研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 岡崎 忠胤(2018-06-18)
 小暮 修三(2018-06-17)
 小林 征洋(2018-06-14)
 下野 孝一(2018-06-02)
 坂本 崇(2018-05-31)
 鈴木 秀和(2018-05-25)
 呉海云(2018-05-22)
 金岡 京子(2018-05-16)
 遠藤 英明(2018-05-11)
 髙橋希元(2018-05-09)
 中東 和夫(2018-04-27)
 茂木康平(2018-04-23)
 大河内 美香(2018-04-20)
 萩原 優騎(2018-04-12)
 石田 真巳(2018-04-06)
 逸見 真(2018-04-02)
 東海  正(2018-03-21)
 藤野 俊和(2018-03-18)
 横田 賢史(2018-03-13)
 下島 公紀(2018-03-07)
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)

氏名

中村 玄 

読み

NAKAMURA,Gen

役職

助教

TEL・FAX

03-5463-0815

E−mail

gnakam1アットkaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~gnakam1/index.html

所属部門

海洋環境科学部門

担当科目

鯨類海産哺乳類学(分担)、海洋資源生態学(分担)

キーワード

大型鯨類・ヒゲクジラ類・骨格

研究テーマ・活動内容

自己アピール

鯨類は我々と同じ哺乳類でありながら、進化の過程で海洋への進出し、現在では完全に水棲適応しています。陸上から水中へと、極めて異なる生活環境に適応するため、体の構造を大きく変化させ、陸上哺乳類と比較すると体の構造は極めて特殊といえます。

生物の形には必ず何ならかの意味があり、形からその生き物の生態(生きざま)を明らかにすることを目的に研究をおこなっています。主要研究対象のナガスクジラ科鯨類は史上最大の動物であるシロナガスクジラをはじめ8種類ほどが属しています。ナガスクジラ科鯨類では体の特徴は極めてよく似ていますが、体の大きさや餌の種類などは多様です。
私はナガスクジラ科鯨類最小種であるミンククジラの骨格形態を中心に、基礎的情報の拡充をし、それらをシロナガスクジラなどの多種と比較をすることで、鯨類の分化過程の解明や、鯨類がなぜこれほどまでに巨大化したのかという謎に迫りたいと考えております。

世界的にみても博物館等で収蔵されているヒゲクジラ亜目に属する鯨類の骨格標本は少なく、研究をおこなううえでは十分とは言えません。私は日本が実施している鯨類捕獲調査においてサンプリングさせて頂くことで、100個体を超える標本のデータを取ることができました(これまでの研究は多くても十数個体程度を対象にしたものでした)。これらのデータを基に、これまで人類が知りえなかった鯨類の基礎生物学的情報の充実を図ってゆきたいと考えております。

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

中村 玄 

読み

NAKAMURA,Gen

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

生年月日

学歴

経歴

学位

学位論文

所属学会と役職など

社会活動

受賞歴等


氏名

中村 玄 

読み

NAKAMURA,Gen

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

主要論文

著書


氏名

中村 玄 

読み

NAKAMURA,Gen

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。