研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去180日間)です。
 髙橋希元(2019-07-16)
 池田吉用(2019-07-11)
 金岡京子(2019-07-03)
 松本 隆志(2019-06-28)
 中島主恵(2019-06-27)
 小林征洋(2019-06-26)
 黒川久幸(2019-06-22)
 米田昇平(2019-06-12)
 竹山優子(2019-06-07)
 下野孝一(2019-06-07)
 石田真巳(2019-05-21)
 遠藤英明(2019-05-09)
 大迫一史(2019-04-23)
 麻生敏正(2019-04-19)
 牧田寛子(2019-04-16)
 田中祐志(2019-04-04)
 萩原優騎(2019-04-04)
 小林武志(2019-04-03)
 鶴哲郎(2019-04-03)
 鈴木秀和(2019-04-02)
 逸見真(2019-03-13)
 岡崎忠胤(2019-03-12)
 バスティレイラ(2019-02-08)
 坂本崇(2019-01-25)

氏名

竹山優子 

読み

TAKEYAMA,Yuko

役職

助教

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

所属部門

海洋資源エネルギー学部門

担当科目

海洋気象学
海洋自然エネルギー
海洋資源環境キャリア実習1
海洋開発学実験
海洋開発学研究の最前線
情報リテラシー
フレッシュマンセミナー

キーワード

海洋資源・エネルギー,洋上風力発電,リモートセンシング

研究テーマ・活動内容

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

共同利用可能な設備

科研費等研究テーマ

1. 合成開口レーダを用いた沿岸風況統計値の信頼性向上,科研費基盤研究(C),2019-2021, 代表者
2. 洋上風力発電に資する風況の空間代表性に関する研究,公益信託エスペック地球環境研究・技術基金,2018-2019,代表者
3. バンカビリティ評価に使用可能な信頼できる洋上風況精査手法の確立,科研費基盤研究(B),2017-2019,研究分担者
4. 衛星データによる海上風推定の高度化と風況把握システムの構築,科研費若手研究(B),2015-2017, 代表者
5. 合成開口レーダ画像および海洋観測に基づく海上風シミュレーションの精度向上,科研費若手研究(B),2012-2014,代表者
6. 合成開口レーダー及びメソ気象モデルを用いた洋上風力資源調査手法の開発, 科研費基盤研究(B),2007-2009, 研究協力者
7. 合成開口レーダー・散乱計及びメソ気象モデルを用いた洋上風力資源調査手法の開発,科研費基盤研究(B),2010-2012,連携研究者

講演テーマ

特記事項


氏名

竹山優子 

読み

TAKEYAMA,Yuko

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋資源エネルギー学部門

生年月日

学歴

経歴

学位

博士(工学)

学位論文

Offshore wind resource assessment using synthetic aperture radar and meteorological mesoscale model, 2013年9月,神戸大学

所属学会と役職など

風力エネルギー学会
リモートセンシング学会
日本気象学会

社会活動

受賞歴等

1. 2018年12月  第40回日本風力エネルギー利用シンポジウム ポスター賞 受賞
竹山優子, 浅川知紗, 嶋田 進, 大澤輝夫, 香西克俊, 小垣哲也: 洋上風況アセスメントにおけるマイクロ波散乱計の品質フラグの影響
2. 2017年12月7日 第39回日本風力エネルギー利用シンポジウム ポスター賞 受賞
和田光樹,大澤輝夫,嶋田進,竹山優子: 日本周辺における長期風況変動解析用データセットの比較
3. 2017年12月7日 第39回日本風力エネルギー利用シンポジウム 最優秀ポスター賞 受賞
嶋田進,小垣哲也,竹山優子,大澤輝夫,中村聡志,川口浩二: ライダー観測値ナッジングによるWRF海上風シミュレーションの高精度化, 12 月6 日- 12月7日,東京,pp.257-260.
4. 2015年11月27日 第37回日本風力エネルギー利用シンポジウム ポスター賞 受賞
竹山優子,大澤輝夫,香西克俊,嶋田進, 小垣哲也: マイクロ波散乱計を用いた風力エネルギー資源量推定における長期変動解析
5. 2012年4月2日 産業技術総合研究所理事長賞
関口智嗣,松岡昌志,田中良夫,小島功,山本直孝,山本浩万,児玉信介,中村和樹,中村良介,竹山優子,浦井稔,土田聡,2012: 災害対応特別貢献 –的確で迅速な情報発信-


氏名

竹山優子 

読み

TAKEYAMA,Yuko

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋資源エネルギー学部門

主要論文

1. Yuko Takeyama, Teruo Ohsawa, Susumu Shimada, Katsutoshi Kozai, Koji Kawaguchi and Tetsuya Kogaki, 2019: Offshore wind resource assessment by microwave scatterometer ASCAT combined with a meteorological model WRF in Japan, International Journal of Remote Sensing, Vol. 40, Issue 3, pp. 1200-1216.
2. Susumu Shimada, Yuko Takeyama, Tetsuya Kogaki, Teruo Ohsawa and Satoshi Nakamura, 2018: Investigation of the Fetch Effect Using Onshore and Offshore Vertical LiDAR Devices, Remote Sensing, 10(9):1408, DOI 10.3390/rs10091408
3. 嶋田 進, 小垣 哲也,竹山 優子,大澤 輝夫,中村 聡志,川口 浩二,2018: ライダー観測値ナッジングによるWRF海上風シミュレーションの高精度化,風力エネルギー,Vol.42,No.2,pp. 1-8.
4. 見﨑 豪之, 大澤 輝夫, 香西 克俊, 竹山 優子, 馬場 康之, 川口 浩二, 2017: WRFによって計算される海岸線付近の水平風速勾配の検証, 日本風工学会論文集, 42(2), 57-66. .
5. 竹山 優子,大澤 輝夫,香西 克俊,嶋田 進,小垣 哲也,2016: 人工衛星搭載マイクロ波散乱計を用いた風力エネルギー資源量推定における長期変動解析,風力エネルギー,Vol.40,No.3,pp. 43-48.
6. 大澤 輝夫, 嶋崎 翔太, 市川 弘人, 嶋田 進, 竹山 優子, 小垣 哲也, 川口 浩二, 中村 聡志, 2015: ブイ観測・数値シミュレーション併用型洋上風況推定手法の有用性検証, 土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 71, No. 2, I_132-I_136.
7. Yuko Takeyama, Teruo Ohsawa, Tomohiro Yamashita and Katsutoshi Kozai, 2013: Estimation of offshore wind resource in coastal waters off Shirahama using ENVISAT ASAR images, Remote Sensing, 5(6), pp.2883-2897, DOI: 10.3390/rs5062883.
8. Yuko Takeyama, Teruo Ohsawa, Katsutoshi Kozai, Charlotte Bay Hasager, Merete Badger, 2013: Comparison of geophysical model functions for SAR wind speed retrieval in Japanese coastal waters, Remote Sensing 5(4), pp.1956-1973, DOI:10.3390/rs5041956.
9. Yuko Takeyama, Teruo Ohsawa, Katsutoshi Kozai, Charlotte Bay Hasager, Merete Badger, 2012: Effectiveness of WRF wind direction for retrieving coastal sea surface wind from Synthetic Aperture Radar, Wind Energy, Vol. 16, Issue 6, pp. 865-878, DOI: 10.1002/we.1526
10. Katsutoshi Kozai, Teruo Ohsawa, Yuko Takeyama, 2012: Evaluation Method for Offshore Wind Energy Resources Using Scatterometer and Weibull Parameters, Journal of Energy and Power Engineering 6, pp. 1772-1778.
11. 丹羽 亮介,大澤 輝夫,嶋田 進,香西 克俊,竹山 優子, 2010:合成開口レーダー画像を用いたメソ気象モデルWRFによる沿岸海上風速分布の検証, 日本風工学シンポジウム論文集, Vol.21, pp.203-208.

著書


氏名

竹山優子 

読み

TAKEYAMA,Yuko

役職

助教

所属(学部・大学院、学科等)

海洋資源エネルギー学部門

研究室紹介

卒研希望者等へのメッセージ

受験生へのメッセージ


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。