研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 逸見真(2019-11-13)
 竹山優子(2019-11-13)
 遠藤英明(2019-11-08)
 松本 隆志(2019-11-06)
 和泉充(2019-11-05)
 寺原猛(2019-11-05)
 加藤豪司(2019-11-01)
 黒川久幸(2019-10-20)
 溝端浩平(2019-10-18)
 竹本孝弘(2019-10-17)
 李潤珠(2019-10-15)
 小暮修三(2019-10-15)
 尾張聡子(2019-10-15)
 鈴木徹(2019-10-11)
 内田洋子(2019-10-10)
 石田真巳(2019-10-09)
 谷和夫(2019-10-09)
 久田孝(2019-10-07)
 福田厳(2019-10-07)
 小山尚之(2019-10-04)
 牧田寛子(2019-10-03)
 森下丈二(2019-10-02)
 木船弘康(2019-10-01)
 三島 由夏(2019-10-01)
 地下大輔(2019-10-01)
 鶴哲郎(2019-09-30)
 橋濱史典(2019-09-30)
 村井康二(2019-09-30)
 田中祐志(2019-09-28)
 池谷毅(2019-09-27)
 舞田正志(2019-09-27)
 奥村保規(2019-09-27)
 廣野育生(2019-09-27)
 宮崎奈穂(2019-09-27)
 内田圭一(2019-09-27)
 下野孝一(2019-09-27)
 片野俊也(2019-09-27)
 壁谷尚樹(2019-09-27)
 高橋(田中)美穂(2019-09-27)
 小林征洋(2019-09-18)
 池田吉用(2019-09-17)
 鈴木秀和(2019-09-04)
 盛田元彰(2019-08-20)
 米田昇平(2019-07-18)
 鈴木直樹(2019-07-17)
 髙橋希元(2019-07-16)
 金岡京子(2019-07-03)
 中島主恵(2019-06-27)

氏名

加藤豪司 

読み

KATO,Goshi

役職

助教

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋生物資源学部門

担当科目

水族病理学
水族病理学実習

キーワード

魚病、ワクチン、免疫学

研究テーマ・活動内容

魚類の鰓上皮抗原取込細胞による抗原捕捉システムの解明と、それを利用したニードルフリーワクチンの開発

研究と関係するSDGs項目

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

科研費等研究テーマ

H26-H27年度 ヒラメ鰓抗原取り込み細胞の性状解析:浸漬ワクチン技術の理論的根拠を探る
H28-H30年度 魚類鰓抗原取り込み細胞の細胞生理学的研究:魚類独自の抗原捕捉システムの解明
H28-H29年度 魚類の鰓上皮抗原取り込み細胞を標的としたニードルフリーワクチンの開発
H30-32年度 魚類の鰓抗原取込細胞は抗原提示能を有するか

講演テーマ

Gill-epithelial antigen sampling cells in raibow trout. (Animal Health Innovation Asia, Nov., 2019)
「鰓」における魚類独自の抗原補足システム.(第2回若手科学者サミット,日本学術会議若手アカデミー若手科学者ネットワーク分科会,2017年6月)
加藤豪司.魚類独自の免疫機構を利用した新しい水産用ワクチン技術の開発.(第15回日本農学進歩賞受賞者講演,公益財団法人農学会,2016年11)
加藤豪司.防除が難しい魚類細菌感染症に対するワクチンの開発.(平成27年度日本水産学会学会賞受賞者講演,公益社団法人日本水産学会,2016年3月)
イミュノプロテオーム解析を用いたアユの細菌性冷水病に対するワクチン候補分子の探索.(第17回マリン倍テクノロジー学会シンポジウム「最近のアクアゲノム研究」,マリンバイオテクノロジー学会,2015年)
DNA vaccine against Nocardia seriolae infection in fish. (Taiwan-Japan Symposium on Emerging Trends in Aquatic Animal Immunity and Aquaculture Biotechnology, Feb., 2012)

特記事項


氏名

加藤豪司 

読み

KATO,Goshi

役職

助教

所属部門

海洋生物資源学部門

学歴

2006年3月 宇都宮大学農学部生物生産科学科 卒業
2008年3月 東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科博士前記過程修了
2011年3月 東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科博士後期過程修了 博士(海洋科学)

経歴

2011年4月 東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科 博士研究員
2012年4月 日本学術振興会特別研究員 独立行政法人水産総合研究センター増養殖研究所 
2014年5月 日本学術振興会特別研究員 Friedrich-Loeffler-Institut
2015年4月 東京海洋大学大学院 海洋生物資源学部門 助教

学位

博士(海洋科学)

学位論文

Mycobacterium bovis BCGにより誘導される魚類の免疫応答およびMycobacterium sp.に対する感染防御効果

所属学会と役職など

日本魚病学会 編集幹事
日本魚病学会 会計幹事
日本水産学会 編集幹事補佐
日本水産学会 若手の会 委員
マリンバイオテクノロジー学会

社会活動

受賞歴等

2016年3月 平成27年度 水産学奨励賞 日本水産学会
2016年11月 平成28年度 日本農学進歩賞 公益財団法人 農学会


氏名

加藤豪司 

読み

KATO,Goshi

役職

助教

所属部門

海洋生物資源学部門

主要論文

Chang W, Iida H. Chuah Q, Tanaka M, Kato G. Sano M. Persistence of cyprinid herpesvirus 2 in asymptomatic goldfish Carassius auratus (L.) that survived an experimental infection. Journal of Fish Diseases 42, 913-921, 2019.
Kato G, Kakazu T, Yamada M, Lau L, Nakajima K, Sato S, Nakanishi T, Endo M, Sano M. Granulomatous inflammation in ginbuna crucian carp Carassius auratus langsdorfii against Mycobacterium gordonae. Developmental and Comparative Immunology 91, 93-100, 2019.
Tanaka M, Dairiki K, Nakajima M, Kato G, Sakamoto T, Sano M. Inheritance of the resistant trait in goldfish against herpesviral hematopoietic necrosis. Fish Pathology 53, 117-123. 2018.
Kato G, Miyazawa H, Nakayama Y, Ikari Y, Kondo H, Yamaguchi T, Sano M, U Fischer. A novel antigen-sampling cell in the teleost gill epithelium with the potential for direct antigen presentation in mucosal tissue. Frontiers in Immunology 9, 2116, 2018.
Minami S, Suzuki K, Watanabe S, Sano M, Kato G. Maturation-associated changes in the non-specific immune response against Flavobacterium psychrophilum in Ayu Plecoglossus altivelis. Fish and Shellfish Immunology 76, 167-173, 2018.
Khoa HV, Midorikawa Y, Uchino T, Nakai T, Kato G, Kondo H, Hirono I, Labaiden M, Direkbusarakom S, Sano M. Complete genome sequence of lytic giant bacteriophage pt24 infecting Tenacibaculum sp. isolated from shrimp culture pond. Genome Announcement 5, e00081-17, 2017.
Nanjo A, Shibata T, Saito M, Yoshii K, Tanaka M, Nakanishi T, Fukuda H, Sakamoto T, Kato G, Sano M. Susceptibility of isogeneic ginbuna Carassius auratus langsdorfii Temminck et Schlegel to cyprinid herpesvirus-2 (CyHV-2) as a model species. Journal of Fish Disease 40, 157-168, 2017.
Nanjo A, Shibata T, Yoshii K, Shibata Y, Nakanishi T, Tanaka M, Kato G, Sano M. Passive immunisation of goldfish with the serum of those surviving a cyprinid herpesvirus 2 infection after high temperature water treatment. Bulletin European Association of Fish Pathologists 37, 58-65, 2017.
Kato G, Takano T, Nishiki I, Kai W, Yasuike M, Nakamura Y, Fujiwara A, Sakai T, Matsuyama T, Nakayasu C. Expressed sequence tag analyses of three leukocyte subpopulations in ayu Plecoglossus altivelis altivelis, separated by monoclonal antibodies. Marine Genomics 23, 123-132, 2015.
Takano T, Mizuno Y, Fukuda Y, Matsuyama T, Sakai T, Kato G, Nakayasu C. Therapeutic Efficacy of Oral Administration of Fosfomycin on Experimentally Induced Edwardsiellosis in Japanese Flounder. Fish Pathology 50, 123-126, 2015.
Granja AG, Leal E, Pignatelli J, Castro R, Abós B, Kato G, Fischer U, Tafalla C. Identification of teleost skin CD8α+ dendritic-like cells, representing a potential common ancestor for mammalian cross-presenting dendritic cells. Journal of Immunology 195, 1825-37, 2015.
Kato G, Yamashita K, Kondo H, Hirono I. Protective efficacy and immune responses induced by a DNA vaccine encoding codon-optimized PPA1 against Photobacterium damselae subsp. piscicida in Japanese flounder. Vaccine 33, 1040-1045, 2015.
Kato G, Takano T, Sakai T, Matsuyama T, Sano N, Nakayasu C. Cloning and expression analyses of a unique IgT in ayu Plecoglossus altivelis. Fisheries Science 81, 29-36, 2015.
Kato G, Suzuki K, Sakai T, Kawakami M, Takano T, Matsuyama T, Nakayasu C. The role of a specific antibody against Flavobacterium psychrophilum infection in ayu sweetfish, Plecoglossus altivelis altivelis (Temminck & Schlegel, 1846). Journal of Fish Diseases 38, 107-112, 2015.
Kato G, Kato K, Jirapongpairoj W, Kondo H, Hirono I. Development of DNA vaccines against Nocardia seriolae infection in fish. Fish Pathology 49, 165-172, 2014.
Kato G, Sakai T, Suzuki K, Sano N, Takano T, Matsuyama T, Nakayasu C. Protective efficacies and immune responses induced by recombinant HCD, atpD, and gdhA against bacterial cold-water disease in ayu (Plecoglossus altivelis). Fish and Shellfish Immunology 39, 396-400, 2014.
Kato G, Sakai T, Suzuki K, Yamaguchi K , Takano T, Matsuyama T, Nakayasu C. Antigenic proteins of Flavobacterium psychrophilum recognized by ayu Plecoglossus altivelis antisera. Diseases of Aquatic Organisms 108, 103-112, 2014.
Kato G, Takano T, Sakai T, Matsuyama T, Nakayasu C. Vibrio anguillarum bacterin uptake via the gills of Japanese flounder and subsequent immune responses. Fish and Shellfish Immunology 35, 1591-1597, 2013.
Kato G, Goto K, Akune I, Aoka S, Kondo H, Hirono I. CD4 and CD8 homologues in Japanese flounder, Paralichthys olivaceus: Differences in the expressions and localizations of CD4-1, CD4-2, CD8α and CD8β. Developmental and Comparative Immunology 39, 293-301, 2013.
Kato G, Kondo H, Aoki T, Hirono I. Mycobacterium bovis BCG vaccine induces non-specific immune responses in Japanese flounder against Nocardia seriolae. Fish and Shellfish Immunology 33, 243-250, 2012.
Nakajima N, Kijima M, Kawanishi M, Katou G, Futami K, Katagiri T, Endo M, Maita M. Analysis of immune response in yellowtail upon vaccination with a bivalent vaccine of Vibrio anguillarum and Lactococcus garvieae. Fish pathology 47, 12-19, 2012.
Ohtani M, Hikima J, Hwang SD, Morita T, Suzuki Y, Kato G, Kondo H, Hirono I, Jung TS, Aoki T. Transcriptional regulation of type I interferon gene expression by interferon regulatory factor-3 in Japanese flounder, Paralichthys olivaceus. Developmental and Comparative Immunology 36, 697-706, 2012.
Kato G, Kondo H, Aok I T, Hirono I. A Novel immune-related gene, microtubule aggregate protein homologue, is up-regulated during IFN-γ-related immune responses in Japanese flounder Paralichthys olivaceus. Developmental and Comparative Immunology 36, 349-358, 2012.
Kato G, Kondo H, Aoki T, Hirono I. Studies on the development of a vaccine against Mycobacterium sp. in: Bondad-Reantaso MG, Jones JB, Corsin F, Aoki T. (eds.). Proceedings of the Diseases in Asian Aquaculture VII, Fish Health Section, Asian Fisheries Society, Selangor, Malaysia, pp209-220, 2011.
Kato G, Kato K, Saito K, Pe Y, Kondo H, Aoki T, Hirono I. Vaccine efficacy of Mycobacterium bovis BCG against Mycobacterium sp. infection in amberjack Seriola dumerili. Fish and Shellfish Immunology 30, 467-472, 2011.
Kato G, Kondo H, Aoki T, Hirono I. BCG vaccine confers adaptive immunity against Mycobacterium sp. infection in fish. Developmental and Comparative Immunology 34, 133-140, 2010.

著書


氏名

加藤豪司 

読み

KATO,Goshi

役職

助教

所属部門

海洋生物資源学部門

研究室紹介

 水族病理学研究室では、魚介類の病気(ウイルス病・細菌病・寄生虫病)に関連した研究を行っています。病原体の特性解明、ワクチン開発や効率良く病原体を分離するための新規培養系の確立、また、宿主の粘膜免疫系等の免疫機構や耐病性機構の解明など、病原体と宿主の両面からのアプローチによる新たな技術開発を通じて、病気による被害の軽減を目指しています。

卒研希望者等へのメッセージ

 私は大学院生の頃から魚類のワクチン研究に興味を持ち、以来、魚病学や魚類免疫学に関する研究を続けています。ワクチン開発などの応用研究を行う一方で、比較免疫学や進化免疫学といった基礎研究も行えるのが水産学分野の魅力です。学生の皆さんとともに、基礎・応用に縛られない水産学研究を進めていきたいと思っています。

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。