研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 岡崎 忠胤(2018-06-18)
 小暮 修三(2018-06-17)
 小林 征洋(2018-06-14)
 下野 孝一(2018-06-02)
 坂本 崇(2018-05-31)
 鈴木 秀和(2018-05-25)
 呉海云(2018-05-22)
 金岡 京子(2018-05-16)
 遠藤 英明(2018-05-11)
 髙橋希元(2018-05-09)
 中東 和夫(2018-04-27)
 茂木康平(2018-04-23)
 大河内 美香(2018-04-20)
 萩原 優騎(2018-04-12)
 石田 真巳(2018-04-06)
 逸見 真(2018-04-02)
 東海  正(2018-03-21)
 藤野 俊和(2018-03-18)
 横田 賢史(2018-03-13)
 下島 公紀(2018-03-07)
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)

氏名

大貫 等 

読み

OHNUKI,Hitoshi

役職

教授

TEL・FAX

E−mail

ohnuki@kaiyodai.ac.jp @を半角の@にしてください。
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~ohnuki/140626/index.html

所属部門

海洋電子機械工学部門

担当科目

・力学
・物理学演習
・物理学実験
・先端材料物性学(和泉教授との共同授業)

キーワード

バイオセンサ、電気化学インピーダンス法、単分子トンネル接合、有機薄膜トランジスタ、電気伝導特性、低次元伝導体、ラングミュア・ブロジェット法、自己組織化膜 

研究テーマ・活動内容

【専門分野】
固体物理、有機薄膜、有機電気伝導体

【研究概要・テーマ】
・微細加工電極を用いた新規なバイオセンサの開発(アンペロメトリー法およびインピーダンス法)。
・有機超薄膜を用いた電界効果トランジスタおよび単分子デバイスの開発。
・高い電気伝導特性を示す有機超薄膜の開発。
・自己組織化法による表面改質。

自己アピール

様々な有機超薄膜の作製法を駆使して、デバイスの開発を行っています。特に現在は、生体分子を薄膜内に固定化し、バイオセンサや単分子デバイスの作製を行っています。

技術相談対応分野

・バイオセンサ開発(アンペロメトリー法およびインピーダンス法によるもの)。
・有機薄膜作製、特にラングミュア・ブロジェット法および自己組織化法。
・有機超薄膜の評価方法、特にX線回折、微小電気伝導度測定、赤外吸収スペクトル、光電子分光 など。

共同研究の希望課題

・機能性生体分子を用いた新規デバイスの開発。
・ラングミュア・ブロジェット法および自己組織化法を用いた電子デバイスやセンサー開発など。

共同利用可能な設備

・ラングミュア・ブロジェット成膜装置
・フーリエ変換赤外分光装置
・電気化学アナライザー

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

大貫 等 

読み

OHNUKI,Hitoshi

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋電子機械工学部門

生年月日

学歴

経歴

学位

学位論文

所属学会と役職など

社会活動

受賞歴等


氏名

大貫 等 

読み

OHNUKI,Hitoshi

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋電子機械工学部門

主要論文

- Formation of spontaneous charge-transfer salt in the molecular system of EDT-TTF and long alkyl-chained sulfonic acid.
H. Ohnuki, M. Suzuki, Y. Ishizaki, T. Imakubo, T. Ida, M. Izumi
Synthetic Metals, 137, 927-928 (2003).

- Effect of UV irradiation on conducting LB films of BEDO-TTF and stearic acid.
Y. Ishizaki, T. Ida, V.M. Yartsev, H. Ohnuki, T. Imakubo, M. Izumi
Synthetic Metals, 137, 925-926 (2003).

- Absorbance of UV-irradiated BO-SA LB films.
V.M. Yartsev, Y. Ishizaki, H. Ohnuki, T. Imakubo, M. Izumi
Synthetic Metals, 137, 867-868 (2003).

- Structural, thermal, and magnetic properties of three transition metal-4,4'-bipyridine coordination polymers: [Ni(4,4'-bipy)3(H2O)2](ClO4)2・1.4(4,4'-bipy)・3(H2O); [Co(4,4'-bipy)3(H2O)2](ClO4)2・1.4(4,4'-bipy)・3(H2O); [Cu(4,4'-bipy)3(DMSO)2](ClO4)2・2(4,4'-bipy).
Jonathan D. Woodward, Renal Backov, Khalil A. Abboud, Hitoshi Ohnuki, Mark W. Meisel and Daniel R. Talham
Polyhedron 22, 2821-2830 (2003).

- Crystal design of organic conductors using the iodine bond.
T. Imakubo, N. Tajima, T. Shirahata, A. Miyake, H. Sawa, T. Nakamura, H. Ohnuki, M. Tamura, R. Kato, M. Izumi, Y. Nishio, K. Kajita
Synthetic Metals 135-136, 601-602 (2003).

- Two-dimensional electronic system and weak localization of the conducting LB films of BO and fatty acid.
Y. Ishizaki, M. Suzuki, H. Ohnuki, T. Imakubo and M. Izumi
Synthetic Metals 133-134, 669-670 (2003).

- Metallic Langmuir and Langmuir-Blodgett films besed on TTF derivatives and fatty acid.
H. Ohnuki, Y. Ishizaki, M. Suzuki, B. Desbat, P. Delhaes, M. Giffard, T. Imakubo, G. Mabon, and M. Izumi
Materials Scieince and Engineering C 22, 227-232 (2002).

- Two-dimensional electronic system and weak localization of the conducting LB films of BO and fatty acid.
Y. Ishizaki, M. Suzuki, H. Ohnuki, T. Imakubo and M. Izumi
Mol. Cryst. Liq. Cryst. 376, 263-268 (2002).

- Observation of two-dimensional weak localization as a sign of coherent carrier transport in the conducting Langmuir-Blodgett films of BEDO-TTF and stearic acid.
Yasuo Ishizaki, Mitsuru Izumi, Hitoshi Ohnuki, Tatsuro Imakubo, and Krystyna Kalita-Lipinska
Colloids and Surfaces A: Physicochem. Eng. Aspects 198-200, 723-728 (2002).

- ) Magnetic Phase Diagram of the Quasi-2D Mixed Metal Phenylphosphonates.
G.E. Fanucci, J.T. Culp, B.C. Watson, A.N. Morgan, R. Backov, H. Ohnuki, M.W.
Meisel and D.R. Talham
J. Solid State Chem. 159, 362-370 (2001).

- Formation of Two-Dimensional Electronic System and Weak Localization in Conducting Langmuir-Blodgett Film of BEDO-TTF and Stearic acid.
Y. Ishizaki, M. Suzuki, H. Ohnuki, T.Imakubo and M. Izumi.
Materials Research Society Proceedings 660, JJ8.28.1-JJ8.28.5 (2001).

- Layered Mixed-Metal Phenylphosphonates, MnxCo1-x(O 3PC6H5).H2O: Structure and Magnetic Properties.
J. T. Culp, G.E. Fanucci, B. C. Watson, A. N. Morgan, R. Backov, H. Ohnuki, M.W. Meisel, and D.R. Talham
Journal of Solid State Chemistry 159, 362-370 (2001).

- Formation of metallic Langmuir film on the water surface with fatty acid and BEDO-TTF molecules.
Hitoshi Ohnuki, Bernard Desbat, Michel Giffard, Mitsuru Izumi , Tatsuro Imakubo,
Gilles Mabon, and Pierre Delhaes
Journal of Physical Chemistry B 105, 4921-4927 (2001).

- The mechanism of charge transfer salt formation in the LB films of BEDO-TTF
and fatty acid .
Hitoshi Ohnuki, Bernard Desbat, Michel Giffard, Mitsuru Izumi , Tatsuro Imakubo,
Gilles Mabon, and Pierre Delhaes
Synthetic Metals 120, 889-890 (2001).

- Formation of two-dimensional weak localization in conducting Langmuir-Blodgett films.
Yasuo Ishizaki, Mitsuru Izumi, Hitoshi Ohnuki, Krystyna Kalita-Lipinska, Tatsuro Imakubo, and Keiji Kobayashi
Physical Review B63, 134201-5 (2001).

著書


氏名

大貫 等 

読み

OHNUKI,Hitoshi

役職

教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋電子機械工学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。