漁業地域再生プロジェクト

漁業地域における、新たなニーズに対応したインフラの整備や地域 経済における水産物流通のグローバル化、並びに災害に対しても強いシステムの構築についての研究を実施していきます。
このプロジェクトは、関連団体・企業から寄せられた資金をもとに活動していきます。
プロジェクト担当教員 中泉 昌光 特任教授

参考:本学では、これまで「過疎・高齢化に対応した安全・安心を実現する漁港・漁村モデルの構築」(事業期間:平成25年4月~平成28年3月)に取り組んできました。これによって得られた成果も、本プロジェクトにつなげていきたいと考えています。

活動報告

プロジェクトでは、漁港漁場整備事業に関わる研究機関や民間企業らと連携しながら調査研究を進めるとともに、シンポジウムやセミナーなどの開催や講演等を通じて啓蒙普及に取り組んでいます。

主な活動

 漁業地域再生プロジェクト トピックス 2018年1・2月号(522.0 KB)
・長崎で渚泊をテーマに講演
・海外の漁港・魚市場ではICTを活用して市場取引するのが一般

 漁業地域再生プロジェクト トピックス 2017年10-12月号(573.8 KB)
・”海と生きる”連続セミナーでの講演
・漁港・魚市場がICT活用で変わる

 漁業地域再生プロジェクト トピックス 2017年8・9月号(384.0 KB)
・キックオフシンポジウムの開催
・韓国・釜山の港湾・魚市場の調査

国際航路協会PIANC 「漁港計画」作業部会WG224の活動

(活動概要)
1998年に、国際航路協会WG18 レポート「漁港計画」が策定され、国際的に唯一の漁港に関する技術基準として各国において活用されてきました。一方、この20年を超える期間における、水産業をめぐる情勢の変化やニーズの動向、技術の進展には著しいものがあり、こうした状況を踏まえて、WG224が設置され、内容の見直しとともに、その改訂作業が進められています。改訂作業への参加国は、英国、デンマーク、アイルランド、アイスランド、スペイン、ノルウェー、チリ、アルゼンチン、豪州、日本(中泉)、米国、南アフリカ、エジプトであり、欧州が多く、議長は英国である。

これまでWG会議は、昨年2月のキックオフミーティング以降、web形式により7回開催されています。現在は、今夏までに全章の1次ドラフトをまとめる方向で鋭意、原稿作成・議論を行っています。特に我が国のような包括的かつ細部に制度設計された法制度・事業制度、計画手法、並びに整備・管理事例を有する国は見当たらず、我が国の取組は「漁港計画」の策定に大きく寄与するものと言えます。他方、特に欧州は四半世紀前から衛生管理や資源管理、電子化に取り組んでおり、その道のりや成果は、我が国の資源管理へのシフトやデジタル戦略の参考になるものです。

今般のコロナ感染状況を見つつ、WGメンバー国における対面会議も検討しているところです。我が国としては、本漁港計画の策定における我が国の重要性とWG会議を通じたメンバーとの交流の意義に鑑み、我が国におけるWG会議の開催を企画しています。WGにおける活動、日本開催は、漁港や地域の発展のため、国際的枠組みを通じた我が国の貢献と地位向上に引き続き貢献するものです。(2022年7月3日)

 

(1次ドラフト)
PIANC・WG224漁港計画の概要(2022年7月).pdf(243.5KB)
 Draft Text of 4H ICT, IoT Utilization 6th May 2022.pdf(70.0MB)
 Draft Text of 4G General Guidelines for Auction Halls 3rd July 2022.pdf(5.2MB)

共同研究・受託研究の成果報告書

「洋上風力発電水中音の水産生物影響及び計測方法の標準化に関する研究」

東京海洋大学産学・地域連携推進機構は、令和2年度より2か年計画で弘前大学地域戦略研究所及び(株)アルファ水工コンサルタンツと標記テーマで共同研究を行っております。

(研究目的及び内容)
海底に着床式洋上風力発電施設を設置すると、基礎構造物に付着生物が出現し、それをベースに従来とは異なる食物連鎖が形成され、新しい生態系が構築されると言われております。一方で施工時の杭打ち、海底ケーブルの敷設による水中騒音や濁り、稼働時のタービンの海中音等が周辺に生息する魚類や底生生物、海藻類への影響が懸念されます。
そこで、大学の共同研究制度を活用し、情報の共有を図るとともに、水中音の水産生物への影響を明らかにします。また、今後全国沿岸での洋上風力発電導入における水中音の影響の適正な評価のため、計測方法の標準化に取り組みます。本共同研究の成果は、広く公表することとし、洋上風力発電施設の適切な導入と水産協調に向けた取組を後押しするものです。

2019年度共同研究成果報告書(Ⅰ)漁港水産物情報システム調査研究(27,679KB)
・システム導入の手引き
・定量的効果の分析および予測(事例)

2019年度共同研究成果報告書(Ⅱ)渚泊取組ガイドライン(24,680KB)
・渚泊取組ガイドライン
・持続可能な組織・運営体制(事例)

 2018年度共同研究成果報告書(Ⅰ)漁港水産物情報システム調査研究(18,199KB)
・漁港水産物情報システムの概要
・先進地区における効果分析
・実証試験 他

2018年度共同研究成果報告書(Ⅱ) 渚泊取組調査研究(18,799KB)
・渚泊取組先進地域の分析
・渚泊推進対策事業地域の分析
・渚泊取組のシナリオ 他

 2017年度受託研究成果報告書 漁港漁場管理運営ICT活用事例分析(30,309KB)
・漁港の管理運営機能の向上におけるICT活用事例の分析
・漁場の管理運営機能の向上におけるICT活用事例の分析 他

海外の漁港・市場に関する調査研究の成果報告書

 資源管理の下での欧州漁港・市場の管理運営について
表紙・目次(333.9KB)
本文(23.7MB)
参考(20.1MB)

2017年9月から2020年7月にわたり欧州主要国における漁港・市場の現地調査を実施し、漁港・市場の配置と利用、販売、衛生管理・品質管理、販売の電子化等について分析し、「国別海外漁港・市場調査研究報告書(漁港・市場の整備と管理・運営)」として公開してきたところです。今般の我が国の水産業をめぐる情勢の変化と水産政策の転換に鑑み、既に作成し公開している「国別海外漁港・市場調査研究報告書(漁港・市場の整備と管理・運営)」について、その後の統計データや情報の追加を行うとともに、資源管理の視点から欧州6か国の漁港・市場の管理運営の取組みを再整理・分析を行いました。

我が国では、四半世紀前から欧州の衛生管理の取組みを参考に高度衛生管理型漁港・市場の整備と加工場のHACCP管理に取り組んできました。近年は水産物・食品の輸出が成長産業として位置付けられ、生産漁場・生産漁船、産地市場・陸揚げ場所、加工場のEUや米国のHACCP認証・登録が推進されています。他方、水産政策はIUU漁業対策や持続的な漁業の実現に向けた資源管理を中心に大きな転換点にあります。70年ぶりに漁業法が改正され、2020年12月に施行、本法に基づき水産資源管理を核とした新たな水産政策が始まりました。さらに2020年12月に、水産物の密漁防止を目的とした「漁獲証明制度」を創設する水産物流通適正化法化が成立し、公布日から2年以内に施行されることになっております。
産地・水揚げ地において漁獲証明制度の導入をいかに円滑に実施できるか、こうした資源管理制度が漁港・市場の管理運営の在り方にどのような影響を与えるか、あるいはどのような漁港・市場の管理運営の在り方が求められるのか。我が国との文化・商習慣の差違はあるものの、様々な対応策の選択肢の一つとして、欧州の漁港・市場における取組みは大いに役立つものと確信しております。本報告書は、現地調査をまとめただけの報告書ではなく、既往の文献や統計データを含めて我が国の「資源管理の下での欧州漁港・市場の管理運営」をテーマに研究した成果です。広く本報告書が活用されることを期待しております。

2018年度海外漁港・市場調査研究成果報告書 ポルトガル における漁港・市場の整備と管理運営(9.4 MB)
 ・国営企業による国内漁港・市場の一元管理運営
・市場取引の電子化
・品質・衛生管理、資源管理、トレーサビリティ
・自国市場で販売された商品の差別化プロジェクト
・漁港・市場の機分担と陸揚げ数量・金額および平均価格の維持・増大

2019年度海外漁港・市場調査研究成果報告書 フランスにおける漁港・市場の整備と管理運営(19.7 MB)
・フランスの漁港・市場の整備と管理運営の特徴
・市場取引の電子化
・品質・衛生管理、資源管理、トレーサビリティやサスティナビリティの取組
・漁港・市場の役割・機能の維持・拡大の取組

 2019年度海外漁港・市場調査研究成果報告書 デンマークにおける漁港・市場の整備と管理運営19.7 MB)
 ・デンマークの漁港・市場の整備と管理運営の特徴
・市場取引の特徴
・資源管理下での品質・衛生管理、資源管理、トレーサビリティやサスティナビリティの取組
・整備と管理運営の効果

 2018年度海外漁港・市場調査研究成果報告書 英国における漁港・市場の管理運営(3,898 KB)
・英国の水産業・漁港
・市場取引業務における電子化・ネットワーク化
・資源管理下での品質・衛生管理、資源管理、トレーサビリティやサスティナビリティの取組
・上記取組の効果

2018年度海外漁港・市場調査研究成果報告書 イタリアにおける漁港・市場の整備と管理運営(15.8 MB)
・イタリアの漁港・市場の配置計画と利用
・市場取引の特徴
・品質・衛生管理、資源管理、トレーサビリティの取組
・整備と管理運営の効果

シンポジウム、セミナーや講演会などで使用した資料

一般社団法人水産土木建設技術センター講演会「漁港の国際スタンダードについて」

(開催日時)
2019年6月19日15:00~16:00
(開催場所)
三会堂ビル9階 石垣記念ホール(都内)
(講演趣旨)
国際的な水産物需要の増大と輸出拡大が進む中で、漁港の生産流通拠点としての役割や機能の重要性はますます高まっている。これまで、安全で効率的に陸揚げや操業の準備・停泊ができる漁業基地としての整備や高度衛生管理型漁港の整備を推進してきたところであるが、さらに高い品質管理やトレーサビリティ、資源管理など国際的な課題への対応も求められている。他方、人手不足、技術者・技能者不足は、漁業地域において影響が著しく、漁港の整備や管理運営を通じて、これまで蓄積されてきた技術をいかに継承していくかが課題となっている。
そこで、漁港行政に長く携わってきた経験と、今般国内外の漁港についての調査研究に基づき、 水産物貿易の盛んな欧州において漁港はどのように計画、整備され、管理運営されているのか、我が国の漁港は国際的な視点でどう評価されるかなど、漁港の国際スタンダードについて講演を行った。

(講演録)
「漁港の国際スタンダード」講演録(1,349KB)

 

 

公益社団法人日本技術士会水産部会新春講演会

資源管理下で変わる漁港の電子化について~欧州と我が国の比較

(開催日時)
2022年1月8日14:00~16:00

(開催場所)
港区機械振興会館6階会議室(Web配信併用)

(講演趣旨)
2018年に改正漁業法が成立し、2020年12月に施行され、水産資源管理を核とした新たな水産政策が進められている。資源管理の拠点として、トレーサビリティの起点として、漁港・市場の管理運営の在り方が求められている。人口減少・高齢化の進展に伴い我が国では労働生産性の向上など働き方改革が求められている。都市部と比較して、人口減少・高齢化の進展が著しい漁業や漁業地域においては、より重要な課題である。
四半世紀前、欧州の漁港・市場では衛生管理の取組みが行われ、こうした取組を参考に我が国は衛生管理に対応した漁港・市場の整備や管理を進めてきた。他方欧州では、厳しい資源状況が続く中、20年以上前から販売業務の電子化による省力・省人化、取扱量や価格の増大や、ICTを活用した資源管理・トレーサビリティに取り組んでいる。
本講演では、欧州と我が国の漁港・市場の生産性向上と付加価値化、資源管理等におけるICT活用の現状とその効果について調査分析した結果から、我が国における課題を明らかにする。

(講演資料)
資料-1 資源管理下での欧州漁港・市場の管理運営.pdf(3.1MB)
資料-2 働き方改革に向けた漁港・市場の生産性の向上.pdf(1.7MB)

 

 

調査研究の活動成果については、学会誌や関係団体で発行している雑誌にも掲載していますのでご覧ください。

中泉昌光:資源管理下での欧州漁港・市場の生産性向上と付加価値化におけるICT活用の現状と我が国の課題,土木学会海洋開発論文集Vol.78,No.2 2022.

中泉昌光:資源管理下での欧州漁港・市場の管理運営,公益社団法人 全国漁港漁場協会「漁港漁場」63巻第4号, 2021.

中泉昌光:資源管理下での欧州漁港・市場の管理運営(前号からの続き),公益社団法人 全国漁港漁場協会「漁港漁場」64巻第1号, 2022.

中泉昌光:働き方改革に向けた漁港・市場の生産性の向上におけるICT導入の効果分析,土木学会海洋開発論文集Vol.77,No.2 2021.

中泉昌光ら:産地市場における電子化の定量的効果分析-大船渡漁港を事例として-,日本水産工学会「水産工学」Vol.56 No.2(報文),pp.103-119,2019.

中泉昌光:デンマークにおける漁港・市場の整備と管理運営,一般財団法人漁港漁場漁村総合研究所「漁港漁場漁村研報」Vol.46(特別寄稿),pp.8-20,2019.

中泉昌光ら:Case Analyses in Start-up and Expansion of Homestay Tourism in Fishing Villages, Proceedings of the International Conference on Fisheries Engineering 2019, The Japanese Society of Fisheries Engineering, pp70-73, 2019.

中泉昌光ら:Quantitative Analysis of Computerization for Operations of the Fish Market – Case Analysis of Ofunato Fish Market -, Proceedings of the International Conference on Fisheries Engineering 2019, The Japanese Society of Fisheries Engineering, pp57-60, 2019

中泉昌光:英国の漁港における品質・衛生管理、市場取引.一般財団法人漁港漁場漁村総合研究所「漁港漁場漁村研報」Vol.45(特別寄稿), pp.8-19, 2019.

中泉昌光:漁村に泊まろう-渚泊の立ち上げと拡大について-.全国漁港海岸防災協会「はまべ交信」第27号(報文), pp.59-68, 2019.

中泉昌光:漁港(産地市場)の管理運営における電子化・ネットワーク化の方向について-欧州と国内の事例分析から-.一般社団法人 海洋水産システム協会「海洋水産エンジニアリング」第144号pp.25-39, 2019.

中泉昌光ら:漁港(産地市場)の管理運営におけるICT活用(国内外事例の分析より).日本水産工学会「水産工学」Vol.55 No.3(報文), pp.235-251, 2019.

中泉昌光:漁村の滞在型観光「渚泊」の意義と持続的・発展的な取組推進について.日本沿岸域学会「研究討論会2018講演概要集」 No.31, 2018.

中泉昌光ら:Study on the Functioning of Ports in Production and Logistics for Export Promotion of Marine Products. 国際航路学会PIANC 第34回国際会議, 2018.

中泉昌光:浜の賑わい(渚泊)の推進について.公益社団法人 全国漁港漁場協会「漁港漁場」60巻第1号(特集), pp.7-12, 2018.

これまでのシンポジウム等

平成30年度日本水産工学会春季シンポジウム「漁港漁場分野におけるICT活用の現状と技術開発・導入の課題」開催しました

「漁業地域再生プロジェクト」キックオフシンポジウム~漁業地域再生に向けた可能性~を開催しました