研究者総覧

教員総覧トップページ

研究者DB更新状況

東京海洋大学研究者DBの更新情報(過去60日間)です。
 鶴哲郎(2021-06-15)
 松本 隆志(2021-06-12)
 逸見真(2021-06-08)
 長阪玲子(2021-05-24)
 桑田敬司(2021-05-14)
 岡崎忠胤(2021-05-12)
 遠藤英明(2021-05-10)
 團重樹(2021-05-07)
 谷和夫(2021-05-06)
 茂木康平(2021-04-30)
 柴田恭幸(2021-04-28)
 萩原優騎(2021-04-28)

氏名

團重樹 

読み

DAN,Shigeki

役職

准教授

TEL・FAX

E−mail


*研究者への技術相談等は、「海の相談室」をご利用ください。

ホームページ

http://www2.kaiyodai.ac.jp/~sdan000/StockEnhancementEcology/index.html

所属部門

海洋生物資源学部門

担当科目

海洋動物学、動物生態学、保全増殖学、海洋動植物学実習、動物生態学実習

キーワード

初期生態、生活史、頭足類、甲殻類、幼生飼育、人工繁殖、餌料培養

研究テーマ・活動内容

水生生物の人工繁殖技術の開発と初期生態および生活史の解明、タコ類稚仔の飼育技術開発と着底過程、カニ類幼生の飼育技術開発、餌料培養と栄養強化技術開発

SDGsと関係する研究テーマ

水産資源の持続的利用を目指した水産有用種の生態解明と人工繁殖技術に関する研究

研究と関係するSDGs項目

自己アピール

技術相談対応分野

共同研究の希望課題

科研費等研究テーマ

2017-2020 水流による浮遊・遊泳補助を利用したマダコ種苗生産技術の開発(科研費基盤C)
2018-2020 マダコ養殖の事業化に向けた基盤技術の開発(イノベーション創出強化研究推進事業 基礎研究ステージ)
2021-2023 マダコ養殖の事業化に向けた飼育技術の高度化と普及(イノベーション創出強化研究推進事業 応用研究ステージ)

講演テーマ

特記事項


氏名

團重樹 

読み

DAN,Shigeki

役職

准教授

所属部門

海洋生物資源学部門

学歴

2000 東京水産大学 資源育成学科卒
2015 東京海洋大学 海洋科学技術研究科 博士後期課程卒

経歴

2001-2003 社団法人日本栽培漁業協会(八重山事業場)
2003-2008 独立行政法人水産総合研究センター(八重山栽培漁業センター)
2008-2015 独立行政法人水産総合研究センター(玉野栽培漁業センター)
2015-2018 国立研究開発法人水産研究・教育機構(瀬戸内海区水産研究所百島庁舎)
2018- 東京海洋大学

学位

博士(海洋科学)

学位論文

Study on larval mass mortality and its control in the seed production of portunid crabs

所属学会と役職など

日本水産学会、日本水産増殖学会、日本甲殻類学会

社会活動

受賞歴等

令和3年度日本水産学技術賞「マダコ幼生の行動特性に基づいた種苗生産技術の開発」


氏名

團重樹 

読み

DAN,Shigeki

役職

准教授

所属部門

海洋生物資源学部門

主要論文

Shigeki Dan, Shodai Shibasaki, Arata Takasugi, Satoshi Takeshima, Hideki Yamazaki, Atsushi Ito, Katsuyuki Hamasaki (2021) Changes in behavioural patterns from swimming to clinging, shelter utilization and prey preference of East Asian common octopus Octopus sinensis during the settlement process under laboratory conditions. Journal of Experimental Marine Biology and Ecology 539, 151537.

Shigeki Dan, Arata Takasugi, Shodai Shibasaki, Masakazu Oka, and Katsuyuki Hamasaki (2020) Ontogenic change in the vertical swimming of East Asian common octopus Octopus sinensis paralarvae under different water flow conditions. Aquatic Ecology 54(3), 795–812.

Shigeki Dan, Arata Takasugi, Hiraku Iwasaki, Shodai Shibasaki, Kazuhiro Yamashita, and Katsuyuki Hamasaki (2020) Flocculation of Artemia induced by East Asian common octopus Octopus sinensis paralarvae under culture conditions. Aquaculture Reports 17, 100330.

Shigeki Dan, Hiraku Iwasaki, Arata Takasugi, Shodai Shibasaki, Hideki Yamazaki, Masakazu Oka, and Katsuyuki Hamasaki (2019) Effects of co-supply ratios of swimming crab Portunus trituberculatus zoeae and Artemia on survival and growth of East Asian common octopus Octopus sinensis paralarvae under an upwelling culture system. Aquaculture Research 50(4), 1361–1370.

Shigeki Dan, Masakazu Ashidate, Takashi Yamashita, and Katsuyuki Hamasaki (2018) Effects of thermal disinfection and autoclave sterilisation on the quality of microalgae concentrates. Aquaculture Research 49(11), 3559–3568.

Shigeki Dan, Hiraku Iwasaki, Arata Takasugi, Hideki Yamazaki, and Katsuyuki Hamasaki (2018) An upwelling system for culturing common octopus paralarvae and its combined effect with supplying natural zooplankton on paralarval survival and growth. Aquaculture 495, 98–105.

Shigeki Dan, Hideki Yamazaki, and Katsuyuki Hamasaki (2018) Effects of mother and postnatal food condition on larval performance of swimming crab Portunus trituberculatus. Fisheries Science 84(1), 113–126.

Shigeki Dan, Yuming Sui, Takaaki Kaneko, Satoshi Takeshima, Daisuke Ojima, Tatsuo Miyoshi, Kaoru Hamano, Masakazu Ashidate, and Katsuyuki Hamasaki (2016) Abnormal morphology in megalopae of the swimming crab, Portunus trituberculatus during seed production: causes and prevention. Aquaculture Research 47, 3189–3202.

Shigeki Dan, Masakazu Ashidate, and Katsuyuki Hamasaki (2016) Improved method of culturing the swimming crab Portunus trituberculatus larvae to prevent mass mortality during seed production. Fisheries Science 82(1), 113–126.

Shigeki Dan, Masaki Oshiro, Masakazu Ashidate, and Katsuyuki Hamasaki (2016) Starvation of Artemia in larval rearing water affects post-larval survival and morphology of the swimming crab, Portunus trituberculatus (Brachyura, Portunidae). Aquaculture 452, 407–415.

Shigeki Dan and Katsuyuki Hamasaki (2015) Evaluation of the effects of probiotics in controlling bacterial necrosis symptoms in larvae of the mud crab Scylla serrata during mass seed production. Aquaculture International 23(1), 277–296.

Shigeki Dan, Takaaki Kaneko, Satoshi Takeshima, Masakazu Ashidate, and Katsuyuki Hamasaki (2014) Eyestalk ablation affects larval morphogenesis in the swimming crab Portunus trituberculatus during metamorphosis into megalopae. Sexuality and Early Development in Aquatic Organisms 1(1), 57-73.

Shigeki Dan, Takaaki Kaneko, Satoshi Takeshima, Masakazu Ashidate, and Katsuyuki Hamasaki (2013) Variations in larval morphology and their relationships to survival during mass seed production of swimming crab Portunus trituberculatus (Brachyura, Portunidae). Aquaculture 414–415, 109–118.

Shigeki Dan, Katsuyuki Hamasaki, Takashi Yamashita, Masakazu Oka, and Shuichi Kitada (2012) Age-based life cycle traits of the broadclub cuttlefish Sepia latimanus confirmed through release-recapture experiments. Aquatic Biology 17(2), 181–195.

Shigeki Dan, Katsuyuki Hamasaki, Takashi Yamashita, Masakazu Oka, and Shuichi Kitada (2011) Relative growth of the broadclub cuttlefish, Sepia latimanus: implications for somatic size reconstruction, sex discrimination, and age class identification from the cuttlebone. Molluscan Research 31(3), 176–182.

Shigeki Dan and Katsuyuki Hamasaki (2011) Effects of salinity and dietary n-3 highly unsaturated fatty acids on survival, development and morphogenesis of larvae of mud crab Scylla serrata (Decapoda, Portunidae) reared in the laboratory. Aquaculture International 19(2), 323–338.

團 重樹・小磯雅彦(2008)種苗生産水槽へ添加した微細藻類のワムシn-3高度不飽和脂肪酸含量に及ぼす影響(短報).水産増殖 56(4),603–604.

團 重樹・浜崎活幸・山下貴示・岡 雅一・北田修一(2008)標識放流実験に基づくコブシメふ化放流効果の検討.日本水産学会誌 74(4),615–624.

著書


氏名

團重樹 

読み

DAN,Shigeki

役職

准教授

所属部門

海洋生物資源学部門

研究室紹介

増殖生態学研究室ホームページ http://www2.kaiyodai.ac.jp/~sdan000/StockEnhancementEcology/index.html

卒研希望者等へのメッセージ

水生生物の飼育技術の開発と生態解明に取り組んでいます。特に、タコ類の幼生と稚ダコの飼育技術の開発、卵培養、マダコ養殖に関する研究、そして稚ダコの生態解明(被食回避、食性変化、同種個体間の干渉行動など)に興味がある学生を求めています。また、新江ノ島水族館と連携した様々な水生生物の人工繁殖にも挑戦しています。

受験生へのメッセージ

マダコやガザミなどの身近な水産生物であっても、その生態にはまだまだ謎が残されています。これらの生物が海のなかでどのように生活しているのか、すなわち、いかに被食を回避し、餌を食べ、どこでどのように成長・発達しているのかを理解することは、水生生物の保全や増養殖のために必須です。私たちは、生物を飼育する技術を開発・応用することで、知られざる海のなかでの生態を解き明かすことに挑戦しています。飼育実験や行動実験には大変な労力が必要ですが、誰も知らない生物の一面に必ず出会うことができます。


  • この研究者総覧データベースは、(国)東京海洋大学産学・地域連携推進機構が管理を行っています。
  • このサイトはリンクフリーですが、リンクの際は東京海洋大学産学・地域連携推進機構のHPであることを明記してください。
  • 本サイトの著作権は、東京海洋大学産学・地域連携推進機構に帰属します。
  • 本サイトの内容について、商用利用する際は事前にご連絡ください。
  • 研究者データベースの内容を無断で複製・加工し商業目的に利用することはお断りいたします。