研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 呉海云(2019-11-14)
 逸見真(2019-11-13)
 竹山優子(2019-11-13)
 遠藤英明(2019-11-08)
 松本 隆志(2019-11-06)
 和泉充(2019-11-05)
 寺原猛(2019-11-05)
 加藤豪司(2019-11-01)
 黒川久幸(2019-10-20)
 溝端浩平(2019-10-18)
 竹本孝弘(2019-10-17)
 李潤珠(2019-10-15)
 小暮修三(2019-10-15)
 尾張聡子(2019-10-15)
 鈴木徹(2019-10-11)
 内田洋子(2019-10-10)
 石田真巳(2019-10-09)
 谷和夫(2019-10-09)
 久田孝(2019-10-07)
 福田厳(2019-10-07)
 小山尚之(2019-10-04)
 牧田寛子(2019-10-03)
 森下丈二(2019-10-02)
 木船弘康(2019-10-01)
 三島 由夏(2019-10-01)
 地下大輔(2019-10-01)
 鶴哲郎(2019-09-30)
 橋濱史典(2019-09-30)
 村井康二(2019-09-30)
 田中祐志(2019-09-28)
 池谷毅(2019-09-27)
 舞田正志(2019-09-27)
 奥村保規(2019-09-27)
 廣野育生(2019-09-27)
 宮崎奈穂(2019-09-27)
 内田圭一(2019-09-27)
 下野孝一(2019-09-27)
 片野俊也(2019-09-27)
 壁谷尚樹(2019-09-27)
 高橋(田中)美穂(2019-09-27)
 小林征洋(2019-09-18)
 池田吉用(2019-09-17)
 鈴木秀和(2019-09-04)
 盛田元彰(2019-08-20)
 米田昇平(2019-07-18)
 鈴木直樹(2019-07-17)
 髙橋希元(2019-07-16)
 金岡京子(2019-07-03)
 中島主恵(2019-06-27)

氏名

髙橋希元 

読み

TAKAHASHI,Kigen

役職

助教

TEL・FAX

E−mail

kigen(at)kaiyodai.ac.jp, (at)を@に変更してください。
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~ktakah3/

所属部門

食品生産科学部門, 食品物性学研究室

担当科目

キーワード

水産食品, 食品物性,テクスチャー,水産加工, 食品加工学, 熟成魚,日本料理の科学,調理学,すり身, 練り製品, ゼラチン, コラーゲン, アミノ酸, 鮮度, 刺身,魚肉タンパク質

研究テーマ・活動内容

水産食品に関する研究について,歯ごたえなどのテクスチャーと美味しさの関係や新たな加工方法の開発を中心に行っています。

研究と関係するSDGs項目

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

髙橋希元 

読み

TAKAHASHI,Kigen

役職

助教

所属部門

食品生産科学部門, 食品物性学研究室

学歴

経歴

学位

博士(海洋科学)

学位論文

所属学会と役職など

日本水産学会, 日本食品科学工学会, 日本調理科学会

社会活動

受賞歴等

平成30年度日本水産学会水産学奨励賞
平成27年度岩手県三陸海域研究論文知事表彰特別賞


氏名

髙橋希元 

読み

TAKAHASHI,Kigen

役職

助教

所属部門

食品生産科学部門, 食品物性学研究室

主要論文

2019年
Chen, C., Takahashi, K., Geonzon, L., Okazaki, E., Osako, K. (2019). Texture enhancement of salted Alaska pollock (Theragra chalcogramma) roe using microbial transglutaminase. Food chemistry, in press.

Geng, J. T., Takahashi, K., Kaido, T., Kasukawa, M., Okazaki, E., & Osako, K. (2019). Relationship among pH, generation of free amino acids, and Maillard browning of dried Japanese common squid Todarodes pacificus meat. Food chemistry, 283, 324-330.

Moniruzzaman, S. M., Takahashi, K., Okazaki, E., & Osako, K. (2019). Characterization of acid- and pepsin-soluble collagen extracted from scales of carp and lizardfish caught in Japan, Bangladesh and Vietnam with a focus on thermostability. Food Science and Technology Research, 25, 331-340.

吉田優花, 五十嵐史子, 高橋希元, 大迫一史, 永井宏史. (2019). カミクラゲの有するキュウリ様匂い物質の同定. 日本水産学会誌, 85(1), 73-75.

2018年
Geng, J., Takahashi, K., Kaido, T., Kasukawa, M., Okazaki, E., & Osako, K. (2018). The effect of organic salts on the browning of dried squid products processed by air-drying. Food Chemistry, 269, 212-219.

Le, T., Maki, H., Okazaki, E., Osako, K., Takahashi, K. (2018). Influence of various phenolic compounds on properties of gelatin film prepared from horse mackerel Trachurus japonicus scales. Journal of Food Science, 83, 1888-1895.

渋谷緑, 髙橋希元, 中西聖代, 秋元健夫, 岡﨑惠美子, & 大迫一史. (2018). 漁獲後輸送方法の違いが茹でズワイガニ Chionoecetes opilio 筋肉の品質に及ぼす影響. 日本水産学会誌, in press

齋藤俊樹, 髙橋希元, 天野かよ, 岡﨑惠美子, & 大迫一史. (2018). アルギン酸-ヨシキリザメ Prionace glauca 肉複合ゲルの性状. 日本食品工学会誌, 19(1), 43-47.

伊藤大輔, 髙橋希元, 渋谷緑, 岡﨑惠美子, 齋藤洋昭, & 大迫一史. (2018). ボラ Mugil cephalus 卵脂質中のワックスエステルが脂質酸化に及ぼす影響. 日本冷凍空調学会論文集= Transactions of the Japan Society of Refrigerating and Air Conditioning Engineers, 35(1), 1-9.

天野かよ, 髙橋希元, 岡﨑惠美子, & 大迫一史. (2018). プロテアーゼ阻害剤を用いたツノナシオキアミ Euphausia pacifica タンパク質回収中の自己消化抑制および回収物の加熱ゲル形成能改善. 日本水産学会誌, 84(2), 261-268.

2017年
髙橋希元, 黒瀬光一, 岡﨑惠美子, 大迫 一史. (2017). アルカリ塩水晒しによるアカアマダイ Branchiostegus japonicus 筋肉加熱ゲル形成能の改善. 日本水産学会誌, 83(5), 777-784.

武縄俊彦, 髙橋希元, 岡﨑惠美子, 渋谷緑, & 大迫一史. (2017). オボアルブミンがスケトウダラすり身のゲル形成能に及ぼす影響. 日本冷凍空調学会論文集= Transactions of the Japan Society of Refrigerating and Air Conditioning Engineers, 34(3), 155-165.

Geng, J. T., Kaido, T., Kasukawa, M., Takahashi, K., Okazaki, E., & Osako, K. (2017). The influence of proteases on the browning of dried squid products processed by air-drying. Food Research International, 97, 231-239.

天野かよ, 髙橋希元, 岡﨑惠美子, & 大迫一史. (2017). 塩溶解性を利用したツノナシオキアミ Euphausia pacifica タンパク質の回収およびその加熱ゲル形成能. 日本水産学会誌, 83(2), 207-214.

岡崎樂, 髙橋希元, 天野かよ, 岡田涼汰, 遠藤雅人, 岡﨑惠美子, & 大迫一史. (2017). 食品添加物を用いた等電点利用分画法によるツノナシオキアミ Euphausia pacifica タンパク質の回収. 日本水産学会誌, 83(1), 52-58.

2016年
Takahashi, K., Kurose, K., Okazaki, E., & Osako, K. (2016). Effect of various protease inhibitors on heat-induced myofibrillar protein degradation and gel-forming ability of red tilefish (Branchiostegus japonicus) meat. LWT-Food Science and Technology, 68, 717-723.

2015年
Limpisophon, K., Iguchi, H., Tanaka, M., Suzuki, T., Okazaki, E., Saito, T., Takahashi, K., & Osako, K. (2015). Cryoprotective effect of gelatin hydrolysate from shark skin on denaturation of frozen surimi compared with that from bovine skin. Fisheries Science, 81(2), 383-392.

Le, T., Maki, H., Takahashi, K., Okazaki, E., & Osako, K. (2015). Properties of gelatin film from horse mackerel (Trachurus japonicus) scale. Journal of Food Science, 80(4), E734-E741.

齋藤俊樹, 高橋希元, 岡﨑惠美子, & 大迫一史. (2015). ヨシキリザメ Prionace glauca 筋肉の酢じめかまぼこ原料適性. 日本食品工学会誌, 16(3), 201-208.

髙橋希元, 板倉もね, 雨宮弘和, 岡﨑惠美子, & 大迫一史. (2015). 卵白がホッコクアカエビ Pandalus eous 筋肉の加熱ゲル形成能に及ぼす影響. 日本水産学会誌, 81(6), 987-994.

伊藤大輔, 高橋希元, 岡﨑惠美子, 齋藤洋昭, & 大迫一史. (2015). からすみの製造工程におけるボラ卵の脂質性状の変化. 日本水産学会誌, 81(1), 115-123.

2014年
髙橋希元, 雨宮弘和, 田中宗彦, 岡﨑惠美子, & 大迫一史. (2014). ホッコクアカエビ Pandalus eous に含まれる内在性プロテアーゼが加熱ゲル形成能に及ぼす影響. 日本水産学会誌, 80(6), 979-988.

著書

髙橋希元,岡﨑惠美子,大迫一史 (担当:共著),5章 魚肉内在性プロテアーゼの加熱ゲル形成能への影響-「魚介肉内在性プロテアーゼ : 最新の生化学と食品加工への応用」,恒星社厚生閣,2016年,ISBN:9784769915829


氏名

髙橋希元 

読み

TAKAHASHI,Kigen

役職

助教

所属部門

食品生産科学部門, 食品物性学研究室

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。