研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 岡崎恵美子(2018-11-15)
 下島公紀(2018-11-14)
 中東和夫(2018-11-13)
 鈴木秀和(2018-11-05)
 神谷充伸(2018-11-05)
 小暮修三(2018-10-29)
 石田真巳(2018-10-26)
 和泉充(2018-10-24)
 牧田寛子(2018-10-22)
 松本 隆志(2018-10-11)
 盛田元彰(2018-10-09)
 遠藤英明(2018-09-21)
 逸見真(2018-09-19)
 金岡京子(2018-09-18)
 バスティレイラ(2018-08-10)
 田中祐志(2018-08-01)
 佐々木剛(2018-07-17)
 山崎秀勝(2018-07-11)
 長阪玲子(2018-07-10)
 中村玄(2018-07-05)
 谷和夫(2018-06-28)
 任恵峰(2018-06-26)
 鶴哲郎(2018-06-26)
 宮本佳則(2018-06-26)
 下野孝一(2018-06-25)
 川合美千代(2018-06-25)
 上村豊(2018-06-25)
 岡井公彦(2018-06-25)
 岡崎忠胤(2018-06-18)
 小林征洋(2018-06-14)
 坂本崇(2018-05-31)
 呉海云(2018-05-22)

氏名

濱崎活幸 

読み

HAMASAKI, Katsuyuki

役職

教授

TEL・FAX

E−mail

*****@kaiyodai.ac.jp *****はhamak
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋生物資源学部門

担当科目

(学部)動物生態学、保全増殖学、動物生態学実習ほか
(大学院)栽培漁業学、保全増殖学特論

キーワード

栽培漁業、水産増殖、増殖生態、甲殻類、魚類、貝類、希少生物、種苗生産、種苗放流

研究テーマ・活動内容

 主要な研究テーマは以下のとおりです。
1.希少生物資源の保全・回復に向けた初期生態と人工繁殖に関する研究
 絶滅の危機が増大しているとされているヤシガニ等の保全・回復を図ることを目的として、初期生態と人工繁殖に関する研究に取り組んでいます。
2.重要海産魚介類の種苗生産に関する研究
 重要海産魚介類、特にガザミ、アミメノコギリガザミ、トゲノコギリガザミ、イセエビ、ケガニ、ズワイガニ、カンパチ、ハタ類等の生残と発育に及ぼす要因を実験的に明らかにし、種苗量産システムの構築を目指しています。
3.重要海産魚介類の種苗放流効果の評価
 甲殻類等の種苗放流効果の評価に取り組んでいます。


自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

 関西電力「マングローブ植林技術開発研究フェーズⅡ」ノコギリガザミ類のふ化技術開発(平成17~18年度、分担)
 農林水産技術会議プロ研「ウナギ及びイセエビの種苗生産技術開発」(平成17~20年度、分担)
 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業「カンパチ種苗の国産化及び低コスト・低環境負荷型養殖技術の開発」(平成18~21年度、分担)

講演テーマ

特記事項


氏名

濱崎活幸 

読み

HAMASAKI, Katsuyuki

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

生年月日

1962年2月8日

学歴

九州大学農学部水産学科 1984年3月卒業
九州大学大学院農学研究科水産学専攻修士課程 1985年10月中途退学

経歴

1985年10月 社団法人日本栽培漁業協会
2003年10月 独立行政法人水産総合研究センター西海区水産研究所石垣支所主任研究官・八重山栽培漁業センター併任
2004年7月 国立大学法人東京海洋大学助教授 現在に至る
2003年4月 平成14年度日本水産学会賞(技術賞)「ガザミ類の安定種苗生産技術の開発に関する研究」

学位

博士(農学)(九州大学農博乙第1282号)(1995年2月)

学位論文

ガザミの生殖と発育に関する研究

所属学会と役職など

日本水産学会(企画広報委員、2005年〜)、日本甲殻類学会、日本水産増殖学会、The Crustacean Society

社会活動

国際協力事業団短期専門家(モーリシァス共和国沿岸資源環境保全計画・資源増殖分野)(1996、1998年)、栽培漁業技術開発研究編集委員(1998~2001年)、沖縄県資源管理型漁業推進協議会委員(1997年)、鳥取県かに博物館アドバイザー(1999年)、水産庁資源増大技術開発事業(地域型中・底層性種グループ)助言者(2000~2002年)、水産庁栽培資源ブランド・ニッポン推進事業栽培漁業技術開発事業(環境調和型・甲殻類グループ)助言者(2003~2004年)、水産総合研究センター技術開発検討会外部委員(2004年~)

受賞歴等


氏名

濱崎活幸 

読み

HAMASAKI, Katsuyuki

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

主要論文

(2002年以降)

神保忠雄,浜崎活幸,芦立昌一(印刷中)ケガニ幼生の生残、成長および発育に及ぼす水温の影響.日本水産学会誌.

Obata, Y., H. Yamazaki, A. Iwamoto, K. Hamasaki and S. Kitada (in press) Evaluation of stocking effectiveness of the Japanese Spanish mackerel in the eastern Seto Inland Sea, Japan. Reviews in Fisheries Science.

Hamasaki K. and S. Kitada (in press) Evaluation of stock enhancement programmes for decapod crustaceans. Reviews in Fisheries Science.

Kogane, T., S. Dan, K. Hamasaki (2007) Improvement of larval rearing technique for mass seed production of snow crab Chionoecetes opilio. Fisheries Science 73, 851–861.

小金隆之,浜崎活幸,團 重樹(2007)ズワイガニ種苗生産における飼育水の攪拌と薬浴による生残率の向上.日本水産学会誌73(2),226-232.

荒井大介,竹内俊郎,杉田大輔,浜崎活幸,丸山敬吾(2007)ガザミ幼生の形態に及ぼす飼育水へのn-3高度不飽和脂肪酸含有淡水クロレラ添加の影響.水産増殖55(1),133-134.(短報)

藤田智也,西脇幹子,二平 章,山田 浩,菅谷琢磨,浜崎活幸,北田修一(2006) マイクロサテライトおよびミトコンドリアDNAにおける茨城県鹿島灘のヒラメ天然魚と放流魚の遺伝的変異性. 水産育種36,33-38.

Hamasaki, K. and S. Kitada (2006) A review of kuruma prawn Penaeus japonicus stock enhancement programs in Japan. Fisheries Research 80, 80-90.

Obata, Y., H. I mai, T. Kitakado, K. Hamasaki and S. Kitada (2006) The contribution of stocked mud crabs Scylla paramamosain to commercial catches, estimated using a genetic stock identification technique in Japan. Fisheries Research 80, 113-121.

Yamaguchi, T., S. Ito, K. Hamasaki and S. Kitada (2006) Sotcking effectiveness of hatchery-released kuruma prawn estimated by a two-stage sampling of commercial catch in Ariake Sound, Japan. Fisheries Science, 72(2) 233-238.

Hamasaki, K., K. Fukunaga and S. Kitada (2006) Batch fecundity of the swimming crab Portunus trituberculatus. Aquaculture 253, 359-365.

浜崎活幸,北田修一(2005) クルマエビの放流効果:現状と課題. 栽培漁業技術開発研究,33,27-43.

中村 藍,北田修一,浜崎活幸,大河内裕之(2005)アワビ類の漁獲変動:エゾアワビの漁獲変動と気候変動および種苗放流の関連について. 栽培漁業技術開発研究, 33, 45-54.

神保忠雄,浜崎活幸,芦立昌一(2005)ケガニ幼生の生残、発育および摂餌に及ぼすアルテミア給餌密度の影響.日本水産学会誌71、563-570

小金隆之,浜崎活幸,野上欣也(2005)ズワイガニ幼生の生残と発育日数に及ぼす水温の影響.日本水産学会誌71, 161-164.

Hamasaki, K., H. Imai, N. Akiyama and K. Fukunaga (2004) Ovarian development and induced oviposition of the overwintering swimming crab Portunus trituberculatus (Brachyura: Portunidae) reared in the laboratory. Fisheries Science 70, 988-995.

Suprayudi, M. A., T. Takeuchi and K. Hamasaki (2004) Essential fatty acids for larval mud crab Scylla serrata: implications of the lack of ability to bioconvert C18 unsaturated fatty acid to highly unsaturated fatty acids. Aquaculture 231, 403-416.

Suprayudi, M. A., T. Takeuchi and K. Hamasaki (2004) Effect of Artemia enriched with EPA and DHA on the survival and development of mud crab Scylla serrata larvae. Fisheries Science 70, 650-658

浜崎活幸,竹内宏行,照屋和久,塩澤 聡(2004)サンゴ礁域に放流したスジアラ人工種苗の滞留,摂餌および被食に及ぼす囲い網による環境馴致効果.日本水産学会誌70,22-30.

Oka, M., T. Yamashita, S. Osumi and K. Hamasaki (2004) Recapture rates of released hatchlings of giant cuttlefish Sepia latimanus Quoy & Gaimard. In "Stock Enhancement and Sea Ranching: Developments, Pitfalls and Opportunities, Second Edition, edited by K. M. Leber, S. Kitada, H. L. Blankenship and T. Svåsand, Blackwell Science, pp.525-534

Imai, H., J.-H. Cheng, K. Hamasaki, and K. Numachi (2004) Identification of four mud crab species (genus Scylla) using ITS-1 and 16S rDNA markers. Aquatic Living Resources 17, 31-34.

市川 卓,浜崎活幸,浜田和久(2004)飼育環境下におけるアサヒガニの卵サイズおよび水温と抱卵期間の関係.日本水産学会誌70, 343-347.

荒井大介,浜崎活幸,丸山敬悟,小畑泰弘,津村誠一,高野正嗣(2004)ガザミ種苗生産におけるメガロパ期の大量死とゾエアの形態形成の関係.日本水産学会誌70, 567-572.

Hamasaki, K. (2003) Effects of temperature on the egg incubation period, survival and developmental period of larvae of the mud crab Scylla serrata (Forskål) (Brachyura: Portunidae) reared in the laboratory. Aquaculture 219, 561-572.

荒井大介,丸山敬悟,浜崎活幸(2003)トゲノコギリガザミ成雌の卵巣卵径と産卵までの積算水温の関係.水産増殖51,173-177.

Hamasaki, K., K. Fukunaga and K. Maruyama (2003) Egg development and incubation period of the swimming crab Portunus trituberculatus (Decapoda: Portunidae) reared in the laboratory. Crustacean Research 32, 45-54.

有瀧真人,浜崎活幸,早乙女浩一(2003)飼育環境下におけるホッコクアカエビ幼生の相対成長.日本水産学会誌69,65-71.

照屋和久,浜崎活幸,竹内宏行(2003)スジアラ人工種苗の口径と捕食したデバスズメダイの最大体サイズの関係.水産増殖51,35-40.

浜崎活幸,照屋和久,竹内宏行(2003)スジアラ人工種苗の飢餓耐性と絶食下の捕食量.水産増殖51,65-71.

照屋和久,浜崎活幸,皆川 恵,竹内宏行,林原 毅,佐野元彦,玉城泉也(2003)石垣島浦底湾のサンゴ礁域に放流したスジアラ人工種苗の滞留,摂餌および被食.水産増殖51,151-156.

浜田和久,浜崎活幸,虫明敬一(2002)アサヒガニふ化幼生の活力判定の試み.水産増殖50,79-84.

Suprayudi, M. A., T. Takeuchi, K. Hamasaki and J. Hirokawa (2002) The effect of n-3HUFA content in rotifers on the development and survival of mud crab, Scylla serrata, larvae. Suisanzoshoku 50, 205-212.

Hamasaki, K., Suprayudi, M. A. and T. Takeuchi (2002) Effect of dietary n-3HUFA on larval morphogenesis and metamorphosis to megalops in the seed production of mud crab, Scylla serrata (Brachyura: Portunidae). Suisanzoshoku 50, 333-340.

Suprayudi, M. A., T. Takeuchi, K. Hamasaki and J. Hirokawa (2002) Effect of Artemia feeding schedule and density on the survival and development of larval mud crab Scylla serrata. Fisheries Science 68, 1295-1303.

Hamasaki, K. (2002) Effects of temperature on the survival, spawning and egg incubation period of overwintering mud crab broodstock, Scylla paramamosain (Brachyura: Portunidae). Suisanzoshoku 50, 301-308.

Hamasaki, K. and T. Morioka (2002) Effects of temperature on egg incubation period and paralarval survival and growth of common octopus, Octopus vulgaris reared in the laboratory. Suisanzoshoku 50, 407-413.

Hamasaki, K., M. A., Suprayudi and T. Takeuchi (2002) Mass mortality during metamorphosis to megalops in the seed production of mud crab Scylla serrata (Crustacea, Decapoda, Portunidae). Fisheries Science 68, 1226-1232.

著書

「ガザミ種苗生産技術の理論と実践」日本栽培漁業協会、1997年(共著)
「有害微生物管理技術第Ⅰ巻、原料・製造・流通環境における要素技術とHACCP」フジ・テクノシステム、2000年(共著)
「水産海洋ハンドブック」生物研究社、2004年(共著)
ガザミ類『水産増養殖システム3.貝類・甲殻類・藻類他』(分担)(森 勝義編)恒星社厚生閣,東京,329-338.(共著)


氏名

濱崎活幸 

読み

HAMASAKI, Katsuyuki

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。