研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 石田真巳(2018-07-20)
 佐々木剛(2018-07-17)
 山崎秀勝(2018-07-11)
 長阪玲子(2018-07-10)
 中村玄(2018-07-05)
 谷和夫(2018-06-28)
 遠藤英明(2018-06-28)
 バスティレイラ(2018-06-26)
 任恵峰(2018-06-26)
 鶴哲郎(2018-06-26)
 宮本佳則(2018-06-26)
 下野孝一(2018-06-25)
 川合美千代(2018-06-25)
 神谷充伸(2018-06-25)
 上村豊(2018-06-25)
 岡井公彦(2018-06-25)
 岡崎忠胤(2018-06-18)
 小暮修三(2018-06-17)
 小林征洋(2018-06-14)
 坂本崇(2018-05-31)
 鈴木秀和(2018-05-25)
 呉海云(2018-05-22)
 金岡京子(2018-05-16)
 髙橋希元(2018-05-09)
 中東和夫(2018-04-27)
 茂木康平(2018-04-23)
 大河内美香(2018-04-20)
 萩原優騎(2018-04-12)
 逸見真(2018-04-02)
 東海正(2018-03-21)
 藤野俊和(2018-03-18)
 横田賢史(2018-03-13)
 下島公紀(2018-03-07)
 斎藤浩一(2018-02-02)
 黒瀬光一(2018-01-29)

氏名

地引達弘 

読み

JIBIKI,Tatsuhiro

役職

教授

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~jibiki/ouriki

所属部門

海洋電子機械工学部門

担当科目

キーワード

トライボロジー、摩耗、フレッチング、ヤング率測定機、摩擦騒音、微小往復動、表面微細加工、接触電気抵抗、エンジントライボロジー

研究テーマ・活動内容

【専門分野】
Key Words:トライボロジー、機械応用力学

【研究概要・テーマ】
・フレッチング条件下の異常音発生に関する研究
・エンジントライボロジーに関する研究
・接触変形を利用したヤング率測定機の開発
・コーティング膜の密着強度測定機の開発
・コーティング膜のフレッチング摩耗特性に関する研究
・コーティング膜によるフレッチング摩耗防止
・難加工材のヤング率・膜ヤング率測定機の開発
・薄膜を有する固体の接触変形解析とその応用
・内燃機関しゅう動部の摩耗に及ぼす燃焼ススの影響
・実用環境下における摩擦材の凝着力測定とその応用
・海中散歩ビークルの開発
・フレッチング摩耗試験機の開発

自己アピール

技術相談対応分野

機械要素の摩耗、特にフレッチング摩耗、難加工材のヤング率測定、微小往復動下での摩擦騒音、エンジントライボロジー、接触電気抵抗測定

共同研究の希望課題

・微小往復動下における摩擦騒音発生に関する研究
・エンジントライボロジーに関する研究
・接触電気抵抗の測定に関する研究
・表面微細加工に関する研究

共同利用可能な設備

・SEM
・レーザー顕微鏡
・高面圧摩擦摩耗試験機(3ピンオンディスク型)
・フレッチング摩耗試験機
・機械関節部の往復揺動型摩擦摩耗試験機
・ヤング率測定機
・膜密着力測定機
・表面微細加工装置
・接触電気抵抗測定装置

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

地引達弘 

読み

JIBIKI,Tatsuhiro

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋電子機械工学部門

生年月日

学歴

昭和63年 東京商船大学 商船学部 機関学科 卒業
平成2年 東京商船大学 大学院 商船学研究科 機関学専攻 修了

経歴

平成2~11年 三井造船㈱ 玉野研究所、機械制御技術開発センター
平成11年 東京商船大学 商船学部 助手
平成15年 東京海洋大学 海洋工学部 助手
平成16年 博士(工学)(岡山大学)
平成16年 東京海洋大学 海洋工学部 講師
平成17年 東京海洋大学 海洋工学部 助教授
平成19年 東京海洋大学 海洋工学部 准教授、現在に至る

学位

学位論文

所属学会と役職など

(社)日本トライボロジー学会、(社)日本機械学会、(社)日本マリンエンジニアリング学会

社会活動

受賞歴等


氏名

地引達弘 

読み

JIBIKI,Tatsuhiro

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋電子機械工学部門

主要論文

・小島康史・志摩政幸・元田智弘・地引達弘・佐々木信也,実用環境下における鋭角ダイヤモンド圧子と金属材料間の凝着力の測定,トライボロジスト, Vol.51-2, pp.172-179(2006).
・元田智弘・志摩政幸・地引達弘・佐々木信也・三宅晃司,Analysis of contact deformation between a coated flat plate and a sphere and its practical application,Computer Methods and Experimental Measurement for Surface Effects and Contact Mechanics Ⅶ,WIT press(2005).
・志摩政幸・元田智弘・地引達弘・佐々木信也・三宅晃司,球の押込みによる金属材料の降伏強度測定に関する研究,トライボロジスト,Vol.50,No.4(2005).
・元田智弘・地引達弘・志摩政幸,ヘルツ接触変形に及ぼす表面粗さの影響,トライボロジスト,Vol.49,No.4(2004).
・志摩政幸・元田智弘・地引達弘・菅原隆志,球/平面の弾性接触変形を利用した材料のヤング率測定装置,トライボロジスト,Vol.47,No.8(2002).
・地引達弘・志摩政幸・秋田秀樹・田村盛雄,A basic study of friction noise caused by fretting,Wear 251(2001).
・難波浩一・鎌田勤也・地引達弘・高木俊幸・三浦健蔵,Damage and Life Evaluation for Hot Section Components of Mitsui Gas Turbines,Proceeding of the International Gas TurbineCongress 1999 Kobe(1999).
・三浦健蔵・地引達弘・田中孝雄・三宅慎一,舶用ディーゼル機関ピストンリングの開発(耐摩耗性鋼ピストンリングの実機試験結果),日本機械学会論文集(C編) Vol.65,No.634(1999).
・石原修二・田中直裕・地引達弘・三浦健蔵・田辺明生・石田浩三,チタン合金ライザーの泥水中におけるエロージョン特性,日本舶用機関学会誌Vol.33,No.12(1998).
・地引達弘・田中正紀・藤原貴典・久谷益士郎,舶用ディーゼル機関におけるセラミクス溶射皮膜の初期なじみ性向上,日本舶用機関学会誌Vol.32,No.12(1997).
・三浦健蔵・岡本一・地引達弘・田中孝雄・田中正紀,舶用ディーゼル機関ピストンリングの開発,日本舶用機関学会誌,Vol.31, No.7(1996).
・地引達弘・竹内正明・磯谷 潔・志摩政幸・佐藤凖一,変動引張荷重を受ける鋼のフレッチング損傷と疲労,日本舶用機関学会誌Vol.27,No.1(1992).
・地引達弘・志摩政幸・佐藤凖一,フレッチングにおける接触電気抵抗について,トライボロジスト,Vol.36,No.4(1991).
・志摩政幸・地引達弘・菅原隆志・佐藤凖一,フレッチングにおける摩擦面の温度上昇,トライボロジスト,Vol.34,No.12(1989).

著書


氏名

地引達弘 

読み

JIBIKI,Tatsuhiro

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋電子機械工学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。