研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 岡崎恵美子(2018-11-15)
 下島公紀(2018-11-14)
 中東和夫(2018-11-13)
 鈴木秀和(2018-11-05)
 神谷充伸(2018-11-05)
 小暮修三(2018-10-29)
 石田真巳(2018-10-26)
 和泉充(2018-10-24)
 牧田寛子(2018-10-22)
 松本 隆志(2018-10-11)
 盛田元彰(2018-10-09)
 遠藤英明(2018-09-21)
 逸見真(2018-09-19)
 金岡京子(2018-09-18)
 バスティレイラ(2018-08-10)
 田中祐志(2018-08-01)
 佐々木剛(2018-07-17)
 山崎秀勝(2018-07-11)
 長阪玲子(2018-07-10)
 中村玄(2018-07-05)
 谷和夫(2018-06-28)
 任恵峰(2018-06-26)
 鶴哲郎(2018-06-26)
 宮本佳則(2018-06-26)
 下野孝一(2018-06-25)
 川合美千代(2018-06-25)
 上村豊(2018-06-25)
 岡井公彦(2018-06-25)
 岡崎忠胤(2018-06-18)
 小林征洋(2018-06-14)
 坂本崇(2018-05-31)
 呉海云(2018-05-22)

氏名

片野俊也 

読み

KATANO, Toshiya

役職

准教授

TEL・FAX

03-5463-0524

E−mail

tkatan0@kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://researchmap.jp/mudskipper

所属部門

海洋環境科学部門

担当科目

基礎海洋生物学
海洋観測論(分担)
博物館学IV(分担)
水圏環境リテラシー(分担)
海洋学実習I(分担)
海洋学実習II(分担)
海洋学実習III(分担)

キーワード

赤潮
植物プランクトン
ピコプランクトン
フローサイトメトリー

研究テーマ・活動内容

有明海の冬季珪藻赤潮の発達過程
筑後川感潮域と河口域間の堆積物輸送に伴う赤潮原因プランクトンの動態
赤潮原因プランクトンの競合
バイカル湖のピコプランクトンの動態・分布

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

河川財団 「河川感潮域と河口域間における底泥堆積物の低次生態系に果たす役割についての研究:堆積物輸送にリンクしたSkeletonema属珪藻の動態」平成26-27年度(代表)

受託研究 有明海再生機構 「有明海再生方策検討事業」平成25年度 (代表)

基盤研究C「有明海冬季珪藻赤潮の増殖開始の“きっかけ”と増殖を支える栄養塩動態の解明」 平成25-27年度 (代表)

基盤研究C「細胞周期解析による赤潮原因藻類の野外における増殖速度の見積もり」平成20-22年度 (代表)



講演テーマ

特記事項


氏名

片野俊也 

読み

KATANO, Toshiya

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

生年月日

学歴

東京都立大学大学院理学研究科 博士課程

経歴

愛媛大学沿岸環境科学研究センター 研究機関研究員
漢陽大学自然科学大学 研究教授
佐賀大学有明海総合研究プロジェクト 研究機関研究員
佐賀大学低平地沿岸海域研究センター 准教授

学位

博士(理学)

学位論文

所属学会と役職など

日本陸水学会
日本微生物生態学会
日本海洋学会
日本プランクトン学会

社会活動

有明海再生機構 再生道筋検討部会 委員

受賞歴等


氏名

片野俊也 

読み

KATANO, Toshiya

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

主要論文

片野俊也,吉野健児,伊藤祐二,速水祐一 (2014)有明海奥部におけるシャットネラの発芽シスト数と赤潮との関連.プランクトン学会報 61:8-14.

Katano, T., Yoshida, M., Yamaguchi, S., Yoshino, K., Hamada, T., Koriyama, M., Hayami, Y., (2014) Effect of nutrient concentration and salinity on diel vertical migration of Chattonella marina (raphidophyceae). Marine Biology Research 10:1007-1018

片野俊也,吉野健児,伊藤祐二,速水祐一(2013)有明海奥部の植物プランクトンの季節変化:特に夏季,冬季の有害赤潮と環境要因の関連について.沿岸海洋 51:53-64

Ito, Y., Katano, T., Fujii, N., Koriyama, M., Yoshino, K., Hayami, Y. (2013) Decreases in turbidity during neap tides initiate late winter blooms of Eucampia zodiacus in a macrotidal embayment. Journal of Oceanography 69:467-479

Katano, T., Yoshino, K., Matsubara, T., Hayami, Y. (2012) Wax and wane of Chattonella (raphidophyceae) bloom with special reference to competition between Skeletonema (bacillariophyceae) in the Ariake Sea, Japan. Journal of Oceanography 68:497-507

Katano, T., Yoshida, M., Yamaguchi, S., Hamada, T., Yoshino, K., Hayami, Y. (2011) Diel vertical migration and cell division of bloom-forming dinoflagellate Akashiwo sanguinea in the Ariake Sea, Japan. Plankton and Benthos Research 6:92-100

Katano, T., Yoshida, M., Lee, J., Han, M.-S., Hayami, Y. (2009) Fixation of Chattonella antiqua, and C. marina (Raphidophyceae) using Hepes-buffered paraformaldehyde and glutaraldehyde for flow cytometry and light microscopy. Phycologia 48:473-479

Katano, T, Nakano, S., Mitamura, O., Yoshida, H., Azumi, H., Matsuura, Y., Tanaka, Y., Maezono, H., Satoh, Y., Satoh, T., Sugiyama, Y., Watanabe, Y., Mimura, T., Akagashi, Y., Machida, H., Drucker, V. V., Han, M.-S., Kang, S.-H., Sugiyama, M. (2008) Abundance and pigment type composition of picocyanobacteria in Barguzin Bay, Lake Baikal. Limnology 9:105-114

Katano, T., Kaneda, A., Kanzaki, N., Obayashi, Y., Morimoto, A., Onitsuka, G., Yasuda, H., Mizutani, S., Kon, Y., Hata, K., Takeoka, H., Nakano, S. (2007) Distribution of prokaryotic picophytoplankton from Seto Inland Sea to Kuroshio region with special reference to Kyucho enumerated with a dual laser flow cytometer and a spectrofluorometer. Aquatic Microbial Ecology 46: 191-201

Katano, T., Nakano, S. (2006) Growth rates of Synechococcus types with different phycoerythrin composition estimated by dual-laser flow cytometry in relationship to the light environment in the Uwa Sea. Journal of Sea Research 55:182-190

Katano, T., Nakano, S., Ueno, H., Mitamura, O., Anbutsu, K., Kihira, M., Satoh, Y., Drucker, V., Sugiyama, M. (2005) Abundance, growth and grazing loss rates of picophytoplankton in Barguzin Bay, Lake Baikal. Aquatic Ecology 39:431-438

Katano, T., Kaneda, A., Takeoka, H., Nakano, S. (2005) Seasonal changes in abundance and composition of picophytoplankton in relation to occurrence of Kyucho and bottom intrusion in Uchiumi Bay, Japan. Marine Ecology Progress Series 298:59-67





著書


氏名

片野俊也 

読み

KATANO, Toshiya

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

研究室紹介

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~tkatan0/index.html

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。