研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 大迫一史(2017-12-12)
 川合 美千代(2017-12-06)
 大河内 美香(2017-12-06)
 坂本 崇(2017-11-24)
 石田 真巳(2017-11-17)
 吉崎 悟朗(2017-11-10)
 遠藤 英明(2017-11-10)
 小暮 修三(2017-11-07)
 萩原 優騎(2017-11-03)
 芳賀 穣(2017-10-28)
 任 恵峰(2017-10-18)
 鈴木 秀和(2017-10-18)
 橋濱 史典(2017-10-17)
 森下 稔(2017-10-13)
 下野 孝一(2017-10-05)
 逸見 真(2017-09-21)
 麻生 敏正(2017-09-15)
 金岡 京子(2017-09-13)
 岡崎 忠胤(2017-09-08)
 黒瀬 光一(2017-09-08)
 小林 征洋(2017-09-07)
 盛田 元彰(2017-07-26)
 中東 和夫(2017-07-14)

氏名

芳賀 穣 

読み

HAGA,Yutaka

役職

准教授

TEL・FAX

03-5463-0555

E−mail

xxxx@ kaiyodai.ac.jp xxxxは、HAGA
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~haga/

所属部門

海洋生物資源学部門

担当科目

学部:水族栄養学実験、 水族栄養学(分担)、 海洋動植物学実習(分担)、フレッシュマンセミナー(分担)、
大学院:魚類栄養学

キーワード

種苗生産、健苗育成、骨格形成、仔稚魚、微粒子飼料

研究テーマ・活動内容

微粒子飼料の作成とその性能評価、仔魚期の消化吸収のメカニズム、形態異常の防除方法の開発、魚類のタウリン合成経路の解明

自己アピール

1)The Younger Scientist Award. Md. Al-Amin Sarker君. 第14回国際魚類栄養飼料シンポジウム.
2010年(青島).
2)Student Best Presentation Award. 第2位. Kitagima Renato君.World Aquaculture, 2011(ナタル市、ブラジル)
3) Student Best Presentation Award. Sutissak Boonyoung君.第15回国際魚類栄養飼料シンポジウム.
2012年(モルデ市、ノルウェー).
4)Student Poster Award. 伊藤智子さん.第16回国際魚類栄養飼料シンポジウム.
2014年(ケアンズ市、オーストラリア).
5)東京海洋大学学長賞.伊藤智子. 2014.9.26.
6)楽水会賞.伊藤智子.2014.3.25.
7) Student Poster Award. 第2位.Sandamali Sakunthala Herathさん.第17回国際魚類栄養飼料シンポジウム.
2016年(サンバレー市、アメリカ合衆国).

技術相談対応分野

魚類仔稚魚の発育, 初期餌料の栄養強化, 骨格の蛍光色素染色など

共同研究の希望課題

1.海産仔魚用の微粒子飼料の開発に関する研究
2.魚類の形態異常の防除に関する研究
3.ヒラメ・カレイ類の体色異常の防除に関する研究

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

笹川研究助成12-370M「ヒラメ仔魚期の形態形成に及ぼすレチノイン酸の影響」
笹川研究助成13-377MK「ヒラメ仔稚魚の形態異常発現機構の解明」
東京海洋大学海洋科学部学術研究奨励基金事業「RXRを介するDHAの機能解析」
平成19年度東洋海洋大学海洋科学部学術研究奨励基金事業Ⅰ.研究代表者.「海産魚類の脊椎骨異常の早期診断法の確立に関する研究」
平成19年度科学研究費補助金.萌芽研究.分担.「環境水中の塩分と脂肪酸代謝酵素の相互作用の解明」
平成22年度科学研究費補助金.若手研究B.代表者.「栄養素の過不足を用いたブリ骨格異常モデルの構築」
平成23年度科学研究費補助金.挑戦的萌芽研究.分担者.「魚類のタウリン合成酵素の単離ならびに浸透圧による制御機構の解明」
平成23年度科学研究費補助金.基盤研究B.分担者.「海産魚への脂肪酸代謝酵素遺伝子群の導入:植物油で魚を作る」
平成25年度科学研究費補助金.若手研究B.代表者「水溶性タンパクを付加した新しい仔魚用人工飼料の開発」(2年間)
平成25年度科学研究費補助金.挑戦的萌芽研究.分担者「魚類の栄養要求に及ぼす環境水中塩分の影響」
平成26年度科学研究費補助金.基盤研究A.分担者「魚類の育成環境適応性と環境負荷低減を考慮した養魚飼料の基礎的研究」

講演テーマ

Haga Y, Suzuki T, Takeuchi T. 2003. Malpigmentation and skeletal deformities of larval Japanese flounder Paralichthys olivaceus; Ontogenesis and mechanism. World Aquaculture 2003, May 19-23, Salvador, Brazil. (invited)
芳賀 穣, 竹内俊郎. 6. 初期餌料. Ⅲ クロマグロの養殖技術と安全性・認証. 平成22年日本水産学会シンポジウム. クロマグロ養殖業-技術開発と事業展開・展望-. 平成22年3月28日.
ヒラメ人工種苗の形態異常.平成24年日本水産資源保護協会巡回教室、平成24年9月24日、広島.
種苗生産の現状と課題.高大連携講義.都立大島海洋高校.2012年.
Haga Y, Masui S, Fujinami Y, Aritaki M, Satoh S. 2009. Visualization of skeletal deformity in live marine fish larvae by fluorescent calcein staining. Interdisciplinary Approaches in Fish Skeletal Biology, first meeting, April 27th-29th.Tavira, Portugal (Invited).
Haga Y, Du S-J, Satoh S, Kotani T, Fushimi H, Takeuchi T. 2009. Analysis of mechanism of skeletal deformity in fish larvae using vitamin A induced-bone deformity model. LARVI 2009, Sept. 7-9th, Ghent, Belgium (Invited).
Haga Y, Tanaka Y, Kumon K, Ohta H, Ishida S, Shiozawa S, Takeuchi T. Feed development for replacement for pray fish larvae for juvenile production of Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis. Aquaculture America 2012, Las Vegas. (invited)
Haga Y, Moriya T, Satoh S, Tanaka Y, Kumon K, Shiozawa S, Ohta H, Ishida S. Usefulness of commercial and non-heated fish meal diets for Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis. Aqua2012, Praque.(invited)
Y. Haga. 2013. Development of alternative protein source for marine fish feed for sustainable aquaculture. China-Japan-Korea Fisheries Science & Marine Policy Symposium, Zhejian, China, Sep. 23rd.
Y. Haga. 2013. Nutritional studies on tuna. Diversification of cultured fish in Chile. Temuco, Chile, Oct. 18th. (invited)
Y. Haga. Recent advances in studies on skeletel and pigment abnormality of hatchery-raised Japanese flounder Paralichthys olivaceus juvenile. Keynote speaker. International Conference on Marine Science and Aquaculture. Kota Kinabaru, Malaysia. Mar.16-19th (Invited).
Haga Y, Kabeya N, Yoshizaki G, Kondo H, Hirono I, Satoh S. 2015. Toward for modifying taurine & essential fatty acid requirement of Japanese flounder Paralichthys olivaceus. X III Simposio Internacional en Nutrición Acuícola, Hermosillo, Sonora, Mexico (invited).

特記事項


氏名

芳賀 穣 

読み

HAGA,Yutaka

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

生年月日

1973.

学歴

平成9年3月 東京水産大学水産学部資源育成学科卒業
平成9年4月 東京水産大学大学院水産学研究科博士前期課程入学
平成11年3月 東京水産大学大学院水産学研究科博士前期課程修了
平成11年4月 東京水産大学大学院博士後期課程入学
平成14年3月 東京水産大学大学院水産学研究科博士後期課程修了

経歴

平成14年4月−平成15年9月 東京水産大学資源育成学科教務補佐員
平成15年10月−平成17年2月 米国メリーランド大学海洋生物工学研究所博士研究員
平成17年3月−平成17年8月 東京海洋大学海洋科学部技術補佐員
平成17年8月−平成18年3月 近畿大学水産研究所COE博士研究員
平成18年4月 東京海洋大学海洋科学部海洋生物資源学科助手
平成19年4月 東京海洋大学海洋科学部海洋生物資源学科助教
平成23年8月 東京海洋大学海洋科学部海洋生物資源学科准教授

学位

博士(水産学)

学位論文

ヒラメ仔稚魚の形態形成に及ぼすレチノイン酸の影響(2002)

所属学会と役職など

日本ビタミン学会・日本水産学会(企画広報委員会幹事2005年~2008、水産増殖懇話会幹事2010年~2011、編集委員会校正係2005年~、編集委員会幹事2012年~、国際交流委員会幹事2012年~2015、平成24年度春季大会実行委員、日本水産学会創立85周年記念国際シンポジウム実行委員会総務幹事・プログラム委員会委員および幹事・募金委員会幹事2015年~、庶務幹事・出版委員会委員2017年~、)・レチノイド研究会

社会活動

受賞歴等

水産学奨励賞(日本水産学会, 平成22年)


氏名

芳賀 穣 

読み

HAGA,Yutaka

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

主要論文

1) Takeuchi T, Dedi J, Haga Y, Seikai T, Watanabe T. 1998. Effect of vitamin A compounds on bone deformity in larval Japanese flounder (Paralichthys olivaceus). Aquaculture 169: 155-165.
2) Haga Y, Takeuchi T, Seikai T. 1999. Effect of retinoic acid on larval Japanese flounder, Paralichthys olivaceus, reared on Artemia nauplii. Aquac.Sci.47: 559-566.
3) Haga Y, Takeuchi T, Seikai T. 2001. Influence of all-trans retinoic acid on pigmentation and skeletal formation in larval Japanese flounder. Fish. Sci. 68: 560-570.
4) Haga Y, Suzuki T, Takeuchi T. 2002. Retinoids as potent teratogens on larval development of Japanese flounder, Paralichthys olivaceus. Fish. Sci. 68(Suppl.1): 789-792.
5) Haga Y, Suzuki T, Takeuchi T. 2002. Retinoic acid isomers produce malformations in postembryonic development of Japanese flounder, Paralichthys olivaceus. Zool. Sci 19: 1105-1112.
6) Haga Y, Suzuki T, Kagechika H, Takeuchi T. 2003. A retinoic acid receptor-selective agonist causes jaw deformities in Japanese flounder, Paralichthys olivaceus. Aquaculture 221: 381-392.
7) Suzuki T, Haga Y, Takeuchi T, Hashimoto H, Kurokawa T. 2003. Differentiation of chondrocytes and scleroblasts during dorsal fin skeletogenesis in flounder larvae. Dev. Growth Differ. 45: 435-448.
8) Haga Y, Takeuchi T, Murayama Y, Ohta K, Fukunaga T. 2004. Vitamin D3 compounds induce hypermelanosis on the blind side and vertebral deformity in juvenile Japanese flounder, Paralichthys olivaceus. Fish. Sci. 70: 59-67.
9) Haga Y, Seikai T, Takeuchi T. 2004. Changes of retinoid contents in Japanese flounder Paralichthys olivaceus and Artemia nauplii enriched with a large dose of all-trans retinoic acid. Fish. Sci. 70: 437-445.
10) 芳賀穣, 屶網慶, 竹内俊郎. 2005. ヒラメParalichthys olivaceus仔稚魚の真の両面有色型黒化の発現過程における無眼側皮膚の超微細構造. 日水誌 71: 782-790.
11) Tarui F, Haga Y, Ohta K, Shima Y, Takeuchi T. 2006. Effect of Artemia nauplii enriched with vitamin A palmitate on hypermelanosis on the blind side in juvenile Japanese flounder Paralichthys olivaceus. Fish. Sci. 72: 256-262.
12) Haga Y, Tarui F, Ohta K, Shima Y, Takeuchi T. 2006. Effect of light irradiation on dynamics of vitamin A compounds in rotifers and Artemia. Fish. Sci. 72: 1020-1026.
13) 澤田好史,樋口和宏,芳賀 穣,浦和寛,石橋泰典,倉田道雄,宮武弘史,片山茂和,瀬岡学.2008. シマアジ胚発生に及ぼす低酸素と高二酸化炭素の影響.日水誌 74, 144-151.
14) Fujimoto K, Sawada Y, Yamamoto T, Sudo M, Haga Y, Kurata M, Okada T, Miyashita S, Kumai H. 2008. Neutral lipid deposition in reared larval and juvenile Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis under different rearing temperatures. Aquac. Sci. 56, 19-30.
15) Nguyen VT, Satoh S, Kotani T, Haga Y, Fushimi H. 2008. Effects of zinc and manganese supplementation in Artemia on growth and vertebral deformity in red sea bream (Pagrus major) larvae. Aquaculture 285, 184-192.
16) Lu J, Li J, Furuya Y, Yoshizaki G, Sun H, Endo M, Haga Y, Satoh S, Takeuchi T. 2009. Efficient productivity and lowered nitrogen and phosphorus discharge load from GH-transgenic tilapia (Oreochromis niloticus) under visual satiation feeding. Aquaculture 293, 241–247.
17) Haga Y, Dominique V, Du S-J. 2009. Analyzing notochord segmentation and intervertebral disc formation using the twhh:gfp transgenic zebrafish model. Transgenic Res. 18, 669-683.
18) Haga, Y., Du S-J., Masui, S., Fujinami, Y., Aritaki, M., Satoh, S. Visualization of skeletons and intervertebral disks in live fish larvae by fluorescent calcein staining and disk specific GFP expression. J. Appl. Ichthyol. 26, 268-273.
19) Yamamoto, Y., Kabeya N, Takeuchi Y, Alimuddin, Haga Y, Satoh S, Takeuchi T, Yoshizaki G. Cloning and nutritional regulation of polyunsaturated fatty acid desaturase and elongase of the marine teleost nibe croaker, Nibea mitsukurii. Fish. Sci. 76, 463-472.
20) Haga Y, Naiki T, Takebe T, Kumon K, Tanaka Y, Shiozawa S, Nakamura Y, Ishida S, Ide K, Masuma S, Takeuchi T. 2010. Effect of feeding microdiet and yolk-sac larvae of spangled emperor Lethrinus nebulosus at different ages on survival and growth of Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis. Aquaculture Science 58, 491-499.
21) Haga Y, Naiki T, Tazaki Y, Takaki Y, Yamaguchi T, Tanaka Y, Kumon K, Shiozawa S, Masuma S, Nakamura T, Ishida S, Takeuchi T. Improvement in the feeding activity, early growth and survival of Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis larvae fed a casein peptide-based microdiet supplemented with inosine monophosphate. Fisheries Science 77, 245-253.
22)Sarker MAA, Yamamoto Y, Haga Y, Sarker MSA, Miwa M, Yoshizaki G, Satoh S. Influences of low salinity and dietary fatty acids on fatty acid composition, fatty acid elongase and desaturase expression in red sea bream Pagrus major. Fisheries Science 77, 385-396.
23) ヒラメ人工種苗の形態異常の防除に向けた脂溶性ビタミン過剰モデルの構築に関する研究.日本水産学会誌 77, 582-584.
24)脂溶性ビタミン類過剰モデルの開発-養殖魚の形態異常の防除技術の開発に向けた研究の展開-.ビタミン 86, 2012, 55-62.
25) Sarker MSA, Satoh S, Kamata K, Haga Y, Yamamoto Y. 2012. Supplementation effect of organic acids and/or lipid in alternate plant protein sources diets on growth and excretion of nitrogen and phosphorus in juvenile yellowtail, Seriola quinqueradiata. Aquac. Res. 43, 538-545.
26) Sarker MSA, Satoh S, Kamata K, Haga Y, Yamamoto Y. 2012. Partial replacement of fishmeal with plant protein sources using organic acids to practical diets for juvenile yellowtail, Seriola quinqueradiata. Aquac. Nutr. 18, 81-89.
27) Boonyoung S, Haga Y, Satoh S. 2013. Preliminary study on effects of methionine hydroxyl analogue and taurine supplementation in a soy protein concentrate-based diet on the biological performance and amino acid composition of rainbow trout Oncorhynchus mykiss (Wallbaum). Aquac. Res. 44, 1339-1347.
28) Li J, Haga Y, Masuda R, Takahashi K, Ohta H, Ishida S, Satoh S. 2013. Growth, survival, digestive enzyme activities, and DNA/RNA ratio in Japanese flounder Paralichthys olivaceus larvae fed live food and casein peptide- and fish meal-based microdiets. Aquac. Sci. 61, 81-93. 29) Prachom N, Haga Y, Satoh S. 2013. Impact of dietary high protein distillers dried grains on amino acid utilization, growth response, nutritional health status, and waste output in juvenile rainbow trout (Oncorhynchus mykiss). Aquac. Nutr. 19, 62-71.
29) Kitagima RE, Haga Y, Hirono I, Endo M, Satoh S. 2013. Cauliflower mosaic virus 35S plant promoter from GM soybean can drive gene expression in Japanese flounder Paralichthys olivaceus and rainbow trout Oncorhynchus mykiss cells in vitro and in vivo. Aquac. Nutr. 19, 122-134.
30) Rodriguez-Estrada U, Satoh S, Haga Y, Fushimi H, Sweetman J. 2013. Effects of inactivated Enterococcus faecalis and mannan oligosaccharide and their combination on growth, immunity, and disease protection in rainbow trout. North Am. J. Aquac. 75, 416-428.
31) Hanini I, Sarker MSA, Satoh S, Haga Y, Corneillie S, Ohkuma T, Nakayama H. 2013. Effects of taurine, phytase and enzyme complex supplementation to low fish meal diets on growth of juvenile red sea bream Pagrus major. Aquac. Sci. 61, 367-375.
32) Limtipsuntorn U, Haga Y,* Kondo H, Hirono I, Satoh S. 2014. Microarray analysis of hepatic gene expression profile in juvenile Japanese flounder Paralichthys olivaceus fed fish and vegetable oils supplemented diets. Mar. Biotechnol. 16, 88-102. *corresponding author
33) Kabeya N, Takeuchi Y, Yamamoto Y, Yazawa R, Haga Y, Satoh S, Yoshizaki G. 2014. Modification of the EPA and DHA biosynthetic pathway by transgenesis in a marine teleost, nibe croaker. J. Biotech. 172, 46–54.
34) Suprayudi MA, Inara C, Ekasari J, Priyoutomo N, Haga Y, Takeuchi T, Satoh S. Preliminary nutritional evaluation of rubber seed and defatted rubber seed meals as plant protein sources for common carp Cyprinus carpio L. juvenile diet. Aquac. Res. (in press)
35) Lu F, Haga Y, Satoh S. Replacement of fish meal with rendered animal protein and plant protein sources on growth response, biological indices and amino acid availability of rainbow trout Oncorhynchus mykiss. Fish. Sci. 81, 95-105.
36) Haga Y, Kondo H, Kumagai A, Satoh N, Hirono I, Satoh S. 2015. Isolation, molecular characterization of cysteine sulfinic acid decarboxylase (CSD) of red sea bream Pagrus major and yellowtail Seriola quinquieradiata and expression analysis of CSD from several marine fish species. Aquaculture 449: 8-17.
37)Takeuchi T, Haga Y. 2015. Development of microparticulate diets with special reference to Pacific bluefin tuna, abalone and Japanese spiny lobster: a review. Fish. Sci. 81: 591-600.
38) Suharman I, Satoh S, Haga Y, Hirono I, Muchlisin ZA. 2015. Detection of transgenic and endogenous plant DNA in blood and organs of Nile tilapia, Oreochromis niloticus fed a diet formulated with genetically modified soybean meal. AACL Bioflux 8: 714-722.
39) Kurnia A, Satoh S, Haga Y, Kudo H, Nakada M, Matsumura H, Watanabe Y, Adachi S. 2015. Muscle coloration of rainbow trout with astaxanthin sources from marine bacteria and synthetic astaxanthin. Journal of Aquaculture Research and Development 6, doi: 10.4172/2155-9546.1000337
40) Kaneko G, Shirakami H, Yamada T, Ide S, Haga Y, Satoh S, Ushio H.2016. Short-term fasting increases skeletal muscle lipid content in association with enhanced mRNA levels of lipoprotein lipase 1 in lean juvenile red seabream (Pagrus major). Aquaculture 452:160-168.
41) Herath SS, Haga Y, Satoh S. 2016. Effects of long term feeding with corn co-product based diets on growth, fillet color and fatty acid and amino acid composition of Nile tilapia, Oreochromis niloticus. Aquaculture 464, 205-212.
42) Cho J, Haga Y, Kamimura Y, Akazawa A, Itoh A, Satoh S. 2016. Production performance of Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis larvae and juveniles fed commercial diets and effects of switching diets. Aquaculture Science 359-370.
43) Matsukura K, Iino S, Haga Y, Kitagima R, Satoh S. 2017. Effect of supplementation with enzyme complex to non-fish meal diet in adult red sea bream Pagrus major. Aquaculture Science 65, 19-27.






紀要などに発表した論文
1) 竹内俊郎・芳賀穣. 2000.ヒラメの体色・形態異常とビタミン. 化学と生物 38: 728-731.
2) 芳賀穣・竹内俊郎・村山靖之・太田健吾・福永辰廣. 2004. ヒラメ稚魚の無眼側体色異常および脊椎骨異常出現におよぼすビタミンDの影響.栽培漁業技術シリーズ10. ヒラメの無眼側体色異常個体の出現要因と防除方法. 独立行政法人水産総合研究センター.平成16年3月. p127.
3) 芳賀穣.2006. ヒラメの形態異常. 養殖, 5. 90-91.
4) 芳賀穣. 2010. 形態異常克服へのアプローチ-蛍光色素染色で異常を早期に診断. 養殖 2月号, 30-33.
5) 芳賀穣. 2010. 水産の研究最前線-ヨーロッパ諸国における骨格異常の防除に関する研究の展開. 養殖 4 月号, 58-61.

著書

1)Du SJ, Haga Y. 2004. Zebrafish as a model for studying skeletal development. In: Biomineralization. Progress in Biology, Molecular Biology and Application. (ed. by Edmund Baeuerlin). Wiley-VCH, Weinheim, Germany. pp. 283-304.
2) Sawada Y, Hattori M, Fujimoto K, Haga Y. 2008. Development of Fingerling Production and Grow-out Technology. In: Center of Aquaculture Science and Technology for Bluefin Tuna and Other Cultivated Fish. Final Report 2003-2007. Kinki University Press, pp. 63-72.
3)竹内俊郎・芳賀 穣・滝井健二. 2011. Ⅲ. 養殖技術と安全性・認証 6章.1. 飼餌料. クロマグロ養殖業-技術開発と事業展開-. (熊井英水・有元 操・小野征一郎編). 恒星社厚生閣. pp. 70-90.
4)芳賀 穣・鈴木 徹.4)ヒラメに発現する脊椎骨および顎顔面骨格の異常.「魚の形は飼育環境で変わる ―形態異常はなぜ起こるのか?」. 有瀧真人,征矢野清,田川正朋 編.2017.6月.厚生社厚生閣.
5) 岩井保・芳賀穣.6章 摂食・消化「魚類学」(矢部衛・桑村哲生・都木靖彰 編)厚生社厚生閣.pp.55-72.


氏名

芳賀 穣 

読み

HAGA,Yutaka

役職

准教授

所属(学部・大学院、学科等)

海洋生物資源学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

海産魚類は、受精卵から孵化して一か月弱の間は、色素細胞がないため透明で背骨もない状態で生活しています。その後、色素細胞や骨芽細胞が分化するのに伴って、体色や骨格が形成されます。これらの形態形成に伴って体の姿かたちや機能を大きく変えて、稚魚になります。この間の形態変化がどのようなメカニズムによって起こっているかを調べることを研究テーマにしています。研究に使っている魚種は、マダイ、ヒラメ、ブリ、ゼブラフィッシュ、ニジマス、マグロなどです。

海産魚を受精卵から稚魚まで育てるには、餌になる動物プランクトンを大量に培養する必要があり、シオミズツボワムシやアルテミア幼生などが主に使用されています。現在は、培養用の濃縮した植物プランクトンが販売されているため、これらの餌生物の大量培養も行えるようになっていますが、栄養素に欠陥があるので栄養強化が必要だったり、餌生物に由来する魚病が発生するなどの問題も抱えています。これらの問題を根本的に解決するための微粒子配合飼料の開発に関する研究も行っています。微粒子飼料では普通の配合飼料に比べてサイズが小さいので、栄養素が溶けて出ていってしまいます。そのため、水の汚れや消化の悪さが問題になります。一方、餌の表面をコーティングして栄養素の溶出を抑えると消化吸収が悪くなってしまいます。これらの点を解決するために、摂餌誘因物質を添加して活発な摂餌を促したり、微粒子飼料を給餌する際に水質改善装置を付属した水槽を用いるなどで飼育成績の改善などが行えることがわかってきました。実験に使っている魚は、クロマグロ、マダイ、ヒラメ、ホシガレイ、ゼブラフィッシュなどです。

肉食性魚類の多くは、DHAやEPAなどの脂肪酸やタウリンを飼料中に要求します。一方、植食性魚類や淡水生の魚にはDHAやタウリンを合成できるものもおり、研究を進めていけばその合成経路の解明やその能力を人為的に高めることも将来的に可能かもしれません。魚類の必須栄養素の分子機構について研究を行っています。

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。