持続可能な開発目標(SDGs)と東京海洋大学


持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます(外務省ホームページより)。

東京海洋大学では、中長期的なアクションプランである「ビジョン2027」において、持続可能な開発目標(SDGs) 及び2018年に閣議決定された第3期の海洋基本計画の内容を加味すべきであること等に鑑み、種々検討した結果を踏まえて、「ビジョン2027バージョン2」を作成し公表しています。(ビジョン2027のページ

主なSDGs関連の情報

以下は、本学研究者データベースから抽出した、SDGsの目標と関係のある研究を行っている研究者の一覧です。(準備中)

海洋資源エネルギー学部門

  • 和泉充 教授(□超電導工学(超伝導の機器システム応用:超電導モータ・発電機) □ブルーエコノミーの実現、 □応用物理工学(超電導応用に関する機械システムや材料物性) □総合工学(船舶海洋工学)をはじめとする物理学の考え方が応用できる研究領域)

  • 海洋生物資源学部門

  • 廣野育生 教授(魚介類免疫・生体防御、魚病学、ワクチン)
  • 加藤豪司 助教(魚病、ワクチン、免疫学)
  • 海洋環境科学部門

  • バスティレイラ 助教(Harmful Algal Blooms Shellfish Physiology Shellfish Reproduction Aquaculture Climate Change)
  • 呉海云 助教(バイオセンサ,バイオセンシング,魚類,健康診断,間質液,血液,海洋,生物,微生物,酵素,抗体)
  • サラダサイエンス寄附講座

  • 鈴木徹 特任教授(食品冷凍 凍結保存 サラダ)


  • 海洋電子機械工学部門

  • 盛田元彰 准教授(スケーリングと腐食 金属の変形と疲労 熱利用に設備における腐食やスケーリングに関する境界領域 )
  • 流通情報工学部門

  • 黒川久幸 教授(改善、5S、物流、ロジスティクス、在庫管理)

  • 流通情報工学部門

  • 下野孝一 教授(・3次元空間知覚 ・破壊的リーダーシップ )
  • 海洋環境科学部門

  • バスティレイラ 助教(Harmful Algal Blooms Shellfish Physiology Shellfish Reproduction Aquaculture Climate Change)

  • 海洋電子機械工学部門

  • 盛田元彰 准教授(スケーリングと腐食 金属の変形と疲労 熱利用に設備における腐食やスケーリングに関する境界領域 )

  • 海洋電子機械工学部門

  • 盛田元彰 准教授(スケーリングと腐食 金属の変形と疲労 熱利用に設備における腐食やスケーリングに関する境界領域 )
  • 海洋環境科学部門

  • 牧田寛子 准教授(微生物生態、微生物機能の解明・応用、二酸化炭素固定、物質変換、鉱物資源、資源成因、鉱物利用微生物、鉄、マンガン、コンクリート、鉄骨、腐食、極限環境微生物)
  • 海洋資源エネルギー学部門

  • 池谷毅 教授(海洋・沿岸構造物,洋上風力発電,津波流体力,洗掘防止)
  • 和泉充 教授(□超電導工学(超伝導の機器システム応用:超電導モータ・発電機) □ブルーエコノミーの実現、 □応用物理工学(超電導応用に関する機械システムや材料物性) □総合工学(船舶海洋工学)をはじめとする物理学の考え方が応用できる研究領域)

  • 海事システム工学部門

  • 竹本孝弘 教授()
  • 海洋電子機械工学部門

  • 盛田元彰 准教授(スケーリングと腐食 金属の変形と疲労 熱利用に設備における腐食やスケーリングに関する境界領域 )
  • 流通情報工学部門

  • 黒川久幸 教授(改善、5S、物流、ロジスティクス、在庫管理)
  • 下野孝一 教授(・3次元空間知覚 ・破壊的リーダーシップ )

  • 海洋電子機械工学部門

  • 盛田元彰 准教授(スケーリングと腐食 金属の変形と疲労 熱利用に設備における腐食やスケーリングに関する境界領域 )
  • 海洋環境科学部門

  • 牧田寛子 准教授(微生物生態、微生物機能の解明・応用、二酸化炭素固定、物質変換、鉱物資源、資源成因、鉱物利用微生物、鉄、マンガン、コンクリート、鉄骨、腐食、極限環境微生物)
  • 海洋資源エネルギー学部門

  • 池谷毅 教授(海洋・沿岸構造物,洋上風力発電,津波流体力,洗掘防止)
  • 和泉充 教授(□超電導工学(超伝導の機器システム応用:超電導モータ・発電機) □ブルーエコノミーの実現、 □応用物理工学(超電導応用に関する機械システムや材料物性) □総合工学(船舶海洋工学)をはじめとする物理学の考え方が応用できる研究領域)

  • 海洋資源エネルギー学部門

  • 和泉充 教授(□超電導工学(超伝導の機器システム応用:超電導モータ・発電機) □ブルーエコノミーの実現、 □応用物理工学(超電導応用に関する機械システムや材料物性) □総合工学(船舶海洋工学)をはじめとする物理学の考え方が応用できる研究領域)

  • 海洋環境科学部門

  • 牧田寛子 准教授(微生物生態、微生物機能の解明・応用、二酸化炭素固定、物質変換、鉱物資源、資源成因、鉱物利用微生物、鉄、マンガン、コンクリート、鉄骨、腐食、極限環境微生物)

  • 海洋資源エネルギー学部門

  • 和泉充 教授(□超電導工学(超伝導の機器システム応用:超電導モータ・発電機) □ブルーエコノミーの実現、 □応用物理工学(超電導応用に関する機械システムや材料物性) □総合工学(船舶海洋工学)をはじめとする物理学の考え方が応用できる研究領域)
  • サラダサイエンス寄附講座

  • 鈴木徹 特任教授(食品冷凍 凍結保存 サラダ)

  • 海洋環境科学部門

  • 田中祐志 教授(魚卵・稚仔魚,プランクトン, 生態、行動、高速ビデオ 湖沼、沿岸海洋、琵琶湖、バイカル湖、東京湾、相模湾、伊豆諸島海域)
  • バスティレイラ 助教(Harmful Algal Blooms Shellfish Physiology Shellfish Reproduction Aquaculture Climate Change)
  • 橋濱史典 助教(栄養塩,溶存有機物,高感度分析,植物プランクトン群集)

  • 海洋生物資源学部門

  • 廣野育生 教授(魚介類免疫・生体防御、魚病学、ワクチン)
  • 舞田正志 教授()
  • 加藤豪司 助教(魚病、ワクチン、免疫学)
  • 海洋政策文化学部門

  • 森下丈二 教授(国際捕鯨委員会(IWC)、北太平洋漁業委員会(NPFC)、南極海洋生物資源保存委員会(CCAMLR)、北極公海漁業政策、海洋保護区(MPA)、生態系アプローチ、国際漁業資源管理、生物多様性の保存、食料安全保障)
  • 海事システム工学部門

  • 福田厳 助教()
  • 海洋電子機械工学部門

  • 盛田元彰 准教授(スケーリングと腐食 金属の変形と疲労 熱利用に設備における腐食やスケーリングに関する境界領域 )
  • 海洋環境科学部門

  • 遠藤英明 教授(バイオセンサ,バイオセンシング,魚類,健康診断,測定,検出,環境モニタリング,海洋,生物,微生物,酵素,免疫)
  • 石田真巳 教授(極限環境微生物(低温菌・好冷菌、好圧菌、好熱菌)、環境適応、環境保全、海洋環境、酵素の構造と性質、酵素利用、海洋中のプラスチック分解、地下水利用、バイオエタノール、ポリアミン代謝)
  • 田中祐志 教授(魚卵・稚仔魚,プランクトン, 生態、行動、高速ビデオ 湖沼、沿岸海洋、琵琶湖、バイカル湖、東京湾、相模湾、伊豆諸島海域)
  • 片野俊也 准教授(赤潮 植物プランクトン Skeletonema属 ピコプランクトン フローサイトメトリー)
  • 牧田寛子 准教授(微生物生態、微生物機能の解明・応用、二酸化炭素固定、物質変換、鉱物資源、資源成因、鉱物利用微生物、鉄、マンガン、コンクリート、鉄骨、腐食、極限環境微生物)
  • バスティレイラ 助教(Harmful Algal Blooms Shellfish Physiology Shellfish Reproduction Aquaculture Climate Change)
  • 呉海云 助教(バイオセンサ,バイオセンシング,魚類,健康診断,間質液,血液,海洋,生物,微生物,酵素,抗体)
  • 橋濱史典 助教(栄養塩,溶存有機物,高感度分析,植物プランクトン群集)
  • 海洋資源エネルギー学部門

  • 池谷毅 教授(海洋・沿岸構造物,洋上風力発電,津波流体力,洗掘防止)
  • 和泉充 教授(□超電導工学(超伝導の機器システム応用:超電導モータ・発電機) □ブルーエコノミーの実現、 □応用物理工学(超電導応用に関する機械システムや材料物性) □総合工学(船舶海洋工学)をはじめとする物理学の考え方が応用できる研究領域)
  • 三島 由夏 助教(海洋生物音響、イルカ、パッシブアコースティック)
  • 尾張聡子 ()

  • 海洋電子機械工学部門

  • 盛田元彰 准教授(スケーリングと腐食 金属の変形と疲労 熱利用に設備における腐食やスケーリングに関する境界領域 )
  • 海洋資源エネルギー学部門

  • 和泉充 教授(□超電導工学(超伝導の機器システム応用:超電導モータ・発電機) □ブルーエコノミーの実現、 □応用物理工学(超電導応用に関する機械システムや材料物性) □総合工学(船舶海洋工学)をはじめとする物理学の考え方が応用できる研究領域)


  • 海洋電子機械工学部門

  • 盛田元彰 准教授(スケーリングと腐食 金属の変形と疲労 熱利用に設備における腐食やスケーリングに関する境界領域 )
  • 海洋環境科学部門

  • 牧田寛子 准教授(微生物生態、微生物機能の解明・応用、二酸化炭素固定、物質変換、鉱物資源、資源成因、鉱物利用微生物、鉄、マンガン、コンクリート、鉄骨、腐食、極限環境微生物)