研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 麻生敏正(2020-07-07)
 小林征洋(2020-06-30)
 松本 隆志(2020-06-25)
 釜田和利(2020-06-23)
 中井拳吾(2020-06-19)
 鶴哲郎(2020-06-14)
 若松美保子(2020-06-04)
 溝端浩平(2020-06-03)
 石田真巳(2020-05-29)
 谷和夫(2020-05-27)
 黒瀬光一(2020-05-21)
 遠藤英明(2020-05-21)
 下野孝一(2020-04-15)
 神尾道也(2020-04-08)
 坂本崇(2020-04-07)
 逸見真(2020-04-07)
 廣野育生(2020-04-06)
 藤正明(2020-03-03)
 岡崎恵美子(2020-02-24)
 岡崎忠胤(2020-02-18)
 神谷充伸(2020-02-07)
 村瀬 弘人(2020-01-28)
 竹内俊郎(2020-01-15)

氏名

小林征洋 

読み

KOBAYASHI,Yukihiro

役職

助教

TEL・FAX

03-5463-0643

E−mail

yukihiro@kaiyodai.ac.jp (小文字にして下さい)
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

食品生産科学部門

担当科目

食品化学基礎実験
化学実験
食品生産科学入門実験
食品化学実験
食品流通安全管理論
情報リテラシー

キーワード

アレルゲン

研究テーマ・活動内容

魚類アレルゲンの性状解明

研究と関係するSDGs項目

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

小林征洋 

読み

KOBAYASHI,Yukihiro

役職

助教

所属部門

食品生産科学部門

学歴

平成15年3月
東京水産大学 水産学部
食品生産学科 卒業

平成17年3月
東京海洋大学大学院 水産学研究科
食品生産学専攻 博士前期課程 修了

平成20年3月
東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科
応用生命科学専攻 博士後期課程 修了

経歴

平成20年4月
神奈川県衛生研究所 理化学部
薬事毒性・食品機能グループ
技師・任期付研究員 奉職

平成22年12月
東京海洋大学大学院
海洋科学技術研究科
食品流通安全管理専攻
助教

平成24年4月
現職(海洋生物資源学科→食品生産科学科)

学位

学士(水産学)
修士(水産学)
博士(海洋科学)

学位論文

修士学位論文:アニサキス新規アレルゲンの精製およびcDNAクローニング

博士学位論文:Identification, expression and characterization of allergens from the fish parasite Anisakis simplex

所属学会と役職など

日本アレルギー学会 日本食品衛生学会 日本小児アレルギー学会 日本フードサービス学会

社会活動

受賞歴等


氏名

小林征洋 

読み

KOBAYASHI,Yukihiro

役職

助教

所属部門

食品生産科学部門

主要論文

・魚類アレルゲン
Kobayashi Y, Kuriyam T, Nakagawar R, Aihar M, Hamada-Sato N.
Allergy to fish collagen: thermostability of collagen and IgE reactivity of patients' sera with extracts of 11 species of bony and cartilaginous fish. Allergology international. 2016;65:450-458.

Kobayashi Y, Akiyama H, Huge J, Kubota H, Chikazawa S, Satoh T, Miyake T, Uhara H, Okuyama R, Nakagawara R, Aihara M, Hamada-Sato N.
Fish collagen is an important panallergen in the Japanese population.
Allergy. 2016;71:720–723.

Kobayashi A, Kobayashi Y, Shiomi K.
Fish allergy in patients with parvalbumin-specific immunoglobulin E depends on parvalbumin content rather than molecular differences in the protein among fish.
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 2016;80:2018-21.


・アニサキスアレルゲン
Kobayashi Y, Ohsaki K, Ikeda K, Kakemoto K, Ishizaki S, Shimakura K, Nagashima Y, Shiomi K.
Identification of novel three allergens from Anisakis simplex by chemiluminescent immunoscreening of an expression cDNA library.
Parasitology International. 2011;60(2):144-150.

Kobayashi Y, Ikeda K, Shiomi K.
Elucidation of IgE-binding epitopes of Ani s 1, the major Anisakis simplex allergen.
Molecular and Biochemical Parasitology.
2010;174(2):128-131.

Kobayashi Y, Shimakura K, Ishizaki S, Nagashima Y, Shiomi K.
Purification and cDNA cloning of a new heat-stable allergen from Anisakis simplex.
Molecular and Biochemical Parasitology.
2007;155(2):138-145.


・機能性食品
Kobayashi Y, Hiroi T, Araki M, Hirokawa T, Miyazawa M, Aoki N, Kojima T, Ohsawa T.
Facilitative effects of Eucommia ulmoides on fatty acid oxidation in hypertriglyceridaemic rats.
Journal of the Science of Food and Agriculture. 2012;92(2):358-365.

Kobayashi Y, Miyazawa M, Kamei A, Abe K, Kojima T.
Ameliorative effects of mulberry (Morus alba L.) leaves on hyperlipidemia in rats fed a high-fat diet: induction of fatty acid oxidation, inhibition of lipogenesis and suppression of oxidative stress.
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 2010;74(12):2385-2395.


その他の論文
https://tumsatdb.kaiyodai.ac.jp/html/100000476_ja.html

著書


氏名

小林征洋 

読み

KOBAYASHI,Yukihiro

役職

助教

所属部門

食品生産科学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。