ホーム

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去90日間 アルファベット順)です。

     
  • 麻生敏正(IT×作業計測、物流施設、工場、スマートフォン、ウェアラブルデバイス、フォークリフト) (2021-04-09)
  •  
  • 藤正明(動的文法理論 [Dynamic Model of Grammar], 連結詞脱落 [copula drop], 口語英語 [spoken English], 付加詞 [additive particle], 範疇感応型等位接続詞 [category-sensitive coordinator], 主要部内在型関係節 [Internally Headed Relative Clause]) (2021-03-31)
  •  
  • 橋濱史典(栄養塩,溶存有機物,高感度分析,植物プランクトン群集) (2021-02-17)
  •  
  • 波津久達也(プラント、沸騰熱伝達、混相流、気液二相流、配管内流動、高効率化、放射線誘起、放射線計測、防食 ボイラー、原子炉、船舶・自動車などの熱機関、放射線計測機器、宇宙用機器) (2021-04-02)
  •  
  • 逸見真() (2021-04-06)
  •  
  • 石田真巳(極限環境微生物(低温菌・好冷菌、好圧菌、好熱菌)、環境保全、酵素の環境適応、酵素利用、生分解性プラスチック、プラスチックの海洋での微生物分解、地下水利用、バイオエタノール、ポリアミン代謝) (2021-04-08)
  •  
  • 加藤豪司(魚病、ワクチン、免疫学) (2021-04-07)
  •  
  • 小林征洋(アレルゲン) (2021-03-15)
  •  
  • 今孝悦(安定同位体、異地性流入、海草藻場、エコシステムエンジニア、エコトーン、塩性湿地、撹乱、河口、環境修復、岩礁、群集構造、砂浜、資源分割、湿地造成、食物網、植林、遷移、相互作用、潮間帯、底生動物、東南アジア、干潟、マングローブ、無脊椎動物、養殖排水) (2021-04-12)
  •  
  • 松本 隆志(品質保証(食品)、品質管理(食品)、食品衛生、食品安全、食品安全行政、品質マネジメントシステム、ISO9001、HACCP、GMP、総合衛生管理製造過程、食品安全マネジメントシステム、GFSI、FSSC22000、BRC、AIB、品質クレーム・トラブル対応・低減・防止、リコール・回収、トレーサビリティ、フードディフェンス、Halal、Kosher、防虫防鼠、ヒューマンエラー、品質教育、アレルゲンクロスコンタミネーション、食品関連法規、食品衛生法、JAS法、JAS規格、海外の品質保証) (2021-03-16)
  •  
  • 溝端浩平(北極海、南大洋、衛星リモートセンシング、極域海洋学) (2021-04-02)
  •  
  • 盛田元彰(・金属の変形と破壊(チタン・チタン合金,亜鉛めっき鋼) ・地熱発電用材料(耐スケーリング性,耐食性材料) ・ステンレス鋼の組織とSCC) (2021-04-08)
  •  
  • 森田哲朗() (2021-04-12)
  •  
  • 茂木康平(量子可積分系、表現論、組合せ論) (2021-03-05)
  •  
  • 岡井公彦(環境浄化、海藻多糖分解、好熱性、好酸性、酵素・タンパク質・ペプチド、微生物、立体構造解析、機能改変、マイクロプラスチック、生体防御、サンゴ、多環芳香族炭化水素) (2021-04-02)
  •  
  • レド マーク アンソニー ボリヴァ(Refrigeration, Food Freezing, Food Science) (2021-04-12)
  •  
  • 坂本崇(遺伝子地図,連鎖地図,連鎖解析,QTL,DNAマーカー,マイクロサテライトマーカー,SNP,ゲノム解析,耐病性,ゲノム,GWAS,性決定遺伝子,) (2021-02-12)
  •  
  • 柴田恭幸(リチウムイオン二次電池、ナトリウムイオン二次電池、三次電池、エネルギーハーベスト、エネルギー材料、電解析出膜) (2021-04-12)
  •  
  • 谷和夫(地盤工学,岩盤工学,土質工学,資源開発,地盤防災,応用地質,地盤環境) (2021-03-12)

サイト内検索

研究者との共同研究等に関する相談は

東京海洋大学研究者との共同研究等に関する相談は、「海の技術相談室」のページをご覧の上、オンライン相談申込フォーム、または記入書式をご利用の上、お申し込みください。
技術相談窓口「海の技術相談室」

あわせて以下のページもご覧ください。
共同研究等制度について
研究成果の紹介
研究者総覧データベース

共同研究の間接経費が30%に変更になります。

共同研究の間接経費が30%に変更になります。
詳しくは「共同研究に係る間接経費について」ページをご覧ください。

知的財産・ABS対応部門からのお知らせ(学内向)

学内向け資料を公開しました。本学の発明の取扱い等について重要な内容なので、本学在籍者はご一読をお願いいたします。

産学・地域連携推進機構について

国立大学法人 東京海洋大学 産学・地域連携推進機構では、水産・海洋の科学と技術に関する研究ニーズの開拓や共同研究の推進、国内外における産学官や関連産業地域・拠点との連携活動およびこれらの成果にかかわる知財の創出と技術移転を推進する活動を行っています。