研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 牧田寛子(2018-10-16)
 松本 隆志(2018-10-11)
 盛田元彰(2018-10-09)
 遠藤英明(2018-09-21)
 逸見真(2018-09-19)
 金岡京子(2018-09-18)
 バスティレイラ(2018-08-10)
 鈴木秀和(2018-08-07)
 田中祐志(2018-08-01)
 石田真巳(2018-07-20)
 佐々木剛(2018-07-17)
 山崎秀勝(2018-07-11)
 長阪玲子(2018-07-10)
 中村玄(2018-07-05)
 谷和夫(2018-06-28)
 任恵峰(2018-06-26)
 鶴哲郎(2018-06-26)
 宮本佳則(2018-06-26)
 下野孝一(2018-06-25)
 川合美千代(2018-06-25)
 神谷充伸(2018-06-25)
 上村豊(2018-06-25)
 岡井公彦(2018-06-25)
 岡崎忠胤(2018-06-18)
 小暮修三(2018-06-17)
 小林征洋(2018-06-14)
 坂本崇(2018-05-31)
 呉海云(2018-05-22)
 髙橋希元(2018-05-09)
 中東和夫(2018-04-27)

氏名

根本雅生 

読み

NEMOTO, Masao

役職

教授

TEL・FAX

E−mail

nemoto@kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋環境科学部門

担当科目

(学部)海洋科学入門Ⅰ,資源情報解析学,環境システム学,海洋リモートセンシング,海洋情報解析学演習,海洋環境学実習Ⅲ,セミナー,卒業論文,情報リテラシー,フレッシュマンセミナー
(大学院)環境情報解析学,環境システム科学特別演習,環境システム科学特別研究,
     海洋情報解析学特論,環境保全システム学合同セミナー,環境保全システム学特別研究

キーワード

漁場形成,漁獲特性,漁場環境,浮魚資源,漁海況情報

研究テーマ・活動内容

1水産資源の漁獲動向および漁場形成機構解明に関する研究
 わが国の漁業生産の対象となる浮魚資源の漁獲動向および漁場形成と海洋環境との関係について研究を行なっている。

2 定置網漁場における漁獲特性に関する研究
 定置網漁場をとりまく海域を研究対象として,その漁場の漁獲特性,来遊状況と海洋環境との関係について研究を行なっている。

自己アピール

資源情報を中心として,漁海況情報の現状,主要資源の分布,回遊,漁期・漁場,各種情報の収集および処理・解析手法について講義を行っている。全体像を把握させるために、ビデオ教材を活用している。学外では、各種委員会委員,海外からの研修生に対して近海かつお一本釣,海外まき網漁業に関する講義を行っている。卒業研究等の指導においては、学生の興味を持ったテーマを選定するように努力し、学生個々の自主的な姿勢を重んじている。また、セミナーにおいては、5分間スピーチを実施し、自己の考えを相手に伝えることの大切さを身につけさせるとともに、それをもとに討論を行っている。

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

根本雅生 

読み

NEMOTO, Masao

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

生年月日

1960年3月18日

学歴

東京水産大学水産学部漁業生産学科 1983年3月卒業
東京水産大学大学院水産学研究科修士課程漁業学専攻 1985年3月修了
東京大学大学院農学系研究科博士課程水産学専攻 1989年10月中途退学



経歴

学位

博士(農学)(東京大学 1996年)

学位論文

相模湾西湘地区定置網漁場の漁場特性に関する研究

所属学会と役職など

日本水産学会(編集校正担当:1990〜1993,編集幹事:1994〜1995,庶務幹事:2001〜2002),水産海洋学会(事業委員会委員:1997〜1998,選挙管理委員会委員:1999〜2000,常任幹事:2001〜2004,総務委員会委員:2001〜2004)

社会活動

受賞歴等


氏名

根本雅生 

読み

NEMOTO, Masao

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

主要論文

1「Nitrogen and phosphorus budgets in the south-western part of Tokyo Bay.」Y.Murai,M.Nemoto,H.Nagashima Journal of Tokyo University of Fisheries,89,15〜24(2003)

2「Availability of fisheries information in Japan, the stick-held dip net for Pacific saury.」M.Nemoto,T.Arimoto,K.Namiki 他1名 Proceedings of the 4th JSPS International Seminar on Fisheries Science in Tropical Area,88〜90(2001)

3「On the comparison between XCTD and CTD data.」J.Yoshida,H.Nagashima,M.Nemoto 他4名 Proceedings of the 4th JSPS International Seminar on Fisheries Science in Tropical Area,79〜82(2001)

4「神奈川県三浦地区定置網漁場の漁獲特性に関する統計的研究」三井田史親,根本雅生,竹内正一 東京水産大学研究報告,86(2),55〜67(1999)

5「西部太平洋におけるかつお・まぐろまき網漁場の持続期間」根本雅生,金 炯碩,毛利雅彦 他1名 東京水産大学研究報告,85(2),109〜120(1998)

著書


氏名

根本雅生 

読み

NEMOTO, Masao

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋環境科学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。