研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 遠藤英明(2018-08-15)
 バスティレイラ(2018-08-10)
 盛田元彰(2018-08-09)
 鈴木秀和(2018-08-07)
 田中祐志(2018-08-01)
 石田真巳(2018-07-20)
 佐々木剛(2018-07-17)
 山崎秀勝(2018-07-11)
 長阪玲子(2018-07-10)
 中村玄(2018-07-05)
 谷和夫(2018-06-28)
 任恵峰(2018-06-26)
 鶴哲郎(2018-06-26)
 宮本佳則(2018-06-26)
 下野孝一(2018-06-25)
 川合美千代(2018-06-25)
 神谷充伸(2018-06-25)
 上村豊(2018-06-25)
 岡井公彦(2018-06-25)
 岡崎忠胤(2018-06-18)
 小暮修三(2018-06-17)
 小林征洋(2018-06-14)
 坂本崇(2018-05-31)
 呉海云(2018-05-22)
 金岡京子(2018-05-16)
 髙橋希元(2018-05-09)
 中東和夫(2018-04-27)
 茂木康平(2018-04-23)
 大河内美香(2018-04-20)
 萩原優騎(2018-04-12)
 逸見真(2018-04-02)
 東海正(2018-03-21)
 藤野俊和(2018-03-18)
 横田賢史(2018-03-13)
 下島公紀(2018-03-07)

氏名

酒井昇 

読み

SAKAI, Noboru

役職

教授

TEL・FAX

03-5463-0622

E−mail

****@kaiyodai.ac.jp ****はsakai
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

食品生産科学部門

担当科目

学部担当科目:食品殺菌工学、食品工学、情報リテラシー
大学院担当科目:食品熱工学、食品熱操作工学特論、食品品質設計学特別演習

キーワード

マイクロ波,誘電特性,熱移動解析,通電加熱,過熱水蒸気,調理工学

研究テーマ・活動内容

1 食品のマイクロ波加熱における加熱むらの予測
2 食品の誘電特性の測定
3 固液混合缶詰の加熱殺菌
4 食品乾燥時の応力解析

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

<研究テーマ例>
・食品の調理殺菌技術の解析(2007)
・食品製造装置のサニタリ 規格の実験的検証(2007)
・加熱方式の違いによる鍋内対流に関する研究(2007)
・食品の調理殺菌技術の解析(2008)
・過熱水蒸気による調理装置の研究(2008)
・IH調理器の調理性能向上に関する研究(2008)
・電子レンジ加熱・調理の数値シミュレーション手法の確立(2009)
・麺類茹で調理時の応力解析(2009)
・ハンバーグにおける最適な加熱条件の研究(2009)
・米飯老化に関する理化学的分析(2009)
・電子レンジ加熱・調理の数値シミュレーション手法の確立(2010)
・食品加熱加工への過熱水蒸気利用に関する基礎研究(2010)

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

茹で調理の環境負荷低減へむけたデンプン食品の水分移動に及ぼす流体挙動の解析(2015~2018)
高齢者世帯を意識した美味しさと簡便さを目指す電子レンジ炊飯・調理に関する基礎研究(2013~2016)
最適調理を支援するための可視化ツールの開発(2012~2015))
電磁波を利用したデンプン食品の部位選択的加熱加工法に関する基礎研究(2005)
マイクロ波解凍・加熱シミュレータの開発(2003~2004)

講演テーマ

ISS産業科学システムズ主催「おいしい電子レンジ食品の開発とその実際」(2004/4/13),NPO法人食品サニタリ技術協会主催「第1回新社会人向け食品サニタリ基礎技術セミナー」(2005/7/2),NPO法人食品サニタリ技術協会主催第5回サニタリ技術セミナー(2005/9/21),味の素グループ「洗浄技術研究会」第5回講演会(2005/10/31),工業技術会「最近の調理器具の進歩とこれからの食品開発」(2005/11/25),ISS産業科学システムズ主催「匠の調理技法の科学的解析とその応用」(2006/1/24),日本食品機械工業会主催フーマアカデミー(2006/2/1)

特記事項


氏名

酒井昇 

読み

SAKAI, Noboru

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

食品生産科学部門

生年月日

学歴

1974年4月 東北大学工学部化学工学科入学
1978年3月 東北大学工学部化学工学科卒業
1978年4月 東北大学大学院工学研究科化学工学専攻修士課程入学
1980年3月 東北大学大学院工学研究科化学工学専攻修士課程修了


経歴

1980年4月 東北大学工学部資源工学科助手(昭和63年1月まで)
1988年2月 東京水産大学水産学部助手
1988年7月 米国ラトガース大学博士研究員(平成元年7月まで)
1996年7月 東京水産大学水産学部講師(食品熱工学)
1997年10月 東京水産大学水産学部助教授(食品熱工学) 
2004年4月 東京海洋大学海洋科学部食品生産科学科食品品質設計学教授
  

学位

工学博士

学位論文

所属学会と役職など

日本食品工学会インダストリー委員会事務局代表。(2005/4/1)。

社会活動

NPO法人「食品サニタリ技術協会」に参加し、安全な食品を製造するための食品機械装置のサニタリ技術普及活動を行う(2005/4/1)。

受賞歴等

平成11年度日本缶詰協会技術賞受賞
 「小粒入り液体缶詰の加熱殺菌時間の推算」
平成15年度日本食品工学会論文賞受賞
 「粘弾性体を仮定した食品乾燥収縮変形の理論解析」


氏名

酒井昇 

読み

SAKAI, Noboru

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

食品生産科学部門

主要論文

・Yvan Llave, Kenji Takemori, Mika Fukuoka, Toshikazu Takemori, Haruo Tomita, Noboru Sakai, Analysis of browning of broiled foods by noncontact techniques: A case study for japanese eggplant (solanum melongena), Journal of Food Process Engineering, doi:10.1111/jfpe.12347 (2016)
・Yvan Llave, Kenji Takemori, Mika Fukuoka, Toshikazu Takemori, Haruo Tomita, Noboru Sakai, Mathematical modeling of shrinkage deformation in eggplant undergoing simultaneous heat and mass transfer during convection-oven roasting, Journal of Food Engineering, 178, 124-136 (2016)
・Yvan Llave, Katsuya Mori, Daichi Kambayashi, Mika Fukuoka, Noboru sakai, Dielectric properties and model food application of tylose water pastes during microwave thawing and heating, Journal of Food Engineering, 178, 20-30 (2016)
・Yinzhe Jin,Yu-dong Cheng,Mika Fukuoka,Noboru Sakai,Electrical Conductivity of Yellowtail(Seriola quinqueradiata) Fillets During Ohmic Heating,Food Bioprocess Technol DOI 10.1007/s11947-015-1546-4(2015)
・Naomi Shibata-Ishiwatari,Mika Fukuoka,Noboru Sakai,Changes in the Viscosity of Expressible Water in Meat during Heating: Description Based on the Denaturation Kinetics of Water-soluble Proteins,Food Science and Technology Research, 21 (4),
525-530(2015)
・柴田(石渡)奈緒美、福岡美香、酒井昇、加熱加工・調理食品製造の高度化ーうま味・タンパク質変性・微生物殺菌挙動の加熱処理途上の変化予測ー、FOOD&PACKAGING、Vol.56 No.7、448-453(2015)
・Yvan Llave,Akiko Suzuki,Mika Fukuoka,Eiichi Umiuchi,Noboru Sakai,Migration of smoke components into pork loin ham during processing and storage,Journal of Food Engineering,166c,221-229(2015)
・Yvan Llave,Shixiong Liu,Mika Fukuoka,Noboru Sakai,Computer simulation of radiofrequency defrosting of frozen foods,Journal of Food Engineering, 152,32-42(2015)
・Yvan Llave,Xingyi Yu,Mika Fukuoka,Noboru Sakai,Analysis of the Color Developed during Carbonization of Grilled Fish by Kinetics and Computer Imaging,Food Science and Technology Research,20(5)1051-1061(2014)
・Yvan Llave,Yuina Terada,Mika Fukuoka,Noboru Sakai,Dielectric properties of frozen tuna analysis of defrosting using a radio-frequency system at low frequencies,Journal of Food Engineering,139,1-9(2014)
・Yvan Llave,Xingyi Yu,Genki Wakisaka,Mika Fukuoka,Noboru Sakai,Visualization of Browning Color Formation on Grilled Fish Through a 2D Simulation,Food Science and Technology Research,20(3),537-545(2014)
・関佐知,清水徹,福岡美香,水島弘史,酒井昇、切断操作が及ぼす食材へのダメージ評価、日本食品科学工学会誌、61(2)、47-53(2014)
・Xingyi Yu, Yvan Llave, Mika Fukuoka, Noboru Sakai, Estimation of color changes in fish surface at the beginning of grilling based on the degree of protein denaturation, Journal of Food Engineering, 129,12-20(2014)
・Yvan Llave, Hiroki Matsuda, Mika Fukuoka, Noboru Sakai, Comparison of Browning Colour Formation on the Surface of Fish Samples during Grilling, Food Science and Technology Research, 20(1), 85-91(2014)
・Naomi Ishiwatari, Mika Fukuoka, Naoko Hamada-Sato, Noboru Sakai, Decomposition kinetics of umami component during meat cooking, Journal of Food Engineering, 119,324–331(2013)
・Naomi Ishiwatari, Mika Fukuoka, Noboru Sakai, Effect of protein denaturation degree on texture and water state of cooked meat, Journal of Food Engineering, 117,361–369(2013)
・ Haruna Kawakami, Yvan Llave, Mika Fukuoka, Noboru Sakai, CFD analysis of the convection flow in the pan during induction heating and gas range heating, Journal of Food Engineering,116,726-736(2013)
・ 石渡奈緒美、福岡美香、為後彰宏、酒井昇、真空調理法に基づく畜肉加熱処理時のタンパク質変性分布および微生物挙動の予測、日本食品工学会誌、14(1)、 19-28(2013)
・Hiroki Matsuda, Yvan Llave, Mika Fukuoka, Noboru Sakai, Color changes in fish during grilling - Influences of heat transfer and heating medium on browning color, Journal of Food Engineering,116,130-137(2013)
・ Shixiong Liu, Mika Fukuoka, Noboru Sakai, A finite element model for simulating temperature distributions in rotating food during microwave heating, Journal of Food Engineering, 115(1), 49–62(2013)
・矢部晋太郎、福岡美香、酒井昇、スパゲティ茹で調理の水分移動に影響を及ぼすデンプンの構造変化、熱物性、26(4)、179-186(2012)
・ 石渡奈緒美、堤 一磨、福岡美香、渡部賢一、田口靖希、工藤和幸、渡辺 至、酒井 昇、殺菌価を考慮したフライパンによるハンバーグ焼成時の最適調理(第2 報)反転タイミングの違いがもたらす殺菌価への影響、日本調理科学会誌、45(4)、275-284(2012)
・石渡奈緒美、堤 一磨、福岡美香、渡部賢一、田口靖希、工藤和幸、渡辺 至、酒井 昇、殺菌価を考慮したフライパンによるハンバーグ焼成時の最適調理(第1 報)モデル試料を用いたIH クッキングヒーターによるフライパン焼成伝熱および水分移動モデルの確立、日本調理科学会誌、45(4)、265-274(2012)

・ Shixiong liu, Mika Fukuoka and Noboru Sakai, Dielectric Properties of Fish Flesh at Microwave Frequency,Food Science and Technology Research  Vol.18,No.2,157-166(2012)
・Mayumi nakamura, Weijie Mao,Mika Fukuoka and Noboru Sakai, Analysis of the Color Change in Fish during the Grilling Process, Food Science and Technology Research Vol.17,No.6,471-478(2011)
・中井利雄、酒井 昇、食品の電気物性と通電加熱、熱物性、Vol.25 No.4、200-208(2011)
・Weijie Maoa, Yuko Oshima, Youko Yamanaka, Mika Fukuoka, Noboru Sakai,Mathematical simulation of liquid food pasteurization using far infrared radiation heating equipment, Journal of Food Engineering, 107,127–133(2011)
・Shino KAJITANI, Mika FUKUOKA, and Noboru SAKAI, Kinetics of Thermal Denaturation of Protein in Cured Pork Meat, Japan Journal of Food Engineering, Vol.12, No.1,pp.19-26,Mar.2011(2011)
・川上春菜、鄧 傅宗、福岡美香、酒井 昇、IHおよびガス加熱における鍋内対流の可視化と定量化、原著論文、「日本工学会誌」、11巻1号, pp51-58、Mar.2010(2010)
・酒井昇、食品の誘電物性とマイクロ波加熱、解説【連載 食品の物性そして水Ⅶ】、「日本食品工学会誌」、11巻1号、
pp19-30、Mar.2010(2010)
・吉田咲、福岡美香、酒井昇、マイクロ波加熱によって炊飯された米飯のX線回折を用いた老化評価、原著論文、「日本工学会誌」、11巻2号, pp85-90、Jun.2010(2010)
・ Changfeng Xue, Noboru Sakai, Mika Fukuoka, Prediction of the Degree of Starch Gelatinization in Wheat Flour Dough during Microwave Heating, Journal of Food Engineering, 97, 40-45 (2010)



著書


氏名

酒井昇 

読み

SAKAI, Noboru

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

食品生産科学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。