研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 岡崎恵美子(2018-11-15)
 下島公紀(2018-11-14)
 中東和夫(2018-11-13)
 鈴木秀和(2018-11-05)
 神谷充伸(2018-11-05)
 小暮修三(2018-10-29)
 石田真巳(2018-10-26)
 和泉充(2018-10-24)
 牧田寛子(2018-10-22)
 松本 隆志(2018-10-11)
 盛田元彰(2018-10-09)
 遠藤英明(2018-09-21)
 逸見真(2018-09-19)
 金岡京子(2018-09-18)
 バスティレイラ(2018-08-10)
 田中祐志(2018-08-01)
 佐々木剛(2018-07-17)
 山崎秀勝(2018-07-11)
 長阪玲子(2018-07-10)
 中村玄(2018-07-05)
 谷和夫(2018-06-28)
 任恵峰(2018-06-26)
 鶴哲郎(2018-06-26)
 宮本佳則(2018-06-26)
 下野孝一(2018-06-25)
 川合美千代(2018-06-25)
 上村豊(2018-06-25)
 岡井公彦(2018-06-25)
 岡崎忠胤(2018-06-18)
 小林征洋(2018-06-14)
 坂本崇(2018-05-31)
 呉海云(2018-05-22)

氏名

今田千秋 

読み

IMADA, Chiaki

役職

教授

TEL・FAX

TEL 03-5463-0404 FAX 03-5463-0404

E−mail

imada@kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

< http://www2.kaiyodai.ac.jp/~imada/ >

所属部門

海洋生物資源学部門

担当科目

(学部)応用微生物学,応用微生物学実験,フレッシュマンセミナーなど
(大学院)応用微生物学特論, 微生物化学特論

キーワード

海洋微生物,生理活性物質,遺伝子組み換え,二次代謝,抗生物質, 群集組成解析,香粧品, 海洋深層水, 放線菌

研究テーマ・活動内容

1 新しい有用生理活用性物質を生産する海洋微生物の探索

海洋に生息する微生物の中から抗生物質や酵素阻害剤などの有用生理活性物質を生産するものを探索する

2 微生物の遺伝子組み換えと物質代謝

細菌や放線菌などの微生物をプロトプラスト融合処理などにより新しい微生物を作出するとともにそれらの生産する代謝産物を調べる

3 微生物の持つ潜在二次代謝の発現と物質生産

微生物は通常の代謝系のほかに潜在二次代謝系を持っているが、この代謝系を発現されることにより新しい代謝産物を生産させる

4環境ホルモンや難分解性産業廃棄物の海洋微生物による分解

トリブチルスズやETDAなどのキレート剤を海洋微生物を用いて分解させ,環境浄化をはかる

5海洋微生物の採集と分離ならびに培養方法の検討

従来用いられてきた分離培地や培養条件を工夫することにより、新しい海洋微生物を採集する

6微生物を用いた迅速簡便な有用物質のスクリーニング方法の開発

多くの微生物の中からいかにして迅速簡便に有用物質を生産する微生物を探索するか

7海洋における微生物の群集組成解析
沿岸や外洋及び深海などに生息する微生物の群集組成を調べる

自己アピール

私はこれまで種々の海域から採集した海洋微生物について有用生理活性物質生産性を調べ、有望株を次々に発見してきた。海洋は広く深いためまだまだ未知の微生物が眠る宝の山であると思われる。このような海洋から抗生物質を生産するものや環境有害物質を分解するなど、人間活動に役立つ海洋微生物を探索するとともに、これらが有する潜在代謝系を発現させていきたいと考えている。

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

海洋微生物を用いた排水処理
海洋微生物からの有用物質の探索と応用

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

平成26年度ライフスタイルイノベーション創出推進事業 育成ステージ
久米島産海藻由来の乳酸菌を使った美と健康のためのサプリメントの開発
株式会社ポイントピュールとの共同研究

多孔性セラミックスと活性炭を用いた非電化フィルターによる多摩川河川水の滅菌と飲料化の研究
平成25‐26年度 とうきゅう環境財団研究助成

未利用資源の有効利用のための天然由来成分を用いた鮮度保持技術の開発
平成23-24年度 科学技術振興機構、研究成果最適展開支援(A-Step)

分子生物学的手法による多摩川河口域の細菌群集モニタリング
平成20~21年度 とうきゅう環境浄化財団研究助成

海洋環境からの新奇好熱放線菌の分離とその有効利用に関する研究
平成19~20年度 東京海洋大学大学院研究科長裁量経費

海底堆積物及び海水中からの有用微生物の単離とメタゲノム解析
平成18~19年度 東京海洋大学大学院研究科長裁量経費

海洋微生物ライブラリーを用いた海産物鮮度保持のための新規酵素阻害剤の開発と応用
平成15年度〜17年度 基盤研究 (B)(2)

海洋微生物による難分解性キレート剤の分解と海洋浄化
平成12年度〜平成13年度 基盤研究(C)(2)

講演テーマ

1微生物から有用物質を得るためのアプローチ

2海洋微生物の採集、分離および培養方法について

3海洋に生息する微生物の特性について

4陸上微生物と海洋微生物について

5海洋微生物の生産する生理活性物質について

6海の微生物の宝探し

特記事項


氏名

今田千秋 

読み

IMADA, Chiaki

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

生年月日

1956年8月5日

学歴

東京水産大学水産学部漁業生産工学科

1980年3月卒業

東京大学大学院農学系研究科

博士課程水産学専攻 

1986年3月修了

経歴

昭和61年〜62年 日本学術振興会特別研究員
62年〜平成10年 財団法人微生物化学研究所研究員
10年〜15年 東京水産大学大学院食品生産学専攻 助教授
15年〜17年 東京海洋大学大学院応用生命科学専攻 助教授
17年〜現在 東京海洋大学大学院応用生命科学専攻 教授


学位

農学博士(東京大学 1986年)

学位論文

海洋細菌の生産するプロテアーゼインヒビターに関する研究

所属学会と役職など

日本水産学会,マリンバイオテクノロジー学会,日本農芸化学会,日本放線菌学会,海洋深層水利用学会 各会員
マリンバイオテクノロジー学会理事

社会活動

平成23年10月~現在 内閣府食品安全委員会 食品安全委員会専門委員
平成18年~24 ジオバイオテクノロジー研究会副議長
平成13年(株)パレス化学 共同研究研究指導
平成12年-14年(有)湘南予防医科学研究所 共同研究研究指導
平成12-13年 (株)三菱ガス化学 共同研究研究指導 
平成11年 (株)マリーンバイオ 共同研究研究指導
平成11年-12年(株)日本ケミテック 共同研究研究指導

受賞歴等

2015年10月アグリサイエンスグランプリ 吉野家賞 海洋有用微生物

2014年5月 マリンバイオテクノロジー学会ポスター賞 マリンバイオテクノロジー学会 PCR-パイロシークエンス法による海洋深層水中の微生物群集構造解析
2010年5月 マリンバイオテクノロジー学会最優秀ポスター賞 マリンバイオテクノロジー学会 海洋生物由来の放線菌からのヒアルロニダーゼインヒビターの探索
2009年5月 マリンバイオテクノロジー学会ポスター賞 マリンバイオテクノロジー学会 海洋環境からのケラチナーゼ生産好熱菌の分離と諸性状
2009年6月 日本放線菌学会ポスター賞 日本放線菌学会 海水存在下において抗菌物質を生産する海洋放線菌の諸性状
2003年4月 マリンバイオテクノロジー岡見賞 マリンバイオテクノロジー学会 海洋からの有用微生物の探索とその利用に関する技術開発


氏名

今田千秋 

読み

IMADA, Chiaki

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

主要論文

1) Streptomyces hyaluromycini sp. nov., isolated from a tunicate (Molgula manhattensis).
Harunari E, Hamada M, Shibata C, Tamura T, Komaki H, Imada C, Igarashi Y
The Journal of antibiotics 69(3) 159-163 2016年3月

2) Production of bacteriocin by Virgibacillus salexigens isolated from "terasi": a traditionally fermented shrimp paste in Indonesia.
Kobayashi T, Agustini TW, Ibrahim R, Kamei K, Kondo A, Kajiwara M, Ooka Y, Nakamura H, Terahara T, Imada C
World journal of microbiology & biotechnology 32(3) 47 2016年3月

3) 7-Chlorofolipastatin, an inhibitor of sterol O-acyltransferase, produced by marine-derived Aspergillus ungui NKH-007.
Uchida R, Nakajyo K, Kobayashi K, Ohshiro T, Terahara T, Imada C, Tomoda H
The Journal of antibiotics 2016年3月

4) Bacterial community structures of deep-sea water investigated by molecular biological techniques.
Terahara T, Yamada K, Nakayama J, Igarashi Y, Kobayashi T, Imada C
Gene 576(2 Pt 1) 696-700 2016年2月

5) Hexose Oxidase-Mediated Hydrogen Peroxide as a Mechanism for the Antibacterial Activity in the Red Seaweed Ptilophora subcostata.
Ogasawara K, Yamada K, Hatsugai N, Imada C, Nishimura M
PloS one 11(2) e0149084 2016年

6) Diketopiperazines, inhibitors of sterol O-acyltransferase, produced by a marine-derived Nocardiopsis sp. KM2-16.
Kobayashi K, Fukuda T, Terahara T, Harunari E, Imada C, Tomoda H
The Journal of antibiotics 68(10) 638-641 2015年10月

7) Isolation and characterization of Cr(VI)-reducing actinomycetes from estuarine sediments.
Terahara T, Xu X, Kobayashi T, Imada C
Applied biochemistry and biotechnology 175(7) 3297-3309 2015年4月

8) Nocapyrones: α- and γ-pyrones from a marine-derived Nocardiopsis sp.
Kim Y, Ogura H, Akasaka K, Oikawa T, Matsuura N, Imada C, Yasuda H, Igarashi Y
Marine drugs 12(7) 4110-4125 2014年7月

9) A novel thermophilic, hydrogenogenic, and carboxydotrophic bacterium Calderihabitans maritimus gen. nov., sp. nov. from a marine sediment core of an undersea caldera.
Yoneda Y, Yoshida T, Yasuda H, Imada C, Sako Y
International journal of systematic and evolutionary microbiology 63(Pt 10) 3602-3608 2013年4月

10) Hyaluromycin, a new hyaluronidase inhibitor of polyketide origin from marine Streptomyces sp.
Harunari E, Imada C, Igarashi Y, Fukuda T, Terahara T, Kobayashi T
Marine drugs 12(1) 491-507 2014年1月

11) An effective method based on wet-heat treatment for the selective isolation of Micromonospora from estuarine sediments.
Terahara T, Kobayashi T, Imada C
World journal of microbiology & biotechnology 29 1677-1684 2013年9月

12) 伊豆赤沢海洋深層水の作物の発芽とカイワレの生育に及ぼす影響
岡本良子, 有賀みずえ, 山田勝久, 今田千秋, 小林武志, 寺原猛
海洋深層水研究 14(1) 35-42 2013年3月

13) DGGE法による海洋深層水中の放線菌の群集組成解析
寺原猛, 加藤朋, 山田勝久, 小林武志, 今田千秋
海洋深層水研究 14(1) 11-18 2013年3月

14) Bacterial production of the tunicate-derived antitumor cyclic depsipeptide didemnin B.
Tsukimoto M, Nagaoka M, Shishido Y, Fujimoto J, Nishisaka F, Matsumoto S, Harunari E, Imada C, Matsuzaki T
Journal of natural products 74 2329-2331 2011年11月

15) 海洋深層水の新たなる展開
今田 千秋
日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 76(4) 2010年7月

16) Isolation and characterization of marine and terrestrial actinomycetes using a medium supplemented with NaCl
C. Imada,S. Masuda, T. Kobayashi, N. Hamada-Sato, and T. Nakajima
Actinomycetologica 24(1) 12-17 2010年

17) 応用微生物学的見地から見た海洋深層水と海底堆積物の有効利用
今田千秋
海洋深層水研究 10(1) 33-40 2009年

18) Isolation of a bacterium possessing a haloacid dehalogenase from a marine sediment core
Y. Chiba, T. YOshida, N. Ito, H. Nishimura, C. Imada, H. Yasuda, and Y. Sako
Microbes Environ. 24(3) 276-279 2009年

19)「海洋由来糸状菌の培養上清液添加によるワインの色調変化の防止」J. ASEV Jpn. vol. 19, pp.2-9 (2008).
20)「Improved method of protoplast fusion between marine luminescent bacterium and Escherichia coli cultivated with fatty acid」Fish. Sci., vol. 74, pp. 1290-1296 (2008).
21) 「海洋性発光細菌 Shewanella sp. のVBNC状態への誘導および大腸菌とのプロトプラスト融合」日本水産学会誌 vol. 74, pp.1082-1084 (2008).
22)「培養ヒト繊維芽細胞のコラーゲン合成に対する伊豆赤沢海洋深層水の効果」海洋深層水研究 vol. 12, pp.11-17 (2011).
23)「海洋における新有用微生物」海洋深層水利用研究 vol. 13, 33-40 (2012).
24)「深海堆積物から分離した放線菌の生産するケラチナーゼと難分解性ケラチンの分解」海洋深層水研究 vol. 13, pp. 25-32 (2912).
25)「Actinomycetal community structures in seawater and freshwater examined by DGGE analysis of 16S rRNA gene fragment」Mar. Biotechnol. vol. 10, pp. 554~563 (2008).

26)「Phenotypic characterization and cultivation conditions of inhibitor-producing fungus isolated from marine sediment」Fish. Sci., vol. 74, pp. 662-669 (2008).

27)「Isolation and characterization of antibacterial substances produced by marine actinomycetes in the presence of seawater」 Actinomycetologica vol. 21, pp. 27-31 (2007).

28)「海洋環境より分離した糸状菌培養上清の生鮮食材変色防止効果」日本食品科学工学会誌, vol. 54, pp.274~279, (2007).
16「Degradation of ferric chelate of ethylenediaminetetraacetic acid by bacterium isolated from deep-sea stalked barnacle」 Mar. Biotechnol., vol. 7, pp. 21-25, (2005).

29)「Enzyme inhibitors and other bioactive compounds from marine actinomycetes」 Antonie van Leeuwenhoek vol. 87, pp. 59-63, (2005).

30)「Enzyme inhibitors of marine microbial origin with pharmaceutical importance」 J. Mar. Biotechnol., vol. 6, pp. 193-198, (2004).

31)「Pseudoalteromonas sagamiensis sp. nov., a marine bacterium that produces protease inhibitors」 Int. J. Syst. Evol. Microbiol., vol. 53, 18 J. Syst. Evol. Microbiol., vol. 53, 1807-18 Syst. Evol. Microbiol., vol. 53, pp.1807-1811 (2003).

32)「Isolation and characterization of the interspecific fusants from Streptomyces obtained using a liquid regeneration method」Fish. Sci., vol. 68, pp. 395-402, (2002).


33)「Production of selenohomocystine as an antibiotic by a marine Bacillus sp. No. 14 with selenomethionine resistance」J. Antibiotics, vol. 55, pp. 223-226, (2002).

34)「Isolation and characterization of tyrosinase inhibitor-producing microorganisms from marine environment」Fish. Sci., vol. 67, pp. 1151-1156, (2001)

35)「Intergenus protoplast fusion between Streptomyces and Micromonospora with reference to the distribution of parental characteristics in the fusants」J. Biosci. Bioeng., vol. 88, pp. 143-147, (1999)

36)「Characteristics of marine actinomycete isolated from a deep-sea sediment and production of b-glucosidase inhibitor」 J.Mar.Biotechnol.,vol.2,pp.109-113,(1995)

著書

1「海洋微生物とバイオテクノロジー」(清水 潮編)技報堂出版 1991年

2「海洋微生物の生産する生物活性物質」(安元 健編)恒星社厚生閣 1990年

3「マリンバイオ」(松永 是編)シーエムシー 1989年

4「海洋生物資源の探索と利用」(内藤 敦編)シーエムシー 1986年

5「抗生物質」(生物薬科学実験講座) 広川書店 2002年

6 「水産食品デザイン学」(渡邊悦生編) 成山堂書店 2004年

7 「海の微生物の利用ー未知なる宝探し」 成山堂書店 2009年

8 (共著)「Marine Microbiology: Bioactive Compounds and Biotechnological Applications」Se-Kwon Kim (Editor) ISBN: 978-3-527-33327-1 August 2013
 2  Treasure Hunting for Useful Microorganisms in the Marine Environment (P21~)


氏名

今田千秋 

読み

IMADA, Chiaki

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

研究室紹介

本研究室は学部のない大学院のみの講座ですが、今年度の卒論生は5名まで配属可能です。現在、教官3名、大学院生6名、学部生4名および企業派遣研究員3名の合計16名で構成されています。3号館の隣にある6号館の6階と7号館6階の一部に我々の研究室があります。本講座では、種々の環境から有用微生物(バクテリア,放線菌,糸状菌など)を取り出し、これらを医薬品、食品工業あるいは環境修復などへ応用するなど、人間生活に微生物を直接あるいは間接的に応用するための諸問題について教育・研究しています。また、他大学との共同研究や様々な企業との産学協同研究を進めており、毎日多数の人が研究室で精力的に研究しています。

卒研希望者等へのメッセージ

海の微生物の研究は、陸の微生物に比べるとはるかに立ち遅れています。これは、サンプルを取るために、簡単に外洋や深海に行けないためです。しかし、地球の全表面積の約7割を占める広大な海は、鉛直的にも大きな広がりを持ち、未知の微生物の宝庫と考えられています。幸い、東京海洋大学は海洋科学部だけでも4隻もの研究練習船を保有し、いつでも海洋に出かけることができますので、珍しい海の微生物を発見することは決して夢ではありません。あなたもこのような「海にすんでいる微生物からの宝さがし」に参加してみませんか?今よりも、もっと安全で効果のある化粧品や、様々な病気の治療の特効薬が見つかるかもしれませんよ。

受験生へのメッセージ

? 本学は日本で唯一の海洋系の総合大学です。本学は海の微生物以外にもプランクトンや魚介類、海産哺乳類や海藻など様々の海の生き物、海洋環境の諸問題や水産食品などを幅広く学べます。皆さんはこれから志望校を決定されることと存じますが、ぜひ本学もその選択肢の一つに加えていただきたいと思います。


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。