研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 岡崎 忠胤(2018-06-18)
 小暮 修三(2018-06-17)
 小林 征洋(2018-06-14)
 下野 孝一(2018-06-02)
 坂本 崇(2018-05-31)
 鈴木 秀和(2018-05-25)
 呉海云(2018-05-22)
 金岡 京子(2018-05-16)
 遠藤 英明(2018-05-11)
 髙橋希元(2018-05-09)
 中東 和夫(2018-04-27)
 茂木康平(2018-04-23)
 大河内 美香(2018-04-20)
 萩原 優騎(2018-04-12)
 石田 真巳(2018-04-06)
 逸見 真(2018-04-02)
 東海  正(2018-03-21)
 藤野 俊和(2018-03-18)
 横田 賢史(2018-03-13)
 下島 公紀(2018-03-07)
 鶴 哲郎(2018-02-23)
 斎藤 浩一(2018-02-02)
 黒瀬 光一(2018-01-29)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)

氏名

横田 賢史 

読み

YOKOTA, Masashi

役職

准教授

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋生物資源学部門

担当科目

情報リテラシー(分担)
集団生物学
集団生物学実習(分担)
保全生態学(分担)
集団維持学(分担)

キーワード

水産資源学、集団遺伝、種苗放流、数理モデル、外来種、群集多様性

研究テーマ・活動内容

1種苗放流の遺伝的影響に関する理論的研究、養殖場内の病気の伝播に関する数理モデル
2外来生物の侵入リスク評価
3海洋生物群集の多様性評価

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

横田 賢史 

読み

YOKOTA, Masashi

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

生年月日

学歴

経歴

学位

博士(水産学)

学位論文

種苗放流の遺伝的影響に関する数理的研究

所属学会と役職など

日本水産学会
水産増殖学会
アメリカ水産学会

社会活動

受賞歴等


氏名

横田 賢史 

読み

YOKOTA, Masashi

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

主要論文

A protocol for the analysis of aquatic biodiversity by multiple β diversities. M. Yokota, J. Takeda, N. Suzuki and K. Sakuramoto Canadian Journal of Fisheries and Aquatic Sciences in press.

Cannibalism in the Japanese mitten crab, Eriocheir japonica. Z. Zhang, M. Yokota, and C. A. Strüssmann Hydrobiologia 807: 367-376, 2018

Relative growth pattern and relative condition factor in the Japanese mitten crab Eriocheir japonica (De Haan, 1835) (Brachyura: Varunidae). Z. Zhang, M. Yokota, and C. A. Strüssmann Journal of Crustacean Biology 37: 571-578, 2017

Autotomy patterns in the Japanese mitten crab, Eriocheir japonica. Z. Zhang, M. Yokota, and C. A. Strüssmann Crustacean Research 45: 49-58, 2016

チュウゴクモクズガニとモクズガニの渇⽔耐性⽐較 石黒誠也, 横田賢史, 張 志新, 宇佐美 葉, 渡邊隆司, Carlos A. Strüssmann 水産増殖 63:191-194, 2015

バヌアツにおけるヤシガニの漁獲に伴う体サイズ小型化とその改善策 川田晃弘, 横田賢史, Carlos A. Strüssmann, 渡邊精一 水産増殖 59:541-549,2011

The benefits of species-based management of sympatric mud crabs migrating to a common fishing ground. Kanchana Jirapunpipat, Masashi Yokota and Seiichi Watanabe, ICES Journal of Marine Science, 66(3): 470-477, 2009

Transmission of the parasite Ichthyophonus hoferi in cultured rainbow trout and comparison of epidemic models. Masashi Yokota, Seiichi Watanabe, Kishio Hatai, Osamu Kurata, Mituru Furihata and Takahiko Usui, Journal of Aquatic Animal Health, 20(4): 207-214, 2008

個体ベース行動モデルによる水槽内の伝染病伝播過程の数値実験. 横田賢史,渡邊精一, 水産増殖, 55(4): 637-644, 2007

日本のノコギリガザミ属3種における鉗脚の色彩変異による判別. 伏屋玲子,横田賢史,渡邊精一, 水産増殖,55(2): 265-270, 2007

Temporal estimates of effective population size in species with overlapping generations. Robin Waples and Masashi Yokota, Genetics 175: 219-233, 2007

一次元養殖場分布モデルによる伝染病リスク評価. 横田賢史,渡邊精一, 日本水産学会誌 70: 889-895, 2004

イワナSalvelinus leucomaenisの個体群維持に対する釣獲サイズ制限の効果.横田賢史,中村智幸,渡邊精一,高橋悟史, 水産増殖, 51(1): 25-29, 2003

Genetic drift in a hatchery, and the maintenace of genetic diversity in hatchery-wild systems. Masashi Yokota, Yasushi Harada and Masaru Iizuka, Fisheries Science, 69(1): 101-109, 2003

Stocking impact on genetic diversity of alleles in a locus. Masashi Yokota and Seiichi Watanabe, Fisheries Science, 69(Supl.): 917-920, 2002

著書

水産資源の増殖と保全(分担執筆) 第9章 有効集団サイズとその推測 横田賢史 (北田修一ほか編著) 成山堂書店 2008


氏名

横田 賢史 

読み

YOKOTA, Masashi

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

研究室紹介

http://www2.kaiyodai.ac.jp/PopulationBiology/

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。