研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 岡崎 忠胤(2018-06-18)
 小暮 修三(2018-06-17)
 小林 征洋(2018-06-14)
 下野 孝一(2018-06-02)
 坂本 崇(2018-05-31)
 鈴木 秀和(2018-05-25)
 呉海云(2018-05-22)
 金岡 京子(2018-05-16)
 遠藤 英明(2018-05-11)
 髙橋希元(2018-05-09)
 中東 和夫(2018-04-27)
 茂木康平(2018-04-23)
 大河内 美香(2018-04-20)
 萩原 優騎(2018-04-12)
 石田 真巳(2018-04-06)
 逸見 真(2018-04-02)
 東海  正(2018-03-21)
 藤野 俊和(2018-03-18)
 横田 賢史(2018-03-13)
 下島 公紀(2018-03-07)
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)

氏名

森下 丈二 

読み

MORISHITA,Joji

役職

教授

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋政策文化学部門

担当科目

水産政策論、国際海洋政策

キーワード

国際捕鯨委員会(IWC)、北太平洋漁業委員会(NPFC)、南極海洋生物資源保存委員会(CCAMLR)、北極公海漁業政策、海洋保護区(MPA)、生態系アプローチ、国際漁業資源管理、生物多様性の保存、食料安全保障

研究テーマ・活動内容

捕鯨問題、国際漁業管理、生物多様性の保全、海洋保護区など

自己アピール

1957年大阪府生まれ。京都大学農学部卒業。米国ハーバード大学大学院卒業(行政学修士)。農学博士(京都大学)。1982年農林水産省入省。国連環境開発会議(地球サミット)、ワシントン条約会議など、一連の環境問題について担当。1993年より在米国日本大使館で捕鯨問題、大西洋マグロ保存国際委員会を中心に日米漁業交渉を担当。1996年よりミナミマグロ問題、1999年より水産庁資源管理部遠洋課(捕鯨班長)として、国際捕鯨委員会(IWC)の日本代表団の一員として活躍。2008年より水産庁参事官。2013年より水産総合研究センター 国際水産資源研究所所長を経て2016年4月より東京海洋大学教授。
国際捕鯨委員会副議長、北太平洋漁業委員会科学委員会議長。

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

森下 丈二 

読み

MORISHITA,Joji

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋政策文化学部門

生年月日

学歴

経歴

学位

博士(農学),京都大学

学位論文

海洋生物資源の保存管理における科学と国際政治の役割に関する研究:捕鯨問題と公海生物資源管理問題を巡る議論の矛盾と現実

所属学会と役職など

社会活動

受賞歴等


氏名

森下 丈二 

読み

MORISHITA,Joji

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋政策文化学部門

主要論文

1. 捕鯨問題の歴史的変容と将来の展望 単著 2001 国際漁業研究 第4巻 第1号, 1-6

2. Role and problems of the scientific committee of the international whaling commission in terms of conservation and sustainable utilization of whale stocks 共著 2005 Global Environmental Research, 9, 157-166

3.Multiple analysis of the whaling issue: Understanding the dispute by a matrix 単著 2006 Marine Policy, 30, 802-808

4. What is the ecosystem approach for fisheries management? 単著 2008 Marine Policy, 32, 19-26

5. The truth about the commercial whaling moratorium 単著 2013 Senri Ethnological Studies, 83, 337-353

6. IWC and the ICJ judgment 単著 2015 Kobe University Center for International Law

著書

1. なぜクジラは座礁するのか?--- 「反捕鯨」の悲劇 単著 2002 河出書房新社, 238p

2. 鯨類資源の持続的利用は可能か 共著 2002 生物研究社, 9-11

3. 水産の21世紀-海から拓く食料自給  共著 2010 京都大学学術出版会, 51-76

4. Perspectives on the whaling controversy 共著 2011 Oceans: The new frontier, 2011, 171-182

5. 海洋白書2011、第2章第3節 水産業と生物多様性保全の取組み 共著 2011 海洋政策研究財団, 60-65

6. 捕鯨の文化人類学 共著 2012 成山堂書店, 283-301


氏名

森下 丈二 

読み

MORISHITA,Joji

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋政策文化学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。