

読み

KAMATA,Kazutoshi

役職

教授

所属部門

海洋電子機械工学部門

学歴

経歴

1981年-2013年 日本郵船株式会社 機関長/技術管理・技術開発・人事各部門長を歴任
2013年-2020年 日本油化工業株式会社 代表取締役社長
2020年4月- 東京海洋大学 教授 

学位

 

学位論文

所属学会と役職など

日本マリンエンジニアリング学会

社会活動

受賞歴等


氏名

釜田和利 

読み

KAMATA,Kazutoshi

役職

教授

所属部門

海洋電子機械工学部門

主要論文

著書


氏名

釜田和利 

読み

KAMATA,Kazutoshi

役職

教授

所属部門

海洋電子機械工学部門

研究室紹介

外航海運企業にて運航船現場及び技術管理部門で約35年間勤めて来ましたが、その間、運航船の安全管理・効率運航対策について取組んで来ました。船舶運航現場における実務をベースにして、機関システムの最適運用、安全管理について、研究を進めて行きたいと思います。

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。