研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 岡崎 忠胤(2018-06-18)
 小暮 修三(2018-06-17)
 小林 征洋(2018-06-14)
 下野 孝一(2018-06-02)
 坂本 崇(2018-05-31)
 鈴木 秀和(2018-05-25)
 呉海云(2018-05-22)
 金岡 京子(2018-05-16)
 遠藤 英明(2018-05-11)
 髙橋希元(2018-05-09)
 中東 和夫(2018-04-27)
 茂木康平(2018-04-23)
 大河内 美香(2018-04-20)
 萩原 優騎(2018-04-12)
 石田 真巳(2018-04-06)
 逸見 真(2018-04-02)
 東海  正(2018-03-21)
 藤野 俊和(2018-03-18)
 横田 賢史(2018-03-13)
 下島 公紀(2018-03-07)
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)

氏名

吉田 次郎 

読み

YOSHIDA, Jiro

役職

特任教授(海洋利用の新時代に向けた海洋環境観測・生態系ストレス検出技術の刷新)

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

プロジェクト教員

担当科目

キーワード

二重拡散対流, 混合, 熱・塩分輸送

研究テーマ・活動内容

 海洋の混合過程における二重拡散対流の研究 
 二重拡散対流は海洋中の密度場を決定している水温と塩分の分子拡散係数が異なることにより生じる鉛直対流である。その歴史は比較的新しく, 1960年代より研究が行われている。当初は発生する対流が微細なことから海洋におけるその役割には疑問視する向きが多かったが,観測機器の 発達とともに,その存在が疑いの無いものとなって来ている。二重拡散対流は鉛直方向に非常に効率よく熱,塩分そしてそれに伴い深海の栄養分に 富んだ水を輸送する可能性があり,今日では二重拡散対流が海洋中で果たしている役割に注目が集まっている。二重拡散対流は鉛直方向への諸量の 輸送が効率的に行われ得るし,新たな成層を作り出す働きもあるので,海洋中に広く存在するとすれば,三陸沖などで見られる暖水塊の消長など海 洋中の鉛直混合過程に及ぼす影響が無視できないと考えられる。これらのことを踏まえ,二重拡散対流による混合過程を観測,室内実験,数値実験, 理論解析などの面からの研究を行っている。

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

吉田 次郎 

読み

YOSHIDA, Jiro

役職

特任教授(海洋利用の新時代に向けた海洋環境観測・生態系ストレス検出技術の刷新)

所属(学部・大学院、学科等)

プロジェクト教員

生年月日

学歴

経歴

学位

学位論文

所属学会と役職など

社会活動

受賞歴等


氏名

吉田 次郎 

読み

YOSHIDA, Jiro

役職

特任教授(海洋利用の新時代に向けた海洋環境観測・生態系ストレス検出技術の刷新)

所属(学部・大学院、学科等)

プロジェクト教員

主要論文

著書


氏名

吉田 次郎 

読み

YOSHIDA, Jiro

役職

特任教授(海洋利用の新時代に向けた海洋環境観測・生態系ストレス検出技術の刷新)

所属(学部・大学院、学科等)

プロジェクト教員

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。