研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 小暮 修三(2018-06-17)
 小林 征洋(2018-06-14)
 下野 孝一(2018-06-02)
 坂本 崇(2018-05-31)
 鈴木 秀和(2018-05-25)
 呉海云(2018-05-22)
 金岡 京子(2018-05-16)
 遠藤 英明(2018-05-11)
 髙橋希元(2018-05-09)
 中東 和夫(2018-04-27)
 茂木康平(2018-04-23)
 大河内 美香(2018-04-20)
 萩原 優騎(2018-04-12)
 石田 真巳(2018-04-06)
 逸見 真(2018-04-02)
 東海  正(2018-03-21)
 藤野 俊和(2018-03-18)
 横田 賢史(2018-03-13)
 下島 公紀(2018-03-07)
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 岡崎 忠胤(2018-02-20)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)

氏名

斎藤 浩一 

読み

SAITO,Koichi

役職

准教授

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海事システム工学部門

担当科目

キーワード

日本英学史・英語教育史、領域横断型総合知

研究テーマ・活動内容

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

斎藤 浩一 

読み

SAITO,Koichi

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海事システム工学部門

生年月日

学歴

2014年 東京大学大学院 総合文化研究科 言語情報科学専攻 博士後期課程修了

経歴

2015年 東京海洋大学 准教授
2013年 東京海洋大学 助教

学位

博士(学術)

学位論文

『明治時代における英文法教育史の研究』(博士論文)

所属学会と役職など

日本英学史学会
日本歴史学会
史学会

社会活動

受賞歴等

2013年 一高記念賞(博士課程における学業,東京大学大学院総合文化研究科)
2011年 日本英語教育史学会賞(公刊論文,日本英語教育史学会)
2009年 一高記念賞(修士課程における学業,東京大学大学院総合文化研究科)
2007年 米国大使賞(実用英語検定1級,財団法人 日本英語検定協会)




氏名

斎藤 浩一 

読み

SAITO,Koichi

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海事システム工学部門

主要論文

・『明治時代における英文法教育史の研究』東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士論文,2014年。
・「明治期後半から大正初期における英文法教育史:英文法擁護論と,「英語教育」内における理論化過程を中心に」『日本英語教育史研究』第28号,日本英語教育史学会,2013年。
・「岡倉由三郎再考:その英語教育目的論の背後にある原理」『日本英語教育史研究』第27号,日本英語教育史学会,2012年。
・「明治期英文法排撃論と実業界」『日本英語教育史研究』第26号,日本英語教育史学会,2011年。
・「日本の学習英文法史:「国産」文法項目を中心に」『言語情報科学』第9号,東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻,2011年。
・「ブリンクリ著『語学独案内』と斎藤文法:日本における日英比較対照研究の源流」『日本英語教育史研究』第25号,日本英語教育史学会,2010年。

著書


氏名

斎藤 浩一 

読み

SAITO,Koichi

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海事システム工学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。