研究者総覧

研究者総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 石田 真巳(2017-09-22)
 逸見 真(2017-09-21)
 坂本 崇(2017-09-19)
 麻生 敏正(2017-09-15)
 金岡 京子(2017-09-13)
 岡崎 忠胤(2017-09-08)
 黒瀬 光一(2017-09-08)
 小林 征洋(2017-09-07)
 吉崎 悟朗(2017-08-21)
 大河内 美香(2017-07-26)
 盛田 元彰(2017-07-26)
 中東 和夫(2017-07-14)
 鈴木 秀和(2017-06-28)
 芳賀 穣(2017-06-11)
 神尾 道也(2017-05-30)
 谷 和夫(2017-05-29)
 茂木康平(2017-05-18)
 東海  正(2017-05-17)
 遠藤 英明(2017-05-12)
 大迫一史(2017-04-19)
 下野 孝一(2017-04-11)
 黒川 久幸(2017-04-07)
 岡井 公彦(2017-04-05)
 藤野 俊和(2017-04-04)

氏名

小林 征洋 

読み

KOBAYASHI,Yukihiro

役職

助教

TEL・FAX

03-5463-0643

E−mail

yukihiro@kaiyodai.ac.jp (小文字にして下さい)
*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

https://sites.google.com/site/kobayashiyukihiro2000/

所属部門

食品生産科学部門

担当科目

食品化学基礎実験
化学実験
食品生産科学入門実験
食品化学実験
危害モニタリング法演習
食品流通安全管理論Ⅱ
海洋科学技術特別講義Ⅰ
海洋科学技術特別講義Ⅲ

キーワード

アレルギー アレルゲン 機能性食品 ニュートリゲノミクス 分子間相互作用 マイクロプラスチック

研究テーマ・活動内容

魚類アレルゲンの性状解明
フラボノイドの分子間相互作用の解明 etc.

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

講演テーマ

特記事項


氏名

小林 征洋 

読み

KOBAYASHI,Yukihiro

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

食品生産科学部門

生年月日

1979.11.10

学歴

平成15年3月
東京水産大学 水産学部
食品生産学科 卒業

平成17年3月
東京海洋大学大学院 水産学研究科
食品生産学専攻 博士前期課程 修了

平成20年3月
東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科
応用生命科学専攻 博士後期課程 修了

経歴

平成20年4月
神奈川県衛生研究所 理化学部
薬事毒性・食品機能グループ
技師・任期付研究員 奉職

平成22年12月
東京海洋大学大学院
海洋科学技術研究科
食品流通安全管理専攻
助教

平成24年4月
現職(海洋生物資源学科→食品生産科学科)

学位

学士(水産学)
修士(水産学)
博士(海洋科学)

学位論文

修士学位論文:アニサキス新規アレルゲンの精製およびcDNAクローニング

博士学位論文:Identification, expression and characterization of allergens from the fish parasite Anisakis simplex

所属学会と役職など

日本アレルギー学会、日本食品衛生学会、日本食糧栄養学会、日本農芸化学会、体力・栄養・免疫学会の各会員

社会活動

受賞歴等


氏名

小林 征洋 

読み

KOBAYASHI,Yukihiro

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

食品生産科学部門

主要論文

原田 晋, 小林 征洋, 恒光 健史. アニサキスアレルギーまたは回虫アレルギーによる蕁麻疹/アナフィラキシーは遅発性にもおこりうるのか?-自験2例の経験から-. 皮膚科の臨床. 2017;59:

原田 晋, 小林征洋, 樋上 敦, 湊 はる香, 工藤 比等志. コンポーネント解析を行ったアニサキスアレルギーによるアナフィラキシーの3例. 皮膚科の臨床. 2017;59:

原田 晋, 小林 征洋. アニサキスアレルギーによる蕁麻疹・アナフィラキシー. Infectious Agents Surveillance Report. 2017;38:72-74.

Tamura M, Matsui K, Kobayashi Y, Ogita C, Tsuboi K, Kusakabe M, Azuma K, Abe T, Yoshikawa T, Sekiguchi M, Azuma N, Kitano M, Sano H. A case of eel collagen allergy. Allergology international. In press

白川 典子, 藤本 和久, 市山 進, 小林 征洋, 佐伯 秀久. ウナギ目を含む多種類の魚類にアナフィラキシー症状を呈した1例. 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会雑誌. 2017;11:50-54.

小林征洋. 魚類コラーゲンは日本人における魚類アレルギーの重要なパンアレルゲンである. 臨床免疫・アレルギー科. 2017;67:57-63.

Kobayashi A, Kobayashi Y, Shiomi K. Fish allergy in patients with parvalbumin-specific immunoglobulin E depends on parvalbumin content rather than molecular differences in the protein among fish. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 2016;80:2018-21.

Kobayashi Y, Kuriyam T, Nakagawar R, Aihar M, Hamada-Sato N. Allergy to fish collagen: thermostability of collagen and IgE reactivity of patients' sera with extracts of 11 species of bony and cartilaginous fish. Allergology international. 2016;65:450-458.

Kubota H, Kobayashi A, Kobayashi Y, Shiomi K, Hamada-Sato N. Reduction in IgE reactivity of Pacific mackerel parvalbumin by heat treatment. Food Chemistry. 2016;206:78–84.

Kobayashi A, Ichimura A, Kobayashi Y, Shiomi K. IgE-binding epitopes of various fish parvalbumins exist in a stereoscopic conformation maintained by Ca2+ binding. Allergology International. 2016;65:345–348.

Kobayashi Y, Huge J, Imamura S, Hamada-Sato N. Study of the cross-reactivity of fish allergens based on a questionnaire and blood testing. Allergology International. 2016;65:272–279.

Kobayashi Y, Akiyama H, Huge J, Kubota H, Chikazawa S, Satoh T, Miyake T, Uhara H, Okuyama R, Nakagawara R, Aihara M, Hamada-Sato N. Fish collagen is an important panallergen in the Japanese population. Allergy. 2016;71:720–723.

Kobayashi Y, Yang T, Yu CT, Ume C, Kubota H, Shimakur K, Shiomi K, Hamada-Sato N. Quantification of major allergen parvalbumin in 22 species of fish by SDS-PAGE. Food Chemistry. 2016;194:345–353.

Kobayashi Y, Miyazawa M, Araki M, Kamei A, Abe K, Hiroi T, Hirokawa T, Aoki N, Ohsawa T, Kojima T. Effects of Morus alba L. (Mulberry) leaf extract in hypercholesterolemic mice on suppression of cholesterol synthesis. Journal of Pharmacognosy & Natural products. 2015;1:113.

小林征洋. 魚類主要アレルゲンパルブアルブミンのアレルゲン性の低減化. アレルギーの臨床. 2015;35:1158–1163.

原田 晋, 小林征洋, 塩見一雄, 松本玲子. イタリアンレストランの調理師に生じた魚類アレルギーの1例〜魚類アレルギーにおける経皮感作の危険性〜. Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology. 2015;9(3):179-186.

Kobayashi Y, Kakemoto S, Shimakura K, Shiomi K. Molecular cloning and expression of a new major allergen, Ani s 14, from Anisakis simplex. Food Hygiene and Safety Science (Shokuhin Eiseigaku Zasshi). 2015;56:194–199.

Chikazawa S, Hashimoto T, Kobayashi Y, Satoh T. Fish collagen allergy: a pitfall of the prick-to-prick test with raw fish. British journal of dermatology. 2015;173:1330-1331.

Inomata N, Kobayashi Y, Ito K, Shiomi K, Aihara M. Component-resolved diagnosis of Anisakis allergy using 9 Anisakis components. Allergy. 2014;69:253-254.

木下侑里, 藤本和久, 李民, 篠原理恵, 小林征洋, 川名誠司, 佐伯秀久. Ani s 12特異的IgE抗体が陽性となったアニサキスアレルギーの2例. アレルギー. 2014;63(10):1348-1352.

荒木真由美, 小林征洋, 廣井哲也, 廣川隆彦, 宮澤眞紀, 青木信義, 小島尚, 大澤利幸. 食餌性高トリグリセリド血症ラットにおけるトチュウ葉熱水抽出液の効果. 神奈川県産業技術センター研究報告. 2014;20:24-28.

篠原理恵, 藤本和久, 小林征洋, 川名誠司. パルブアルブミンによる魚類アレルギーの2例. 皮膚科の臨床. 2014;56:1270-1274.

青木信義, 荒木真由美, 廣川隆彦, 瀬戸山央, 宮澤眞紀, 小林征洋, 臼井一茂. 高脂肪食給餌ラットに対するマグロ血合の効果について. 神奈川県産業技術センター研究報告. 2014;20:20-23.

原田晋, 小林征洋, 中村敬. 魚類摂取後に発症したアニサキスアレルギーを契機に慢性蕁麻疹化を呈した1症例. Journal of Environmental Dermatology and Cutaneous Allergology. 2014;8(3):192-197.

Suzuki M, Shimizu K, Kobayashi Y, Ishizaki S, Shiomi K. Cloning and expression of allergenic paramyosin from the disc abalone Haliotis discus discus. Journal of Food Biochemistry. 2014;38(4):444–451.

飯島茂子,森山達哉,市川秀隆,小林征洋,塩見一雄. イカ摂取により発症したと考えたアニサキスアレルギーの1例 ―Ani s 1,2および12ならびにトロポニンCの陽性例―. アレルギー. 2012;61(8):1104-1110.

Kobayashi Y, Hiroi T, Araki M, Hirokawa T, Miyazawa M, Aoki N, Kojima T, Ohsawa T. Facilitative effects of Eucommia ulmoides on fatty acid oxidation in hypertriglyceridaemic rats. Journal of the Science of Food and Agriculture. 2012;92(2):358-365.

Kobayashi Y, Ohsaki K, Ikeda K, Kakemoto K, Ishizaki S, Shimakura K, Nagashima Y, Shiomi K. Identification of novel three allergens from Anisakis simplex by chemiluminescent immunoscreening of an expression cDNA library. Parasitology International. 2011;60(2):144-150.

Suzuki M, Kobayashi Y, Hiraki Y, Nakata H, Shiomi K. Paramyosin of the disk abalone Haliotis discus discus: identification as a new allergen and crossreactivity with tropomyosin. Food Chemistry. 2011;124(3):921-926.

Kobayashi Y, Miyazawa M, Kojima T. The use of Morus alba L. (mulberry) and Eucommia ulmoides (Tochu) leaves as functional foods: a promising approach in the management of hyperlipidemia. Journal of Traditional Medicines. 2010;27(5/6):225-230.

Kobayashi Y, Miyazawa M, Kamei A, Abe K, Kojima T. Ameliorative effects of mulberry (Morus alba L.) leaves on hyperlipidemia in rats fed a high-fat diet: induction of fatty acid oxidation, inhibition of lipogenesis and suppression of oxidative stress. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 2010;74(12):2385-2395.

Kobayashi Y, Ikeda K, Shiomi K. Elucidation of IgE-binding epitopes of Ani s 1, the major Anisakis simplex allergen. Molecular and Biochemical Parasitology. 2010;174(2):128-131.

繁平有希, 猪又直子, 中河原怜子, 大川智子, 澤城晴名, 中村和子, 小林征洋, 塩見一雄, 池澤善郎. スルメイカの塩辛摂取後に発症したアニサキスアレルギーの1例:精製および組み換えアレルゲンを用いたアレルゲン解析を含めて. アレルギー. 2010;59(2):55-60.

Kobayashi Y, Ishizaki S, Nagashima Y, Shiomi K. Ani s 1, the major allergen of Anisakis simplex: purification by affinity chromatography and functional expression in Escherichia coli. Parasitology International. 2008;57(3):314-319.

Kobayashi Y, Shimakura K, Ishizaki S, Nagashima Y, Shiomi K. Purification and cDNA cloning of a new heat-stable allergen from Anisakis simplex. Molecular and Biochemical Parasitology. 2007;155(2):138-145.

Kobayashi Y, Ishizaki S, Shimakura K, Nagashima Y, Shiomi K. Molecular cloning and expression of two new allergens from Anisakis simplex. Parasitology Research. 2007;100(6):1233-1241.

著書

小林征洋. "第3節 線虫類 Anisakis". ウィルス・細菌・真菌・寄生虫同定便覧.技術情報協会. 2014, pp. 406-408.

小林征洋. "5章 アニサキスアレルゲンの本体と性状". 魚介類アレルゲンの科学(水産学シリーズ164). 塩見一雄, 佐伯宏樹編. 恒星社厚生閣. 2010, pp. 60-71.


氏名

小林 征洋 

読み

KOBAYASHI,Yukihiro

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

食品生産科学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。