研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 黒瀬 光一(2018-01-22)
 大河内 美香(2018-01-17)
 谷 和夫(2018-01-13)
 芳賀 穣(2018-01-10)
 大迫一史(2018-01-04)
 遠藤 英明(2017-12-20)
 川合 美千代(2017-12-06)
 坂本 崇(2017-11-24)
 石田 真巳(2017-11-17)
 吉崎 悟朗(2017-11-10)
 小暮 修三(2017-11-07)
 萩原 優騎(2017-11-03)
 任 恵峰(2017-10-18)
 鈴木 秀和(2017-10-18)
 橋濱 史典(2017-10-17)
 森下 稔(2017-10-13)
 下野 孝一(2017-10-05)
 逸見 真(2017-09-21)
 麻生 敏正(2017-09-15)
 金岡 京子(2017-09-13)
 岡崎 忠胤(2017-09-08)
 小林 征洋(2017-09-07)

氏名

榎 牧子 

読み

Enoki, Makiko

役職

准教授

TEL・FAX

Tel; 03-5463-0628, Fax; 03-5463-0692

E−mail

→ enoki@kaiyodai.ac.jp
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋資源エネルギー学部門

担当科目

キーワード

海藻、牡蠣殻、高分子化学、材料、生分解、ゴム、リグニン

研究テーマ・活動内容

1)海洋資源のバイオマス変換
2)ゴム分解菌によるゴム分解メカニズムの解明
3)酵素・メディエーターシステムによるゴムの分解

自己アピール

研究交流や受験、研究室配属のための問い合わせに、本サイトの連絡先を活用していただくのは大歓迎ですが、不動産などの営業や、名簿リスト売買への使用はお控えいただけますよう、お願い申し上げます。

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

榎 牧子 

読み

Enoki, Makiko

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋資源エネルギー学部門

生年月日

学歴

北海道大学農学部林産学科卒業
北海道大学大学院農学研究科林産学専攻修士課程修了
京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻博士後期課程修了

経歴

2001~2003:理化学研究所 高分子化学研究室 基礎科学特別研究員

学位

農学博士

学位論文

所属学会と役職など

日本水産学会、日本藻類学会、高分子学会、日本農芸化学会、日本木材学会、各会員

社会活動

受賞歴等


氏名

榎 牧子 

読み

Enoki, Makiko

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋資源エネルギー学部門

主要論文

1) M. Enoki, S. Kaita, Y. Wakatsuki, Y. Doi and T. Iwata: Oxidative degradation of cis- and trans-1,4-polybutadienes by horseradish peroxidase/1-hydroxybenzotriazole, Polymer Degradation and Stability, 84, 321-326 (2004) .

2) J. Fisher, Y. Aoyagi, M. Enoki, Y. Doi and T. Iwata: Mechanical properties and enzymatic degradation of poly([R]-3-hydroxybutyrate-co-[R]-3-hydroxyhexanoate) uniaxially cold-drawn films, Polymer Degradation and Stability, 83, 453-460 (2004).

3) M. Enoki, Y. Doi and T. Iwata: Oxidative degradation of trans-1,4-polyisoprene cast films and single crystals by enzyme-mediator systems, Macromolecular Bioscience, 3, 637-704 (2003).

4) M. Enoki, Y. Doi and T. Iwata: Oxidative degradation of cis- and trans-1,4-polyisoprenes and vulcanized natural rubber with enzyme-mediator systems, Biomacromolecules, 4, 314-320, (2003).

5) M. Enoki, Y. Honda, M. Kuwahara and T. Watanabe, Chemical synthesis, iron redox interactions and charge transfer complex formation of alkylitaconic acids from Ceriporiopsis subvermispora, Chemistry and Physics of Lipids, 120, 9-20 (2002).

6) T. Watanabe, H. Kamitsuji, M. Enoki, Y. Honda and M. Kuwahara: The first evidence indicating formation of superoxide by manganese-dependent peroxidase (MnP) in the presence of excess H2O2, Chemistry Letters, 444-445 (2000).

7) T. Watanabe, S. Katayama, M. Enoki, Y. Honda and M. Kuwahara: Formation of acyl radical in lipid peroxidation of linoleic acid by manganese-dependent peroxidase from Ceriporiopsis subvermispora and Bjerkandera adusta, European Journal of Biochemistry, 267, 4222-4231 (2000).

8) M. Enoki, T. Watanabe, S. Nakagame, K. Koller, K. Messner, Y. Honda and M. Kuwahara: Extracellular lipid peroxidation of selective white-rot fungus, Ceriporiopsis subvermispora, FEMS Microbiology Letters, 180, 205-211 (1999).

著書


氏名

榎 牧子 

読み

Enoki, Makiko

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋資源エネルギー学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ

主に海藻の有効活用を目的として、地域振興・事業化もふまえた研究にとりくんでいます。
研究室訪問、メールによる問い合わせは歓迎いたします。


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。