研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 岡崎恵美子(2018-11-15)
 下島公紀(2018-11-14)
 中東和夫(2018-11-13)
 鈴木秀和(2018-11-05)
 神谷充伸(2018-11-05)
 小暮修三(2018-10-29)
 石田真巳(2018-10-26)
 和泉充(2018-10-24)
 牧田寛子(2018-10-22)
 松本 隆志(2018-10-11)
 盛田元彰(2018-10-09)
 遠藤英明(2018-09-21)
 逸見真(2018-09-19)
 金岡京子(2018-09-18)
 バスティレイラ(2018-08-10)
 田中祐志(2018-08-01)
 佐々木剛(2018-07-17)
 山崎秀勝(2018-07-11)
 長阪玲子(2018-07-10)
 中村玄(2018-07-05)
 谷和夫(2018-06-28)
 任恵峰(2018-06-26)
 鶴哲郎(2018-06-26)
 宮本佳則(2018-06-26)
 下野孝一(2018-06-25)
 川合美千代(2018-06-25)
 上村豊(2018-06-25)
 岡井公彦(2018-06-25)
 岡崎忠胤(2018-06-18)
 小林征洋(2018-06-14)
 坂本崇(2018-05-31)
 呉海云(2018-05-22)

氏名

寺原猛 

読み

TERAHARA,Takeshi

役職

助教

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋生物資源学部門

担当科目

キーワード

研究テーマ・活動内容

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

平成22年度-平成23年度 科学研究費補助金 若手研究(B)
「マリンメタゲノムからの新たな組換えタンパク質高次構造形成促進因子の探索」(研究代表者)

平成19年度-平成20年度 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
「環境試料からの遺伝子資源の探索に向けた未知有用遺伝子の迅速取得手法の開発」(研究代表者)

講演テーマ

特記事項


氏名

寺原猛 

読み

TERAHARA,Takeshi

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

生年月日

学歴

2003年3月 早稲田大学理工学部 応用化学科卒業
2005年3月 早稲田大学大学院理工学研究科応用化学専攻博士前期課程修了
2008年3月 早稲田大学大学院理工学研究科応用化学専攻博士後期課程修了

経歴

2007年4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2008年4月 日本学術振興会特別研究員(PD)
2009年4月 早稲田大学先進理工学部生命医科学科助手
2010年5月 早稲田大学理工学術院次席研究員(助教)
2010年10月 東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科応用生命科学専攻 助教

学位

博士(工学)2008年

学位論文

T-RFLP法の環境バイオテクノロジーへの応用

所属学会と役職など

日本化学会,日本水産学会,日本生物工学会,日本農芸化学会,マリンバイオテクノロジー学会

平成23-24年度 日本水産学会 企画広報委員会 幹事

社会活動

受賞歴等


氏名

寺原猛 

読み

TERAHARA,Takeshi

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

主要論文

今田千秋,武本裕樹,小林武志,寺原猛,山田勝久. 2012. 深海堆積物から分離した放線菌の生産するケラチナーゼと難分解性ケラチンの分解. 海洋深層水研究 13(1), 25-32.

T. Terahara, S. Chow, H. Kurogi, S-H. Lee, K. Tsukamoto, N. Mochioka, H. Tanaka, H. Takeyama. 2011. Efficiency of peptide nucleic acid-directed PCR clamping and its application in the investigation of natural diets of the Japanese eel leptocephali. Plos One 6 (11), e25715.

T. Terahara, K. Yamada, S. Kurata, T. Yokomaku, S. Tsuneda, and S. Harayama. 2010. Direct cloning and expression of putative esterase genes from environmental DNA. Enzyme and Microbial Technology 47, 17-23.

T. Terahara, S. Ikeda, C. Noritake, K. Minamisawa, K. Ando, S. Tsuneda, and S. Harayama. 2009. Molecular diversity of bacterial chitinases in arable soils and the effects of environmental factors on the chitinolytic bacterial community. Soil Biology and Biochemistry 41, 473-480.

K. Yamada, T. Terahara, S. Kurata, T. Yokomaku, S. Tsuneda, and S. Harayama. 2008. Retrieval of entire genes from environmental DNA by inverse PCR with pre-amplification of target genes using primers containing locked nucleic acids. Environmental Microbiology 10, 978-987.

T. Hoshino, T. Terahara, K. Yamada, H. Okuda, I. Suzuki, S. Tsuneda, A. Hirata, and Y. Inamori. 2006. Long-term monitoring of the succession of a microbial community of activated sludge in a circulation flush toilet as a closed system. FEMS Microbiology Ecology 55, 459-470.

T. Hoshino, T. Terahara, S. Tsuneda, A. Hirata, and Y. Inamori. 2005. Molecular analysis of microbial population transition associated with the start of denitrification in a wastewater treatment process. Journal of Applied Microbiology 99, 1165-1175.

T. Terahara, T. Hoshino, S. Tsuneda, A. Hirata, and Y. Inamori. 2004. Monitoring the microbial population dynamics at a start-up stage of wastewater treatment reactor by terminal restriction fragment length polymorphism analysis based on 16S rDNA and rRNA gene sequences. Journal of Bioscience and Bioengineering 98, 425-428.

星野辰彦,寺原猛,常田聡,平田彰,稲森悠平. 2004. T-RFLP法による排水処理細菌叢の迅速モニタリング. 用水と廃水 46, 55-60.

著書


氏名

寺原猛 

読み

TERAHARA,Takeshi

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

研究室紹介

応用微生物学研究室は品川キャンパス6号館の6階にあります。種々の環境から微生物(細菌、放線菌、糸状菌など)を分離し、これらを様々な産業分野に直接あるいは間接的に応用することを中心に、教育・研究活動を進めています。また、他大学や様々な企業との共同研究も進めており、精力的な活動を行っています。

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。