研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 神谷充伸(2018-06-25)
 山崎 秀勝(2018-06-25)
 上村 豊(2018-06-25)
 川合 美千代(2018-06-25)
 岡井 公彦(2018-06-25)
 岡崎 忠胤(2018-06-18)
 小暮 修三(2018-06-17)
 小林 征洋(2018-06-14)
 下野 孝一(2018-06-02)
 坂本 崇(2018-05-31)
 鈴木 秀和(2018-05-25)
 呉海云(2018-05-22)
 金岡 京子(2018-05-16)
 遠藤 英明(2018-05-11)
 髙橋希元(2018-05-09)
 中東 和夫(2018-04-27)
 茂木康平(2018-04-23)
 大河内 美香(2018-04-20)
 萩原 優騎(2018-04-12)
 石田 真巳(2018-04-06)
 逸見 真(2018-04-02)
 東海  正(2018-03-21)
 藤野 俊和(2018-03-18)
 横田 賢史(2018-03-13)
 下島 公紀(2018-03-07)
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)

氏名

塩出 大輔 

読み

SHIODE, Daisuke

役職

准教授

TEL・FAX

E−mail

shiode#kaiyodai.ac.jp (#の箇所は@です)
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋生物資源学部門

担当科目

情報リテラシー
漁業科学実験
漁業科学演習
漁業科学実習

キーワード

研究テーマ・活動内容

標本採集用漁具の開発に関する研究
漁業における混獲問題に関する研究

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

塩出 大輔 

読み

SHIODE, Daisuke

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

生年月日

学歴

北海道大学水産学部漁業学科 1994年3月卒業
北海道大学大学院水産学研究科漁業学専攻修士課程 1996年3月修了
同博士後期課程 2000年3月修了

経歴

平成13年 (社)自然資源保全協会研究員
     (遠洋水産研究所浮魚資源部混獲生物研究室勤務)
平成15年 現職

学位

博士(水産学)(北海道大学 2000年)

学位論文

標本採集用曳航型中層刺網の開発に関する研究

所属学会と役職など

日本水産学会(編集委員会幹事)
日本水産工学会

社会活動

受賞歴等


氏名

塩出 大輔 

読み

SHIODE, Daisuke

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

主要論文

(標本採集用漁具に関する研究)
・Shiode D, Fujimori Y, Hu F, Shimizu S, Miura T. Net Depth Response of a Depth-Controllable (Towed) Gillnet, Fisheries Science. 2001;67:110-117.
・Shiode D, Fujimori Y, Komatsu T, Shimizu S, Miura T. Sampling Performance of a Depth-Controllable Gillnet (Towed Gillnet). The International Symposium on Advanced Techniques of Sampling Gear and Acoustical Surveys for Estimation of Fish Abundance and Behavior, Hakodate Future University, Japan, 2000; 120-127.
・塩出大輔, 藤森康澄, 青木一郎, 清水 晋, 三浦汀介. サンプリング用曳航型中層刺網のマイワシ採集能力. 日本水産学会誌,1998;64:412-417.
・塩出大輔, 藤森康澄, 今井信幸, 清水 晋, 三浦汀介. サンプリング用曳航型中層刺網の水深調節. 日本水産学会誌,1997;63:920-927.

(混獲問題に関する研究)
・Gilman E, Zollett E, Beverly S, Nakano H, Davis K, Shiode D, Dalzel P, Kinan I. Reducing sea turtle by-catch in pelagic longline fisheries. FISH and FISHERIES 2006; 7: 2–23.
・Shiode D, Hu F, Shiga M, Yokota K, Tokai T. Mid-water float system for standardizing hook depths on tuna longlines to reduce sea turtle by-catch. Fisheries Science, 2005; 71; 1182-1184.
・胡 夫祥, 志賀未知瑠, 横田耕介, 塩出大輔, 東海 正, 酒井久治, 有元貴文.まぐろ延縄の釣針沈降特性に及ぼす枝縄構成の影響. 日本水産学会誌, 2005;71:33-38.
・Shiode D, Tokai T. A review of development, modification and implementation of TED (Turtle Excluder Device) to reduce sea turtle bycatch in trawl fisheries. Papers presented at the Expert Consultation on Interactions between Sea Turtles and Fisheries within an Ecosystem Context. Rome, 9–12 March 2004. FAO Fisheries Report. No. 738, Suppl. Rome, FAO. 2004; 238p.
・Kiyota M. Shiode D, Takeuchi Y. Estimation of incidental take of seabirds in the Japanese Southern Bluefin Tuna longline fisheries in 1998-2000. 2001; CCSBT-ERS/0111/59. 6 pp.
・Shiode D, Kiyota M, Takeuchi Y. Efficiency of Tori-pole on reducing incidental takes of Albatross from observer data of Japanese southern bluefin tuna longline fishery. 2001; CCSBT-ERS/0111/60. 8 pp.
・Shiode D, Takeuchi Y, Uozumi Y. Influence of Night Setting on Catch Rate for Southern Bluefin Tuna. 2001; CCSBT-ERS/0111/69. 8 pp.
・Shiode D, Nakano H. Verification of shark CPUE reported by logbook of Japanese longline fishery comparing with the observer data. 2001; ICCAT SCRS/01/84. 13 pp.

著書


氏名

塩出 大輔 

読み

SHIODE, Daisuke

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。